メイン

理学療法学科

2017年04月10日

ようこそ理学療法学科へ!

先週の金曜日は入学式でした!!
理学療法学科にも40名の新入生が入学してくれました。

PT2017041001.JPG

PT2017041002.JPG

「正義 友愛 奉仕」を合言葉に、みんなで助け合い支え合って、
必ず40人全員で3年間を乗り越えましょう!!

▼おまけ。新入生歓迎会のときの全学年の集合写真です^^

PT2017041003.JPG


2017年04月04日

在校生インタビュー★

理学療法学科新2年生・華さん(奈良・高円高校出身)のインタビューです!


◆本校への入学の決め手になったことを教えてください!
オープンキャンパスに訪れた際、先生方や先輩方の丁寧な対応、勉強をする環境を見て決めました。また、5学科が1つの学校に集まり身近にチーム医療というものを感じられると思いました。

◆学校生活は楽しいですか?
同級生には同年代だけでなく、一度社会に出てから入学されている方も多く、さまざまな話が聞けたりと充実しています。1年生のときには初めての観察実習を経験しましたが、患者さまと実際に会話しているときなど、理学療法士になるぞという気持ちが高まりました。


◆クラスはどんな雰囲気ですか。
仲がよく、プライベートでも一緒に過ごしたりと、一生付き合っていけて、困ったときには助け合える関係になれるのではないかなと思います。難しい勉強も励まし合いながらしています。

PT2017040401.JPG


◆学科の先生はどんな存在ですか。
先生方はとても熱心に授業してくださいます。また授業以外でもわからないところがあれば、参考になる本などを教えてくださり、まずは考える時間をくださいます。それでも理解できないところがあれば理解するまで付き合ってくださるので安心して勉強できます。

◆授業はおもしろいですか。
座学以外にも実技の授業があり、クラスメートとここはこの筋じゃないかなと確認したり、こういう触り方をすると分かりやすいよなど、実践する機会も多いので、興味がわきます。
初めて聞く専門的な言葉が多いのですが、意味を理解すると、日常会話でも自然と出てきたりと、いろいろな発見もありますので、一度オープンキャンパスで授業の体験などをしていただけたらと思います。

PT2017040402.JPG


◆卒業後の夢と、後輩のみなさんにメッセージをお願いします。
卒業後は病院で働き、1人でも多くの方の身体・精神面での健康をお手伝いできたらいいなと考えています。

理学療法士は、やりがいを感じられる素敵な仕事だと思います。人と接するのが好きな方、苦手でも興味のある方はぜひお話を聞きに来てみてください。新しい発見があるかもしれません。
理学療法士以外でも迷っているなど、一度聞いて体験して自分の中での理解を深め、進路を大切に大切に考えてください。



2017年02月17日

社会人入学生にインタビュー②

こんにちは^^
今日は、理学療法学科2年生・上田崇清さん(洛星高校出身)のインタビューをお届けします^^
上田さんは、前回のKさんと同じく社会人入学生です。

インタビューを通して、充実したキャンパスライフを送っているのが伝わってきましたよ★


◆本校の理学療法学科を選んだ理由を教えてください。

国家試験の合格率や就職率の高さに魅力を感じてオープンキャンパスに参加。
そのとき、学科の先生や先輩方から親身になって話を聞いていただいて、ここにしようと決めました。


◆学校生活で楽しいひととき、またやりがいを感じるときはいつですか。

授業中でも、先生が臨床的なエピソードをいろいろ話してくださるので、勉強へのモチベーションが上がります。
また、1年生の初めは基礎(座学)が多かったのですが、徐々に実習が増えていきます。
臨床的な授業が多くなると、自分の選んだ職業(理学療法士)に対して、ますますやる気が出てくるのを感じますね。


◆理学療法学科の雰囲気を教えてください。

私は社会人経験者でしたが、高校新卒のクラスメイトともすぐ友達になれ、明るい雰囲気で気に入っています。しかし、みんな10代なので、一緒にお酒を飲めるのはまだ先です(笑)
また、先生方とは気軽に声をかけあえる関係。勉強で学校に残っているときも、先生の方から声をかけてくださったりするので、疑問に思ったこともすぐ解決できます。


