« 2015年09月 | メイン | 2015年11月 »

2015年10月 アーカイブ

2015年10月30日

いよいよ・・・

看護学科の1年生は、戴帽式にむけて「ナイチンゲール誓詞 唱和」や「ナイチンゲール賛歌 斉唱」の練習に励んでいます。

本番が近づいていますが、頑張りましょう126675%5B1%5D.gif
IMG_0145.jpg


ハロウィン%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3.bmp

明日はハロウィンってことで、1年生がかぼちゃをくりぬきジャック・オー・ランタンdc_hw0033.gifを作って飾ってくれました。

写真が制作してくれた男の子たち。とても手先が器用でした。
今週末のオープンキャンパスにご参加の方はぜひ見て帰ってくださいね。

DSC_1002.jpg DSC_1004.jpg


2015年10月26日

海外研修報告【最終回】

1回目、2回目ときまして今回で最終回です!

今回の海外研修のまとめのブログとさせて頂きます。

スウェーデンの方針として、「必要な人に必要な分を」というキャッチフレーズがあり、
障がいを持っているために必要なもの(車いすや自助具)はほとんど無料で受けられ、
誰もが自分のしたいようにできる権利まで保障されていました。

日本では障がいを持っておられる方はまだまだ生活しにくい制度であったり、
制度として確立しつつも実際には困っている方がたくさんおられるような現実があります。


また、スウェーデンでは介助される方も介助する方も楽に安全にという考え方が基本です。
職員が腰を痛めないようにであったりと誰かに集中して負担がかからないようにする等の工夫がされていました。

今回の海外研修でスウェーデンの方々の考え方が本当に素晴らしいものだと感じ、
自分たちの考え方の枠が広がったように感じます。

今回、学んだことをしっかり役立て、(国家試験に無事合格し)立派な作業療法士になるべく、
あと残り少しの学生生活を充実させたものにしたいです!
%E6%B5%B7%E5%A4%96%E7%A0%94%E4%BF%AE1.jpg

おまけで、今回、トランジットをして、プラスで観光もしちゃえ!となった
ドバイでの様子を紹介します。

%E6%B5%B7%E5%A4%96%E7%A0%94%E4%BF%AE2.jpg
世界一高いビルの前で!中年の男性陣(真ん中は渡邉先生)もばっちりポーズ!

%E6%B5%B7%E5%A4%96%E7%A0%94%E4%BF%AE3.jpg
夜にはきれいな噴水も見ることができました。
(この噴水をみて、ドバイに来てよかったと心から思えるほどきれいでした)

夜にはおしゃれなクルージングに行ったり、
%E6%B5%B7%E5%A4%96%E7%A0%94%E4%BF%AE4.jpg

砂漠を車で走ったり、
%E6%B5%B7%E5%A4%96%E7%A0%94%E4%BF%AE5.jpg
%E6%B5%B7%E5%A4%96%E7%A0%94%E4%BF%AE6.jpg
%E6%B5%B7%E5%A4%96%E7%A0%94%E4%BF%AE7.jpg

本当にドバイに立ち寄ってよかった!楽しかったです。

3回にわたって、海外研修の様子を紹介させていただきましたが、
研修中は毎日が楽しく、とても充実しており、
その様子が皆さんに少しでも伝われば幸いです。

さいごに「いってよかった!」

と最後にもうひとつアピールして終わりにしたいと思います。

3回にわたって、読んでいただき、ありがとうございました!
%E6%B5%B7%E5%A4%96%E7%A0%94%E4%BF%AE8.jpg


2015年10月25日

香芝高校の皆さんが来校!

