« 2009年09月 | メイン | 2009年11月 »

2009年10月 アーカイブ

2009年10月30日

卒業生インタビューvol.4

本日のブログは、作業療法学科の卒業生、植田さんのインタビューです!


★就職先ではどんな仕事をされていますか?

骨折された方などへのリハビリを行っています。具体的には筋肉のストレッチや筋トレ、トイレ動作や整容動作など日常生活動作の訓練を行っています。

★本校で学んだことがどのように役立っていますか?
学校では基本的な医学や運動・解剖・生理学などの勉強はもちろん、人と接する際のマナーなども学びました。
勉強においては、学生時代は嫌で仕方ありませんでしたが、今となっては患者様の治療を行うにあたって基本的な知識がなくては話にならないため、日々学んだことを思い出し復習している状態です。

★学校生活を振り返って楽しかったことややりがいを感じたことなど教えてください。
学校生活において、クラスメイトは今でも悩みを相談したりできる大事な存在です。そんなクラスメイトと一緒にテスト勉強したり、テスト終了後に飲みに行ったりしたことは今でもよい思い出です。3年生の終わりに学校の近くにある平城第二団地に住む高齢者との交流会を行い、2回にわたり地域に住む方々と触れ合い、楽しく会話したり、生活の実態を知ることができ、準備が大変でしんどかったですが、楽しかったです。

★先生とのエピソード・授業でのエピソードを教えてください。
スプリントを作製する授業があるのですが、私は不器用なので、みんなの様に上手く作ることができず、出来ばえを見た人たちに笑われて悲しくなりました。

★これからの夢を教えてください。
今はまだ目の前の患者様の治療を日々悩みながら、先輩方に相談して行っており、視野が狭く、広い目で見ることができていません。今後はどんどん経験を積んで、幅広い視野をもって患者様と接することのできる作業療法士になりたいと思います。

★後輩の皆さんへのメッセージをお願いします。
作業療法は特にこう訓練しないといけないという決まりがあまりないので、自分のやりたいことができると思います。頑張れば頑張った分だけ結果も出せるのではないかと思います。
患者様と毎日接することで仲良くなれますし、人と接することの好きな人や、何か人の役に立つことをしたいという人にはぜひお勧めです。


2009年10月26日

看護技術演習vol.5

10月26日に基礎看護学技術の「演習」がありました。
この日は「手浴」「足浴」です。

清潔の援助技術の中のひとつで、ベッドからあまり動けない患者さんにとってはとっても気持がよいものです。
ですから、私たちは患者さんが、どうすれば気持ちよくなるか、また負担をかけないようにするにはどうすればよいかなどを考えて演習しています。

ns10261.jpg  ns10262.jpg

ns10263.jpg  ns10264.jpg

ns10265.jpg  ns10266.jpg  



2009年10月23日

国家試験準備!

秋ですね。
寒くなりましたが、皆さま体調くずしておられませんか。

さて言語聴覚学科(2年生)が、前半の臨床実習を終え、先日、国家試験の受験願書を記入!
国家試験は、22年2月20日に行われ、本校は大阪で受験です。

間違いのないように一文字ずつ丁寧に書き、合格を祈りながら記入しました。
いよいよ試験だなぁっと気持ちをあらためて引き締めた日でした。

あとは、後半の臨床実習を無事終え、国試勉強するのみ。
みんな体調を崩さず最後まで乗りこえられますようにemoji31.gif


      *** 今月のおまけ ***
臨床実習に伺うための準備物に当然、実習着、教科書、パソコン、プリンターその他もろもろを準備しますが、身だしなみも準備。
っというわけで、スーツのボタンがとれかけているのでボタンつけをしていました。ボタンつけを教えてくれたのは、学生課の上林課長ですk-08.gif

st1023.jpg

裏まで糸を通さないで…

糸をひきあげて…

ボタンは少し浮かせます…

「男性も自分のことは自分でする」っと教えてくれました20060331015938.gif


2009年10月21日

学生インタビューvol.2

本日のブログは、言語聴覚学科2年生、八尾直樹さんのインタビューです!


★本校への入学の決め手は?

