« 2010年12月 | メイン | 2011年02月 »

2011年01月 アーカイブ

2011年01月29日

教員紹介!

本日のブログは、理学療法学科の長坂 俊昌先生のインタビューです!


★専門分野や研究テーマは?
「ICF(International Classification of Functioning, Disability and Health)」という人の生活機能と障害を分類するものがあるのですが、それを理学療法にどう活用するかが主要な専門です。モチベーションの心理学も研究しています。

★この職業をめざしたきっかけは?
ゴルフを競技として取り込んでいた時腰痛になりリハビリを受けたことがきっかけです。

★理学療法士の魅力は?
感謝…感謝する、される機会の多いことが魅力です。

★学生に学んで欲しいこと・身につけて欲しいことは?
理学療法士になって楽しく仕事をしている、幸せに生活しているなどの「ビジョン」を持って欲しいと思っています。ビジョンがあれば目標に向かうための方法は教えてあげられますし、必ず達成することが出来ますよ!

★学生とのエピソードを聞かせてください!
実習や勉強で困難にぶつかる学生の話を聞くことはいつも印象的です。少しでも前向きに改善したときは嬉しいですね。

★趣味・特技は?
ゴルフが趣味です(あまり出来ないのですが…)。
休日は友人と会っていることが多いですね。

★進学をめざす人たちへのメッセージをお願いします!
どんな職業でも身に付けるために一所懸命になる期間が必要ですが、ビジョンがあればその期間も楽しく過ごすことが出来ますよ!

nagasakat.jpg


2011年01月28日

介護講演会に行ってきました!!

1月15日、奈良文化会館にて介護講演会がありました。
本校は介護福祉学科の1年生・2年生が参加しました。

テーマは  マ    ナ    ア  の心。 
      (真心) (仲間)  (味)

千房株式会社の代表取締役・中井政嗣氏に、マナーの心についてお話を聞かせて頂きました。

お客様を敬う心、接遇マナー、従業員の大切さなど、介護福祉士として働いていく上での心構えの面で、類似することがたくさんありました。また、中井氏のユーモアあふれる講演は、とても興味を抱くことができ楽しかったです。

cwmanaa1.jpg cwmanaa2.jpg

一部ですが、講演に参加した学生の感想を紹介したいと思います。

『私には目標や夢があるので、周りの人たちの話を素直に謙虚に受け止めなければならないと思いました。その姿勢が目標に近づくことの第一歩になると思いました。』

『誰かの役に立つために、勉強や仕事をする。そのことがやりがい・生きがいにつながる。これから介護職につく上で大切にしたいです。』

まだまだ寒い日が続きますが、体に気をつけて頑張りましょう!!


2011年01月25日

パンフレット制作中!

関西学研医療福祉学院では、各学科とも、募集定員が残りわずかとなっております。
医療・福祉分野の国家資格取得をめざされる皆さんはぜひお急ぎください!
(介護福祉学科の全入試と、看護学科の社会人入試は終了しました)

さて、その一方、次年度(2012年度)入学希望の方対象のイベントもスタートし、新たなパンフレットの制作も進んでいる真っ最中。
学生さんにご協力いただいて、写真撮影を随時行っているところです。

今日はそんな「撮影風景」を、撮影してみました♪♪

panf1.jpgpanf2.jpg 

最初は恥かしがっていた皆さんも、カメラマンさんのうまいかけ声につられ、徐々にノリノリに・・・

panf3.jpgpanf4.jpg
 
次年度パンフレットは、少~しだけ雰囲気の違ったものになる予定。
皆さんの出身高校や大学の先輩が掲載されているかも!? 
お手元にお届けするのは4月初旬頃になると思います。届きましたら、ぜひ学生の生き生きした表情や元気いっぱいのコメントをご覧になってください。

★資料請求される方は→こちら


2011年01月24日

講義紹介:教材作成

古都奈良では、1月は行事が多い月。その中でも22日は伝統行事「若草山焼き」が行われました。今年は晴れていたからでしょうか、夜空を焦がす山焼きとなりよく燃えていました。昔から山がよく燃えると景気がよくなると伝えられていることもあり、今年は景気がよくなるのでは…とのこと。2年生の国家試験も無事合格!といきたいものです。
ちなみに例年、同日に若草山のふもとで「鹿せんべい飛ばし大会」があり、何度か学科長もチャレンジしましたが、追い風との戦いで難しいらしいです108366.gif

