« 2009年07月 | メイン | 2009年09月 »

2009年08月 アーカイブ

2009年08月29日

動画:作業療法評価学

虫の音もめっきり繁くなり、近づく秋を感じますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

作業療法学科では夏季休暇が終わり、後期授業が始まりました。
今回掲載した動画は「作業療法評価学」の授業風景です。
作業療法を行う上で、対象者を「評価する」ことは欠かすことができません。「作業療法評価学」は、作業療法士が臨床で用いる検査方法について学ぶ授業になります。
主に演習形式で学生さん同士が検査方法を練習している様子です。

今後も、少しずつ授業の様子を紹介していきますのでお楽しみに!!


2009年08月27日

防災訓練 09年8月26日

今日は曇り空の中、避難訓練が行われました。
あいにく学生は夏休み中&実習中で全員ではなかったのですが、言語聴覚学科から代表で2名行いました。

まずは、7階で火事が起きたことを想定し「垂直式救助袋らせんすべり台式」での脱出。(消防用品のHPからたぶんHi-スコーダーⅠ型なのかなぁemoji41.gif

①まずは7階からロープがおりてきました
②外に垂直式救助袋らせんすべり台が垂れ
③いざ地上へ

st8262.jpg        st8261.jpg

注意事項は、めがねや靴は脱いで降りるのだそうです。
感想は、怖くはなく、ぐねぐねとまわりながら降りる時、途中から服が脱げていきk-04.gif、でも少し余裕があった2人は、消防隊員の「あと3メートルです」のかけごえに衣類を整えてから降りてきたそうです。あやうく産まれたまんまの状態で出てくるところでしたk-07.gif

st8263.jpg        st8264.jpg

ん~本当に火災ならこんな風には話していられないですねmini_emoji41.gif
 
次に消火器による消火活動。
今日は、練習なので水の消火器をつかって練習。「風上から噴射してくださいね。自分にすべてかかりますよ。天ぷらの時は、あまり近くから噴射しない…」と丁寧に説明してくださりましたが、これまた本当に火災の時なら思い出せるかなっと思いましたが、日頃から心がけておくことは大切だなとあらためて思いました。

st8265.jpg


卒業生インタビューvol.3

本日のブログは、今年の春に言語聴覚学科を卒業した小原さんのインタビューです!

★就職先ではどんな仕事をされていますか?

保育園に併設される障害児の療育に携わっています。在園児は30名程で発達障害や脳性マヒ、視聴覚障害、ダウン症の子どもがいます。
1日の流れは保育園と変わりません。午前中に療育を行い、午後からは給食、おやつの介助を行っています。そして月に一回、個々の子どもに合った言語、摂食指導を行っています。
子どもと楽しく園生活を送りながら、どの部分を伸ばしてあげれば良いのかを日々考えています。

★本校で学んだことがどのように役立っていますか?
子どもの障害の特徴や訓練方法など、基礎的なところはしっかりと学んでいるので、自分なりにアレンジした教材を作ることができます。それを使って子どもたちも楽しみながら課題に取り組むことが出来ます。

★学校生活を振り返って楽しかったことややりがいを感じたことなど教えてください。
楽しかったことは学校帰りに友達とごはんを食べに行ったことです!授業に疲れたあとに、美味しいものが食べれるのは最高です。
臨床実習に出て、患者様の評価やアプローチの仕方に毎日悩んでいました。しかし、患者様の笑顔を見ると、また頑張ろうと思いやりがいを感じることが出来ました。

★先生とのエピソード・授業でのエピソードを教えてください。
授業中、あまりの眠たさに現実なのか夢なのか、区別がつかない時がありました。頑張って授業を聞こうとノートをとっていたのですが、ミミズのような字になってしまい、読み返しても読めませんでした。その日の小テストはボロボロだった記憶が・・・・。

★これからの夢を教えてください。
小児に限らず、成人においてもSTの専門性を深めていきたいと思います。そして“先生の指導を受けたい!”といわれるように成長していきたいです。

★後輩の皆さんへのメッセージをお願いします。
とにかく、自分を信じて頑張って下さい。諦めず、できる!と何度も自分に言いきかせることが大切だと思います。(←私がそうでした。)辛いときは、先生方や友達に相談してください。温かく支えてくれますよ!
勉強はしすぎず、息抜きも必要!(遊びすぎはいけないケド。笑)


2009年08月19日

卒業生インタビューvol.2

本日のブログは、作業療法学科卒業生の森川真人さんのインタビューです!