自宅から近いという交通の便のよさが一番の決め手です。高の原駅は急行が停まるので自宅のある郡山からだと乗り換えなしで来ることができるのが大きな理由です。

★学校生活で楽しいひととき、またやりがいを感じるときはいつですか?
昼ご飯の時間に特に何も考えずにどうでもいいようなことを話したり、アホなことしたりしているときです。日頃、勉強してばかりになるので、息抜きが本当に必要だと思います。

★クラスの雰囲気を教えてください。
学校を出てすぐの方や社会人経験を経て関西学研医療福祉学院へ入学した方など、年齢層に幅がある割に、特定の年齢層でグループを作っているような感じではないです。性別や年齢をあまり意識せずに付き合える雰囲気です。

★先生とのエピソード・関係を教えてください。
某先生の話は面白くて、実際に臨床の現場に出てからも役に立つものが多いのですが、話をし始めると熱がこもってくるためか、非常に長いのが難点です!時間があるときは良いのですが、そうでないときには少々困ることも・・・・(笑)。

★授業でのエピソードを教えてください。
私は社会人を経て学校に来たので、授業の90分間、椅子にじっと座っていることがしんどかったのが一番記憶に残っています。授業内容は難しい科目も当然ありますが、案外何とかなったので、あまり心配しすぎる必要はないと思います。

★卒業後の夢を教えてください。
言語聴覚士として地道に働いていけると良いな、と思っています。ただ、言語聴覚士という仕事にこだわるのではなくて、ひとりのセラピスト、ひとりの人間として何をどのようにしていけば良いのかも考えていけるようになりたいと思っています。

★これから進学をめざす人たちへのメッセージをお願いします!
まずはやってみることから始めるのが良いと思います。何事も自分でやってみないとわからないことばかりですし、何の結果も残らないと思うので、面倒臭くても、勇気が出なくとも、とりあえずやってみることが大切だと思います。


2009年10月19日

就職説明会を開催しました!

先日、本校にて作業療法学科の卒業見込者を対象とした就職説明会が開催されました。
台風も去った秋晴れの清々しいお天気のなか、たくさんの病院・施設の方々にご参加いただきました。中には本校を巣立った卒業生の姿もちらほら・・・・頼もしい姿をみせてくれていました!

学生達はスーツを着て、いつもと違った身の引きしまった様子で、それぞれのブースで熱心に話を聞いていました。

作業療法士の就職状況はこの不況の影響を受けずたいへん安定しており、例年10倍以上の求人倍率があるほど、たくさんの求人が本校に寄せられています。
これからの就職活動の時期、自分の納得するところで働けるよう、活動していきましょうね☆

ot10191.jpg ot10192.jpg


2009年10月10日

教員紹介:介護福祉学科①

本日のブログは、介護福祉学科・加納岬先生のインタビューです!


★専門分野・研究分野について教えてください。
生活支援技術・介護の基本など、介護分野を専門領域としています。

★この職業をめざしたきっかけは?
「人と接する仕事がしたい」「人を支える仕事がしたい」と思い介護福祉士を目指しました。
毎日さまざまな人々とふれあうことにより、仕事に対する責任感・やりがいなどがより芽生えていきました。

★この職業の魅力は?
利用者様を支援することにより、笑顔と感謝の言葉を頂けることです。

★学生に学んでほしいことは?
技術・知識だけではなく、人に対する「思いやり」「やさしさ」なども学んでほしいです。常に「謙虚」な気持ちを忘れず、さまざまな事に興味を抱いて物事を深く考えてほしいです。

★学生とのエピソード・授業でのエピソードを教えてください。
本校はクラス担任制のため、講義以外でも学生との関わりが多いです。休み時間や放課後など学生と教員が気軽に会話などしていますよ。

★趣味・特技・休日の過ごし方は?
趣味はビリヤード・読書・野球観戦(特にG球団の試合!!)。
休日はビリヤードに行ったり、買い物に行ったりしています。
あとラーメンをよく食べに行きますね。どこかおいしい店があれば教えてください!

★これから進学を目指す人たちへのメッセージをお願いします!
さまざまな選択肢の中から「何がしたいのか?」「何を目指したいのか?」よく考え、自分の思いを大切にしてほしいです。
しかし、目標を達成する為には必ず努力が必要です。
みなさんの思いを叶えるために私達教員も全力でサポートしますので、ぜひ介護福祉士を目指してほしいと願っています。
一緒に勉強できる日を楽しみにしています!

kanot.jpg


2009年10月09日

看護技術演習vol.4

10月から後期が始まり、授業もだんだんと難しくなってきます。

看護の技術も<身体に侵襲を伴う技術>がこれからどんどんと入ってきます。
侵襲とは、わかりやすく言えば、難しい技術のことです。間違った知識や方法で、その技術を患者さんに行ってしまうと生命が危なくなるといった技術です。

非常に責任がある技術なので、みなさん真剣に取り組んでいます。
この演習の時間だけではなく、みんな授業の合間に練習も行っています。
(そういえば夏休みの間も学校に来て練習していましたね(●^o^●))

ns1091.jpg  ns1092.jpg

ns1093.jpg  ns1094.jpg

ns1095.jpg  ns1096.jpg
  


2009年10月06日

入学前授業!