◆卒業後の夢を教えてください。

私が目指す理学療法士は、確信をもって患者さんを治療できる理学療法士です。
治療には、痛みなどの苦痛を伴うものもあります。患者さんになぜその訓練をしなければいけないかを十分説明し、納得して臨んでいただけるように、しっかり知識と技術を身につけたいです。


◆これから進学をめざす人たちへのメッセージをお願いします。

決して、平坦な道のりではありませんが、それに見合うやりがいのある職だと思います。
もし少しでも興味を持たれたら、一度見学にいらしてください。これほど人の人生に関われるすばらしい職はなかなかないと思いますよ!


2017年02月01日

国家試験まであと僅かです!

こんにちは。理学療法学科の浅川学科長から最終学年の学生さんたちへのコメントをいただきましたので掲載します!!


*********************************************************************


早いもので、国家試験まで1ヶ月を切りました。

昨年の11月中旬から国家試験まで平日は22時まで自習スペースを開放しています。

学生たちは、自分たちの第一の夢=「理学療法士国家資格」を掴もうと、より一層、勉強に励んでいます。

3年生の姿をみていると、1年生の頃からは想像ができないくらい、目の色を変えています。

今までの学内の勉強、実習等の集大成!!!

教員一同も普段より増して、目の色変え学生の背中を押し、応援をしているまっただ中!!

学生諸君がんばれ!!!!!!!

理学の学生だけでなく、介護、作業、言語聴覚、看護の学生もがんばって「国家資格取得」をしてください!!!

皆さんを待っている対象者さんがいます!


*********************************************************************


2017年01月23日

入学前授業がありました^^

2017012301.JPG

きのうは理学療法学科の入学前授業でした^^
「骨学」の勉強をしました。

もともと身体のしくみに興味のある方がほとんどなので、
おもしろかった!!と感想を書いてくれた方が多かったです♪
グループワークもあったので楽しんで勉強できたようですね★

2017012302.JPG
↑担当の萬喜先生。


***参加者の感想***
・骨には、こんなにもいっぱい名前があるなんて知らなかった!!
・分かりやすかったです。入学までに、自分でも勉強してみようと思いました。
・骨の名前は難しかったけど、少しだけ覚えることができました。勉強が少し楽しみになりました。

来月の入学前授業は、筋肉について勉強します。
次回も入学後の授業に直結する内容なので、入学予定者のみなさんは奮ってご参加ください^^
★午後開催ですのでご注意ください。


2017年01月16日

在校生インタビュー♪

こんにちは^^
今日は、理学療法学科1年生・J.K.さんのインタビューをお届けします^^
J.K.さんは、平城高校出身で、社会人経験を経て、本校に入学されたいわゆる社会人入学生です。
理学療法士への熱い思い、学校生活のことなどを教えていただきました!


◆本校の理学療法学科を選んだ理由を教えてください。

少人数制での指導に力を入れていることと、情熱的な先生方に教われること、
また、将来は障がい者スポーツの分野で活躍したいと考えていたので、
障がい者スポーツの授業があることも魅力を感じました。



◆学校生活で楽しいひととき、またやりがいを感じるときはいつですか。

学んだ知識が、実技や外部の経験を通してどのように使われるか理解できたときにやりがいを感じます。講義では臨床の話や、映像・写真などを見せていただくことがありますが、とても興味深くてわくわくします。クラスの仲間と誘い合って勉強するのも楽しいです。


◆クラスの雰囲気を教えてください。

同じ目標に向かってお互いに支え合いながら努力していて、とてもいい雰囲気だと感じます。
勉強だけでなく、息抜きにクラスの仲間と出かけることも多く、苦しいことも楽しいことも共有できる良い関係です。


◆先生とのエピソードを教えてください。

先生にはよく相談に乗っていただきます。しんどくてつらい時も、先生に話を聞いていただくととても前向きになれます。
また、先生方も私たちと同じように学生時代(理学療法士になるための)を経験されているので、勉強の悩みなどへのアドバイスが的確で、とても助かっています。