★就職先ではどんな仕事をされていますか?

病棟(入院)患者様や外来患者様に作業室に来ていただき、陶芸・七宝焼き・料理教室などお好きな作業をされているお手伝いをします。また、病棟へ行って、作業室に来られないような患者様を対象にした唄の活動やボーリング等のレクリエーション活動も行います。その他院外レクとして、バーベキューやカラオケ店でカラオケをしていただくなどの活動もしています。

★本校で学んだことがどのように役立っていますか?
社会人としてのマナーや節度ある態度、責任感など、社会に出て必要なことを厳しく学びました。また医療職としての知識も講義や実習を通して楽しくしっかりと身につけることができました。そういった学生生活を通して、現在は職場で楽しく、連携もスムーズに、患者様に良質の医療をお届けすることができていると思います。

★学校生活を振り返って楽しかったことややりがいを感じたことなど教えてください。
外部から心身に障害を持つ方に来ていただき、治療やコミュニケーションの実習をさせていただきました。評価や治療計画、グループワークなど、毎日遅くまで学校に残って話し合い、大変なことも多かったですが、対象者の方々との交流や実際に障害に触れてみて多くのことを学んだ経験など、楽しいこともたくさんありました。

★先生とのエピソード・授業でのエピソードを教えてください。
講義や実習では、先生方の体を張った実技指導。それをお手本に実際に自分たちでやってみて、褒められたり怒られたりしたことが印象に残っています。手工芸や解剖実習など、初めての体験で楽しいこともたくさん教えていただきました。放課後の飲み会では、酔っ払った先生方の普段とは違う一面を見ることもでき、楽しかったり恐怖したりした思い出があります。

★これからの夢を教えてください。
患者様の身近な存在でいられるセラピストになりたいと思います。精神科分野では特に患者様との信頼関係やコミュニケーションといったものが大切になります。患者様にとってリラックスできる存在で、悩みや嬉しいことなど気軽に話せる存在になって、いつも患者様の近いところから関わっていけるような、そんなセラピストになりたいと常に考えています。

★後輩の皆さんへのメッセージをお願いします。
今苦しいことや辛いことは、必ず将来に報われます。どんどんしんどいことを経験して、柔軟に吸収していってください。社会に出たときにその成果が実感できると思います。
学生が一番しんどい!!これから進学を考えている方は、今の自分の思いを信じて、数年後に社会デビューしている自分を信じて、気持ちを強く持ち、勇気を出して初めの一歩を踏み出してください!それが理想の自分になるスタートだと思います。


2009年08月12日

8月!地域清掃活動

8月。言語聴覚学科では前期末試験が終了しましたemoji102.gif

1年生は初めての試験に戸惑いながらでしたが、無事クリア。鋭気に満ちた日々でした!でもemoji562.gifが正直なところのようです。
2年生も無事全員クリアし来週から臨床実習です!

さて、今月の関西学研医療福祉学院 地域清掃活動は言語聴覚学科が担当で真夏の暑い中、1年生が頑張ってくれました。
実は、奈良では今週の週間天気予報が本日のみ晴れemoji4.gif。実際にも昨日台風の影響で警報がでているほど。今日行えたのは奇跡です。1年生には、“晴れ男、晴れ女”が多いんですねemoji321.gif

そんなこんなで歩道や学校周辺および教室がピカピカになりました。お疲れ様でした。明日から夏休み。しばし休息をとってまた後期も頑張りましょうk-06.gif

st812.jpg


卒業生インタビューvol.1

本日のブログは、介護福祉学科を今年の春に卒業した見並亮平くんのインタビューです!

