« 2016年09月 | メイン | 2016年11月 »

2016年10月 アーカイブ

2016年10月31日

防災センターを見学して

先日、私達2年生は奈良市にある防災センターで災害や防災について学ばせていただきました。その中でも特に印象に残ったのは地震体験と暴風体験です。

暴風体験では風速1m/sから段々と強くしくいき、最後には20m/sを体験できるというものでした。私は友人たちと「T.M.Revolution ごっこやろうや」「歌いきれるか勝負やな」と余裕の発言をしつつ笑顔で体験室に入りました。想像通り、始めは風が気持ち良いくらいにしか思っていなかったのですが、風速5m/sの時点で予想以上に風が強く、段々強くなっていく風に驚きを隠せませんでした。最後の20m/sはとても風が強く、危険な状態でした。ちなみに風速5m/sは時速に換算すると、18km/hとなり自転車で走行しているくらいで、20m/sは時速72km/hで大人でも身体を風に向かって、60度くらいに傾けないと立っていられず、子どもは飛ばされそうになります。私も友人たちに比べて体が小さいので足元がふらついて怖かったです。

地震体験では1回目は震度5から始まり、一瞬震度7を体験しました。震度5弱では友人たちと「怖いな」なんて笑顔でしゃべっていたのですが、5強になった途端にとても揺れが強くなり、驚きと恐怖でしゃべることもできませんでした。弱と強では揺れが格段に強くなっており、最後の震度7では棒に捕まっているのにも関わらず、足と腰が砕けてまったく立っていられなくなりました。

今回は友人たちと一緒に体験しているし、ただの体験だから大丈夫だと思っていたし、みんなで笑いながら楽しく体験していたのですが、実際に1人でいるときにあんなにも強い自信が来たら何もできずに死んでしまうのではないかとさえ思いました。そうならないためには、いつ来ても良いようにしっかりと震災について備えることが一番大切だと思います。そして私たちのクラス自信大国日本で看護師を目指すものは災害看護についてしっかりと知識を身につけ、実際に落ち着いて実行できる勇気が必要なのだと思いました。災害看護の講義はこれから始まるので、しっかりと気合を入れ直して授業に臨みたいと思います。
image2.JPG image1.JPG


2016年10月27日

万青さんブログ

万年青年会クラブの方々との交流

今年も,万年青年会クラブの方々との交流会を行いました。作業療法学科では毎年この時期に地域作業療法学実習の授業の一環として行っています。

今回は,2つのプログラムを企画し,参加者にどちらか1つを選んでいただきました。
そのプログラムは「奈良公園散策コース」と「さつまいもプリン作り」です。

まずは「奈良公園散策コース」です。
奈良公園までは電車で移動し,近鉄奈良駅から歩きました。
奈良県庁舎屋上広場での集合写真.晴天で展望がよかったです。

IMG_7992.jpg

興福寺です。

IMG_7979.jpg

IMG_8004.jpg

IMG_7997.jpg

次は「さつまいもプリン作り」です。
最初に学生さんが作り方を説明しています。上手に説明できたかな?

IMG_2480.jpg

一生懸命,サツマイモを潰しています。結構,力がいりましたね。

IMG_2518.jpg

蒸し器で蒸して完成です。とてもいい匂いがしています。美味しそう!

IMG_24801.jpg

さいごになりましたが,今回参加してくださった皆様,どうもありがとうございました。


2016年10月25日

入学前授業がありました

入試広報の国則です!週末は理学療法学科の入学前授業でした!!
歌川先生から循環器系(心臓)について教わりました。

16102301.JPG

「循環器」という言葉だけ聞くと難しそうな気がしますが、
自分で図を描いたり、ドラマの話が出てきたり、みんなで話し合ったり。
入学予定者のみなさんも生き生きした表情で参加していました。
感想を見ても、わかりやすかった、楽しかった、もっといっぱい勉強したい!
という方がたくさんいました!すばらしい~★

16102302.JPG

次回は、11月末の開催です。たくさんのご参加、お待ちしています!


2016年10月21日

講義紹介%E5%8F%97%E9%A8%93%E3%83%BB~1.GIF

毎朝、窓をあけると庭のキンモクセイが芳香を放ちDVC00074.GIF
、秋を感じる今日このごろです。
今日は1年生の講義で、構音障害の訓練法を行いました。
教科書で用語はわかったけど…具体的にはわからない…ということは多々あるかと思います。そこを解決できるのが本校の講義の特徴 2012061102.jpg
聴く講義だけでなく、実際に“やってみる”ことで即戦力を高めます
「あっそういうことかぁ%E6%A3%AEF3C3~1.GIF」「なるほど293901.gif」と声がきこえる講義でした。
技術を伝授できる講義は、言語聴覚士の真髄だなと感じる瞬間でもあります。
学生たちの顔も活き活きしていてこういう時間も大切にしたいですね。
10%E6%9C%88%E2%91%A2%EF%BC%8D11.jpg 10%E6%9C%88%E2%91%A2%EF%BC%8D%EF%BC%921.jpg