先日、香芝高校の2年生の皆さん、36名が学校見学会に来てくれました。

2年生のみなさんは、今後の進路選択の参考に医療・福祉分野の専門学校として本校を見学されました。
これから本格的に自分の将来を考える、皆さんにぜひ医療・福祉の専門家を目指していただければと思います。


%E9%A6%99%E8%8A%9D%E8%A6%8B%E5%AD%A61.jpg

理学療法学科の見学です。患者様の前に立つために学ぶべきことなど、現場での関わりも含めお聞きいただきました。
%E9%A6%99%E8%8A%9D%E8%A6%8B%E5%AD%A62.jpg

作業療法学科の見学です。作業療法士としての患者様への関わり、理学療法・作業療法の違い、自助具の紹介など様々な施設とも紹介させていただきました。
%E9%A6%99%E8%8A%9D%E8%A6%8B%E5%AD%A63.jpg

看護学科の見学です。メディアやお話では聞いたことのある看護の仕事。実習で使うモデル人形の赤ちゃんを抱っこしてもらいました。質感などリアルさにびっくりですね。
%E9%A6%99%E8%8A%9D%E8%A6%8B%E5%AD%A64.jpg

今回の見学でさらに興味を深めていただけたら幸いです。

香芝高校のみなさん、ご来校ありがとうございました。


2015年10月23日

海外研修報告【2】

前回は、スウェーデンの文化の違いなどを紹介しました。
今回は実際に訪問した施設の紹介を行います!

【LSS boende】
この施設は発達障がいを持つ高齢者の方が暮らすグループホームです。
46歳から81歳までの6名の方が入所しておられました。
自立を促す施設のため、できる範囲で自炊、洗濯をされていました。

%E6%B5%B7%E5%A4%961.JPG %E6%B5%B7%E5%A4%962.JPG


研修2日目
午前に高齢者施設のショーシャーナ。
ここで1回目にご紹介しました、
ソーラン節と河内音頭の発表があるのでドキドキしながらも見学させて頂きました。


研修3日目
【サフィーレン】
ここでは様々な発達障がいの方を対象に、
感覚統合療法が行われています。
子どもたちが感覚的な刺激を受けたり、
反対に刺激を排除してリラックスしたりして楽しみながら治療をします。
子どもたち一人ひとりの興味を引き出せるよう、たくさんの道具や工夫があり、
私たちも引き込まれました。

%E6%B5%B7%E5%A4%963.jpg %E6%B5%B7%E5%A4%964.JPG
(大きいボールプールではポケットの中身を空にしないと、
ボールプールの中に落としたら落とした物は見つからないので大変なことになります!)

%E6%B5%B7%E5%A4%965.JPG
(音楽を演奏する部屋の様子です。この施設にはたくさんの見たことがない楽器が置いてありました)


【ハビリテーリングセンター】
0歳~18歳の先天性障害または2歳以下の脳障害を呈する子どもが対象です。
生活に関するすべてに対応しており、成長に応じての補助器具の変更・援助、
無料の住宅改修、学校訪問を行っています。

対象者の方をご家族や地域に住む住人が子どもを理解することで信頼が生まれ、
対象者の方が安心して過ごせると教えていただいたことが印象的な施設でした。

%E6%B5%B7%E5%A4%966.JPG
(院内の階段のペイントがとても印象的でした)

%E6%B5%B7%E5%A4%967.JPG
(ウォーターベッドと、ボールの布団、鎖が入った布団もありました)

%E6%B5%B7%E5%A4%968.JPG %E6%B5%B7%E5%A4%969.JPG
(何を、いつまでにしなければならないかが目で見て分かるように、
朝起きてからすること、トイレで行う手順などが絵で描かれていました。
また、時間も光の数で表されていたりと、工夫がされています)

【補助器具センター】
ここでは、18歳までの子どものための補助器具を必要とする人に無料で貸与しています。
一口に「補助器具」といっても内容はさまざまです。その中でも興味深かったものは、最近需要が増えているという「複数のボールが入っている掛け布団」です。
精神的に不安をかかえている方が安心して眠ることができるという研究結果が出ています。
試しに横になってみると、とても落ち着く感じがしました。今後、日本でも流行するかもしれません。

%E6%B5%B7%E5%A4%9610.JPG
(実際に学生が体験している様子です。とっても心地よくて、一瞬で眠くなりました。そのため表情がだいぶ緩んでいます・・・・)

【ショーシャーナ】
この施設は、市営の施設ですが、個人で経営されています。公営・市営関係なくどちらも法律で定められた施設なので同じ介護を受ける事が出来ます。アパートタイプの部屋で家賃、食費は各自の収入によって異なります。自分の意思で生活する権利があり、基本的には自身の意思を尊重するため無理強いされることなく、自分で時間を決めて毎日の生活を送られています。
%E6%B5%B7%E5%A4%9611.JPG %E6%B5%B7%E5%A4%9612.JPG
(一部屋ごとにキッチンが用意されており、部屋には趣味の絵や、お孫さんの写真などを飾っておられました)


ここでソーラン節と河内音頭を披露しました。施設の方々がポスターを作製してくださっており、施設の利用者の方々が私たちの発表を楽しみにされていたようでした。
踊りをじっと見られており、最後に渡したハッピやうちわも喜んでいただきました。また、来年も楽しみにされているということでしたので後輩のみなさん、頑張ってください!

