メイン

看護学科

2017年05月26日

3年生、国家試験合格を誓ったBBQ!

先日、柳生青少年野外センターにて、三年生の交流会BBQが行なわれました。
当日は快晴!まさに五月晴れ!半袖でも暑くて眩しい太陽に負けない笑顔で、元気イッパイ楽しむ三年生!
クラス全員でBBQ・・・初めての場所で初めての体験なのに、三年生の団結力はすごいです!
現地に到着と同時に、グループ毎に決められた役割を阿吽の呼吸で遂行していく姿に、一年生から培ってきた絆の深さや、看護学生から看護師へ・・・一歩一歩成長していく力強さ、頼もしさや逞しさを感じました。
そして、真剣に学習に取り組み、真摯に担当患者さんと向き合っている普段からは想像できない位、思い切りはしゃいで楽しむ姿・・・何事にも一生懸命、全力投球で取り組む!これぞ、青丹スピリッド!!
4月より本格的に臨地実習が始まり、クラス全員で顔を合わせてゆっくり話す機会が少ない三年生にとって、それぞれの近況報告をしたり、豊かな自然の中で思い切り身体を動かして、気持ちを新たにリフレッシュし、これからの臨地実習&国家試験合格への道を歩む活力となったのではないでしょうか。
最後に―・・・
担任の坂本先生の力強いかけ声で、全員で円陣を組んで誓った目標に向かってエンジン全開で走り出すのでした。

11494376382771.jpg

11494376382656.jpg



2017年01月23日

ケーススタディ開催報告

今年も卒業を控えた3年生が全ての臨地実習を終え、その成果をケーススタディとしてまとめ、発表会を行いました。その全てをご紹介することはできませんが、以下に学生代表が行なったあいさつを記しました。学生の思いが伝わってくるかと思います。
写真は発表会の様子です。


本日は、お忙しい中、私達のケーススタディの発表会にご参加頂きありがとうございます。

私達三年生は、4月から12月までの約9カ月間の臨地実習を終え、総括となる本日を迎える事ができました。これは、実習させて頂いた各病院の看護部長様をはじめスタッフの皆様、患者・家族の皆様、ご指導頂いた指導者様と先生方のお陰だと思います。この場をお借りしてお礼申し上げます。

  臨地実習では、受け持ち患者さんとの直接的な関わりを、座学での学びと結びつけ看護展開し、個別性のある看護提供の必要性や方法を学びました。
日々変化していく状態に合わせた看護展開や、予期せぬ出来事がおこった時の対処法、患者さんとの人間関係構築といった看護の難しさを経験し、各自が多くの事を感じ、考え、自身の未熟さから学びにかえる機会となりました。

 ケーススタディでは、実習を通しての患者さんとの関わりを振り返ることで、自身の行動に対する気づきとなり、実習での学びを更に深めることができました。
  また、看護は全て根拠に基づいて行われていることに改めて気付き、ケーススタディだけではなく全ての関わりを振り返り倫理的に考える事の必要性を学ぶことができました。

 この9カ月間の実習で得た多くの学びは、今後の看護師としての人生の基盤となり、糧となることと思います。感謝の気持ちと、学び続ける姿勢を忘れる事なく日々努力し成長していきたいと思います。
 
 以上を開催の挨拶と代えさせて頂きます。

P1350694.jpg P1350695.jpg


2016年12月20日

基礎看護学実習Ⅱを終えて

私たち看護学科2年生38名は、平成28年11月28日から3週間、基礎看護学実習Ⅱに行ってきました。
 今回の実習では、初めて患者さんとのコミュニケーションから情報をとり、アセスメントし、診断、計画、評価するという一連の看護過程を行いました。初めて行ったということもあり、様々な疑問や問題に悩むことがありましたが、その都度、指導者さんや先生から助言や指導を頂きながら進めていきました。
 はじめは看護過程がうまくいかず不安だったが最終日、患者さんに「あなたが来てくれてよかった。ありがとう。素敵な看護師になってね」とおっしゃっていただき達成感を感じました。この言葉を忘れずに次の領域実習も頑張りたいです。

看護学科 2年生


2016年12月01日

ほぼ日刊KG通信vol.4

nikkan2016.jpg
こんばんは。入試広報室です!
ほぼ日刊KG通信、今日は羽坂紀美さん(看護学科2年生)のインタビューをお届けします。
2016_11_18_3470.jpg

笑顔がすてきな羽坂さん。実は本校の介護福祉学科の卒業生でもあります!
介護福祉士として勤務後、看護学科へ再進学をされました。趣味は、子どもと遊ぶこと・裁縫だそうです。

今回は、再進学を決めた理由や、今の学びについて教えていただきました。

◆改めて看護学科に再進学をしようと思われた理由を教えてください。 
社会人として受験をすることに対して、高校新卒の人と社会人が一緒に勉強ができるのか、うまくやっていけるのかが不安の一つでした。
しかし、介護福祉学科で学んでいたときにもクラスには色んな年代の同級生がいて、共に勉強や実習などをがんばっていたことを思い出し、社会人の受け入れが多い本校の受験を決めました。
今の看護学科のクラスは、高校新卒の人と社会人が半々で、みんな仲が良いです。


◆いま、看護について学ぶなかで、介護福祉士としての現場経験が活かされていると感じることはありますか。

看護技術演習の時などに経験が活かされていると思います。現場の雰囲気や、手順やコツをグループ内でメンバーに伝えることもできるので、少し知っていることで役立つことも多いです。また、看護の視点から介護について見直すこともできるので、より知識を深めることができていると感じています。

◆卒業生として、在校生として、本校の魅力はどんなところだと思いますか。

先生との距離が近くて質問などがしやすいこと、学校が遅くまで開いているので放課後にロビーで自己学習やグループワークがしやすいこと、交通の便など、環境面が恵まれていると思います。
高校新卒の方と社会人が共に学ぶことで相乗効果が生まれ、毎日楽しく学ぶことができています。

羽坂さん、ありがとうございました!

○「ほぼ日刊KG通信」とは
KG=K(関西)G(学研)の略。
関西学研医療福祉学院の入試広報室が、学生さんのインタビューを中心にいろいろなお知らせをほぼ毎日更新しています。新しいパンフレットの完成までの約1カ月の限定企画です。
次回更新もお楽しみに★★


2016年10月31日

防災センターを見学して

先日、私達2年生は奈良市にある防災センターで災害や防災について学ばせていただきました。その中でも特に印象に残ったのは地震体験と暴風体験です。

暴風体験では風速1m/sから段々と強くしくいき、最後には20m/sを体験できるというものでした。私は友人たちと「T.M.Revolution ごっこやろうや」「歌いきれるか勝負やな」と余裕の発言をしつつ笑顔で体験室に入りました。想像通り、始めは風が気持ち良いくらいにしか思っていなかったのですが、風速5m/sの時点で予想以上に風が強く、段々強くなっていく風に驚きを隠せませんでした。最後の20m/sはとても風が強く、危険な状態でした。ちなみに風速5m/sは時速に換算すると、18km/hとなり自転車で走行しているくらいで、20m/sは時速72km/hで大人でも身体を風に向かって、60度くらいに傾けないと立っていられず、子どもは飛ばされそうになります。私も友人たちに比べて体が小さいので足元がふらついて怖かったです。

地震体験では1回目は震度5から始まり、一瞬震度7を体験しました。震度5弱では友人たちと「怖いな」なんて笑顔でしゃべっていたのですが、5強になった途端にとても揺れが強くなり、驚きと恐怖でしゃべることもできませんでした。弱と強では揺れが格段に強くなっており、最後の震度7では棒に捕まっているのにも関わらず、足と腰が砕けてまったく立っていられなくなりました。

今回は友人たちと一緒に体験しているし、ただの体験だから大丈夫だと思っていたし、みんなで笑いながら楽しく体験していたのですが、実際に1人でいるときにあんなにも強い自信が来たら何もできずに死んでしまうのではないかとさえ思いました。そうならないためには、いつ来ても良いようにしっかりと震災について備えることが一番大切だと思います。そして私たちのクラス自信大国日本で看護師を目指すものは災害看護についてしっかりと知識を身につけ、実際に落ち着いて実行できる勇気が必要なのだと思いました。災害看護の講義はこれから始まるので、しっかりと気合を入れ直して授業に臨みたいと思います。
image2.JPG image1.JPG


2016年08月31日

基礎看護学実習Ⅰを終えて

私たち看護学科2年生38名は、平成28年8月8日から4日間、基礎看護学実習Ⅰに行ってきました。

今回の実習では、病院の役割、患者様を取り巻く環境、看護におけるコミュニケーション、実際の看護技術を学んできました。初めての実習で、とても緊張しましたが、病院側の指導者さんの丁寧な指導のもと、たくさんの学びを得ることができました。

印象に残っているのは、初めて受け持ち患者様に、体温・血圧・脈拍・呼吸数の測定をさせて頂いたあとに、患者様から「ありがとう、これからも頑張って」と言ってもらったことです。私は、緊張していた気持ちが少しほぐれたことを覚えています。
学生が、患者様に感謝しないといけないのに、反対に患者様からの言葉に、勇気や元気を頂きました。

この患者様の言葉を胸に、患者様に勇気や元気を与えられる看護師になれるように、これからも頑張って行きたいです。

看護学科 2年 学生


2016年08月05日

『解剖見学』

平成28年7月2日(土)、1年生は奈良県立医科大学へ解剖見学に行きました。
解剖見学は、私が想像していたものと全然違っていました。臓器などを触らせてもらうことができ、腱も見ることができました。初めての解剖見学は驚くことばかりでした。解剖学の授業で聞いていたことが、そのまま見ることができて、また、今まで以上に解剖学に興味をもつこともできました。
 私たちが解剖見学をさせてもらえたのは、献体があり、それを認めてくださった遺族の方がいるからです。そのことを決して忘れてはいけません。献体があったからこそ、私たちは看護師になるための勉強をさせてもらえました。このような機会に感謝し、経験したことや得たものを無駄にしないためにも、立派な看護師になると改めて決心しました。

看護学科1年 学生


2016年06月08日

実習で患者さまより頂戴した短歌

『血圧を測る手際も慎重に
         心つくせる看護学生』


4月に初めて実習に行った病院で受け持ちをさせて頂いた患者さまから、実習最後の日に頂いた短歌です。これを頂き、患者さまが私のつたない血圧測定をいつも暖かくやさしく見守っていて下さったのだと気付かされ、患者さまが思うこの気持ちをいつまでも忘れず、患者さまに寄り添い看護する姿勢を大切にしていきたいと思います。卒業するまではもちろん、看護師として卒業して働きだしても、この言葉を大切にするように患者さまが下さった一筆箋はいつでも見れるようにしておきます。

看護学科 3年生 S.O


2016年06月05日

看護学科 青丹杯

先日、学生の一番楽しみな体育祭である青丹杯が行われました!
どの学科も気合がすごかったです。私達看護学科の2年生は全員でクラスTシャツで揃えました!みんなで素材からこだわって作ったものなので、お気に入りです。胸のロゴの星が7つあるのは私たちが7期生だからで、背番号はクラスの人数プラス担任の数で39、その上の Kahuma'i は Hawaii 語で、英語にすると Nurse という意味になります。このこだわりのシャツを着て、みんなで頑張りました!
種目の目玉、大縄跳びでは1番男子の少ない私達が1番回数多く跳び、去年に引き続き、今年も私たちの優勝を確信しました・・・。
それから熱戦が続き、最終種目で新種目の借り物競争!!めちゃくちゃ熱いバトルでした(笑)結果、あまり良い成績ではありませんでしたが、みんなで協力して良い思い出を作れました。1年生とも協力でき、仲が良い先輩後輩になれそうです。


2016年05月10日

看護の日

5月12日はF・ナイチンゲールの誕生した日で、「看護の日」とされています。

本校では、看護の日にちなんで、献血の呼びかけに参加しました。当日は天気にもめぐまれ、看護の心、ケアの心を実感しつつ、一般の方々に献血の大切さを広めるため、元気よく呼びかけをしました。

今年の看護の日のキャッチフレーズは「看護は元気をリレーする」
看護の心、助け合いの心を一人ひとりが分かち合いこうした心を誰もが育むきっかけにしましょう。

%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%81%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%83%8F.jpg

本校では5/14(土)、5/15(日)とオープンキャンパスを開催します!
看護学科の体験メニューは、14日は「痛みを和らげる包帯法」、15日は「看護学科の講義ってどんなの?」です。本校の玄関前では、ナイチンゲール像もお出迎えしますよ~。

看護師を目指される皆さん、ぜひご来校ください!


2016年02月22日

看護学科2年生近況

看護学科2年生は、冬休みを終えて各科目の終講義試験や4月から始まる領域実習に向けて、事前学習に励んでいます。

基礎看護学実習での学びを基に、学習面、態度面において、不足しているところを見直し、
領域実習でよりよい学びが出来るように各自が準備に取り組んでいます。
ほぼ一年間の様々な領域の実習を思うと、不安や期待が沢山ありますが、チームで力を合わせて頑張って行きたいと思っています!

%E8%B6%B3%E6%B5%B4%E7%9C%8B%E8%AD%B7%20%282%29.JPG %E8%B6%B3%E6%B5%B4%E7%9C%8B%E8%AD%B7.JPG


2016年02月13日

看護学科 第一回入学前授業

2月13日には看護学科の入学前授業が開催されました。

26名の方が参加していただきました。テーマは【看護師の役割】です。

内容は、看護の歴史、看護師のかかわり方、現場での話しまで盛りだくさん!

知らないことがたくさんだったかと思います。

高校生の方は始めての90分授業に驚かれたかな。

少し感想をご紹介します。

【感想】

☆入学前授業に参加することで不安に思っていた部分が軽くなりました。

☆初めて耳にする言葉も多かったですが、もっと学びたいと思いました。

☆難しいこともあり入学後、頑張らないといけないと感じた。

次回の入学前授業は、3月19日(土) です。

【テーマ】

感染症の今昔 ~感染症はなくならない~

みなさまお待ちしております。

NS%E5%85%A5%E5%AD%A6300.jpg


2016年01月11日

看護学科学生インタビュー

今回は看護学科の学生N.Uさんにインタビューいたしました!