◆授業でのエピソードを教えてください。

実際に障がいを持つ方が学校に来てくださり、お話を伺う機会がありました。
車いすの実習で、どのようなところが不便に感じるかやエスカレーターを上る怖さなどは体験していましたが、直接対象者さまのお話を聞くことで、もっと勉強しなければと身が引き締まる思いでした。


◆卒業後の夢を教えてください。

具体的には決められていませんが、何らかの形で、障がい者スポーツに関わっていきたいという目標があります。
対象者さまの心からの笑顔が見られるような理学療法士になれるように努力していこうと思います。


◆これから進学をめざす人たちへのメッセージをお願いします。

何をしたいのかという目標(目的)を見失わないこと!目指すところがわかっていれば、きっと努力し続けられると思います。みなさんが行きたいところまで行けるように…応援しています!


2016年11月26日

ほぼ日刊KG通信vol.3

nikkan2016.jpg

こんにちは、入試広報室です!ほぼ日刊KG通信、今日は安達沙紀さん(理学療法学科2年生)のインタビューです。

2016_11_13_2859.jpg

安達沙紀さん
出身:奈良(高田高等学校)
趣味:ショッピング・物づくり

◆安達さんが、3年制である本校を選んだ理由を教えてください。

わたしは、早く卒業して社会の役に立ちたいという思いがあったので4年制ではなく3年制の学校を選びました。
4年制よりも早く知識と技術を修得しようと思いました。
本校を選んだのは、オープンキャンパスに参加してみて、とても魅力的だと思ったからです。


◆実際に入学してみていかがですか。

クラスは1学科1クラスなのでみんな仲が良く、元気で明るいです。
社会人出身の方がメリハリをつけてくださっています。

学科の先生たちは、私たち一人ひとりをしっかりサポートしてくださっています。
今は、本校の卒業生でもある歌川先生の「物理療法学」という授業がが特に好きです。
先生の授業はとても分かりやすくて、明るい雰囲気で楽しく教えてくださるので大好きです。


◆読者の方にメッセージをお願いします。
わたしは本校に入学して、友だちと残ってみんなで勉強するようになったり、日ごろから臨床に出たときのために実技の練習をしっかりしようと心がけるようになりました。
パワフルな楽しい学校で、おすすめですよ!

2016_11_13_2463.jpg

安達さん、ありがとうございました!

○「ほぼ日刊KG通信」とは
KG=K(関西)G(学研)の略。
関西学研医療福祉学院の入試広報室が、学生さんのインタビューを中心にいろいろなお知らせをほぼ毎日更新しています。新しいパンフレットの完成までの約1カ月の限定企画です。
次回更新もお楽しみに★★


2016年11月24日

入学前授業がありました

こんにちは。入試広報室です!

先週は、理学療法学科の3回目の入学前授業でした^^
本校の専任講師で、卒業生でもある熊澤先生から神経学について教わりました。

16112401.JPG

教室に入ってみると…ん??後ろを向いている人がいる…?!
と思ったら、感覚の種類について学ぶため、
背中にお題の数字を書いて、後ろの人に伝えていくという伝言ゲームをしている最中でした^▽^

16112402.JPG


16112403.JPG

毎回恒例の集合写真。だんだん顔なじみの方が増えてきましたね★
次回は年明けです。たくさんのご参加お待ちしております!!


2016年10月25日

入学前授業がありました

入試広報の国則です!週末は理学療法学科の入学前授業でした!!
歌川先生から循環器系(心臓)について教わりました。

16102301.JPG

「循環器」という言葉だけ聞くと難しそうな気がしますが、
自分で図を描いたり、ドラマの話が出てきたり、みんなで話し合ったり。
入学予定者のみなさんも生き生きした表情で参加していました。
感想を見ても、わかりやすかった、楽しかった、もっといっぱい勉強したい!
という方がたくさんいました!すばらしい~★

16102302.JPG

次回は、11月末の開催です。たくさんのご参加、お待ちしています!


2016年10月01日

わかるまでとことん!補習レポート!