%E6%B5%B7%E5%A4%9613.JPG
各施設の紹介はここまでにして

次回!研修のまとめと、観光で立ち寄ったドバイの様子を紹介させていただきます。


2015年10月21日

海外研修報告【1】

作業療法学科では9月25日~10月6日、
海外研修でスウェーデンに行ってきました。

その様子を3回にわたり印象的だったものをご報告します。

今回、私たちは関西国際空港からドバイでトランジットし、
コペンハーゲンに向かいました。

コペンハーゲンに着いた時の様子です。
%E6%B5%B7%E5%A4%961.jpg
(若干、関空や機内ではしゃぎすぎて疲れが・・・・)

%E6%B5%B7%E5%A4%962.jpg
(男性たちは有名な人魚の像を朝早く見に行っていました。)

コペンハーゲンのホテルの絵がとっても怖かったです。
%E6%B5%B7%E5%A4%963.jpg

1日目はコペンハーゲンに泊まり、翌日、研修先であるスウェーデン(マルメ)に向かいました。

マルメにつくと私たちはある使命を果たすべく、公園に向かいました。
%E6%B5%B7%E5%A4%964.jpg

近隣にはマンションが立ち並ぶ公園で、
研修2日目に訪問する施設で披露するソーラン節の練習をしました。

通行人(スウェーデン人の方々)の視線が冷たかった・・・・。

その後ソーラン節で汗をかき、ミネラルウォーターを飲もうかとスーパーマーケットを探したところ、
どこのスーパーマーケットにもミネラルウォーターがおいていない!!

マルメでは実は炭酸水が一般でミネラルウォーターは置いていないのです。

ミネラルウォーターが飲みたくて、スーパーマーケットを巡って、
読めないスウェーデン語を一生懸命解読して、
やっと購入したものを飲んでみたらやっぱり炭酸水・・・。

と、研修中はずっとお水を探していました。

%E6%B5%B7%E5%A4%965.jpg
(↑上の写真は水を見つけて喜んでいる私たち。このあとこれが炭酸水でショックを受けました。)

文化が違うと戸惑うこともあり、初めての海外研修で驚きがたくさんでした。

文化の違いとして研修中はどの施設もたくさんのお菓子やおいしいコーヒーなどを用意してくださるところが多く、
私たちはいつも満腹状態!

日本では考えられないおもてなしでした。
%E6%B5%B7%E5%A4%966.jpg

今回はここまでにして、
次回は実際に研修をさせていただいた施設の紹介を行います。


“食べる”を考える

鈴なりになっている柿が色づき秋だなと感じるきょうこの頃2942132.gif
美味しいものが沢山あり体重が増加する一方でございます327683.gif

さて、その“食べる”というテーマ。私たち普段当たり前のように頂けますが、疾患により飲み込みがしにくい、安全に食べることができない方たちへの訓練をするのも言語聴覚士の仕事。その職域を知るために講義では「嚥下(えんげ)障害」という講義があります。

P1330451.jpg

本日は、実際に食べ物を使って自己経験から食べるを考える講義をしました。
プリンやゼリー、お豆腐などを使って食事観察のチェックポイントを教えてもらいました。
感想から、『普段絶対しない食べ方を実践したことで不便さがわかりかつきちんとして食べられることに感謝できたようです。』

P1330452.jpg P1330457.jpg

P1330463.jpg P1330479.jpg

『患者様にあわせ椅子の形を変えると飲み込みもかわるのかなと思いました』
『また姿勢がとても大切なんだということがわかりました。』
など、当たり前でないことがあらためてわかり293901.gif活気あふれる講義でした。
これからどんどん盛り上がりそうです327627.gif