■本校ならびに本学科のどこに魅力を感じて入学しましたか。決め手となったことを教えてください。

最初は最寄り駅から近く通いやすいことが魅力に感じていましたが、実際にお話を聞いて、クラス担任制なので悩みなどを相談しやすいところや、放課後に自習できる時間やスペースがしっかりとられているところが良いと思いました。
また私は社会人を経験しての入学でしたので、毎年そのような方が多くいらっしゃるところも心強く、魅力の1つだと感じました。

■学校生活で楽しいひととき、またやりがいを感じるときはいつですか?

テストの数が想像していたよりも多いです。しかしテストの存在は授業内容をしっかり身につける良い機会だと思うので、その多さがやりがいに繋がっていると思います。ただし、テストや勉強に追われるばかりでは息苦しいので、休み時間におしゃべりしたり、テストがない期間の休日は友達と美味しいものを食べに行ったり映画を観たりして楽しい学生生活を送っています。

■クラスの雰囲気を教えてください。

高校を卒業して入学した生徒と社会人経験者が半数ずつといったクラスですが、年齢にとらわれず、和気あいあいとしています。また、年齢が違うからこそ、お互いモノの見方や考え方が違い、それを知れることが良い刺激になっていると思います。

■先生とのエピソード・関係を教えてください。

どの先生も授業で分からないところなどをききに行っても親身になって教えて下さり、とても助かります。時には厳しい言葉もありますが、身が引き締まり、しっかりしないと!と思うことができます。実際に看護師として勤務されていた先生がほとんどなので、勤めていらっしゃった時のことを聞くことができるのも今後の参考になります。

■授業でのエピソードを教えてください。

座って先生の話を聞く授業のほかに、実際に生徒たちが患者役と看護師役にわかれて援助を行う演習があるのですが、耳で聞いて理解したつもりでもいざ行なってみると全く思っていたのと違っていたり、上手くできなかったりすることがあります。その時は、お互いに意見を出し合い、又は先生にアドバイスをいただいてできるようになるまで練習をします。そうやって1つ1つできる援助などが増えていくことがとても嬉しいです。

■これから進学をめざす人たちへのメッセージをお願いします!

多くの学校がありますが、3年間通う学校なのでしっかり納得した上で自分に合ったところを選んでください。一緒の校舎で学ぶことができたらとても嬉しいです。勉強がんばりましょう!


2015年11月06日

戴帽式当日☆

10月31日(土)戴帽式がありました。戴帽式を終えた学生の感想をご紹介いたします。

天候にも恵まれたくさんの来賓の方々、保護者の方々がきて下さいました。静粛な場で心を清らかにし、気持ちの切りかえを行うことができました。ナースキャップ、バッチを頂いたあと、ろうそくを持ちナイチンゲールから火をともして頂いたとき、看護師になるという気持ちが高まりました。ナイチンゲール誓詩やナイチンゲール讃歌では看護師になるという個々の意志を明確にすることができました。
気持ちを新たに、今後の勉学を頑張っていきたいです。

看護学科学生

019_06246.jpg


2015年10月30日

いよいよ・・・

看護学科の1年生は、戴帽式にむけて「ナイチンゲール誓詞 唱和」や「ナイチンゲール賛歌 斉唱」の練習に励んでいます。

本番が近づいていますが、頑張りましょう126675%5B1%5D.gif
IMG_0145.jpg


2015年09月01日

日本赤十字社救急員養成講習

私たち看護学科2年生の6名は、夏休み期間中の8月24日~26日の3日間にわたり「日本赤十字社救急員養成講習」を受講しました。

日頃学んでいる看護師としての勉強とは違い、「赤十字救急法救急員」として、赤十字の使命を理解し、赤十字救急法を実践する知識と技術を学びました。
今年の3月に基礎講習として心肺蘇生法とAEDの操作を学んでいるので、そこからの続きの学びとなりました。

1日目は心臓発作や脳卒中などの急病人への手当の方法、また前腕や肩からの出血している人への直接止血法、動脈の走行を利用した間接止血法、額や腕そして足などのけがをして出血している傷病人への滅菌ガーゼと三角巾を用いた止血法や腕の吊り方を学びました。

2日目には骨折をした人に対する副子(沿え木)を利用した固定法を学びました。

最終日には急病人、傷病者を安全・安静に運ぶための搬送の方法を学び、3日間の講習の総まとめとして、筆記と実技のテストを受けて終講となりました。

今回学んだことは、物資が豊富な病院の中で行う看護ではなく、偶発的に街中・日常で遭遇する急病人・傷病人に対して、いかに実施する側、される側の事故を防止するか。いかに臨機応変に身近にあるもので病人に対し、迅速で適切な処置をし救急隊に引き継ぐか。
・・・とても大切なことを学べました。
合格発表は1か月後です。

看護学科 2年生 N


2015年08月25日

看護DAY☆

オープンキャンパスSPver.『看護DAY』の開催日、多くの参加者の皆さんとともに、AEDを用いた救急法の体験を行いました。

実際にモデルを使って胸骨圧迫法やAEDの装着のタイミング、使用方法を実践してもらいました。
初めて体験されるという方も多く、救命の必要性や使命感などをリアルに感じていただけたかと思います。体験を通じて、救命が看護に継続されることを実感できた、との感想もいただけました。

看護学科は今後も楽しい企画をたくさんご用意しています。
私たちと一緒に、看護のすばらしさ、充実感を体験してみてください。  

看護学科教員

%EF%BC%A1%EF%BC%A5%EF%BC%A4%E4%BD%93%E9%A8%931.jpg %E5%85%A8%E4%BD%93%E8%AA%AC%E6%98%8E%28%EF%BC%AE%EF%BC%B3%E3%83%87%E3%83%BC%29.jpg


2015年08月16日

☆看護学科在校生インタビュー☆

看護学科の在校生のFさんにインタビューしました!

★本校のどこに魅力を感じて入学しましたか??

本校は他の看護学校と違い、看護学科、介護福祉学科、作業療法学科、理学療法学科、言語聴覚学科の5学科があり、現代のチーム医療を学生のうちから深く学べると感じました。

★学校生活で楽しいひととき、またやりがいを感じるときはいつですか?

初めての実習で、一週間患者さんを受け持つことがあり、日々コミュニケーションを重ねることで援助もやりやすく、信頼関係を築くことができました。術後だった患者さんにもだんだん笑顔が増えてきたので、実習を行いコミュニケーションをとることにやりがいを感じてきました。

★クラスの雰囲気を教えてください

クラスは女子が多く、男子は4人しかいませんが、男子も女子に溶け込み、現役生や社会人の方も年の差を感じないくらいに仲良しです。


★先生とのエピソード・関係を教えてください

クラスに担任の先生がいるため、話しやすくいろんなことを相談できるので安心しています。

★卒業後の夢を教えてください。

卒業後も看護師として、医療の技術など常に進歩していくので、勉強を続けていき、技術はもちろんコミュニケーションなどがしっかりでき、患者さんに信頼してもらえる看護師を目指していきたいです。

★これから進学をめざす人たちへのメッセージをお願いします!

5学科あるので看護学科だけでなく、他の学科の学生とも仲良くなれます。クラスの仲が良いので、忙しく大変な実習もみんなで乗り越えられます。是非看護師を目指してください!

%E6%B7%B1%E8%A6%8B%E3%81%95%E3%82%93%E4%BD%BF%E7%94%A8%E5%88%86.jpg


2015年07月16日

看護学校進学ガイダンスに参加しました

7月12日(日)、今年も高校生・中学生や社会人等を対象に、奈良県内の看護師等学校養成所による進学ガイダンスが開催されました!
看護職の魅力や看護の資格、看護学校への進路についての講義のほか、各学校担当者による個別相談などが行われ、本校も参加させていただきました。

ガイダンス開始直前の本校のブースです♪♪

DSC_0268~2.jpg

DSC_0266~2.jpg

全国的に真夏日となり、県内の最高気温は30度ちかくという日でしたが、それでもたくさんの方が来場され、テレビカメラも入ったりで、会場はとても盛り上がっていましたよヾ(oゝω・o)ノ))
本校のブースにも少しだけカメラマンさんが入っていらっしゃいましたが、オンエアされたのかな…?笑

このイベントを通じて、少しでもたくさんの方に看護職・本校に興味を持っていただけたらうれしいです!
本校のブースに立ち寄ってくださったみなさま、ありがとうございました★
次はぜひ学校でお会いしましょう!お待ちしております(*^∇^*)


2015年06月16日

☆看護週間☆

『看護週間』の一日。あいにくの雨降りでしたが、私たち看護学科の2年生の数名は献血PRのボランティアに参加しました。
この体験では、献血の協力をお願いする案内を付けたポケットティッシュを配布しました。
案内を見てすぐに献血センターに足を運んで頂けた方もおられ、とてもうれしい気持ちになりました。
また配布するだけでなく、声かけのタイミング、笑顔などに気をつけることで、相手に伝わりやすいと感じ、コミュニケーションの学びにもつながりました。そしてとても良い経験と多くの学びを実感することができました。

%E7%8C%AE%E8%A1%80%E3%83%9C%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2.jpg

このように私たち看護学科の2年生は、様々な機会や行事に参加することで自らの学びとし、みんなで「さあ!いくよ!!」と声を掛け合い協力できるクラスになっています。
あと少しで基礎看護学実習Ⅰが始まります。初めての実習に向けて学習を深め、クラス全員でがんばりたいと思っています。

看護学科 6期生 S.O


2015年05月05日

交流会☆

私たち看護学科は、4月21日に1年生と2年生の交流会を行いました。
交流会でしか聞けない先輩の経験や体験談、学習のアドバイスなどが聞ける貴重な機会となりました。
ビンゴゲーム、いす取りゲーム、ドッジボールなど楽しい時間がすごせました。
いす取りゲームでは約80人という大人数で熱した戦いとなり、最後の種目のドッジボールではパワー全開!
大盛況で一日を終えました。
全身を使ったことで、より交流を深められ、これからの学校生活に良い影響をもたらしてくれるような1日になりました。

看護学科 学生

P1300495.jpg P1300592.jpg


2015年02月21日

看護学科の入学前授業が開催されました☆

2月21日(土)に、今年4月に看護学科に入学される方を対象にした第1回入学前授業が開催され、29名の方が参加されました。
4月から始まる学校生活に向けて、意欲的に学習に取り組んでいただけるように事前学習として実施しているものです。

今回のテーマは『看護の役割』。看護の歴史やナイチンゲールのことなどを学習していただきました。
現役高校生の方や、勉強から少し離れておられる社会人の方にとって、90分授業は少し慣れない部分もあったかと思いますが、授業の雰囲気は感じていただけたと思います。


☆第2回看護学科入学前授業

日時:3月8日(日) 10:00~11:30
テーマ:『感染症の今昔~感染症はなくらない~』

次回もたくさんのご参加お待ちしております。

P1270825.jpg P1270828.jpg


2015年01月29日

☆在校生インタビュー☆

さて、今回の在校生インタビューは看護学科1年生・山田千歳さん(京都府・木津高校出身)さんです11056.gif


■本校を進学先として選ばれた理由を教えてください。

5つの学科がそろっているので、チーム医療を実際に体験し、将来に活かせる思ったので本校を選びました。

■学校生活で楽しいひととき、やりがいを感じるひとときは?

やはりクラスメイト一緒に過ごす時間は楽しいものです。同じ目標に向かって努力している仲間だからこそ、分かり合えることがたくさんあります。

■クラスの雰囲気は?

とても明るく授業で感じたことや疑問に思ったことを発言しやすい空気があります。社会人の方もクラスの中にはけっこうおられますが、テスト前の勉強で分からないことがあれば一緒に放課後、勉強したりと、年齢の差をほとんど感じることなく気軽に話ができます。

■先生とのエピソードを教えてください。

外部から来てくださっている先生に質問するのにためらってしまう方も多いと思いますが、本校ではいつも先生と学生の距離が近く、質問にも丁寧に答えてくださる方ばかりです!

■授業でのエピソードを教えてください。

「たとえば病院では~・・・」と、先生方の経験を例にあげながら授業を進めてくださるので、病院で起きていることがとても想像しやすく、勉強になります。グループワークをすることも多いため、自分たちで考えることが身につき、しかも考えることにより頭に残るので、将来確実に役に立つと思います。

■これからの夢を教えてください!

卒業後は、患者様に信頼していただける、立派な看護師になりたいです。信頼されるためにはきっと時間がかかりますが、あきらめず、何事にも責任を持って行動できるようになりたいです。

■これから看護師を目指す方へ、メッセージを!

今まで努力してきたことは必ず役に立ちます!
高校生の方は、高校生活での経験を自信にかえて、ともに医療の道を突き進みましょう!


P1270378.JPG
一緒にオープンキャンパスを手伝ってくれた介護福祉学科の森本君と532263.gif


2014年12月24日

~看護学科臨地実習~

先日看護学科の3年生が臨地実習を終え帰ってきました。
学生からの感想をご紹介したいと思います。


『12月19日、私たち看護学科3年生は、9か月にわたる臨地実習をすべて終えました。
4月の実習では、右も左もわからずバイタルサインを測定するだけで精一杯でしたが、9か月間の実習を通して多くの知識や技術を学ぶことができました。また、1領域1人の患者さんとじっくりと向き合い、その方にとって何が必要なのかを考えながら看護をすることで、患者さんに寄り添って看護させて頂ける喜びを得ることができました。

来年の4月から看護師として働きだせば、複数の患者さんを受け持つことになります。看護師にとっては「1対複数」の関係でも、患者さんにとっては「1対1」の関係です。1人1人の患者さんを大切に思い、患者さんの訴えを感じとれる看護師になりたいと思います。

知識も技術も未熟な私たち看護学生を快く受け入れて下さった患者さんやご家族、多忙な業務の中丁寧に指導して下さった指導者や病棟スタッフの方々、本当にありがとうございました。 看護学科3年 Y』


これからは、国家試験に向けての追い込みです。ぜひ夢を叶えてほしいです!!!