7uecvv
入試広報の国則です!先日、1年生の希望者を対象に生理学の補習がありました。

16092101.JPG


16092103.JPG

夏休み中にも関わらず、10名ほどの学生さんが集まっていました!
私が撮影に入ったときは、心電図の使い方のおさらいをしていましたよ。

16092100.JPG

心電図の機械。ちょっとレトロですが、まだまだ現役です`・ω・)


本校では、通常の授業に加え、理解度に応じて随時こうした補習を行い、苦手分野を克服しようとがんばる学生さんたちを応援しています!
夢のために一生懸命な学生さん、わかるまでとことん付き合ってくれる理学療法学科の先生たち、どちらもすばらしいですね★
がんばってください!!


2016年09月26日

入学前授業が始まりました!

2016092600.JPG

今年も理学療法学科の入学前授業が始まりました^^
入学予定者が今回は10名ほど来校。
初回のきのうは、理学療法士の職域について学びました!

2016092601.JPG

みんな真剣な表情。

担当の浅川先生は「今日の内容はちょっと難しめやからね~」とおっしゃってましたが、
初めて聞く専門用語も出てきて、これからがんばらなきゃと思った!とか、
おもしろかった!もっと長くてもよかった。(←すばらしい!)という、
前向きな感想がたくさん出ていました★

2016092602.JPG

最後の交流会は、歌川先生や1年生の先輩も急遽入ってくださり、いろいろお話しました★

2016092603.JPG


次は10月末の予定です(入学予定の方には詳細をご案内しています)。
ご参加お待ちしております!


2016年09月14日

車椅子バスケット

こんにちは★

先日、理学療法学科の1年生が
「障がい者スポーツ論」の授業で車椅子バスケットについて学びました。

この授業は、障がい者スポーツについて
座学と実技を通じて理解を深める選択科目のひとつです!

理学療法学科の学生さんは体を動かすことが好きな人が多く、
写真からも、楽しそうな空気が伝わってきますね♪♪

16091301.JPG

16091302.JPG

16091303.JPG


2016年08月24日

特別講義がありました

こんにちは★
今日、理学療法学科の3年生が「川平法」(促通反復療法)の特別講義を受講しました^^

16082401.JPG

「川平法」は脳卒中などの方の治療法として近年注目を集めています。

16082402.JPG

教えてくださった石川先生。1組ずつ丁寧にご指導いただきました。

16082403.JPG

16082405.JPG

学生たちも興味津々です。ペアで確認し合います。

16082407.JPG

骨の動きを模型で確かめながら。


21世紀は「脳の世紀」といわれるほど、脳(を含む神経)の研究が進歩しているそう。
今まで回復が難しいとされてきた麻痺や障害に対する有効なリハビリの方法も、
少しずつかもしれませんが、開発されていっているんですね。
改めて、理学療法士って夢のあるお仕事だなぁ!と思った次第でした。


2016年08月08日

1年生の授業に密着!

こんにちは。
先日、1年生の「生理学」の授業にお邪魔しました^^


16080804.JPG

会場はこちらの「治療室」。座学と実習、どちらにも使える実習室です。

先生の説明が終わると、グループごとに分かれて実習スタート!
この日は血圧の測定をしていました。


①寝た状態のとき
16080801.JPG

②座ったり立ったりするとき
16080802.JPG

③階段の上り下りなどの運動をするとき
16080803.JPG

など、体勢を変えながら血圧の変化を見ました。

血圧は、患者さまの体調がいつもと変化ないかや、
負担がかかりすぎていないかなどをチェックするとても大切な情報です。
患者さまのその日、そのときの体調に合わせて的確な治療ができるように、
しっかり勉強をがんばりましょう★★


2016年08月01日

就職説明会

きのうの学校はいつもと違う雰囲気。
たくさんの病院・施設の人事担当者さまにご来校いただき、理学療法学科3年生向けの就職説明会が行われました。
この時間、奈良は猛暑注意報が出ていたとか。どうりで暑いと思った!
そんな暑いなか(しかも日曜日に)、学生たちのため、ご足労いただいたご担当者のみなさま、本当にありがとうございます!