何度も打ち合わせを重ね講義を進める二人の先生の息もピッタリ%E3%81%8BDEB0~111.GIF
板橋先生と吉村先生ありがとう~294178.gif


2015年10月19日

【第2回】入学前授業

10/17(土)、作業療法学科では本校合格者の方を対象とした、
入学前授業が開催されました。

9月に引き続き2回目の開催となった今回のテーマは、
『昔の遊びを楽しもう!』です。

日常生活をはじめ、遊びや仕事、家事など、
対象者の方がやりたい『作業』を実現できるよう、
一緒に取り組んでいくことは作業療法士の仕事です。

その中で、今回はそんな作業療法の対象となる、
「老年期」の方が行ってきた遊びを体験して頂きました。

・認知機能改善
・対人コミュニケーションの向上
等の効果があると言われています。

その様子を少しですがご紹介します。

『紙ヒコーキとゴム鉄砲をつくります』
%E5%85%A5%E5%AD%A6%E5%89%8D1.JPG
%E5%85%A5%E5%AD%A6%E5%89%8D2.JPG

◎出来上がりがこれです◎
↓↓↓
%E5%85%A5%E5%AD%A6%E5%89%8D3.JPG

『実際にヒコーキを飛ばしたり、ゴム鉄砲を使ってみました!』
%E5%85%A5%E5%AD%A6%E5%89%8D6.JPG
IMG_0096.JPG

とても熱中した時間はあっという間で、
実はこの日はいつの間にか終了予定時間が過ぎていました!!

この機会を通じて、
参加者の皆さんは改めて「作業」の楽しさを実感されていた様でした。

今回は得点制で行いましたので以下、
上位3名の方の写真を掲載しておきます。
%E5%85%A5%E5%AD%A6%E5%89%8D7.JPG

次回入学前授業は11/1(日)の予定です。
【テーマ】マン・ウォッチングをしてみよう!
【担 当】栗山先生
次回も是非参加くださいね!

☆参加者の声☆
・改めて作業療法の楽しさを実感しました。
・皆で話し合いながら作る事で少し緊張感もほぐれた気がします。とても楽しかったです。


2015年10月17日

国家試験対策講座が始まりました

10月3日から国家試験対策講座が始まりました。

国家試験対策講座は、
3年生を対象として2月の国家試験に向けての講義です。

当学科の卒業生(現役ベテラン作業療法士)が国家試験の日まで毎週来られ、
国家試験のポイント等を講義してくれます。

今年から新たに講師として15期卒業生の東田充康さんが加わりました。

東田さんは県内の医療機関に勤務している作業療法士です。
%E5%9B%BD%E8%A9%A6OT1.jpg

学生さんに丁寧に指導をしています。
%E5%9B%BD%E8%A9%A6OT2.jpg

本日の、もう1人の講師は金星聡先生です。
%E5%9B%BD%E8%A9%A6OT3.jpg

学生さんも熱心に取り組んでいます。
%E5%9B%BD%E8%A9%A6OT4.jpg

3年生の皆さん、2月の国家試験まであと4ヶ月!
一日一日を大切にして、合格に向けてがんばれ!
全力でサポートします!

国家試験対策講座講師・作業療法学科教職員一同


2015年10月14日

☆卒業生インタビュー☆

今日のブログは卒業生の大谷さん(2012年卒業/大阪・八尾翠翔高校出身)のインタビューをお届けします12071304.gif


■就職先を選ばれた理由、就職先での仕事を教えてください。

現在、有料老人ホームで介護福祉士として勤務して4年目になります。入居されている方の生活全般のサポートをさせて頂いており、約30名のフロアのリーダーとして、入居者の方が自分らしく穏やかに毎日を過ごして頂けるように、日々仕事に取り組んでいます。
入居者の方の笑顔や、日に日に元気になって行かれる姿が仕事のやりがいにつながっています。

■本校で学んだことがどのように役立っていますか?

2年間ずっと学び続けた、「相手の目線にたって考え、行動すること」。先生方が学生の私たちにいつも言い続けてくださったことが、まさにいま現場で役に立っています。

■学校生活を振返って、楽しかった思い出は?