IMG_11145.jpg

IMG_11402.jpg


2014年11月01日

「戴帽式」

平成26年11月1日土曜日

基礎を学び希望に胸を膨らませ,1年生対象に戴帽式が本校講堂で厳かに行われました。

戴帽の儀がはじまり、ナイチンゲールの灯した灯りを一人、一人が受け継いで、勉強に励む仲間と看護の道を歩み初める決意と努力を新たにしました。

式典は多くの来賓、保護者、先生、先輩方に見守られ、女子はナースキャップ、男子は学章を戴きました。

学生全員はナイチンゲール誓詞を唱和しました。

%E6%88%B4%E5%B8%BD%E5%BC%8F%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B01.jpg

%E6%88%B4%E5%B8%BD%E5%BC%8F%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B02.jpg

%E6%88%B4%E5%B8%BD%E5%BC%8F%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B03.jpg %E6%88%B4%E5%B8%BD%E5%BC%8F%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B04.jpg


2014年10月25日

☆在校生インタビュー☆

こんにちは!10月も終盤ですね。
今回ご紹介するのは、看護学科2年生の西村さん。
学校の事を教えてもらいました★
看護学科を目指すみなさんはぜひ参考にしてくださいねΣd(ゝω・o)


◆入学前は、本校や本学科のどんなところに魅力を感じていましたか?
設備が新しく、きれいだったところや、先生と学生の距離が大変近いと感じたところです。また駅から学校までの近さも魅力に感じました。


◆実際に入学して、やりがいを感じるときはいつですか?
難しい授業で自分が分からなかった部分を理解できたときや、テストが何教科も重なり、すべてやり終えたときに、やりがいを感じます。


◆クラスの雰囲気はどうですか?
みんな仲がよく、クラスの雰囲気はすごくいいです。授業などで分からないところも教えあったり、先生に分からないところを質問したときも、みんなに情報が伝わるようにして理解を深めています。


◆先生とのエピソード・関係を教えてください!
担任の先生との距離が大変近く、勉強で悩んでいるときもよく相談にのってもらいます。こうすれば上手くいくなどいろいろアドバイスをもらったおかげで、テストも乗り切ることができました。


◆授業でのエピソードを教えてください!
看護方法論の授業で、先生が実際にその疾患の患者さんを受け持ったときのエピソードなどを話してくれるので実際の現場の雰囲気を感じることができます。

◆卒業後の夢を教えてください!
大学病院や総合病院の病棟で働きたいと考えています。そして主任など責任ある役職につきたいです。

◆これから進学をめざす人たちへのメッセージをお願いします!
受験勉強、入学してからの勉強など大変ですが、日々頑張っています。「看護師になりたい!」という気持ちがあれば厳しくても頑張ることが出来るので、諦めずに頑張ってください!


2014年09月30日

~戴帽式に向けて~

10月を迎えるにあたり本校でも、戴帽式の練習が始まりました%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF.gif


戴帽式は、病院などでの実習を行う前に、ひとりひとりに ナースキャップが与えられ、これから行う病院実習に向けての意識を高め、また看護師として の自覚を促す儀式です%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF.gif


ナイチンゲール誓詞や讃歌を覚え、ナースキャップをもらう、しっかりと動きを確認するなど覚えないといけないポイントは、いっぱいです。一生に一度の戴帽式%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF.gif
ぜひ立派に成功させていただきたいと思います。

P12405221.jpg

P12405191.jpg



2014年09月11日

帰校日

みなさん、こんにちは!


看護学科では臨地実習期間真っ只中の3年生が、先日、『帰校日』として学校に帰ってきましたので、その様子をお伝えします%E5%A4%AA%E9%99%BD888.gif


様々な領域で、実際に患者さまを担当して看護の判断力・実践力を高める実習は、30週間にも及びます!!

そんな長期にわたる実習の合間、1週間に1回の帰校日は、級友たちと会ってホッとできるひとときでもあります。

しかし、まとめなければならないレポートがいっぱい!

1階ロビーは、せっせとレポートを書く学生たちであふれかえることに・・・・
みんな一生懸命頑張っています%E3%81%B3%E3%81%A3%E3%81%8F%E3%82%8A.gif
DSCN3154.jpg DSCN3157.jpg


2014年08月19日

☆在校生インタビュー☆

今回は、看護学科2年生・高田祐香里さんのインタビューをお届けします%E5%A4%AA%E9%99%BD819.gif

■学校生活で楽しいひととき、やりがいを感じるひとときは?

技術面で根拠をはっきり言えたときや、自分なりに上手くできたとき、勉強をしてきてよかったなと思います。また患者様に「ありがとう」と言われたとき、一生懸命やってきてよかった、これからもっと頑張ろうという気持ちになります。

■クラスの雰囲気は?

クラスはとても楽しい雰囲気です。社会人で入学された人、高校すぐ入学してきた人など、年齢に関係なくクラス全員仲がよく、休み時間などすごくにぎやかです。
テスト前になると分からないところを教えあったり、お互いに支えあう事のできるとてもいい雰囲気のクラスです。

■先生とのエピソードを教えてください。

先生とは何でも相談できる関係です。進路のことや、授業で分からないことがあったときなど、放課後や空いた時間に質問すると何時間でも理解できるまで丁寧に教えてくれます。

■授業でのエピソードを教えてください。

基礎看護技術の授業など技術を身につける授業では、学生が学んだ中で「こうするのはどうだろうか?」「こうした方がもっと良くなるのではないか?」など感じた疑問を先生に質問することによって、より深く技術や根拠を身につけることができています。

■これから看護師を目指す方へ、メッセージを!

雰囲気もよく、先生方も質問にしっかり答えてくれるとても良い学校です!看護学科は実習に勉強と大変な部分もありますが、やっていくうちに自分のやりがいなど見つけられる学校です。
ぜひ看護師を目指してください!


2014年07月25日

車いすバスケット

久しぶりの登場です。遅くなり申し訳ございません。

授業を少し紹介をさせていただきます。
先日、看護学科の1年生は、体育の授業で車いすバスケットを行いました%E3%83%90%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88.gif


標準型車いすに接する機会はありますが、車いすバスケ用の車いすは初めてです。

ドリブル・シュート練習の後、試合形式にも挑戦!
暑い中でしたがとっても楽しそうです。
学生たちは座学での雰囲気とぜんぜん違いますね(笑)

スポーツはやっぱりいいですね!

%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB725.jpg %E6%94%BB%E5%AE%88%E6%94%BB%E9%98%B2725.jpg
%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E4%BB%B2%E8%89%AF%E3%81%97725.jpg
みんな仲良し%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%90%E3%82%A4_m.gif


2014年05月11日

青丹杯の結果報告★

こんにちは!看護学科2年生のMです★

4月25日(金)に青丹杯(スポーツ大会)がありました!

学院の5学科が1つの体育館に集まり、
学科対抗で大縄跳び、ドッヂビー、ムカデ競争、車椅子大玉転がしの4種目を競います!

お揃いのバンダナ付けてがんばるぞーーおー!

14051101.jpg


~大縄跳び~
今年は27回跳んで、2年生は2位でした!
1種目目からチームワーク抜群です!
14051102.jpg


~ドッヂビー~
午後の部スタートということでみんなで円陣!気合い満タンです!!

14051103.jpg

結果は最下位でしたが…
他学科からの応援を受けて、チーム医療を実感できました~!

14051104.jpg 14051105.jpg

~ムカデ競争~
どの学科もチームワークが良く、接戦でした!
わたしたちは4位でした!
14051106.jpg

~車椅子大玉転がし~
最後の種目ということで、会場全体が大盛り上がり!!
最後の一人がゴールするまで、学科関係なく応援する姿が見られ、学院が1つとなりました!
結果は作業療法学科と同立の3位でした!
14051107.jpg


総合結果は5学科中4位でしたー!

そして、なんと!
1年生は、看護学科史上初の総合1位に輝きましたー!!!
おめでとうございます!来年も頑張ってくださいね!

この青丹杯でより深まったチームワークで、講義や実習を乗り越えていきたいです!


2014年04月23日

1.2年生交流会

こんにちは!看護2年生のMです★
きのう4/22(火)は、1.2年生交流会をしましたー!


IMG_4521.jpg


メニューは下の7つです!
・先生の挨拶
・自己紹介
・○×ゲーム
・貨物列車
・2こ1フルーツバスケット
・ビンゴ大会
・茶話会

景品も有るということもあり、
どのゲームもたいへん盛り上がりましたー!

入学して間もない1年生のみなさんとゲームや学校生活の話をし、
有意義な時間を過ごすことができました!

次は青丹杯があります!
看護学科 優勝を目指して、1.2年生力を合わせて頑張りたいです!!


2013年09月26日

戴帽式練習始まる!

もうすぐ10月というのにまだまだ夏のような暑さが続きます。
ちょうど季節の変わり目でもあり、体調崩してマスクをしている人もちらほら。

そんな中、看護学科1年生は、前期試験をこなしつつも、11月2日に実施される戴帽式の練習を始めました。
戴帽式は、看護学校生活3年間で一番の思い出となる、そして看護師を目指す人にとっては一番重要な儀式です。
P1180736.gif
P1180750.gif

今日は、おおまかな位置や動きの確認とナイチンゲール誓詞とナイチンゲール賛歌の練習でした。
初めてのことで、戸惑いながらの練習でしたが、あと数回の練習で本番は、きっちりと決めてくれるはずです!


2013年08月09日

看護DAY開催しました!

8月4日(日)に年一回のイベント【看護デー】を実施しました。
まるごと看護学科及び看護師という仕事知っていただくためのイベントです。

たくさんの方に参加いただきましたが、盛りだくさんの内容で楽しんでいただけ
たかと思います。

P1170353.gif


・学校説明/学科説明/入試説明/学費・奨学金説明
P1170318.gif P1170324.gif

・体験実習(バイタルサイン測定)
P1170312.gif

・体験実習(手洗いとハンドマッサージ)
P1170357.gif

・体験実習(車椅子体験)
P1170325.gif

・体験実習(沐浴・・・赤ちゃんのお風呂体験)
P1170341.gif

・学生トーク
P1170363.gif

以上、看護師になりたいという思いが高まるイベントだったと思います。


本校では、いよいよ看護学科も入試が始まります。
一番早いのが、年1回のAO入試です。

AO選考日: 8月18日(日)
エントリー受付終了日: 8月14日(水)

ぜひチャレンジをお待ちしています。


2013年08月03日

国家試験に向けて

みなさん、ご無沙汰しています。
看護学科の状況をお伝えします。

3年生は、4月からずっと臨地実習に行っていますが、8月に入り、もうすぐ夏休みというところです。
実習にはようやく慣れてはきましたが、暑い日が続く中で疲れもピークに達しています。

そんな中、約半年後の2月16日(日)の国家試験に向けて、講演会を実施しました。


①新人ナース講演会

3月に卒業した2期生4名が、後輩たちに向けて国家試験に向けての経験談を披露してくれました。

P1170266.gif
卒業生と打合せ中です。

P1170273.gif
一年先輩の話だから、自分のこととしてメモもとり、参考になったようです。

P1170271.gif
卒業生は、ナースらしい雰囲気に成長しています!


②国家試験対策ガイダンス

看護予備校講師による国家試験ガイダンスと模擬授業を行っていただきました!

P1170280.gif
講師のわかりやすい案内で、国家試験状況をリアルに知り、やる気に灯がついたはずです。


これからの夏休みを有意義に過ごしていきたいですね。
頑張れ、看護学生、3期生♪


2012年12月20日

よくある看護学科へのQ&A 後編

Q9.校則は厳しいですか?
A9.本校に関しては、厳しくはありません。
P1070547.JPG
制服もなく、結構自由です。メイクやアクセサリーの類も制限はされていません。
ただし、TPO、節度や礼節を守ることは当然です。
これはもう、本人の自主性なので、誰かに言われて守るレベルのものではありません。
自由と自分勝手を履き違えるのはナンセンスです。


Q10.授業の進度はどうですか?また、難しいですか?
A10.進度は結構早いです。高校と同じとは思わない方がいいでしょう。

予習も大切ですが、復習は絶対に疎かにしてはいけません。
授業にもよりますが、課題も結構あるので、ハードな時期もあります。
病態生理学をはじめとした、疾患の授業は、時に高度で膨大な知識を要します。
得意・苦手がはっきりする領域でもあるため、時として壁にぶつかることもあります。
余談ですが、あれこれ参考書に手を出すのはお勧め出来ません。
一つのものを完全にこなした方が、断然身につきます。
段階を踏んで勉強するか、とりあえず、知りたいところから先に学ぶかは、本人次第です。
P1110066.JPG
早いうちに、自分の勉強スタイルを確立させましょう。


Q11.授業についていけるか不安です。最低限、身につけた方がいい知識は何がありますか?
A11.やはり、生物と化学は必須です。(ⅠB・Ⅱ)
解剖学、生理学の基礎となるので、きちんと理解してください。
特に解剖学は、生物の知識があるかどうかで、理解度に大きな開きが出ると思います。
あと、計算のスキルは持っておいた方がいいです。
数学のような、高度な技法ではなく、素早く数値を算出できるという意味です。
主に、点滴の滴下速度や、酸素ボンベの流量を計算するのには、計算は必須です。


Q12.オススメの授業を教えてください。
A12.色々ありますが、ここでは二つ紹介します。
%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B9%E6%8B%85%E4%BB%BB.jpg

■解剖生理学
これは、1年の前期で行います。
覚える量が膨大なので、一見苦戦しそうと思うかもしれません。
しかし、授業が進むに連れて、身体の不思議が理解できます。
何でこうなるの?という疑問が、次々と解決する自分に驚愕することでしょう。

■家族論
これは、文字通り、家族とのあり方や概念を深く学んで行きます。
私たちにとって、最も身近である家族。
それは、生涯の様々な場面で、重要な意味を持ちます。
看護の世界でも、その例外ではありません。
ある患者さんにとって、家族の存在はどういったものなのか?
家族は、患者さんに対して、何を思うのか?
そして、看護師は双方の思いを汲み取り、どう看護に臨むのか?
想像以上に深い世界です。
この授業で学んだことは、特に在宅看護や老年看護の授業で、真価を発揮します。
言い換えると、この授業をなくして、看護はあり得ない。


Q13.大学は、文系の学部出身です。やっぱり不利でしょうか?
A13.断じてあり得ません。


Q14.入学後、求められるスキルは何でしょうか?
A14.パソコンのスキルは必須です。
P1110200.JPG
Word、PowerPoint のスキルはあった方がいいです。
レポートの作成はもちろん、発表の場で、相手に考えを明確に伝えなければいけません。

また、コミュニケーション能力も重要です。
_DSC2726.jpg
私もあまり大きなことは言えませんが、本当にコミュニケーションのスキルは必須です。
人と向き合う仕事である以上、常に相手の立場になって考え、接して行きます。
ここから、相手の思いを汲み取ることが、看護の第一歩です。