会場のようすです。
1Fはもちろん…
IMG_0047.JPG

2Fもこんなにたくさんの方が!
IMG_0045.JPG


少人数でじっくりお話を伺える貴重な機会。毎年恒例のこの説明会をきっかけに、就職までのご縁をいただいた先輩たちも多いです!きっと今年も…^^

IMG_0041.JPG

IMG_0064.JPG

みんな期待と緊張が入り交ざった面持ちで、真剣に説明に聞き入っていました。


2016年07月25日

理学療法DAY!

こんにちは。週末は理学療法DAYでした。(理学療法学科だけのスペシャル体験DAY)

今回は「膝」にフォーカス!

20160725IMG_0134.JPG

膝の骨を触る&膝の治療の体験をしました。治療の方は、現場でも初めのうちはなかなかコツをつかめない人も多い…という本格的な内容。それでもみなさん、「先生、これで合ってますか?!」と聞きながら一生懸命取り組んでいました。すばらしい★

20160725IMG_0139.JPG


他にも、AO入試課題のグループトークの模擬練習など、盛りだくさんの内容になった1日でした。

20160725IMG_0132.JPG


次回は8月19日(金)に、作業療法学科と合同のスペシャル体験DAYを行うほか、毎週通常のオープンキャンパスも開催しています!理学療法士に興味がある方のご来校、お待ちしています!!


2016年07月24日

卒業生インタビュー

今日は本校卒業生の若林さん(京都すばる高校出身・2016年3月理学療法学科卒業)のインタビューを掲載します★


160724IMG_8992.JPG
若林さん


○スポーツに携わりたいという夢への第一歩

わたしは小学生のときからスポーツを続けていたので、スポーツに携わる仕事に就くのが夢でした。
今の就職先は、スポーツリハビリに力を入れている病院。ここで腕を磨いて、将来はオリンピックなどの世界的な大会で選手のケアができる理学療法士になりたいと思っています。

1607242040.jpg
テーピングの練習中(学生時代)

○学生生活を通して、自然にあいさつができるように

本校の理学療法学科では、学内で先生や先輩方とすれ違うときは笑顔で、大きな声であいさつをする習慣があります。
そのおかげで、病院実習や就職活動のときも自然にあいさつができ、現場の先生方にも「関西学研の学生は、元気よくあいさつをするから気持ちいいね」と褒めていただきました。
また、クラスには社会人出身の方も多かったので、良い意味でいろいろ影響を受けて、人間的にも成長できたと思っています。


○クラスメイトと助け合って乗り越えた3年間

本学科は、1学年1クラス。人数が少ない分仲が良く、クラス全員で助け合いながら、時にはよきライバルとして、お互いの意識を高め合いながらがんばりました。
休みの日にはみんなでお花見や忘年会などをしたのも良い思い出です。
授業では、先生方が毎回臨床の話や、ご自身の学生時代の話などを交えながら教えて下さるのが楽しみでした。先生方はふだんから話しやすくて、勉強の相談から、プライベートの他愛もない話までいろいろ聞いていただきました。


○大変だけど、絶対に乗り越えられます!
理学療法士は、病気やけがをされた患者さまの社会復帰のお手伝いをするお仕事。
患者さまが良くなられて、退院されるときには笑顔で「ありがとう」と言っていただけるすてきな職業だと思います。
勉強は決して楽ではありませんが、いっしょに頑張れる仲間がいるので、絶対乗り越えられます!
これから理学療法士をめざすみなさんは、勉強も遊びも、メリハリをつけて、有意義な学生生活を送ってください!



2016年07月15日

理学療法の日

突然ですが…7月17日は理学療法の日です!