2016年10月18日

★在校生インタビュー★

今回は、作業療法学科在校生の萱島さんのインタビューをお届けしますniko.gif

■本校ならびに本学科のどこに魅力を感じて入学しましたか?
夜間に開かれていたオープンキャンパスに飛び込みで参加させていただき、教室や授業内容を丁寧に教えていただきました。その際、気さくにお話をしてくださったので、「この先生は絶対にいい先生だ」と直感し、入学を決めました。

■学校生活で楽しいひととき、またやりがいを感じるときはいつですか?
ロビーで友人たちとお茶を飲んだり、ハロウィンやクリスマスなどのイベントを開き、盛り上げたりするので、とても楽しい学生生活を送っています。

■クラスの雰囲気を教えてください。
教員も生徒も和気あいあいとしていて馴染みやすいです。わからない問題を教えてもらう時も冗談を交えながらお話したりしているので、壁など一切感じないクラスです。

■先生とのエピソードを教えてください。
学校生活やプライベートの悩みを相談しても親身に話を聞いてくれるので、気さくに相談できる先生がほとんどです。

■授業でのエピソードを教えて下さい。
専門の先生が外部から授業を教えに来てくれる機会も多いので、毎日が刺激ある授業です。

■卒業後の夢を教えてください。
患者様を笑顔にできる作業療法士です。

■これから進学をめざす人たちへのメッセージをお願いします!
作業療法学科はクラスみんな仲が良く、友人もすぐにできます。やりがいのある仕事なので、これから作業療法士を目指される方はオススメです!

萱島さんありがとうございました293674.gif


2016年10月14日

就職説明会

昨夜は十三夜でお月様がきれいでしたね%E7%A7%8B_M_1~1.GIF
さて先週、言語聴覚学科では就職説明会を行いました。
2年生のために現場の先生方がお忙しい中お越し頂き、また丁寧にご説明いただき本当にありがとうございました。
また説明会には卒業生たちも多く来てくださり、自身の病院を紹介し勤めさせていただいている責任感と言語聴覚士としての使命を語っている姿をみると成長したなと思い感動しました %E3%81%8D%E3%82%89%E3%81%8D%E3%82%89_m.gif
まだ臨床実習が残っているのですが、4月、言語聴覚士として先生方のもとでお世話になれるよう学生、教員ともども頑張ろうと改めて思った日でした

DSCN04531.jpg DSCN04371.jpg
DSCN04421.jpg DSCN04481.jpg
DSCN04501.jpg DSCN04651.jpg


2016年10月12日

★卒業生インタビュー★

今回は、介護福祉学科卒業生の末吉範士くん(智辯学園高等学校出身/2015年卒業)のインタビューをお届けします48846.gifhato3.gif

■介護福祉士という職業を選んだきっかけを教えてください。
私の家で祖母の介護を家族でしていたことがきっかけです。何か人の役に立ちたいと子供のときから思っていましたが、このような環境下で育ったため「介護福祉士」という職業を目指しました。

■関西学研医療福祉学院に進学してよかったと思うことは?
「考える介護」が出来るようになりました。現場では業務で時間に余裕がなく、多くの利用者様に合った介護支援計画を学ぶことが難しいです。しかし、関西学研医療福祉学院では理論にもとづく介護技術やその人に合った介護支援の勉強が出来るので、現場に出たときに違った目線での介護が出来るようになりました。

■どんなときに介護福祉士の仕事にやりがいを感じますか?
現在私は介護老人保険施設に勤務しております。この種の施設はリハビリを行い、在宅復帰を目標にしています。リハビリの専門職である理学療法士によるリハビリの時間は毎日あるわけでなく、限られた時間でしかありません。私たち介護福祉士は食事や排泄介助だけでなく、個別にリハビリ(生活リハビリと呼ばれる)も行い、利用者様をサポートしています。そのため、利用者様が自宅復帰できる状態まで戻られたときに仕事のやりがいを感じます。

■利用者様とのエピソード(うれしかったことなど)を教えてください。
自分のことをなかなか受け入れてくださらない利用者様がいました。初めはその方をさけていましたが、このままではいつまでもうちとけられないと思い、勇気を出してその方の居室に伺いました。するとその方は「よく来てくれたなあ」と笑顔になられ、色んなお話をしてくれました。時間はかかりましたが、良い人間関係が築けてうれしかったです。

■利用者様と接する中で大切にしていることは?
その利用者様と目線をあわせ、その方の話を十分に聴くように心がけています。話をこちらからするのも良いですが、一方的になっては良くありません。聴き上手になれるように努力しています。