Q15.ところで、ドラちゃんは好きな人はいないのですか?
A15.実は筋金入りの「麺食い」です。カレーうどん食べたい。

夕食は釜揚げうどんだったドラちゃんより(看護学科3期生)


2012年12月19日

よくある看護学科へのQ&A 前編

毎度どうも。ドラちゃんです。
いよいよ今年も今月限り!いや~、早いもんですな~。。

世間はクリスマスセールやらお歳暮やらで大忙し。
高校生諸君は、就職や進学、センター試験対策で大忙し。
今月はじめには、就職活動が解禁となり、就活生は激戦真っ只中。
おまけに、衆院選まで始まった。
ほんと、慌ただしい時期です。(日本はいつもそうだな…。)

さて、読者の中には、看護学校を受験しようと考えている方もおられるんじゃないかと思います。
そこには、少なからず疑問もあるはず。
そこで今日は、男を代表して、私ドラちゃんが、看護学科の世界を生々しく紹介しましょう。

P1100471.JPG


Q1.男女の比率って、どれぐらいですか?
A1.女子9に対し、男子1です。
40人クラスだから、女子36人で、男子4人。

Q2.クラスの仲は良いですか?
A2.結構良いです。
連帯感はかなり高いかも。3期生に関しては、大爆笑の連続です。

Q3.男性4人って、かなり居づらくないですか?
A3.全然大丈夫です。
自分も最初はそう思っていましたが、
基本的に、女子に歯向かったり逆らったりしなければ、何の問題ありません。

Q4.もし女子に歯向かったり逆らったりしたらどうなるんですか?
A4.とてもここで書ける内容ではないので、割愛します。

Q5.社会人と現役(高校卒業と同時に進学)の比率はどうなってますか?
A5.双方、半分ずつかと。(3期生)
年度によって多少の変動はあります。

Q6.どういう人が集まってますか?
A6.明るいというか、活発な人が多いです。
どこからそんなパワーが出るんだ!と思ってしまうことさえあります。
結婚されていて、子育てと勉強を両立している方もいます。
ほんと、素晴らし過ぎます。

Q7.「ドラちゃん」という呼び名の由来は何ですか?
A7.まあまあ、細かいことは気にしない。

Q8.教員はどういった方がおられますか?
A8.やっぱり、臨床経験豊富な方々です。
同じ領域でも、視点は異なりますが、それもまた、新しい知識となるでしょう。
教科書に乗っていない事例や、裏話などもあります。
技術演習の授業も、根拠を詳細に示して進行します。
技術習得に関しては、まず心配はいらないでしょう。
時々、堅苦しいイメージを持つ人もいますが、そこは気にしなくていいです。
授業中、ツボにはまる先生もいます。


後編に続きます。


2012年12月04日

基礎看護学実習Ⅱより帰還!!

どうも、ご無沙汰しております。(汗)
ドラちゃんです。

先月から、更新が滞っておりました。。
言い訳しますと、我々3期生は、、、

ズバリ!!

基礎看護学実習Ⅱに行ってました!!

長いようで短い3週間。
ガッツリ勉強してきました!!

今回の実習は、夏に行われた実習Ⅰをより深めた内容です。
それまでに学んだ看護展開や、その他様々な理論を駆使して、独自の看護のあり方を見出すのです。

やはり、様々な病態や変化に対応して行かなければならない。。。。
みんな相当に四苦八苦していた様子です。

教科書や資料をも凌駕する世界を前に、模索の日々が続きました。
実習終了後も、教室に集まって、納得の行く答えを考えていました。

一人の「人」から、膨大な情報を集め、日々考え続ける。
何も言わない教科書と資料と向き合い、今必要な援助と看護を求め続けていました。

定期テストのように「これだ!」という答えは存在しません。
状況も時間も人も、常に動き続けます。

教科書では理解していても、いざ実戦になると、なかなか上手く行かないこともしばしば。
(無論、自分もその例外ではない)

時には、折れそうになった事もあります。

しか~~し!!

そこは、我ら3期生最強の切り札「スペシャルチームワーク」で乗り切りました!
個性豊かなクラスメートたちが、お互いに支え合っていたのです。
いや~~!ほんと、素晴らしい!!

_MG_5585.jpg


とまあ、色々ありましたが、無事に3週間の実習を完了させました。


各自、内容は異なるけど、今後に繋がる重要な経験を得たはずです。
それまでの授業で疑問に思っていたことも、実際の場面で理解したと思います。
知識、技術、精神、人間の面で、飛躍的に成長したことは間違いありません。

今回の経験を、どのように昇華させていくか?
今、これを考えているところです。

年内に答えが見つかるか?
それとも、まだまだ時間がかかるか?
はたまた、意外な答えを見つけるか?

2年生の実習は、これで終わりです。

そしていよいよ来年は、我々3期生が、各論実習に向かいます。
この年こそが、それまでの学校生活の総決算になるのです。

優秀と名高い2期生は、既に全ての実習を完了させ、国家試験対策に取り組んでおります。

今年もラストスパート。(早過ぎる・・・。)

引き続き、学習に取り組み、知識・技術の両面を徹底的に向上させて行きます!!

★☆読者の皆様にお知らせ★☆
最近、ノロウイルスが流行しているようです。
しかも今年は、その頻度がかなり高いと聞いております。
食事の際は、入念な手洗いとうがいを実施してください。
空気も乾燥しているので、風邪やインフルエンザに注意しましょう。
ワクチン接種はお早めに。

今日も疲労困憊なドラちゃんより(看護学科3期生)


2012年11月12日

戴帽式

11月3日、私たち看護学科4期生は、無事に戴帽式を迎えることができました。

2012110301.png


この日のために、私たちは一生懸命「ナイチンゲール誓詞」の斉唱の練習に励みました。
始めのころは、声が小さく、息も合わず、たくさん怒られました。
しかし、何度も練習を重ね、息のそろった大きな声が出せるようになりました。

厳かな空気の中で行われた戴帽式。


2012110302.png


ナースキャップと灯をいただいた瞬間、
看護師になりたいという気持ちが改めて強くなると共に、
専門職としての責任の重さを感じました。

このときの感激を忘れず、私たち4期生は辛いこと、苦しいことを乗り越えて、立派な看護師になります!

目指せ、白衣の天使!!


2012110303.png


2012年10月09日

基礎実習Ⅰ報告会

基礎看護学実習Ⅰ発表会

毎度です。
看護学科のドラちゃんです。

今回の記事はズバリ!!


基礎看護学実習Ⅰの発表会です。


9月某日、講堂にて開催されました。
単刀直入に申し上げますと、今回の発表は、

「初の実習の総決算!」

であります。

グループごとに、実習での出来事や実践したこと、気付いたこと、疑問に思ったこと・・・。
学び得たものを、思う存分発表しました。

スクリーンには、成果の核心が、ドン!と映し出されておりました。
その多くは、

「何かドラマがあったのか?」

と思うほどのレベル。

P1090794.jpg


恐らく、発表し切れなかったものも、かなりあったと思います。
内容はそれぞれ異なりますが、全グループとも、相当量の成果を得ていました。

発表の時は、やっぱりみんな緊張していました。
席に座っている人も、相当緊張していたかもしれません。
無論、私も震えておりました(汗)

各グループの発表後、質疑応答の時間が設けられておりました。

この時、後輩をはじめ、別のグループからも、色々と質問が飛び交いました。
とりわけ、後輩からの質問は、鋭い内容が・・・(汗)

応答には、多少四苦八苦したものの、各自が得たものを、自分の言葉で上手く説明していました。

その内容を聞いてみると、やはり個人の得た成果は、想像以上に深く大きなものであったと思います。
私自身、気づかされるものがいくつかありました。
教科書では理解できなかった疑問が、解決した瞬間もありました。

時には、ちょっとした議論も起こりました。

そんな熱い質疑応答を繰り返しつつ、発表会は終了。
先生方の講評をいただき、発表を振り返りました。

P1090779.jpg

さて、今回の発表会は、単なる結果報告ではありません。
すぐ近くに控えている基礎Ⅱ実習へ向けた、自身への振り返りでもあります。

今の自分に足りないものは何か。
これから必要とするものは何か。
今、本当に必要なものは何か。

自分自身と向かい合い、必要なものを見極めるのです。
その答えは、まだ分らないです。

無論、自分も。

時間も教科書も、何も言いません。

どこで、どんな答えが待っているのかすら、見当がつかない状態です。

もしかしたら、ずっと答えが出ないかもしれない。
はたまた、意外なタイミングで出るのかもしれない。


今はとにかく、考えながら、次の実習に向けた準備をすすめるのみです。

来月は、基礎Ⅱ実習。
準備はいよいよ、終盤戦に来ています。

果たして次の実習で、3期生は何を見るのか・・・?


秋の涼しさに妙な気配を感じるドラちゃんより。


2012年08月22日

基礎看護学実習(2年生)

毎度、お騒がせしております。
今回のブログも、看護学科の少数男子生徒"ドラちゃん"がお送りします。
(もう男子って呼べる歳じゃないんですがね。)

さてさて、7月と8月の某日。
我々3期生は、初の実習「基礎看護実習Ⅰ」に出陣しました。
ものすごい暑さの中での出陣は、まさに"夏の陣"。
喉の渇きと大きな不安を背負い、始まったのです。

実習開始の前月より、3期生という精鋭部隊は、事前学習や技術チェックを入念に行いました。
血圧測定、呼吸チェック、体温測定、環境整備などなど。
技術とひとことで括っても、その中には多種多様な内容が盛り込まれています。

事前学習もそう。
正常値、角度、用語、機器の種類、理論、情報収集・・・・。
もう、数えあがればキリがありません。

ホント、色々な課題や予定が詰め込まれている中、各自、うまく取り組んでいたと思います。

参考までに、活用した教科書の写真を↓
%E5%86%99%E7%9C%9F1.JPG

実に膨大。
これ以上の量をこなした人もいると思います。

普段は大爆笑の絶えないクラスですが、この時ばかりは、一丸となっていました。
いや~、さすがですわ。


そうこうしているうちに、あっという間に実習開始を迎えました。


実習は、7月と8月のチームに分かれ、それぞれ異なる病院で実施。
開始当日、グループごとに、各病棟へ向かいました。

病棟は、特定の分野を扱う専門領域。
そこにある、独自の医療・看護のノウハウが詰まっているのです。
1年の時から学んだ、これまでの学習が、試される場でもあります。

皆、初日は緊張でガチガチになっていた様子。
どうなっていたかは、読者の想像にお任せいたします。(汗)

実習は1週間でした。
短期間ではありましたが、教科書には載っていない、貴重な学習ができたと思います。

それまで、難解な用語・理論で理解に苦しんでいた内容も、実際の場面を通じて、理解できた人もいると思います。
頭ではなく、感覚で覚えるということを、身を持って覚えたのではないかと。

私自身、考えさせられたことが沢山ありました。
コミュニケーションの真価とは何か。
臨床は、どのような情報が飛び交っているのか。
本当に必要な情報は何か。
リスクは何か。
今、求められるものは何か。
予測される事態は何か。
教科書に載っていない出来事は何か。

実に、様々な情報と疑問に直面しました。
1日で、相当考えました。

そして、あっという間に実習最終日と。
長くも短い1週間は、無事に終了しました。

今回の実習成果は、今後、振り返りを兼ねて、新しい形に昇華していく予定です。
詳しくは、また折を見て、このブログで報告させていただきます。

それにしても、今回の実習は猛暑との闘いでもあった・・・。
みんな、よくバテなかったと思います。
これからより忙しくなる時期ゆえ、学業・メンタルのバランスを調整していきます。

あと、日本は今、とんでもない猛暑に見舞われております。
水分補給をマメに行い、熱中症予防につとめてください。

夏休みも後半戦。
気合入れて、遊びと勉強に取り組みましょう!!


連日の猛暑で再起不能寸前になっているドラちゃんより。(看護学科3期生)


2012年08月07日

新人ナース講演会!

本校の看護学科は、開校4年目で、今年の春にはじめての卒業生を送り出しました。
卒業生たちは、現場で新人ナースとして活躍しています。

ちょうど今、看護学科の3年生は、臨地実習と臨地実習の間の夏休み期間です。
この時期に、卒業生の代表が、新人ナース講演会に参加してくれました。


卒業生は、国家試験対策のこと、実習のことなど、リアルな体験談を語ってくれました。みんな学生のときと違って、顔つきから話すことまでナースらしく責任感と緊張感が漂っていました。
P1090139.jpg

在校生からもいろいろ質問があり、最後は、卒業生が持ってきてくれた、書き込んだノートやテキストを興味深くのぞいていました。

3年生にとっては、目の前の実習のことで大変ではありますが、卒業生のアドバイスをもとに、夏休みを乗り切りましょう!
そして、全員合格目指しましょう!

P1090144.jpg


2012年07月20日

医療接遇セミナー

12072001.JPG

7月4日(水)本校講堂にて、マナーの先生をお招きして
1・2年生向けに医療接遇のセミナーが行われました。
接遇とは、”出会った人と、いい人間関係を続けるために最低限必要なもの”だそうです。
※実習着姿は2年生、スーツを着ているのは1年生です。

12072002.JPG
表情、身だしなみ、姿勢と態度、挨拶、言葉遣いの5項目に分けて、
実技を交えながら講義していただきました。

12072003.JPG
↑学生同士ペアになって、お辞儀の角度を確認しあっている様子です。

マナーってなんだか取っ付き難いなぁという印象を受ける方もいるかと思いますが
ユーモアたっぷりに、わかりやすく教えていただけるため、楽しく、マナーを身につけることができます。
笑いが起こる場面もたくさんありました。

12072004.JPG 12072005.JPG
↑一人ひとり丁寧にあいさつ、身だしなみについてアドバイスしていただきました。


12072006.JPG

↑特に、これから病院へ実習に行く2年生が、先方で自信を持って行動できるように…と、真剣な表情で学生の動作を見守る先生。
学生も一生懸命応えます。


このセミナーで勉強したことは実習ではもちろん、就職してからも役立つことばかり。

ケガや病気で不安を抱えておられる患者さんに安心していただくため。
また、職場のみなさんと信頼関係を築くため。
みんな、この日の経験を活かしていってくださいね!


2年生の国家試験対策始まる!