また、7月17日をはさんだ1週間は「理学療法週間」と位置づけられ、全国各地で理学療法に関するイベントが行われます。

本校の理学療法学科でも、明日・7月16日(土)14時~、作業療法学科と合同のスペシャル体験DAYを開催します。
現代日本の医療・福祉、そして人々の健康を支えるリハビリの専門職について、いっしょに理解を深めませんか★

直前までご予約お待ちしております♪

IMG_0003.JPG

(理学療法学科・学科長の浅川先生と1年生担任の萬喜先生の2ショットです♪)

理学療法の日についてもっと詳しく知りたい方は、ぜひとも日本理学療法士協会の特設サイトをご覧ください。理学療法士の歴史や、全国各地のイベント情報など、興味深い情報がたくさん載っています!!
http://www.japanpt.or.jp/rigakuryohonohi/


2016年06月26日

春咲きコンサートでのボランティア活動

久しぶりの更新になってしまいました!
理学療法学科2年生 Yくんからいただいた、ボランティア活動のレポートを掲載します。

*

奈良市のなら100年会館で、第20回目となる『春咲きコンサート』にボランティアとして参加させてもらいました。

春咲きコンサートには、障害を持たれている方や、小さな子供やお年寄り、いろいろな人々が来られていて、音楽を楽しまれていました。ホールの前の広場では、たくさんの出店があり、とてもいい匂いが漂っていました。私は入場入口でパンフレットをお渡しする係りをしていたのですが、ほんとに沢山の人が来られました。みなさん楽しみにされていて、中には第1回目からコンサートを見に来ているという方もおられました。

休憩のときに、ホールの方に行くと、歌を歌われていたり楽器を演奏されていたりして、とても楽しそうでした。舞台で演奏などをされていた方々は、ほとんどが何らかの障害を持たれていたと思います。また、外の広場に出店を出されていた方も、主に知的障害を持たれていたように感じました。ですが、その障害に負けずに様々な活動をされている姿を間近で見て、私自身もすごく力を頂く事が出来ました。

また、車椅子の方がエスカレーターに乗れるように特別な器具が取り付けられていたり、視覚障害を持たれている方のために、点字のパンフレットを準備されていたりなど、様々な事を考えて準備しているのだと感じました。

第20回も大成功をおさめられ、早くも次回の開催を楽しみにされている方がたくさんいました。このような貴重な経験ができる機会をいただき、いろいろな人と触れ合うことができる日にもなりました。参加させてもらう事が出来て良かったです。


*

ボランティア活動を通じて、参加者の方や主催者のみなさまからさまざまな気づきをいただき、また少し成長できる機会となったようですね(o´ω`o)


2016年04月06日

リハビリテーション教育評価機構から認定!

本校のリハビリテーションの3学科(作業療法学科・理学療法学科・言語聴覚学科)が、一般社団法人リハビリテーション教育評価機構よりから認定をいただきました。書類調査や実地調査などが行われた結果、本校は全ての評価基準を満たしているとして『認定証』をいただきました。

20160406103951.jpg
作業療法学科は、「認定作業療法士や長期講習受講済みの教員が多く、教員の質の向上に努めている」点について特に高く評価されました。

20160406103937.jpg
理学療法学科は、「臨床実習施設を近畿圏内に確保するなど学生のニーズに細やかに対応している」点について特に高く評価されました。

20160406104004.jpg

言語聴覚学科は、「聴覚特別支援学校等、教育機関とも連携して養成教育を行っている」点について特に高く評価されました。

今後も、「豊かな人間性の育成と専門分野における社会的貢献」という建学の精神のもと、知識と技術と人間性を兼ね備えたスペシャリスト育成にまい進してまいります。



☆リハビリテーション教育評価機構の認定評価とは?
リハビリテーション教育施設の教育の質を保証するため、リハビリテーション教育プログラムの公正かつ適正な評価を行い、その教育施設の優れている点や課題を明らかにします。 審査の結果、一定の水準を満たしていると認められた教育施設に対して認定証を発行します。(リハビリテーション教育評価機構 ホームページより)


2016年03月02日

入学前授業(最終回)

こんにちは★入試広報の国則です。

0302IMG_0233.JPG

先週末に入学前授業がありました!
今回は最終回ということで、卒業生の先輩が2名駆けつけてくれ、
学生生活のことや現場のことを話してくれました(* ・∀・)

0302IMG_0249.JPG
Oさん

0302IMG_0251.JPG
Sさん

ちなみに…Sさんは新しいパンフレットにも
メッセージを寄せてくれてますので、
このブログを読んでいただいてる方には
ぜひ併せてご覧いただきたいです(o´ω`o)