★就職先ではどんな仕事をされていますか?

いま、医療福祉在宅サービス総合施設のデイサービスセンターで働いています。主に在宅の高齢者に対し、入浴や食事、レクリエーション等のサービスを提供しています。
また、生活の中に楽しみを持って頂くために、季節を感じながらの花見、ドライブ、最近では外食デイなどもありました。
私達は、利用者の方が1日中、楽しく安全に過ごして頂けるように、目配り、気配りを行い、常に相手の立場に立って考えれるよう心がけて仕事をしています。

★本校で学んだことがどのように役立っていますか?
学校では、介護の知識、技術だけでなく、医学的な知識も得ることができました。そのおかげで、医療的な根拠に基づき、利用者の方の自立支援につながる介護が実践出来ていると感じます。
働き出してまだ間もないですが、知識があるとないとでは全く違うということを身をもって感じています。

★学校生活を振り返って楽しかったことややりがいを感じたことなど教えてください。
学校外での長期実習に対してやりがいを感じました。実際に施設を訪問させていただき、現場で働いておられる職員の方を目にして、教科書では学べないことが学べました。実習を終えて、経験したことが自分の力、自慢になっていたことに喜びを感じました。
私にとっての実習は、技術を修得することの大切さを学ぶ場でした。

★先生とのエピソード・授業でのエピソードを教えてください。
手話の授業で、ろう者の方達と手話を通じてコミュニケーションを図ったことが心に残っています。ろう者の方達を目の前にして最初は一歩ひいていたのですが、積極的に手話を通じて交流を図ってこられたので、私自身いつのまにか場の雰囲気に馴染んでいました。耳の聞こえない方達とのふれあい通じて笑顔の大切さを学びました。

★これからの夢を教えてください。
現在はまだ働きだしてすぐですが、いつか本当に利用者の方の心に寄り添えるような介護をしていきたいです。そしてあまりにも確立された介護場面で、地域の人たちへ「介護のすばらしさ」を伝えていきたいです。

★後輩の皆さんへのメッセージをお願いします。
学校では勉強することも大切ですが、私達は対人援助職です。人と、友達、先生、先輩、後輩・・・出会うすべての人たちとの繋がりを大切にしなければいけないと私は感じます。だから皆さんにも笑顔を通じて様々な繋がりをもって欲しいです。

minami1.jpg minami2.jpg



2009年08月11日

『まるごと介護』がありました!

みなさんこんにちは。
暑い日々が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
8月2日に「夏限定・1DAYオープンキャンパス」<まるごと介護>を行いました。
当日参加いただいた方も多く、予想以上に盛況な一日になりました。たくさんの御参加ありがとうございました!

cw8101.jpg   cw8104.jpg
まずはレクレーションでリラックス。   ランチタイムの様子です。


★わらび餅&コーヒーゼリー&水ようかんを作りました!!
夏の季節に高齢者の方々が好まれる、おやつ作りをしました。
参加者のみなさん・教員・在校生が協力をして作り、完成したおやつを茶話会で頂きました。
茶話会は和やかな雰囲気で、学校生活の過ごし方・介護福祉士の魅力などを話しながら、楽しい1日を過ごしました。

cw8105.jpg   cw8106.jpg
水ようかんを作っています。       さすが女の子!手際がいいです。
 
★アロマテラピーの体験をしました!!
リラックスした日々を過ごす方法の一つとして、アロマテラピーを体験しました。
指導してくださったのは、姉妹校のヴェールルージュ美容専門学校でアロマ講師をされている門田先生!(そのモデルさんのような美しさに参加者の方からはため息が・・・★)
まずは家でも簡単にできる芳香浴と手浴。アロマの香りの力に参加者の方からは驚きの声が・・・!
その後は、たくさんのアロマオイルから好みのものを何種類か選び、そのオイルをブレンドして自分オリジナルのアロマオイルを作り、エアフレッシュナー(ルームスプレー)を完成させました。きれいにラッピングもして、素敵なお土産になりました♪♪
教室中が癒される香りで包まれ、気分のリフレッシュにもなりました。

cw8102.jpg   cw8103.jpg 
手浴をしているところです。       オイルのブレンドを考えています!