梅雨も明けて、うだるような暑さの中、学生達は勉強に励んでおります。
そんな中、看護学科の2年生の国家試験対策が始まりました。

看護の国家試験は、過去問題をベースに問題が作られる傾向がありますので、過去問題を解くことが合格への近道となります。

本日は、手始めに40問程度解いて、答え合わせを行いました。

P10805982.jpg

これから、初めての基礎実習も始まります。
暑さに負けず、乗り切っていきましょう♪


2012年06月06日

看護学科交流会が開催されました!

入学してもう1年が経ち2年目に入りました。
私たちは2回生に進級することができ後輩を迎えることになりました。

2回生になり1回生との交流を深めるということで
5月12日に看護学科の3期生と4期生の交流会が開催されました。
top.jpg

1回生は、オリジナルの劇を披露。
なんともユーモアセンスあふれる内容で、会場からは笑いがあふれておりました。
event1.jpgevent2.jpg
event3.jpgevent4.jpg


その後、お菓子を囲んで談笑。
5.jpg
ここで1,2回生の仲を深められたと思います。

会話の内容は、実に様々。
勉強のこと、看護師を目指すきっかけ、それまでの仕事について。
いろいろな内容で盛り上がっていました。


それから1回生の、○×ゲーム。
何とも意表を突いた問題が多く、考えるのに時間を要しました。
A.jpg
結果が発表されるたびに、会場は大盛り上がりでした。


お昼は、みんなで好きな食べ物を囲みました。
6.jpg


最後はビンゴゲームで盛り上がりました。
リーチが連続で発生したりと、ビンゴゲームならではの興奮があり
楽しんでくれたんじゃないかと思います。

そして交流会は無事に終了しました。

これから
4期生は、テストが始まっていき
3期生は、初めての実習を迎えます。
交流会を通して、仲がより深まったと思うので
お互いを励ましあいながら助け合いながら勉強、実習など頑張って行きたいと思います。


(看護学科3期生)


2012年05月04日

国家試験対策セミナー

2年生と3年生に向けて、看護予備校の先生による国家試験セミナーを開催しました。

3年生は、実習の合間なので、実習と国家試験対策をどのようにすすめていけば良いのか真剣に聞いておりました。
2年生は、1年次に習った解剖生理学が今後の実習や国家試験でどれだけ大切かを理解してくれたようです。

国家試験の内容、難易度、試験対策について、また模擬授業と短い時間でしたが、濃い内容の90分だったと思います。


日ごろの学習がいかに大切かを本校教員からいつも聞かされていますが、改めて認識したのではないでしょうか。
結局、日々の学習、実習、国家試験対策は別物ではないのです。

時間は有限です。計画的に、徹底的に学習して、全員合格を目指します!


P1070192.jpg


2012年02月29日

演習報告

早いもので、もう3月、春ですね。
看護学科も開設して、3年が経ち、1期生は国家試験も無事に終了し、卒業式と合
格発表待ちという状況です。

そんな中、2年生では、いよいよこれから本格的な臨地実習(病院や施設での実
習)が始まろうとしています。

授業においても、現場を意識した演習が数々行われております。
今回は、慢性疾患(例えば糖尿病や腎不全など)に関わる演習の様子をお伝えし
ます。
今まで学習してきた患者さまの状況の確認・心理面の理解・看護にあたり必要な
知識などを総合的に身に着けていくためのロールプレイング学習です。

学生は、真剣に患者さま役・看護実習生役・家族や恋人役などこなして、学習を
深めていました。

P1050329.gif P1050327.gif
P1050308.gif


今まで学習してきたことを実際の現場で実践していくのは大変で、ロールプレイ
ング演習や臨地実習を通して、知識と技術、そして患者さまの対応を統合して対
応していけるようになっていきます。

信頼される看護師を目指して、一歩一歩進んでいくのみです!


2011年11月08日

戴帽式が開催されました!

平成23年度 3期生
戴帽式が無事に終了しました!

ナースキャップをいただき
ナイチンゲールから灯火をもらい
ナイチンゲール誓詞を唱和

と、何もかも初めてなことばかりで
本番は練習以上に緊張しました!

taibou3.gif

人生で一度きりの貴重な
戴帽式を迎えられたことを
嬉しく思うと同時に

これから現場で実習に行く上で
しっかり知識を身につけ
責任感を持たなければいけない
なと気づかされました。

また、戴帽式を終えて
より一層看護師になりたい
という気持ちが高まりました。

入学して半年が経った今、
3期生はまだまだ落ち着かない所が
あるのでもっと自覚を持ち
初心を忘れずに日々努力して
行きたいと思います!

また家族や先生方への
感謝の気持ちを忘れることなく
クラス全員で協力していきたいです。

taibou2.gif taibou1.gif


2011年10月28日

1年生前期試験無事終了!

看護学科3期生(1年生)です。
投稿は、クラスの超少数男性生徒のひとり、「ドラちゃん」がお送りいたします。


さて、実はつい最近ですが、看護学科は、前期試験を終えました!!!


テスト期間中、分厚い教科書とプリントとにらみ合い。
いつもは明るい空気でいっぱいの教室も、この時期ばかりは真剣そのもの。
仲のいい友達とガッチリ組んで、勉強していました。


もう、み~んな、一生懸命。
ものすごく難しい理論や、長い単語を覚えるのに悪戦苦闘。


無論、私もその例外ではありませんでした(笑)


さてさて。


テストは、筆記試験だけでなく、技術試験もあります。
これは文字通り、看護技術の試験です。


我が看護学科の技術試験のひとつに「ベッドメーキング」があります。


これは、文字通り「ベッドの作成」です。
ただし、それは単にシーツを敷いて、布団をかければいいというものではありません。

看護理論に則った、厳格な基準を守り、寝心地のいいベッドを作らないといけないのです。


これは、1年生の初期に覚える、基本的な技術。
しかし、患者様の病状に直結するので、決して甘く見てはいけません。


睡眠は、人間の生命活動において、極めて重要な要素。
看護師は、それを高い水準で維持する責任があります。


いかに「手早く」「正確に」「きれい」なベッドを作るか。


全ての学生に課せられた、重要な課題です。


で、これ↓がテスト前の自主練習風景。


NSblog.gif

放課後も残って、みんな頑張ってます。
その成果は、日々、確実に向上しています。


いよいよ後期に突入です。
これから、勉強も難しくなる時期。
皆、切磋琢磨しながら、看護師を目指してきます!!


ようやくブログを書く時間が確保できたドラちゃんより。(看護学科1年生)


2011年08月30日

オープンキャンパスのお手伝い

看護学科2年生の森久保さんから、オープンキャンパスのお手伝いのレポートです。


初めて体験入学のお手伝いをしてきました!
1年半前は、体験入学を受ける側で緊張で心臓がバクバクしていましたが、今回
はお出迎えする立場なので、なんだか変な感じでした。

来て下さった参加者の中には、高校2年生の学生さんがいて、もう自分の将来の
方向性を決めているんだなあととても感心しました。

看護の道を選んでよかったこと、命の大切さについて、自分なりの言葉で伝えま
した。伝わっているといいなあと思いました!

morikubo.gif


⇒看護学科2年生は、夏休みが終わり、ちょうど今週から授業が始まりました。
夏休みの確認テストをしたりと、忙しい日々がスタートです。

check-test.gif


2011年08月10日

国家試験に向けての模擬試験(3年生)

3年生は、臨地実習の中休みという感じで、少しの期間だけですが夏休みに入ります。

しかし、その前に、国家試験の模擬試験を受けて、自分の今の実力を確認し、夏休みの学習計画を組み立てなおします。

今日は、8月に入って一番暑い日でした。
そんな中、学生たちは、必死で問題に取り組んでいました。

夏を制するものが、国家試験を制する!!!

頑張れ、看護学科1期生♪

P1020495.gif


2011年07月28日

1・2年生交流会開催!

7月2日に1年生、2年生の交流会がありました。

1年生、2年生間の交流を深め、看護学科全体で良い方向に成長していきたいという思いからスタートした企画です。1年生、2年生のレクリエーション委員約10名が、短い時間の中で、深い内容を考えてくれて、頑張って企画してくれました!

ns201172.jpg ns201178.jpg

1年生はなんでもバスケットをしました。

2年生は1年生のときに起きたことを劇にして発表しました。
1年生がこの劇を見て少しでも今後の学生生活の参考にしてもらえたらと思います。

ns201177.jpg ns201173.jpg

他にも1、2年生たちが質問を出し合って、答えてもらったり、○×クイズを企画してくれたりと、交流会はとても良い雰囲気で進行しました。

ns201174.jpg ns201176.jpg

そして最後にレクリエーション班がダンスを披露しました。男性は女装して踊ってもらったので、たいへん盛り上がりました。
この交流会を通して、1年生が2年生に今まで以上に話しやすくなればいいなぁ!!

ns201171.jpg ns201175.jpg


2011年07月03日

初めての病院実習

またまた少し前のご報告になります・・・


5月に入り2年生初めての病院実習に行きました。
基礎看護学習Ⅰです。
病院内のいろいろな施設や設備を見学するとともに、指導者の方に指導を受けながら実際の看護場面を見学させていただきました。
環境整備やベッドメーキング、バイタルサインは学校で練習していたときとはまた違った緊張感があり、手際の悪さにたじたじでした。今回初めて受け持ち患者さんを受け持たせていただいて、個別性の看護、また安全、安楽、自立の看護の大切さや必要性を学ぶことができました。
そして看護の知識が、実際の看護場面とつながって理解でき、看護のすばらしさを感じる実習でした。 次回の実習に向けてまた頑張っていきたいと思います。

ns201161.jpg
実習記録を書いているときの様子です。


2011年06月22日

今さらですが、青丹杯!

平成23年4月某日。
毎年恒例のイベント(スポーツ大会)、「青丹杯」が行われました。
看護学科、作業療法学科、言語聴覚学科、介護福祉学科、理学療法学科の1~2年生が、それぞれクラス対抗で力を合わせて、楽しく盛り上がりました。

nsshai1.jpg

大縄飛び、、、みんなのタイミングを合わせるのが難しかったです★

nsshai2.jpg


2011年05月30日

基礎看護学実習の報告会

2年生は、初めての病院実習に行ってきました。
ゴールデンウィークがあけると同時に1週間。40名が8グループにわかれ、病院は2箇所でお世話になりました。

今回は、基礎看護学実習ということで、1年生から学んできた知識を技術と態度を実際の看護の場面で展開し、看護の基礎的能力を養います。

ちょうど、4月に行った「医療接遇」の授業も役立ち、病院の看護師長さんからお褒めの言葉もいただきました。

そんな2年生が実習の報告会を行い、まだまだ新入生気分が抜けない1年生を前に、1年後のリアルな姿を見せてくれました。

その時の1年生の感想です。
1年後は、先輩を超えられているかな?!

感想①
今日は先輩たちが5日間の実習を終えて、基礎看護学実習Ⅰの報告会がありました。
私は先輩方の発表を聞いて、最初は大変だなと思っていたのですが、そんな面ばかりではないことが分かりました。
また今、私たちが授業を受けている部分もどれだけ重要であるか、あらためて感じました。
患者さんに対しての接し方や環境整備、患者さんの観察など、他にも話を聞いていて、患者さんへの心配りはとても大切で、人間観察することが重要だと思いました。また先輩方からの記録をとるアドバイス、分からない所も丁寧に教えて下さりました。
先輩方は不安や辛いことを乗り越えて、患者さんの優しさで自分たちも支えられていることに気付き、知識、技術、態度を学んだことは、とてもすごいなと尊敬しました。
私も一日一日の授業をしっかりと聞いて、先輩方のようになりたいと思いました。
たくさんのことを教えていただきありがとうございました。

感想②
今日は、二年生による、基礎看護実習Ⅰの報告会がありました。
どのグループもとてもわかりやすく丁寧で、まだまだ勉強不足で少し難しい部分もありましたが学ぶことも多かったです。
学校でどんなに練習をしても、実際、医療の現場に出ると普段出来る様な事が緊張して上手くいかなくなる先輩がいたというのを聞いて、しっかりコツコツ勉強していかないといけないなと思いました。
それと同時に来年自分達が現場で普段通りに落ち着いて作業出来る様にするには、演習でしっかり技術を身につけなくてはいけないと思いました。
今回の報告会で学んだ事、先輩から受けたアドバイスを日常の勉強につなげ、来年わたしたちも先輩の様にすばらしい報告会が出来る事を楽しみにしたいです。

ns201151.jpg ns201152.jpg 


2011年04月25日

マナーの特別講義がありました!

看護学科では、先日、1年生・2年生合同で「医療接遇」の特別講義を受けました。
講師は、姉妹校であるヴェールルージュ美容専門学校で、サービス接遇を指導していただいている平林先生です。
先生は、さまざまな業界のサービス接遇の指導をされていて、この時期ですと新入社員研修でも引っ張りだこの先生です。

今回、2年生は、5月からの病院実習に備えて、白衣を着て授業に臨みました。
1年生は、スーツで授業に臨み、それぞれの服装や身だしなみについて、学びました。

nsm1.jpg nsm2.jpg

休憩なしの授業でしたが、学生のみんなはとても真剣に授業を受けていました。
途中、学生にいろいろな質問をされたり、実際に大きな声を出しての練習をしたりで、高校を卒業してすぐで90分授業にまだ慣れていない1年生も、充実した時間を過ごせました!

その成果もあり、授業の最後の「挨拶」は、本当にここちいい挨拶で締めくくれました。短期間でも、成長するということをあらためて感じました。
さすが、マナーの先生です!
今後の学生の変化・成長が楽しみです。

(1年生のコメント)
今日は医療接遇という授業で、講師の平林先生に礼儀・作法を教えていただきました!
身だしなみとおしゃれの違いや第一印象の大切さを学び、今後に役立つことばかりでした。

nsm3.jpg nsm4.jpg 


2011年02月25日

もうすぐ実習!(^^)!

看護学科の2年生はいよいよ3月初めから、長期にわたる実習が始まります。

今回は在宅看護・成人看護・老年看護・小児看護・母性看護・精神看護などといったさまざまな領域に分かれ、複数の施設で実習を行います。実習は12月まで続きます。

実習に向けて、学校では聴診や問診、打診、腹部の触診など学生同士、また先生にも教わりながら練習を重ねています。
実習を直前にひかえ、緊張の毎日です(>_<)

前回の反省点も生かしながら、自信をもって患者さんに向き合えるよう、頑張ります!

ns2011021.jpg ns2011022.jpg


2010年12月15日

戴帽式がありました!