これまで、理学療法士(PT)として働いている先輩に
直接質問できる機会はあまりなかったと思うので、
良い刺激になったのではないでしょうか★

0302IMG_0229.JPG 0302IMG_0235.JPG

0302IMG_0244.JPG 0302IMG_0238.JPG

参加者の感想
●先輩のような立派なPTになりたいです!
●これからの3年間、がんばっていこうと気持ちが高まりました!
●1つ1つの課題やテストを大切にしていこうと思いました!
●僕も、後輩にいろんな話をしてあげられるようにがんばりたいです。


入学前授業(理学療法学科)も終わり、
1か月後はいよいよ入学式です(≧∀≦)
学校の方でも、みなさんを迎える準備が
着々と進んでいますよ★
4月から、夢にむかってがんばっていきましょう!


2016年02月25日

入学前授業第6回

こんにちは★入試広報の国則です。
今日は先週末に行われた、入学前授業のことを書きます。
テーマは「筋学の基礎知識」。「筋」について学びました★

0225IMG_0094.JPG

0225IMG_0095.JPG

年明けから骨・関節・筋の概要について学んできたところで、
いよいよお待ちかねの実習も体験していただきましたよΣd(ゝω・o)

0225IMG_0098.JPG

0225IMG_0101.JPG

↑筋肉の柔軟性を増すストレッチをしました★

覚えることは多いけれど、やっぱり実習は楽しい!という感想が多かったです。
理屈がわかると、余計におもしろいですよね。
みんな生き生きした表情で取り組んでましたよヾ(oゝω・o)ノ


最後に、担当の萬喜先生から入学後の学生生活についてひとこと。

0225IMG_0105.JPG

0225IMG_0107.JPG

みんなで支え合うことができる、良いクラスを作っていきましょう!
いよいよ、次回で入学前授業も最終回となります!
次回は卒業生の先輩が来てくれて、学生生活についてのアドバイスや、現場のことを話をしてくれます★
貴重な機会なので、ぜひ参加してくださいね!


******

今週末は、いよいよ理学療法士の国家試験です。
写真を整理していたら、今の3年生の入学前授業の写真を見つけました!
なんだか懐かしい姿です…(´∀`*)

0225P1090809.JPG

医療分野での学びは初めての連続で、濃くてあっという間の3年間だったろうなと思います。
それでも逃げずにがんばってきたみんなは本当にすごいです。
当日は自分を信じて、がんばってきてください。
実力発揮できるよう、夢が叶うよう、応援しています!!


2016年02月22日

入学前授業第5回

こんにちは!入試広報の国則です。
ちょっと時期が開いてしまいましたが、1/31(日)に行われた入学前授業の報告をしますヽ|・ω・|ゞ

0131IMG_0006.JPG

この日は、関節学について学びました!

0131IMG_0009.JPG

いつものように、前半は座学。
教科書通りのことだけでなく、みなさんの学びの助けになりそうなことはどんどん繋げて教えてくださる萬喜先生、知識の深さにいつも感動しちゃいます。熱いです。

座学の後は、骨標本で学んだことの確認をします。

0131IMG_0011.JPG

0131IMG_0015.JPG

0131IMG_0019.JPG

みんなで協力して、無事に正しく骨を組み立てられました★おつかれさまでした!


さて、ふだんならここでおしまいなのですが、この日は続きがあります。

0131IMG_0022.JPG

本校で行われていた奈良県理学療法士協会(県士会)の研修会をなんと見学させていただけることに!ヾ(o´∀`o)ノ
ちなみに、研修会の講師は小児分野のエキスパートである学科長の古川先生でした!
生まれつき脳性まひなどの重い障がいのある子どもさんは、呼吸器・心臓などの合併症をもちやすく、昔は乳幼児で死亡されてしまうことが多いとされていました。
しかし今では医療の進歩とともに、成人後の脳性まひの方を理学療法士が担当するケースが増えているそうで、小児分野で長く脳性まひなどの子どもさんの支援にあたってきた古川先生の話を参考にしたいと、県内で活躍されている現役理学療法士の方がたくさん参加されていました。
現場に出てからも、目の前の患者さまのため、常に学びが必要なんですね。