日増しに秋の深まりを感じる今日このごろですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、第3回目の入学前授業が9月26日(土)に行われ、すでにAO入試などで入学が内定されている方にご参加いただきました。(初参加者はそのうち2名でした)

今回は、「運動学 ~重心を理解しよう~ 」というテーマで行われました。3回目の授業ということもあり、お互いに顔見知りの仲となり、前回よりは緊張せずに参加できたと思います。
今回は人体の重心の位置や安定した姿勢とは等、実習形式で行いました。
最後には、全員で写真を撮りました!

入学前授業は、楽しく、そして教員や参加者同士の親睦を深めることも大きな目標としています。来春、本校に入学した時に、教員やクラスメイトとすでに顔なじみの関係が築けていれば、学校生活も安心してスタートできるのではないでしょうか。
次回も多数のご参加をお待ちしております!!
(★遠方在住の方など、都合で参加できない方には、授業で使用した資料を郵送しています)

by作業療法学科専任講師・河津拓

ot1062.jpg  ot1061.jpg


2009年10月03日

10月 歌の発表会♪

すっかり秋ですね。言語聴覚学科では後期の講義が開始しましたemoji321.gif
田中学科長から「歌って踊れるSTになれ!」と入学当初から・・・・いやいや、入学前の体験入学からue_5.gifめざすST像が課題の一つにあります。
そして今日、歌の発表会が行われました。
今日のお題は、“成人の患者様たちと歌うには…”っということで、それぞれ選曲してきました。 
 ・坂本九さんの「見上げてごらん夜の星を」「上を向いて歩こう」
 ・美空ひばりさんの「川の流れのように」「東京キッド」
 ・水前寺清子さんの「365歩のマーチ」
 ・並木路子さんの「リンゴの唄」
 ・「京都の通りの数え歌(東西)」「サライ」「富士の山」 など

きっと学生たちは、懐メロで聴いたことしかないと思いますが、情感たっぷりに歌い上げた1年生に感動しましたk-07.gif まだまだ自分のペースで歌っていたので次の課題は患者様のペースで歌えるSTを目指すmini_emoji41.gifですね。

2年生は、ただ今、臨床実習でバイザーの先生方や患者様からいろんなことを学ばせていただいています!


2009年10月02日

義肢装具学作製実習!

9月になり、後期授業が開始となりました。2年生は来年2月から開始の、より実践的な臨床評価実習に向けて本格的な作業療法学的治療論に関する授業が始まりました。今回はそのひとつである義肢装具学作製実習について紹介したいと思います。

その前に、簡単に義肢装具について説明します。義肢とは、失われた四肢(手や足)の機能を補う目的で用いられるもので、義手や義足などがあります。一方、装具とは体の機能を矯正したり、代用したりするもので、ドラッグストアなどで売っているような身近なものとしては、コルセットとか外反母趾変形を矯正するグッズなどが装具に当てはまります。

今回紹介する実習では装具のひとつである“スプリント”というものを作製します。これは、約60度の温熱でやわらかくなる特殊なプラスチック素材を用いて作製します。このスプリント作製技術は、患者様の拘縮(こうしゅく:関節の動く範囲が狭くなること。関節が固くなること)に対しての矯正や、リウマチなどによる変形の進行予防、麻痺などで動かなくなった手でもペンが持てるように工夫したりする際に、用います。

“作業療法”というと、何か手工芸をするもの、といったイメージを持つ人が多いようですが、このように患者様の機能改善のためにスプリントを用いた運動療法的治療を行うことも少なくありません。
また、スプリント作製技術を系統立って学ぶのは作業療法士だけなのです。ですから、作業療法士としてスプリントを作製するのは重要な治療法としてひとつの強力な武器になるのです。

実際に作製してみると案外難しいです。
温度が低くなると再び硬化してしまうので、手早く相手の手の形状に合わせて作製しないと矯正や変形予防を行う本来の目的を達成できないスプリントが出来てしまいます・・・.
何度も失敗しましたが、ほぼ全員の学生がスプリントを完成させる事ができました。徐々にではありますが、素材の特徴をつかみつつあるようです。
ですが、まだ今後の授業で6種類のスプリントを作製します。また、どんどん難易度が上がっていきます。これからもしっかり作製技術を身につけて是非多くの患者様の機能向上に貢献してほしいものです。

ちなみに・・・
掲載される頃には終わってしまっていますが,9月26日のオープンキャンパスでは、このスプリント作製を体験できます。反響を見て回数を増やしたいと思いますのでご要望の方はお問い合わせくださいね。

by作業療法学科専任講師・飯塚照史

ot1021.jpg  ot1022.jpg

ot1023.jpg  ot1024.jpg


ホームページへ

About 2009年10月

2009年10月にブログ「青丹学園ブログ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2009年09月です。

次のアーカイブは2009年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35