11月19日は、学校法人青丹学園・関西学研医療福祉学院の戴帽式でした!!!
この日の為に、みんな一生懸命練習してきました。

taibou20101.jpg taibou20102.jpg

最初の練習のときは全く声が揃わなかったり、声が小さかったりと何度も何度もやり直しました。
練習を重ねていくうちに、だんだん良くなっていきましたが、講堂での練習のときに、先生方から『まだまだ』と指摘を受け、さらに練習を重ねました。その成果もあり、二回目の練習のときにはかなり良くなっていることが私達自身でも感じ取ることが出来ました。

そして、ついに戴帽式本番の日。
朝から髪の毛をセットし、化粧もいつもより薄めにして戴帽式に臨みました。

taibou20103.jpg

本当にたくさんの方がきてくださいました。祝電もお花もたくさん頂きました。
そんな皆さんの前で私達は誓いました。

taibou201011.jpg

『われは心から意志(医師)を助け我が手に託されたる人々の幸いのために身を捧げん』

各々がナースキャップを貰い、また新たな気持ちをもって、これからの学校生活を送っていくと思います。今回きてくださった皆さんの期待を裏切らないように、しっかり学校生活を送っていこうと思っています。

taibou20104.jpg taibou20105.jpg

そして今回の戴帽式にはたくさんの方々が私達のために動いて下さいました。事務の方々は、練習のときから手伝って下さいました。戴帽式が終わってからの後片付けも手伝って下さって、本当に有難うございました。
先生方には、たくさん厳しいことも言われましたが、その中には優しさもいっぱいありました。先生方が、『格好悪い』と耳にたこができるくらいおっしゃったことも、本番になるとよく分かりました。色々指導して下さり、有難うございました。これからもよろしくお願いします!

taibou20106.jpg taibou20107.jpg

戴帽式を終えて、新たなスタートをきった関西学研医療福祉学院・看護学科2期生40名は、これからどんなことがあっても助け合っていこうと思います。3年後には立派な白衣の天使(笑)
本当にいい経験ができた戴帽式でした!
他の学校では、戴帽式を行っていないところもあるらしく、本当に貴重な経験でした!

いつも心にナースキャップを身に付け、
思いやりと温もりを兼ね備えた看護師になれるよう頑張りたいです!!

taibou20108.jpg

teacher.jpg教員より
戴帽式当日のあなた達は良かったですよ!nikoniko.jpg 素敵でした。
これから今以上に看護師になる学生として、知識、技術、態度を磨いてくださいね。
これからの変身に期待していますganbare.jpg


2010年12月14日

採血&点滴静脈注射

今日は採血と点滴静脈注射の演習をしました。
採血は皆さんがよく病院で行われる、血を採取すること。看護師の大切な技術の1つです。
とても重要なことなので私たちは毎日昼休み、放課後と、先生方に教えてもらいたくさんの練習をしてきました。
演習は先生方に直接指導をしてもらいましたが、実際に腕に針を刺すとなると緊張をして手が震えてとても怖かったです。また、採血される学生も震えてしまい、とても大変だということを今回の演習を通して私たちは学びました。

saiketu20101.jpg saiketu20102.jpg 
      
看護師になるときには採血がうまくなりたいです!!!

saiketu20103.jpg

モデルでの採血の練習です。人の血管・皮膚とはまた違い、モデルの採血も大変難しいです・・・。でもすごくいい練習になりました!

続けて点滴静脈注射という演習をしました。
点滴静脈注射というのは、点滴を静脈という血管に針を刺し薬液を注入することです。
皆さんも点滴をされたことがありますか??

saiketu20104.jpg saiketu20105.jpg

点滴というのは見ているのはとても簡単なのですが実際に演習をするのはとても大変なのです。
看護師は、1時間に何CC注入するために、何滴薬を落とさなければならないということを考えて点滴管理をしていることをご存知でしょうか??

実際に先生の指導のもと滴下数を合わせているところです。
私達は、指示された点滴量を計算して、滴下数を調整しました。しかし何回も調整しましたが、調整できずとても苦労をしました。

saiketu20106.jpg

そして、演習の最後にはグループごとに、先生と生徒による感想・これからの課題など先生からの指導が行われます。
これは私達の技術力を高めるためにはすごく大事なことです!
先生からのたくさんのアドバイスを受け、学生も自分のために先生に質問、直接指導を受けられる機会なので積極的に先生に質問をしていました!!

後期の演習はほとんど終わりましたが、まだまだ練習不足です・・・
看護師になるために自主的に練習していかないといけない!と学生全員が思っています!

頑張ろう!!!


teacher.jpg教員より
採血も点滴静脈注射も患者さんに痛みや恐怖心を与える看護技術ですね。
また知識・技術を確実に習得する必要があります。
今回の経験を大切にして知識を持って患者さんを理解してくださいね。
あなたたちの元気!やる気!などなど大切にしてくださいね!
期待しています。
ki1.jpgki1.jpg


2010年11月12日

プレゼン実施!

今回は、「褥瘡(じょくそう)」についてのプレゼンでした!
ちなみに、「褥瘡(じょくそう)」とは長期間ベッドに寝ている患者さんや車いすを利用している患者さんに多くみられる、いわゆる“床ずれ”と呼ばれるものです
グループならではの個性の目立つ発表でした。

体位別の褥瘡について自分達で患者の設定を決めて、好発部位を調べてその患者にあった褥瘡の予防法についてグループで工夫をしてそれを発表しました。

NS2010111.jpg

このグループは左側臥位のグループです!
好発部位をわかりやすく画用紙で実際身体に貼りわかりやすく説明しています!
途中でクイズもあったりして勉強になり、とっても盛り上がりました☆

NS2010112.jpg

このグループは座位での褥瘡予防について・・・
プチプチを背もたれのところに入れたり、アイスノンを使ったりとグループならではの
予防の工夫がされており、また家にあるもので・・・というコンセプトで工夫されていました。

今度はどんなプレゼンテーションがあるのか楽しみです☆

teacher.jpg教員より

この授業は、考える力、感性を求められる授業でした。みんな色々考えておりとても素晴らし発表会でしたよ。syoujo.jpgsyoujo.jpgsyoujo.jpg
この力を維持して、常に何が出来るかを考えた行動を身につけて下さいね!!


2010年10月21日

バイタルサイン演習

9月16日、今日はバイタルサインの練習をしました。
バイタルサインとは血圧測定・体温の測定・脈拍測定・心拍測定・呼吸測定など、私たちが生きていく上でとても重要なことであり、皆も真剣そのものでした。
バイタルサインは思っていたよりとても難しく、血圧が聞こえやすい人、聞こえにくい人など、一人一人異なっているのでいろいろな人のバイタルを測定したい!!と今までもクラスメイトを誘い、練習を積み重ねてきました(^^)v

ns10101.jpg ns10102.jpg
 
まずは体温を測定し、次に脈拍・心拍を測定します。
最初は音が聴こえない(>O<)と苦労しましたが、練習を重ねるとすぐに見つけることが出来るようになりました(^v^)

ns10103.jpg ns10104.jpg

こちらは二人で聴ける聴診器で測定中。バイタルサインの試験では先生が同時に聴いていたので緊張しました(>△<)
脈拍・心拍を測定し終えると、その後は脈拍・心拍を測定するふりをして呼吸測定!!さりげなく測定するのがとても難しかったです・・・。
続いて水銀血圧計での血圧測定を行い、全てが終了するとバイタルサインの値と観察した内容を報告しました。
これが一番難しいのです・・。
バイタルサインは本当に難しかったのですが本当に大切なことで、夏休みも皆一生懸命練習し、練習を重ねることで成長を感じることができました。
また、健康を維持するためにも普段から測定していこうと思いました。
2期生皆で力を合わせて、良い看護師になろうね(^^)v。

teacher.jpg教員より
バイタルサインの測定は簡単そうに思いますが!非常に難しく、奥の深い技術です。
多くの知識が必要ですね!それに気づけたことはいいことですね。
涙を流すほど充実した演習で、みんなよく頑張っていましたよ!fusen.jpgfusen.jpgfusen.jpg


2010年09月24日

夏休みが明けて

一か月の夏休みを終えて、学校生活が始まりました。
久々に会うクラスメイトは、元気いっぱいでしたが夏休みボケをしているように見えました(笑)。
しかし、中には心機一転して勉強を頑張ろうという意気込みがある人もいました。

ns9241.jpg ns9242.jpg

夏休みの宿題をするため、夏休みも学校に来て熱心に勉強をしている生徒もいました。

ns9243.jpg ns9244.jpg

今、二年生では実習に向けて、患者さんの事例で看護計画を立てるグループワークや、前期テスト勉強で忙しくなってきています。

ns9245.jpg ns9246.jpg ns9247.jpg

日々の授業を大切にして、充実した学校生活を送れるように頑張ります。


teacher.jpg教員より
夏休みは楽しく過ごせましたか?fukuro.jpgfukuro.jpgfukuro.jpg
これから前期の試験がいっぱいですね!試験の準備はOKですか?
色々大変ですが、体調に気をつけて頑張ってくださいね!期待しています。tori2.jpg


2010年08月09日

「まるごと看護」が開催されました♪

猛暑日が続きますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
本校では先日、年に1回のスペシャルな看護のイベント「1DAYオープンキャンパス・まるごと看護!」が行われました。
夏真っ盛り、太陽がさんさんと照りつける中、高校生や社会人の方など、看護に興味のある多くの方々にご参加いただき、非常に熱い1日になりました。

「まるごと」というだけあって、普段のオープンキャンパスよりも多くの教員・在校生のレクチャーのもと、色々な看護体験や授業を受けていただきました。

kougins.jpg baitaru1.jpg
看護について教員から熱い講義。       実習の一つ、バイタルサインのチェック。

 
そしておまけのお楽しみはランチタイム。本校近くの人気パン屋さん、「ブランジェリー」のパンバイキングです!(^^)! 参加者と在校生と一緒においしいパンを囲んで、看護の勉強や学校生活のことなど、和気あいあいとした雰囲気の中で、話がはずんでいましたよ(^^♪

mokuyokuns.jpg lunchns.jpg 
グループごとに実習。これは沐浴体験!   パンバイキングのランチは毎年大好評★


ほんの一部ですが、参加された方の感想をご紹介します。

★細かい所まで丁寧に教えていただいたので、この学校にますます入学したいと思いました。また、お昼のバイキングがすごくおいしかったです。

★色々な体験ができてよかったです。学生の方々も優しく接してくださって楽しく過ごせました。

★ランチを食べながら、実際に学生さんに質問することができ、疑問に思っていたことが解決できてよかったです。これからも合格できるよう、勉強をがんばります。

いよいよ看護学科でも入試が始まります。受験生の方、受験勉強の追い込みをがんばってください。また、今回のスペシャルイベントの参加を逃してしまった方、ご安心ください。これからも毎週週末に、通常のオープンキャンパスを行っていますので、お気軽にお越しくださいね☆


2010年08月02日

看護技術演習:食事介助

7月5日(月)食事介助の演習がありました☆
ベット上で患者さんに食事を食べて頂く演習ですomusubi.jpg
寝ている患者さんと目の見えない患者さんに対しての演習でした(^_^)v

syokuji81.jpg syokuji83.jpg

こちらが上向いた状態の患者さんや、横を向いている患者さんの食事介助しているところです。
患者さんのペースに合わせて食事をしてもらうのですが、飲み込みはできたか、
お茶や食べ物の一口の量はこれ位で大丈夫なのか、戸惑いながらも
みんな一生懸命に声を掛けながらすることができましました(^o^)


syokuji82.jpg syokuji84.jpg

こちらは、目の見えない患者さんに対しての食事介助です。
まず、お盆に食事がどの位置に置いてあるのかを一緒に確認していきます。
食器の置く位置にも工夫がされていて、時計の時間の位置に食器を置いて
説明します。そして、患者さんの食べやすい大きさにし、食事をしてもらいます♪

みんな初めての食事介助で患者さんのペースに合わせた食事をすることの
難しさを感じました。また、患者さん役も初めての姿勢での食事で戸惑いもありましたが、
体験する事で今後どういった介助をしたら良いのかを学ぶことができました。
これからも二期生ぐんぐん成長できるように頑張りますhimawari.jpg


teacher.jpg教員より
ちゃんと食事介助が出来ましたか?食事を介助することは、簡単そうで難しいですね!
今後、患者さんの気持ちがしっかり考えられる食事介助ができたらいいですね。
頑張ってね!hamb.jpghamb.jpghamb.jpg


2010年07月23日

看護学校進学ガイダンスに参加しました♪

先日、奈良県看護協会主催の看護学校進学ガイダンスが奈良県文化会館で開催されました。奈良県内の多くの看護学校が参加しており、本校も個別相談コーナーでブース参加してきました。

雨の降る中、来場者の出足を心配していましたが、熱意あふれる方々に大勢ご参加いただきました。本校のブースでも個別相談に訪れ、仕事のこと、入試のこと、学費についてなど多数の質問にお応えし、満足していただけたようです。

nssoudan1.jpg nssoudan2.jpg
たくさんのパンフレット!              本校のブースです♪


本校では毎週オープンキャンパスを開催しています。それ以外にも、今回のように、皆さんの街での進学ガイダンスに参加することもありますので、普段なかなか時間がとれない方も、気軽にお立ち寄りください(^^♪ (ガイダンスの参加情報はHPで随時、告知します!)

nssoudan4.jpg
みなさんのお越しをお待ちしています!