海外研修でオーストラリアに行ったことです。
海外の“福祉”を実際に自分の目で見るだけでなく、現地の施設に入居されている方々とふれあう機会もあり、とても貴重な経験になりました。研修を終えて、視野がひろがり、さまざまなことに興味をもつようになりました。

■先生とのエピソード、授業でのエピソードを教えてください。

施設実習の際、不安と緊張で少し落ち込んでいたのですが、実習巡回で来てくださったときの担当の先生の優しい笑顔とアドバイスに本当に励まされました。
在学中も卒業した後も、今も変わりなく優しい先生方にはいつも応援頂いて、感謝しています!

■これからの夢を教えてください!

大きな夢は、関西学研医療福祉学院・介護福祉学科の同期のみんなでホームを作ること!(いつもみんなで集まると、いつか実現したいね~っと話し合ってます294175.gif
現実的な目の前の夢は、ケアマネージャーや認知症ケア専門士の資格を取り、現場でさらに活躍したいと思っています。

■これから介護福祉士を目指す方へ、メッセージを!

私の働くホームでは101歳と102歳の方のお世話をさせて頂いています。たぶん、この介護の仕事についていなければ出会うことはなかっただろうな~といつも思います。毎日、元気に過ごしておられる姿を見て、いつもパワーをもらい、仕事のやりがいを実感します。介護の仕事にゴールはないですが、日々、素敵な職業だと感じています。
専門学校時代に教わったことの大切さを、いま現場で実感しています。勉強や実習で心が折れそうになることもあるかもしれませんが、クラスのみんなや先生方と一緒に、素敵な介護福祉士をめざしてください%E3%81%AF51CA~1.GIF

otani.jpg

大谷さん、ありがとうございました%E3%81%86%E3%81%95%E3%81%8E_mJ7HWPN73.gif 今後ますますのご活躍を期待しています%E3%81%8BC747~1.GIF


2015年10月13日

朝の学校の様子

本校では、登校してくる学生さんを元気に迎え入れようと、
教職員が自主的にエントランス等に立っています。

学生と教職員の行き交う気持ちの良い挨拶。
本校の1日はそんな活気あふれる朝からスタートします。

そんな朝に登校してくる学生さんの様子を写真で少しご紹介します。

この日は、作業療法学科の学生さんが、
鬼怒川水害復興支援の募金活動に立っていました。
KG%E6%9C%9D1.JPG

学生さんたちです。
KG%E6%9C%9D2.JPG
KG%E6%9C%9D4.JPG


私達にとっては見慣れた光景なのですが、
とても充実した雰囲気が伝わってきましたので、
簡単にご紹介しました。


在校生インタビュー★

今月は、和歌山県・神島高校出身のSくんをご紹介します!
Sくんは現在理学療法学科の3年生。1人暮らしをしながら通学してくれています。


◆一番好きな教科を教えてください。
疾患ごとの治療について学ぶ「運動療法学」です。
これは2年生のときの科目で、
実際に治療をしてみたりなどの実技もあるので、
とても興味深く、毎週楽しみにしていました。

◆クラスの雰囲気を教えてください。
クラスの雰囲気はとても良く、毎日楽しいです。
将来は同じ業界で働いていく仲間でもあるので、
負けていられないなという気持ちになります。
同級生は僕にとって一生の宝物であり、ライバルでもあります。

◆理学療法士を目指す後輩のみなさんにアドバイスをお願いします。
僕は、もし入学時に戻れるなら、
生理学をもっと大切に勉強すると思います。
生理学は理解するのにはなかなか難しい教科で、

1年生のうちにきちんと勉強しておけば、
実習に行ったときの苦労が少なくなると思います。

◆入学後、変わったなと思うところはありますか。
高校生の時と比べて勉強に対する姿勢が大きく変わりました。
今のように毎日勉強するようになるなんて、
高校生のときには考えられないことでした。
また、1人暮らしを始めてからは、
今まで家事をしてくれた親に
感謝できるようになった自分がいます。
気持ち・知識ともに成長していると感じています。


2015101301.jpg



授業紹介『義肢装具』

今回は、スプリント作製実習の様子を紹介します。
%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%881.jpg

スプリントは作業療法士が対象者の方の状態に合わせて作製する補助具で、
「関節の保護や変形の改善を目的として、手足に装着する治療機器」です。
当学科では、2年次に履修します。

各自で、スプリントを作製しています。
%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%882.jpg

アクアプラスト(スプリントの素材)を手の形に沿ってカットしています。
%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%883.jpg

上手にできたようですね。
%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%884.jpg
%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%885.jpg

対象者の方が満足できるスプリントを作れるように、
日々練習に励んでください。

期待しています!