今日から1年生は後期末試験です。19科目の試験を2週間かけて行います。
1,2年生ガンバレouenpanda.gif
さて1年生最後の講義は、言語発達障害の時間。まだ全ての発達障害は学んでいませんが、広汎性発達障害や注意欠陥多動性障害の講義を終え、総まとめにグループワークを行いました。SSTの体験や評価の進め方、最後に教材作成を行いました。
この教材が見事kurakapanda.gif  素晴らしい教材で、改善しなくても明日から十分使えるものができました。最初は、方向性がやや違い、ポイントを絞っていくことで改善に改善を重ね、仕上げていました。非常に脳をフル回転した1日だったようです。
体育館から戻ってきた学生が「疲れた~」と言ってたそうですが、教務室から見えた学生の顔は“充実感というかやりきった感はあったよ”と聞きました。
“やりきる”何よりも嬉しい響きでした。
一つ一つを丁寧に考えていた1年生たちです。きっと患者さま一人ひとりと大切に向き合ってくれることでしょう。楽しみです。

st20111201.jpg st20111202.jpg
ポテトチップスのフタ一つとっても使い方で全く違う教材ができました!

st20111203.jpg st20111204.jpg

st20111205.jpg st20111206.jpg
他にもたくさんアイデア一杯の教材たちがあり教室後ろに展示しています。


2011年01月19日

☆第一回英語サークル開催☆

去る12月17日、作業療法学科にて島本先生を中心とした英語サークル(の第1回)がめでたく開催されました(>W<)♪

約一か月に渡り、放課後に集まっては、
英語で何をする??どんなペースで活動する??自分たちで何ができる???
といった企画から段取りまで皆で考えた第一回目です!

テーマは『解剖学を英語で見てみよう!』
今回は一年生の青木さん・藤野さん・薬師寺さんの三人が資料を集め、分かりやすいように絵を書いてくれました☆スゴイ!見やすい!!

ot201111.jpg

参加者はなんと1年生13人!1年生のうち3分の1がサークルに参加しました(>W<)
そして島本先生のおかしの差し入れもあり、みんなでお茶を飲んでまったり気分です♪

ot201112.jpg ot201113.jpg

さて、ではサークル内容ですが
…解剖学を英語でできるの??・・・なんだか難しそう
そんな風に思ってしまいがちですが、
なんとこの解剖の範囲は前期で一年生が習った範囲(*_*;) 本来ならば日本語では言えて当然なですよね・・・
前期の復習をしつつ英語でなんて言うのかを学ぶ! 一石二鳥な英語サークルなんです☆☆☆

しかし、人によっては驚くほどに忘れてしまっており、
「何やったかな~覚えてたのに~??」「あれちゃうかな~~??」
・・・と周りに聞く始末(涙;)
それでも英語で見るからこそ発見があることも♪

よくホテルのランクで聞く「スーペリアクラス」、皆さんも聞いたことがありますか?
この「superior(スーペリア)」・・・解剖学でも度々この単語が出てきます。
意味は「~より上の、上級の」、解剖学では人体を区分して断面や方向のといった基本的な表現の仕方から学びます。

では人体においてsuperiorは?・・・答えはそのまんまですが「上方」です。
人体の方向の表現として
上方―下方
内側―外側
近位―遠位
などなど。普段の生活と照らし合わせると英語も違和感なく入ります♪
他にも上肢の筋や骨についても総復習!!!さらに英語の発音も!
一人で勉強するより皆でお茶をしながらの勉強は楽しいです☆

そんな感じでみんなで豆知識を織り交ぜながら英語サークル(復習サークル?)は無事終了しました♪  サークル代表の3人、お疲れ様です!!!

次回はどんな内容になるのでしょうか?次回の英語サークルをお楽しみに♪


(↓↓↓手工芸サークルも不定期?開催中!)
ot201114.jpg


2011年01月13日

続続☆クリスマス会ボランティア

先日に引き続きクリスマス会ボランティアのとっておき現場レポートをいただきましたgood.gif 山川さんの感想です007.gif

『私はこれまで子どもさんと一緒に遊んだ経験がほとんどなく、どのように接すればよいのか、どのような声かけをすればいいのかまったくの未知の世界で行く前は不安と自信のなさでいっぱいでした。けれど子どもさんの方から近寄ってきてくれたのがとても印象的で嬉しかったです。特に、私は、小さい女の子と沢山遊んだのですが、その子は、一度体を持ち上げてくるくる回したりして遊ぶと、その後も何度もそばに来て、回してほしそうにしてくれたりとこちらのとまどいをものともせず近づいてきてくれました。今回のクリスマス会に参加して以前より子どもと接する不安感は減ったように思います。事前準備や打ち合わせなど大変なこともありましたが、そのようなことも含めて、とても良い経験になりました。』
 
Photoは、山川さんからの提供です。
クリスマスカードは、全て手作りhana1.gif  完成度の高いカードですpika.bmp

st20111131.jpg st20111132.jpg

折り紙おってます。                      ツリーにはっていこう~♪
st20111133.jpg st20111134.jpg


2011年01月12日

学生インタビューvol.1

本日のブログは、作業療法学科1年生、三本加菜さん(京都府立峰山高校出身)のインタビューです!