2009年08月08日

Yes, OT can!

「リハビリということばは聞いたことがあるけど、作業療法士ってよく知らないなあ…」というようなことをよく耳にします。残念ながら、世間では作業療法士の具体的な仕事について、まだまだ知られていないようです。

そこで、職業についてより多くの方々に知っていただきたいという本校教員の熱い想いから、学生に作業療法士を表すキャッチフレーズを募集。多数の応募の中、厳選なる審査で決定したものを発表します!

Yes, OT can!

◆心とからだの機能を維持・回復します
◆今あるチカラを伸ばします
◆その人らしい生活を実現します

作業療法士(OT)は、陶芸や手工芸などの趣味的な活動、食事や仕事、遊びなど人間の生活全般に関わる作業活動を通して身体的な部分だけでなく、メンタル面での回復も促します。
今、できる力を伸ばし、再び笑顔でその人らしい生活ができるようにサポートをします。対象となる方の生活や人生に直接関わることのできる、やりがいのある素晴らしいお仕事なのです。

高齢化が進む中、これからますます必要とされる作業療法士。
この職業について、より多くの方々に理解いただければという想いがいっぱいつまったキャッチフレーズです。

★このキャッチフレーズや作業療法士のお仕事にについてもっと詳しく知りたい方は、
  オープンキャンパスにご参加下さい!

ot881.jpg ot882.jpg


2009年08月05日

学生インタビューvol.1

本日のブログは、介護福祉学科1年生、坂口真紀乃さんのインタビューです!


★本校への入学の決め手は?

授業数が多く、色んな分野が勉強出来そうな所に大変、魅力を感じました。
また、本校の周辺の自然豊かさにも心ひかれるものがあったのも私にとって大きな決め手になりました。

★学校生活で楽しいひととき、またやりがいを感じるときはいつですか?
実技の授業は、クラス内でグループに分かれて行うのですが、クラスメートと語り合いながら、学び合えるのが、すごく楽しいです。レクリエーションの授業で、友人と放課後残って、製作したもの(季節感を出した工作など)が完成したときの喜びは何ものにも変えられないものがあります。

★クラスの雰囲気を教えてください。
まだ入学して来て3ヶ月程の1年生のクラスですが、すごく和気あいあいとしてい皆仲良しです。私は社会人として入学したので始めは皆と馴染めるか不安もありましたが、今ではクラスメートとおしゃべりするのが、楽しくて仕方ないです。

★先生とのエピソード・関係を教えてください。
担任の先生は、困った時に親身になって相談にのってくださったりして、すごく頼りになる存在です。他のどの先生方も大変気さくで、楽しいお話をしてくださるので毎日とても勉強になるし、面白いです。

★授業でのエピソードを教えてください。
授業は、机上でひたすら勉強というものだけではなく、テーマを決めてのグループワークもあり、仲間の意見を聞くことで「そういう考えもあるんだ」と新発見が出来て嬉しいです。点字やお作法の授業なんかもあります。なかなか体験出来るものではないので、大変楽しいです。

★卒業後の夢を教えてください。
お年寄りに好いてもらえる介護福祉士になりたいです。
仕事だけこなすのではなく、利用者様一人ひとりに親身になって接していける様な介護福祉士をめざします!

★これから進学をめざす人たちへのメッセージをお願いします!
他の学校とご検討中でしょうか?関西学研医療福祉学院は他学科との交流も盛んで、色んな情報を貰えたり、もちろん同じ学科内の人達も大変仲の良い関係が築けるので楽しいですよ。
ぜひ、来春本校でお会いしましょう!

sakaguchi2.jpg sakaguchi1.jpg


ホームページへ

About 2009年08月

2009年08月にブログ「青丹学園ブログ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2009年07月です。

次のアーカイブは2009年09月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35