2015年10月07日

就職説明会

少しずつ木々が紅葉しかけ秋ですね326940.gif

さて、いよいよ2年生の就職活動が本格的になり、先日、本校で言語聴覚学科の就職説明会を行いました。
当日は沢山の施設様にお越し頂き、学生も自分の将来を見据えて真剣に聞いていました。
たった2年の養成ですが、入学時より成長したそれぞれの顔が嬉しかったです%28%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%AB%E3%81%AA%E3%81%97%29_m%5B3%5D.gif

紙面上の求人票だけではわからなかった雰囲気や先生方の仕事の思い、病院の雰囲気などが肌で感じることができ、気持ちが固まった学生たちでした。

施設様には、お忙しい時間を頂きましたが、やはりコミュニケーションから得られるものが大きいなとあらためて感じる時間となりました。

IMG_0026.jpg
沢山のご縁がいただければ幸いです32693213.gif


鬼怒川水害復興支援への募金活動 ~ご報告および御礼~

9月28日(月)~10月2日(金)の5日間、
近鉄高の原駅前と当校の正門前で募金活動を行いました。
%E8%A1%97%E9%A0%AD%E5%8B%9F%E9%87%91.jpg

思い返せば4年前、東日本大震災後も同じ場所で募金活動を行いましたが、
今回は、9月10日の記録的大雨により鬼怒川(茨城県)の堤防が決壊し、
浸水被害にあわれた方々への募金活動です。

きっかけは、ある日、3年生のHさん(男性)が「募金活動をしましょう!」と、
2・3年生に呼びかけたことが始まりでした。

Hさんは自分自身が過去に被災したこともあり、
今回の鬼怒川の水害も他人事ではなかったそうです。

そんなHさんの熱い思いに賛同したメンバーがHさんのもとに次々に集まりました。

ボードを持っている彼がHさんです。
%E8%A1%97%E9%A0%AD%E5%8B%9F%E9%87%912.jpg

夕方の駅前での募金活動の様子です。
%E8%A1%97%E9%A0%AD%E5%8B%9F%E9%87%913.jpg
%E8%A1%97%E9%A0%AD%E5%8B%9F%E9%87%914.jpg

当校の正門前です。朝、登校してきた学生さんも募金してくれました。
%E8%A1%97%E9%A0%AD%E5%8B%9F%E9%87%915.jpg
%E8%A1%97%E9%A0%AD%E5%8B%9F%E9%87%916.jpg

活動期間は、5日間という短い期間でしたが、
皆様の温かいご支援により107,198円を集めることができました。

心より御礼申し上げます。

お預かりした義援金は、
10月6日に茨城県常総市へ寄付させていただきました。
誠にありがとうございました。
%E8%A1%97%E9%A0%AD%E5%8B%9F%E9%87%91%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%88.jpg

さいごになりましたが、
今回の水害でなくなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。
また、被災された方々が一日も早く安心して生活できますよう、
心よりお祈り申し上げます。

作業療法学科 教職員・学生一同


2015年10月05日

入学前授業を行いました

介護福祉学科の入学予定者の皆さんを対象に、入学前授業を行いました。

今回のテーマは「高齢者の食事を作ってみよう!」。生活援助の一つである、高齢者の食事作りにチャレンジしました。

D201510041.jpg
講師は実際に授業で本校の学生を指導をしてくださっている藤田先生。
プロから本格的な介護食作りを学べる貴重な機会ですonpu01-2.gif

D201510042.jpg
作ったメニューは“だんご汁”。簡単にできて、栄養満点のお料理です。これ一品で高齢者の栄養不足や水分不足をおぎなうことができます1650295.gif

201510044.jpg 201510046.jpg
4人1グループになって、みんなで役割分担をして、調理をしていきました。
ふだん包丁をまったくにぎったことがない人が大多数・・・・やや危なっかしい包丁さばきでしたが、なんとかがんばっていました%21%21.gif