2010年07月14日

発表:成人看護方法論

今回は成人看護方法論の慢性期の発表をしました。

この授業では毎時間事前学習として、グループに分かれて、その日の授業の内容をパワーポイントにまとめて発表しています。

mansei1.jpg mansei2.jpg
毎回約40ページもある教科書を、3枚のパワーポイントにまとめるのは大変ですが、
各グループで工夫をしながら、昼休みや放課後を使って頑張っています。

mansei3.jpg mansei4.jpg
今回は「慢性期にある人の特徴と理解」という内容でしたが、発表者は皆にわかりやすいように発表し、聞いている私たちも、慢性期にある患者さんに対する理解を深める事ができます。

mansei5.jpg mansei6.jpg
この事前学習によって、成績が上がればいいな~と思います。


teacher.jpg教員より
本当に大変な事前学習です!みんな頑張っているのがよくわかります。徐々にですが、理解を深め成長していますよ!これは良い結果に結びつくと思いますので頑張ってね★★★
nakayoshi.jpg


2010年06月14日

基礎看護技術演習(洗髪)

6月8日(火)、洗髪の技術演習がありました。
患者の髪の毛を、洗う練習です(^-^)
ケリーパッド、洗面台、洗髪車を使用しての演習でした。


ns6141.jpg  ns6142.jpg

ケリーパッドを使用して洗髪しているところです。
患者に負担がかからないよう、寝衣やシーツ等を濡らさないよう、真剣に洗っていました。   
耳には青梅綿を入れて、患者の体位安定の為に膝窩に枕を挿入して・・・授業で習った事を思い出しながら、実施していきます。


観察者も一生懸命です。                         
洗髪の仕方は間違っていないか、患者の状態はどうか等、自分の作ったオリジナルノートにメモをとります。 


ns6143.jpg  ns6144.jpg

洗面台と洗髪車を使用して、洗っているところです。
初めて見る洗髪車に看護側も患者側もドキドキでした!
演習をする前に、必死で洗髪のレポートをまとめていたのでどうにか洗髪する事はできました(*_*;
初めての事ばかりなので分からないところは、先生達が優しく指導してくれました。

まだまだ未熟な二期生ですが、立派な看護師になる為にがんばっていこうと思いました。


teacher.jpg教員より
みんな汗だくでしたね!日頃洗髪をしていますが、理論をもって他者に行う難しさを学べましたね。これからも練習あるのみですね。がんばれ!!
tori.jpgtori.jpg


2010年06月02日

青丹杯!

5月22日(土)、平城遷都1300年ということで、今年は青丹杯として、平城宮跡でオリエンテーリングを行いました。
私たち看護学科の2期生は平城宮跡へ行くのは2回目ですが、初めての他学科の人たちとの交流をとても楽しみにしていました。

当日の天気は晴天!日焼け対策もバッチリで10時に集合しました。

s_hai1.jpg

点呼を終え、先生から諸注意や競技ルール説明がありました。
ルールは、5学科合同の1チーム9~10人の全24チームに別れ、それぞれ地図を見ながら①~⑥のチェックポイントへ向かい、教職員の方が出す課題をクリアしていきます。所要タイムと正解数を競い、上位のチームには豪華商品が用意されているとのこと・・・!!!
各チーム結束力を固め、いざ出発。

平常宮跡にまつわる問題や、奈良に関する問題が多数の中、フリスビーや人間文字の課題もありました。

s_hai2.jpg   s_hai7.jpg
  
ゴールする頃には、それぞれのチームが力を合わせて課題に取り組む中で、学科を超えて親睦を深めることが出来ました。

ゴールした後はお待ちかねの昼食!そしてその後はバトミントンで遊んだり、思い思いの時間を過ごしました。

s_hai3.jpg   s_hai4.jpg   

そしてついに表彰式です!!優勝チームにはトロフィー&賞品が授与されました。                                           
今回の青丹杯を通して、青丹学園のある地元奈良のことを学び、さらに奈良を好きになりました。そして、学科は違いますが同じ医療への目標に向かって頑張っている仲間と交流を深めることができ、本当に充実した一日になりました。

s_hai5.jpg   s_hai6.jpg

teacher.jpg教員より
暑くって、みんな大変でしたね!ki2.jpgki2.jpgki2.jpg
高齢者の方が倒れている時に、お手伝いしている姿はさすがに、医療を勉強している学生でしたね。今後期待が持てますね!
ki1.jpg


2010年05月24日

実習に行ってきました!

基礎看護学1の実習に行ってきました。

初めての病院実習で受け持ちの患者さんを持たせて頂き、初めは戸惑いましたが、病院でご指導して下さった方や担当の先生、またグループの友人に支えられ、無事に実習を終えることができました。

jissyu11.jpg jissyu12.jpg

学校では基本的な援助方法を学んできましたが、今回の実習で、臨地では患者さんや家族さんのニーズを考えて臨機応変に援助されていることを学ぶことができました。
また、患者さんとのコミュニケーションや援助を行う日々の中で、患者さんの個別性を活かした援助が大切であると学びました。
そして、まだまだ勉強しないとよりよい援助ができないなどの課題が多くの発見ができました。

jissyu13.jpg jissyu14.jpg

患者さんのためによい看護を行うこと、また素敵な看護師になることを目標に、今回の実習を活かして、これからの日々も頑張っていきます。

teacher.jpg教員より
7日間、毎日睡眠時間が3時間ぐらいでしたが、みんなよく頑張っていました。
患者さんの笑顔や言葉に、喜びを感じ、看護師の魅力に少し触れることができたようです。
hana.jpg


2010年05月13日

看護学科・新入生突撃インタビュー!

今回は看護学科1年生の大澤恵美さんにインタビューしてみました。

★本校への入学の決め手は?

一つは私自身が本校の卒業生ということもあり、自分が勉学に励む上で勉強しやすい環境でもあり、先生方が丁寧に教えてくださると思えたからです。
本校は理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・介護福祉士と他の職種の学生もいて、先生方もたくさんおられるのでより色んなことを吸収できるのではないかと思いました。

★学校生活で楽しいひととき、またやりがいを感じるときは?
楽しい時間はやっぱり昼休みや休み時間です。みんなだいぶ打ちとけて、色んな話をしていつも笑っています。まだ授業が始まったばかりですが、看護に関する授業は難しいながらもやりがいを感じつつ、授業に臨んでいます。

★クラスの雰囲気を教えてください。
新卒のクラスメイトが多いので、すごくにぎやかで笑い声が響きわたっています。一人ひとりの個性が本当に強くておもしろいクラスです。

★先生とのエピソード・関係を教えてください。
担任の先生も私たちと同様に初めての担任ということで、初めは緊張されていたようですが、先生のたまに見せる個性はとてもユニークで、私たちも癒されています。

★授業でのエピソードを教えてください。
今、興味のあるのは「解剖学」です。難しい反面、興味があります(笑)。先生や先輩方も、覚えていくと習ったことが一つにつながってくるから面白いという話をしてくださり、今後どういう風になっていくのか楽しみでもあります。

★どんな看護師になりたいですか?卒業後の夢を教えてください。
看護師の方はとても忙しそうに仕事をされています。その中でも、患者さまとの時間を大切にして、悩みや苦しみや辛さを一緒に寄り添い、一緒に乗り越えていけるような、精神的サポートがしっかりとできる看護師になりたいです。
いつも笑顔で患者さまに「いつも笑っているね」と言われるような看護師でありたいですね♪


2010年04月30日

レクリエーションin 平城宮跡(2期生)

学校が始まって早1ヶ月が経とうとしています。
学校にも慣れ始め、友人もできてきました。

今回は、平城宮跡でのレクリエーションを通して、今まであまり話したことのない人ともふれ合うことで、さらにクラス内の親睦を深めることができました。

朝、学校に到着すると、1班につきそれぞれ9箇所での写真撮影の課題が与えられました。
班によって課題が異なり、分かりにくいところもあったけれど、全班、無事に課題を終了することができました!


rec1.jpg  rec2.jpg
西大寺駅の「せんとくん」です。           暑かったけど、平城宮跡に到着。

rec3.jpg  rec4.jpg
まずは案内所で聞き込み!!           遣唐使になった気分♪

rec5.jpg
学割200円で着ることができました。  


最後は皆で救護所の前で記念撮影。
立派な看護師になるぞー!!

あれっ? 1班だけ撮影している場所が違うぞ??
rec6.jpg  rec7.jpg

rec8.jpg  rec9.jpg

rec10.jpg


3768.gif3768.gif教員より3768.gif3768.gif

みなさんいい笑顔で、楽しそうでした038.gif038.gif038.gif
これからの学生生活を有意義に送ってくれることを期待しています。


2010年04月22日

看護学科よりメッセージが届きました

看護学科は2期生をお迎えして、とてもにぎやかに春の日々を送っています。

この広い宇宙の中で、看護とは何か。健康な人、不健康な人、今から生を受ける人、育てる人、多くの人々に健康であり続けること、健康に暮らすための援助の方法を専門の職業人として学び始めました。

上級生は1年間、学んだり体験したり教室で実習したことを、病院という医療施設で看護学生として学習する基礎実習が5月に始まるので、自分の健康にも注意しながら学業に励んでおります。

本年度の1年が過ぎたら、この春初めて看護を学び始めた方は、戴帽式を終えてさらに専門職業人としての活動と学びをしているでしょう。
上級生は各領域の看護の場面を深く究め、よい看護ができる人に育っていると思います。

専任教員ともども、よい学舎で精一杯頑張りますので応援よろしくお願いします。

ns20104.jpg


2010年04月12日

学生インタビューvol.3

本日のブログは、看護学科2年生(1期生)、久保山さんからのメッセージです!


★授業についての感想は?

授業では専門的な用語がたくさん飛び交い、理解できないことも多々ありましたが、わかりやすく教えていただきました。テスト期間は本当に大変だったけれど、とても充実した1年でした。

★演習についての感想は?
少ない演習時間の中で、全てを完璧にするのはとても難しいことだと思うけれど、練習を積み重ねて自分なりに「できた!」と思ったときはとても達成感が得られました。

★自分が成長したところは?
この学校に入学してからも勉強嫌いは相変わらず直っていなくて、テスト期間はすごく辛かったけれど、1年生の後期から勉強に対する意識が変わり、勉強が楽しくなりました。

★看護学校を目指している後輩へのメッセージをお願いします。
学習面では本当に大変ですが、理解できたときはとてもおもしろいなあと思えるようになります。同じ看護師を目指す仲間として一緒に頑張りましょう。

kuboyama.jpg


2010年02月25日

看護技術演習vol.13

2月16日に<救急>の技術演習がありました。ここでは、一般における救急蘇生法から看護職に必要な救急蘇生法とその介助などを学習します。
しっかりとした知識を身につけ、緊急時に対応できる看護師を目指します。

k1.jpg k2.jpg k3.jpg

k4.jpg k5.jpg 
これは一般的な救急蘇生法です。
学校や民間でも行っている救急法です。
AEDなどは駅に設置してありますのでどこに置いてあるのかを確認してみましょう。

k6.jpg k7.jpg k8.jpg

k9.jpg k10.jpg
これはACLSで二次救命処置です。
看護師は医師が救命処置を行いやすいように介助する必要がありますので、このような技術も修得します。


2010年02月17日

看護技術演習vol.12

2月12日に<生体>の技術演習がありました。
ここでは、体温・呼吸・脈拍・血圧の測定方法の演習を行います。
また、測るだけでなく、測定した結果が正常なのか異常なのか、その理由など質問され
ます。

ns2121.jpg  ns2126.jpg

ns2124.jpg

これは、血圧測定の練習です。 
学校では水銀柱を用いて基礎的な技術を練習します。

ns2125.jpg   ns2122.jpg

ns2123.jpg

これは、脈拍測定の練習です。
正確かどうかを教員も一緒に測定しチェックしています。


2010年01月22日

看護技術演習vol.11

1月15日に<検査>の技術演習がありました。

ns1151.jpg   ns1152.jpg
   
今日は実際に採血を行う演習です。
お互いに採血する場所の確認を行います。
もちろん、教員も直接関わり、一緒に確認していきます。

ns1153.jpg   ns1154.jpg

ns1155.jpg   ns1159.jpg

ns1157.jpg   ns1158.jpg
   
実際に行うことで、終日緊張感でいっぱいで、演習後はみんなほっとした思いでした。何事もなく終了しましたが、この日までには、ほぼ毎日練習していましたので、その成果だと思います。
また、職員の方にも協力していただき、学生は感謝していました。 (*^_^*)


2010年01月18日

看護技術演習vol.10

1月8日に<検査>の技術演習がありました。

採血の演習風景です。

ns181.jpg

実際に駆血帯で腕を縛って、血管を確認しています。
一生懸命探していますが、、、、
わかったでしょうか??

ns182.jpg  ns183.jpg

ns185.jpg  ns184.jpg   
今回は腕のモデルを使って練習しています。次回は実際に採血を行います。
そのため、みなさん真剣に取り組んでいます。
今回はみなさんちゃんとできていますが、次回、実際に行う時にはかなり緊張すると思います
、、、安全に行っていきましょう!!


2010年01月15日

看護技術演習vol.9

<与薬>の技術演習がありました。
今回は<筋肉内注射><静脈内注射>の演習を行いました。
与薬の演習は今日で2回目になります。慣れた手つきになるのにはまだまだといったところです。が、みなさん一生懸命頑張っています。

ns1131.jpg
これは指示書を見て、5Rの確認作業をしています。
筋肉内注射の練習で、右端の学生は上腕の注射部位のモデルを装着しています。

ns1132.jpg
確認・準備ができて筋肉内注射を実際に行います。
実際といっても危険ですので、モデルを使って注射しますが、みなさん真剣です。

ns1133.jpg  ns1134.jpg 
ns1135.jpg
これは静脈内注射の薬液を吸っているところです。
みなさん慣れない手つきで、薬と注射器を穴のあくほど見て吸っています。
また、吸い終わるのもなかなか時間がかかるようで、、、(@_@;)       難しいみたいです。
慣れるのはまだまだ数年先ですが、今の間に基礎をしっかりと身につけていきましょうね。

ns1136.jpg  ns1137.jpg
ns1138.jpg
これは、静脈内注射です。筋肉内注射と同じで腕のモデルを使って演習しています。
腕のモデルにはちゃんと血管がありますので、できているかできていないかがわかります。
注射する人も真剣ですが、患者役の人も不安?なのか、みなさん真剣な表情で見ていますね。。。(@_@;)


2010年01月12日

看護技術演習vol.8

<与薬>の技術演習がありました。
今回は<点滴内静脈注射><内服薬>の演習を行いました。
薬の種類によっては生命を左右することになりますので、みなさん真剣に取り組んでいることでしょう!!

ns1121.jpg   ns1122.jpg

ns1123.jpg   ns1124.jpg
   
ns1125.jpg   ns1126.jpg
これは、<点滴内静脈注射>です。      これは<点滴内静脈注射>の確認場面です。
今回は留置針を使用しています。         2人で5Rのダブルチェックの練習をしています。
血管をこんにゃくとストローで作成してみました(*^^)v
演習にもいろいろなアイデアが必要となります(*^_^*)

ns1128.jpg
バイアルの薬液を吸っている場面です。これも量などを確認します。

いずれも確認行為は大切です!!!