★本校への入学の決め手は?
オープンキャンパスに参加した際、先生と在校生の方々の対応と雰囲気がとても良かったので、私もその一員になりたいと思いました。また海外実習にも興味を持ちました。

★学校生活で楽しいひととき、またやりがいを感じるときは?
さまざまな年齢のクラスメイトと話せるのが楽しいです。また、実習でバイザー(実習指導者)の先生に褒められたときにやりがいを感じます。

★クラスの雰囲気を教えてください。
全員、個性が強いですが、とても仲が良くまとまりのあるクラスです。幅広い年齢層が在籍するクラスですが、ジェネレーションギャップを感じることは全然無く、毎日楽しく過ごしています。

★先生とのエピソード・関係を教えてください。
授業や専門的な話だけでなく、雑談もたくさんしてくれます。ユニークで楽しい先生ばかりです!

★授業でのエピソードを教えてください。
ときに厳しく、ときに笑いありの、わかりやすい楽しい授業が多いです。授業では先生が淡々と話し続けるわけではなく、学生同士でお互いに身体を使ったりしながら、授業への理解を深めていきます。

★卒業後の夢を教えてください。
今はとにかく、国家資格を取ることが最大の目標です。実習や授業を通じて、作業療法士への理解を深めていきたいです。

★これから進学をめざす人たちへのメッセージをお願いします!
勉強は難しいことも多いですが、授業や実習はとてもやりがいがあって楽しいです!!学校や先生の雰囲気もとてもいいですので、作業療法士に興味のある方は、ぜひ関西学研医療福祉学院に足を運んでみてください。

mimotokana.jpg


2011年01月06日

続☆クリスマス会ボランティア

1年生ボランティアのとっておき現場レポートをいただきましたgood.gif
前川リーダーの感想です。

『クリスマスカード作成や小さい子でも楽しめるゲーム作りなど、準備することが多く大変ではありましたが、子どもたちと接していくうちにメンバーの皆さんも一緒に楽しんでいて、とても楽しかったクリスマス会でした。
ケガや事故なく、子どもたちがキャッキャと笑いながら遊んでくれたことが何より嬉しかったです。また、クラスメートの方々にもツリーに貼る折り紙や切り紙などの準備を手伝って頂いたことに感謝しており、クリスマス会が成功したのは、クラスメート達のおかげだと思っています。』

という感想通り、みんなすごく良い笑顔で楽しそう panda.gif 
紙吹雪が天使のはねのように見えて子どもたちがまさに天使にみえましたhato2.gif
こんなにすてきな子どもたちには、きっとおうちにも santa.gifは来たのでしょうね!

Photoは、リーダーの前川君と山川さんからの提供です。

st201113.jpg st201114.jpg


新年おめでとうございます3199_d.gif

新しい年を迎えました。卯の年。ぴょんぴょん乗り越えたいですね176.gif
今年のお正月は、みなさまどんなお正月だったでしょうね。
教務それぞれが違う場所(各地方あちこちです)ですが、2年生の“国家試験、全員合格”1年生の“無事進級”をしっかりお願いしてきました。
各地方の神様、仏様よろしくお願いします。みんなガンバロウねkore.gif
 
そして、4月から本校に入学予定のみなさま!日頃、何気なく?!ブログをみてくださってるみなさまにとっても佳き年でありますように。
本年もよろしくお願いします。また今年も日々のあれこれを更新していきますね。

st201112.jpg

photoは、近鉄奈良駅にあるカフェで“ウサギカフェラテ”を注文したら031.gifの上にこんなに可愛いウサギちゃんが833378.gif 。飲むのが勿体なくてしばらく飲まずに眺めていたら冷めてしまいました029.gif (どれだけ眺めたかは、ご想像におまかせします )


1月報告

あけましておめでとうございます。
今年はウサギのようにピョンピョン躍動の年にしたいものです。

さて、理学療法学科は卒業試験を目前に、お正月も無い3年生と、何とか実習が終わってほっとしている2年生の両極端な年明けを迎えました。
1年生は何がなんだかわからないけれど勉強しなくてはいけないことがわかり、冬休み中も実技練習をしたり、自習したりしていました。

学生「もっと早くから勉強していれば・・・」
先生「1年生からずっと言ってあげているのに」
今の3年生はちょっと気づくのが遅かった!!でも国家試験までラストスパートしてくださいね。

1年生は文章力を付けるために冬休みに読書感想文の宿題が出ました。平成のゆとり教育、デジタル化の皆さんには文章を書くことがとても苦手なようです。2年から始まる実習では、いやというほど文章を書かなければなりません。今からなれておこうね。

脱兎のごとく、リハ学生の時間は過ぎて行きますが、やっぱり亀さんのようにこつこつ勉強したほうがいいかな・・・ 

by学科長・古川

pt20111.jpg


ホームページへ

About 2011年01月

2011年01月にブログ「青丹学園ブログ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2010年12月です。

次のアーカイブは2011年02月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35