D201510045.jpg
と思えば、手慣れた包丁さばきであっという間に野菜を刻む人も181525.gifすごい181525.gif


今日初めて顔を合わせる人も多いので、最初は少し緊張感がただよっていましたが、みんなで協力して調理をする中で、たくさんの会話が生まれ、お料理が完成するころにはすっかりうちとけていましたodoru.gif

201510048.jpg 201510049.jpg
できあがっただんご汁をみんなで試食0810_8.gif
出来栄えはともかくとして・・・自分たちで作ったものはやっぱり美味しいです。
どのテーブルからも「おいしい!」という声が聞こえてきました。


入学後は高齢者の方に向けた料理やデザート作りをもっともっとたくさん学んでいきますので、お楽しみにw01.gif
今日学んだだんご汁、さっそく家でも作ってみましょう2316367.gif


240447.gif240447.gif参加された皆さんの感想をご紹介240447.gif240447.gif

●野菜を切るのが難しかったけど楽しかったです。家でもお手伝いしたいです。
●みんなと協力し合いながら美味しいだんご汁ができました。
●はじめてで緊張したけどとても楽しかったです。
●グループで分担して手際よくできたのでよかったです。この機会に自宅で料理をするようにしたいと思います。
●自分のできることをどんどん増やしていきたいです。
●新しい仲間に出会えて新しい発見がありました。
●栄養についてくわしく学んでいきたいです。

などなど、前向きな感想をたくさんいただきました139.gif

D2015100410.jpg


2015年10月03日

「研究」を体験する

皆様こんにちは!理学療法学科教員の長坂です。

皆様は「研究」という言葉を見て、どんなことをイメージされますか?

「なんかむずかしそう」
「理科の実験みたいな感じ?」
「学者さんがするもの?」

など、少し難しくて、遠い世界のような印象を持っておられる方も多いのではないでしょうか?

P1330215.JPG
(研究の計測シーン)

でも、本当はかなり身近なことで、難しいことではありません^^

先日、理学療法学科2年生を対象に、「研究」を体験する特別講義を行いました。

テーマは、

「運動器具を使ったトレーニングと、使わなかったトレーニングに効果の違いはあるか?」

です。

方法なんですが

運動器具を使ったトレーニングをした人達と、使わなかった人達を分けて、運動前と運動後の体力測定をする。

言えば、たったこれだけです^^

P1330339.JPG
(器具をつかった運動中)

もちろん、そこには色々ルールがあるので、これを勉強するのですが、今回学生さんには、難しいことはさておき、実際に体験をしていただきました。

その中で、

 ●計画の段階でどんなことを考えておかないといけないか?
 ●実際に実施するための段取り
 ●正確な比較をするための配慮
 ●研究に参加される方々への配慮

こんなことを、肌で感じていただきました。

普段の授業とは少し違う雰囲気にあたって、学生さんからも研究に興味を持ったという声が聞かれました^^

2015093001.jpg
(これって面白い!て顔をキメている学生さんです^^)

皆さんに、興味をもってもらえる講義、どんどん増やしたいですね!


2015年10月02日

あっという間に・・・

4月からスタートした学校生活が、あっという間に半年が過ぎました。

1年生にとっては初めて勉強することが多く、入学当初は戸惑いもあったかもしれませんが、医療・福祉の知識を身につけていく中で、“医療人・福祉人”としての自覚が芽生えているようです。


P1330420.jpg P1330423.jpg
今週の看護学科【1年生】授業風景


そして最終学年になると臨床実習が待っています47685.gif

そのほかにも、

IMG_0042.jpg
就職説明会


IMG_0094.jpg
事例報告


IMG_0008.jpg
特別講義(介護福祉学科/フットケア)


最終学年の生徒のみんなの表情は本当に逞しく、実習を重ねるたびにその逞しさは増していく感じがします315134%5B1%5D.gif

1年生の皆さん、本格的な学習はこれからですが、笑顔を忘れずに、よき“医療人・福祉人”を目指しましょう113191%5B1%5D.gif


ホームページへ

About 2015年10月

2015年10月にブログ「青丹学園ブログ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2015年09月です。

次のアーカイブは2015年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35