2010年01月04日

看護技術演習vol.7

<創傷管理>の技術演習がありました。
今回は包帯をまく演習です(●^o^●)
傷があると仮定して、ガーゼの当て方、渡し方、固定の方法などを学習します。

ns12111.jpg  ns12112.jpg

ns12113.jpg  ns12114.jpg

ns12115.jpg
  
現在はほとんどが弾力包帯となっていますが、
原理・原則は正しく学び、応用に繋げていきます。


2009年12月03日

戴帽式の感想

11月20日に行った<戴帽式>について、学生が感じたこと、思ったことなどを紹介します。
全員、載せることはできませんので、代表者のみ掲載しますので読んでくださいね。


入学してからはや7ヶ月が過ぎました。看護とは何かということから始まり、次第に、ひとつ間違えてしまえば、患者さんの身体に侵襲を与えてしまうような技術なども教わるようになり、私にとって、この7カ月間は緊張感と希望に満ち溢れ、学ぶことがたくさんあった非常に密度の濃い時間でした。

厳かな雰囲気の中行われた戴帽式には、大勢の病院関係者の方、保護者や友人、先生方が祝福に来てくださいました。
私たちは多くの人の期待を背負っているのだと感じるとともに、戴いた帽子の重さに専門職業人としての心構えや、責任感を自覚し、決意を新たにすることができました。この戴帽式は私たちにとって一生忘れることのできない、感動的な1日となりました。
この日を迎えることができたのも、家族や友人、先生方など、多くの方々の支えがあったからこそであり、改めて私たちは社会の人々に支えられて一歩一歩成長してゆくのだと感じました。
また、ナイチンゲール像の前で灯を受け取ったとき、クリミア戦争でランプを手に夜遅くまで献身的に傷病兵をみとり、限りない愛の灯を掲げたナイチンゲールの敬虔な姿が目に浮かんでくるようでした。
私もナイチンゲールのようにどのような人にも分け隔てなく、平等な看護を行い、病む人の心の灯となれるような心優しい看護師になりたいと、強く心に誓いました。

これからますます勉強も技術も難しくなり、乗り越えていかなければならないことが沢山あると思います。しかし、どのような時も笑顔を絶やさず前向きに、周囲の人々に常に感謝の気持ちを持ち、同じ志を持つ友と助け合いながら、一歩一歩着実に努力を積み重ねてゆきたいです。
そして、約2年後には看護師となり、活躍できるような知識や技術はもちろんのこと、看護師としての姿勢をしっかりと身につけ、初心を忘れることなく、精一杯頑張っていきたいです。

                                   とても恥ずかしがり屋の学生より

ns123.jpg


2009年11月30日

看護技術演習vol.6

<感染>の技術演習がありました。
手洗いの方法やガウンテクニック・鑷子や鉗子の使い方を行いました。

これらは、看護業務の診療の補助業務になります。
清潔と不潔をしっかり覚える必要があるので、教員一同、厳しい視線の中行われ、
緊張感をもつことができたのでは?と思います!!

来年度の実習に向けて、どんどん厳しくなってきますね。頑張っていきましょう(@_@;)

                                           <教員一同>

ns11301.jpg  ns11302.jpg 

ns11303.jpg  ns11304.jpg



2009年11月27日

初めての戴帽式

11月20日に看護学科にとって初めてとなる戴帽式がありました。

この儀式をきっかけにして、看護師になる姿勢をいま以上に養ってほしいと思います。

これからは、一層、学習も難しくなり、看護学生としての態度も求められてきます。

今後、楽しみに見守っていきますね!!

                                         <教員一同>

ns11272.jpg  ns1127.jpg

ns11273.jpg  ns11274.jpg  
 



2009年10月26日

看護技術演習vol.5

10月26日に基礎看護学技術の「演習」がありました。
この日は「手浴」「足浴」です。

清潔の援助技術の中のひとつで、ベッドからあまり動けない患者さんにとってはとっても気持がよいものです。
ですから、私たちは患者さんが、どうすれば気持ちよくなるか、また負担をかけないようにするにはどうすればよいかなどを考えて演習しています。

ns10261.jpg  ns10262.jpg

ns10263.jpg  ns10264.jpg

ns10265.jpg  ns10266.jpg  



2009年10月09日

看護技術演習vol.4

10月から後期が始まり、授業もだんだんと難しくなってきます。

看護の技術も<身体に侵襲を伴う技術>がこれからどんどんと入ってきます。
侵襲とは、わかりやすく言えば、難しい技術のことです。間違った知識や方法で、その技術を患者さんに行ってしまうと生命が危なくなるといった技術です。

非常に責任がある技術なので、みなさん真剣に取り組んでいます。
この演習の時間だけではなく、みんな授業の合間に練習も行っています。
(そういえば夏休みの間も学校に来て練習していましたね(●^o^●))

ns1091.jpg  ns1092.jpg

ns1093.jpg  ns1094.jpg

ns1095.jpg  ns1096.jpg
  


2009年09月28日

看護技術演習vol.3

9月15日に看護の技術の演習がありました。
今回は<排泄の援助>の中でも、とても難しい「浣腸」や、管を入れて尿を出す技術でした。
難易度の高い技術なので、今までとは違った緊張があったようです。
白衣を着て、気をひきしめてがんばりましょう!!

ns9281.jpg   ns9282.jpg

ns9283.jpg   ns9284.jpg

ns9285.jpg   ns9286.jpg   

 


2009年09月25日

看護技術演習vol.2

9月11日に看護の技術の演習がありました。
この時間は<洗髪>でした。
学生同士で練習をしましたが、簡単そうで難しい技術です。
学生も、口ぐちに「これほど難しいとは思わなかった!」と話していました。
もっともっと、練習が必要みたいです!

ns9251.jpg  ns9252.jpg

ns9253.jpg  ns9254.jpg

ns9255.jpg  ns9256.jpg  



2009年07月29日

『まるごと看護』がありました!

7月19日に、『夏限定★1DAYオープンキャンパス』の「まるごと看護」の体験がありました!
たくさんの参加ありがとうございました m(̠̠)m

maru1.jpg maru2.jpg

学校説明の場面です。
また、看護師を目指す人達に対して看護学科の教員からも説明がありました。

maru5.jpg maru4.jpg

こちらは摂食・嚥下の体験コーナーです。
嚥下困難の人に対して、普段みなさんが食べられている食事にとろみをつけて、雰囲気を感じていただきました。美味しいと感じた人は少なかったみたいです。

maru6.jpg

こちらは体位変換のコーナーです。
いかに自分の力を最小限にして、安楽な体位へと変えていくかがポイントです。

maru7.jpg maru8.jpg

こちらは赤ちゃんの沐浴体験コーナーです。
初めての人もいれば経験された方も、みなさん一生懸命楽しくされていました。

maru9.jpg maru10.jpg

こちらはバイタルサインの測定のコーナーです・
血圧測定が難しかったみたいで苦労されていました。


「まるごと看護」、楽しんでいただけたでしょうか?
看護師は大変な仕事と言われますが、やりがいのある仕事です。
みなさん、がんばってくださいね。


2009年07月01日

基礎看護技術Ⅰの演習風景!

6月19日基礎看護技術Ⅰの演習風景です。

この日初めて白衣を着て実習を行いました。気持ちを引き締めて頑張っていきましょう!

ns711.jpg
食事介助の演習です。私達が最も関わる援助で、
危険を伴いますので、しっかり学習をしましょう(*^_^*)


ns712.jpg ns713.jpg

ns714.jpg ns716.jpg
いろいろな患者設定を行い、まず、基本的な食事介助の練習をしています(*^_^*)


ns715.jpg
演習の終わりには、みんなでまとめをして、
次の授業や演習につなげていきます(@_@;)



2009年06月17日

美化運動!

関西学研医療福祉学院では毎月、学校周囲の美化運動を行っています。

今月は看護学科が担当で、みんなはりきって掃除をしていました。

さすが、看護師の卵です!やりだしたら止まらないみたいで、
みんな大汗をかいていました(*^_^*)

ns6171.jpg ns6172.jpg 



2009年05月28日

レクリエーション報告!

5月に親睦をかねたレクリエーションがありました。
それぞれ各グループに分かれて奈良公園を探索しました。(*^_^*)

ns5281.jpg  ns5282.jpg
教員グループです。いざ、出発!   奈良県庁の屋上です。奈良市を360度
                        見渡すことができ、とってもきれいな
                        景色でした。(*^^)v


学生たちはそれぞれ与えられた課題があり、みんなで協力して頑張りました。

ns5283.jpg       ns5284.jpg
この階段は何段でしょう?             若草山から下まで
実際に登らないとわからないですね。      何歩で降りれるでしょう?
答えは86段!頑張って登りました (*^^)v   1822歩でした (@_@;)


私達のグループは、雨上がりの寒い日に若草山を登ることでした。地面もぬかるんで山登りには適さない日でしたが、みんなで若草山に向かいました。若草山は思っていた以上に急な坂道で、みんな疲れきって、全身も痛く、息はあがり、若草山を選んだことを後悔しました。しかし、山頂に着き景色を見るとそれまでの疲れは吹っ飛びました。
苦労して登った景色は奈良の町全体を見渡すことができ、とても美しいもので山頂からの下りでは、登りよりもグループのみんなと仲良くなりました。若草山を登ることによりみんなで一つのことを達成し、親睦も深まり、喜びも感じました。この気持ちを大切にし、これからの3年間を仲間と共に頑張っていきたいと思いました。
1期生 西木 由香里


ns5285.jpg     ns5286.jpg
この場所で写真を撮ろう!!  この場所で写真を撮りましょう!                     
はーい!ポーズ (*^_^*)      ハーイ (●^o^●)


学校に入学して1ヶ月が過ぎました。毎日机を並べ、共に学びあうことで、同じ目標を目指す仲間としてクラスが団結してきたように感じました。
今回のレクリエーション活動を通して、様々な年代の人と親睦を深めることができたと思います。
奈良公園を散策中にいろいろな話をする中で初めて見るような一面に触れる場面もありました。
看護学科では、普段交流を持つことのない10代や20代といった人達と一緒に活動することができ、とても新鮮で学ぶこともたくさんあります。看護師も様々な人達と協力しながらの仕事なので良い体験になりました。


2009年04月28日

看護学科:近況報告

4月より新入生を迎え、13日より講義も始りました。
1講義90分ですが、みなさん一生懸命頑張っています。
これからも楽しみですね。
5月に入ると看護技術の演習が始まります。
さらに仲間意識も強くなってくるでしょう!
              (看護学科:教務主任 平山亜矢子)

看護学科スタート!
私達、1期生、個性派ぞろいのとっても明るいクラスです!
同じ目標に向かい、団結して頑張ります!
              (看護学科:1期生 田窪利奈)

ns4281.jpg ns4282.jpg 


2009年03月26日

看護学科がスタートします。

皆さんこんにちは。
もうすぐ4月を迎えますが、入学生の方は希望に胸を膨らませていることと思います。

私達、教員も新入生の皆さんを迎えるにあたり、慌ただしく準備を行いながら皆さんのことを考えています。教室も今は誰もいなく寂しい感じがしておりますが、4月になれば活気づいた教室になることと思います。

この教室で皆さんは学生としての3年間を過ごし、看護師の資格取得という目標に向かって勉学に励むこととなりますが、私達教員も一緒に頑張りたいと思っております。
4月にお会いできる日を心待ちにしております!

また、これから看護師を目指そうと思っておられる方々も、オープンキャンパスなど来られた時にお会いしましょう。

hirayamat.jpg
看護学科・教務主任 
平山亜矢子


2009年02月04日

実習室のご紹介

今日は、今年4月に開設する看護学科【昼間部・3年制】の実習室の一部を大公開!!

看護学科の実習室は、関西学研医療福祉学院の本館の5階奥にある開放感のある広い部屋。
この教室は、看護師になるために必要な実践的な看護技術を学ぶ重要な場となり、現場を想定した授業が行えるよう、ナースステーション機能なども備えています。

本校では、新カリキュラムにあわせてできる限り最新の施設・設備を用意しており、現在の医療の高度化・専門化に対応できるよう実習の体制をととのえています。
また、教員のマンツーマン指導を実践できるよう、学生の実習の様子を教員がきめ細かくチェックできる機能もしっかり備えており、技術面だけでなく、看護師として現場に出ることを見据えた精神面での指導もしっかり行います。

4月から入学される皆さん、ぜひこの新しい実習室で、看護師への第一歩を踏み出してください!
来年以降の入学をお考えの皆さんも、またオープンキャンパスでお会いしましょう。

ns241.jpg ns242.jpg


2009年01月07日

看護学科の願書受付開始!

今年の4月に開設予定の看護学科について、厚生労働省より開設の承認がおりました!!
予定通り1月5日(月)から願書の受付が始まっており、既に多数の出願を頂いています。

AO入試、社会人入試、推薦入試、一般入試等々、様々な入試方法がありますので、各募集要項をお読みいただいた上でご不明な点がありましたら、お気軽に学校までお電話下さい。
また、週に1回のペースでオープンキャンパス・夜間説明会も開催していますので、こちらにもぜひご参加下さい。

看護学科の1月の入試日程は、

1月17日(土) AO入試・社会人特別入試・指定校推薦入試
1月24日(土) 社会人入試・推薦入試

となっています!


★1月6日に看護学科の入試説明会を行いました。
kango161.jpg kango162.jpg
多くの皆様にご来校いただきました。ありがとうございました!


2008年08月26日

看護学科・体験入学開催中!

来年4月に開設を予定している看護学科(認可申請中)の体験入学がスタートしています。

小児科ナース体験や高齢者体験、バイタルサイン測定など、盛りだくさんのメニューで皆様をお待ちしています。体験入学は9月に入ってからも行います。看護師をめざしておられる方はぜひご参加下さい。

kango82.jpg kango83.jpg
人形をつかって赤ちゃんのオムツ交換などを体験!想像よりも難しい・・・

kango85.jpg kango84.jpg
高齢者体験やバイタルサイン(血圧・脈拍)測定体験。


ちなみにこれ↓が看護学科で使用予定の実習用ナース服・・・
可愛いですよ♪

kango81.jpg

★メニューの詳細・その他の日程の体験内容は→こちら
★お申込は→こちら


ホームページへ

言語聴覚学科BLOG

About 006看護学科

ブログ「青丹学園ブログ」のカテゴリ「006看護学科」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは言語聴覚学科です。

次のカテゴリは学生インタビューです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35