■スキルアップで心がけていることや取り組んでいることを教えてください。
介助技術や接偶を向上するため、施設の勉強会に毎月参加しています。沢山の方と意見交換ができる貴重な場となっています。

■これからの目標・夢を教えてください。
介護プランを作成するケアマネージャーを目標に日々利用者様の介助にあたっています。また、この利用者様であれば、自分はどういうプランを作るのかなども考えながら働いています。


末吉君ありがとうございました。これからも頑張ってくださいo0020002011005709626.gif%21%21%21.gif


2016年10月11日

海外研修報告 その1

作業療法学科・教員の島本です。

平成28年度スウェーデン海外研修から帰国し、日本語だけの生活が始まっています。学生は、早々に授業を受講し、島本は通常の勤務です。スウェーデン研修のまとめを始めました。

IMG_20161010_182144.jpg
※スウェーデン研修期間 9/26~9/30

経験も、文字で再構成することで身につくような気がします。
今まで、経験したことをまとめなおすことは苦手でできるだけ避けてきました。しかし、今回は友人や支援者、学校関係者のことを考えると何らかのかたちで報告や知見をまとめないといけません。

と格好のいいことを書きましたが、実は今日まで先延ばしにしていたのです。地図や、事前のプラン表を何度も確認し報告を作成します。
まずは、出発前の写真です。改めて、出発前の気持ちを思い出しました。

IMG_20160924_080023.jpg IMG_20160924_171416.jpg 

(写真:関西国際空港、その付近/飛行機内風景)


2016年10月05日

講義紹介「嚥下障害」

今日は、台風の影響で休講にならないか冷や冷やした日でしたが、無事一日が過ぎ、ホッとしました。
さて今日の1年生の講義「嚥下障害」ではケーシーに着替えて演習を行いました。
テーマは「言語聴覚療法における心と身体」です。患者様の状態を把握する(みて、ふれて、感じる)ためにタッチング「手当て」という技法を学びました。
言語聴覚士の仕事は、コミュニケーションや飲み込みの障害がある方々の心理面、身体面の心の変化を読み取ることが大切です。
全ての感覚を研ぎ澄まし患者様の細かな変化に気づくことの重要さを学びました。
実際にタッチングをしたあと、「腕が上にあがるようになった」などの感想もチラホラありました。ヒトとのふれあいの大切さがこれからもいろんな形で学びます。
10%E6%9C%88%E2%91%A0-%EF%BC%91.JPG

10%E6%9C%88%E2%91%A0-2.JPG


2016年10月04日

腰痛予防

介護福祉士は、腰痛が原因で離職する人が多いです。しかし、色々な道具などを
使うことにより利用者も介護者もお互いが心地よく介護が出来ます。

ということで、学校にはリフトやスライディングシートなどはあり、授業でも使っているのですが、最新の機械ややぐら型リフト、グローブなどを持ってきていただき、実際に
使い方を教えてもらい、使ってみました。

学校に来ていただいた方は、アビリティーズ・ケアネット株式会社の吉岡さん

まずは、腰痛についての講義
a.jpg
そして、演習です。

やぐら型のリフトです。最近在宅でも
増えています。
b.jpgc.jpg

スライドシートです。厚みがありしっかりしたものなので軽々です。

d.jpge.jpg

学校にもあるスライディングボードと、スライディングシートです。

f.jpgg.jpg

スタンディングリフトです。これはみんな興味津々! 簡単に移動できます。
最後に、グローブ。

h.jpgi.jpg

楽しく授業をしようとしてくれた吉岡さんは、「僕ドラえもん・・・」と冗談を言ってくれましたが、みんな真剣モードで笑う学生はいませんでした・・・。 すみません・・・。

l.jpgj.jpg

写真にはありませんが体圧分散のシートに学生がすわり、どのように体圧がかかっているのかをプロジェクターで映し出してくれたりと、盛り沢山の授業でした。
自分の身体は自分で守ること!そして、守ることが出来るということが理解できた講義・演習でした。


2016年10月01日

わかるまでとことん!補習レポート!

7uecvv
入試広報の国則です!先日、1年生の希望者を対象に生理学の補習がありました。

16092101.JPG


16092103.JPG

夏休み中にも関わらず、10名ほどの学生さんが集まっていました!
私が撮影に入ったときは、心電図の使い方のおさらいをしていましたよ。

16092100.JPG

心電図の機械。ちょっとレトロですが、まだまだ現役です`・ω・)


本校では、通常の授業に加え、理解度に応じて随時こうした補習を行い、苦手分野を克服しようとがんばる学生さんたちを応援しています!
夢のために一生懸命な学生さん、わかるまでとことん付き合ってくれる理学療法学科の先生たち、どちらもすばらしいですね★
がんばってください!!


ホームページへ

About 2016年10月

2016年10月にブログ「青丹学園ブログ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2016年09月です。

次のアーカイブは2016年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35