入学予定のみなさんも、会場の熱気に良い刺激を受けたようです。
数年後には、みなさんもこの中で先輩方と肩を並べているかもしれませんね。


0131IMG_0020.JPG

0131IMG_0021.JPG


次回は2/14(土)に行われた第6回入学前授業の報告をしたいと思います★


2016年01月17日

入学前授業

こんにちは★入試広報の国則です!
今日は、理学療法学科の入学前授業の日でした。

16011701.JPG

萬喜先生から「骨」の役割や名称について教わりました!

初めて聞く単語がたくさんでしたが、
アンケートを読むと、
「骨は一番教わりたかった範囲だったからよかった」
「覚えるのは大変だけど、春からの勉強が楽しみになってきました」
など、前向きな意見も出ていて、
すばらしいなぁと思いました!
その意気です!!

16011702.jpg


最後に、骨の標本を、組み立ててみました。
頭の骨はわかりやすいけれど、
腕や肢の骨はバラバラになってしまうと
意外とわからなくなってしまうようで、
どっちが上?これって左右反対じゃない??など、
あーでもないこーでもないとグループで
楽しそうに作業していましたよ★

16011703.jpg


みんなでちょっとずつ、進んでいきましょう!


今月はあともう1回、入学前授業があります。

前の範囲も復習しながら進むので、
途中参加でもまったく問題ないですよ!!
社会人の方も、複数参加されてます。
今年も年代関係なくわいわいやっていますので、
ぜひ気兼ねなくお越しください!
勉強方法などについての相談もOKです。

次回もたくさんの方のご参加、お待ちしております★


2015年11月29日

みんながんばっています!2


番外編。

来年入学予定のみなさんも…
入学前授業に参加して、春に備えています。
先生方も、色んな思いをこめて、授業を考えてくださっています。

11290c.JPG

11290b.JPG

11290a.JPG

11290d.JPG


だんだん慣れてきて、連絡先を交換したりもしているようです★
来年も、たくさんの参加をお待ちしています!!


みんながんばっています!

こんにちは。入試広報・国則です。
少し久しぶりの更新になってしまいましたが、今日は最近の理学療法学科の様子をお届けしたいと思います!!

まずは1年生。
11291a.JPG

11291b.JPG

_E8G4304.JPG

評価・運動学など、理学療法士になるための基礎となる勉強をがんばっています。
勉強したことを、ひとつひとつ、自分たちの体で確認して、理解を深めています。
元気いっぱいで、これからの成長が楽しみなクラスです。


2年生は、明日から3度目となる病院実習に旅立ちます!

11292a.JPG

11292b.JPG

実習に備え、朝やお昼休み・お休みの日も、実習室で自主練している姿が見られました。
日頃の練習の成果を発揮できるよう、わたしも影ながら応援しています。
みんな体に気をつけてがんばってください!


そして、3年生は先月無事に最後の病院実習を終え、すっかり大人の顔に。
現在は国家試験合格のための勉強に取り組んでいます!
授業がない日も朝から学校に来て、黙々と自習に励んでいます。
苦手科目は、先生方総出で、さらにOBのみなさんも駆けつけてくれ、個別でつぶしていっています。
目指せ全員合格!!

_M6A3365.JPG

_M6A3397.JPG

11293a.JPG

11293b.JPG


今月は、それぞれ、夢に向かって1歩ずつ進んでいるなぁ。と感じさせられる1カ月でした。


2015年10月13日

在校生インタビュー★

今月は、和歌山県・神島高校出身のSくんをご紹介します!
Sくんは現在理学療法学科の3年生。1人暮らしをしながら通学してくれています。


◆一番好きな教科を教えてください。
疾患ごとの治療について学ぶ「運動療法学」です。
これは2年生のときの科目で、
実際に治療をしてみたりなどの実技もあるので、
とても興味深く、毎週楽しみにしていました。

◆クラスの雰囲気を教えてください。
クラスの雰囲気はとても良く、毎日楽しいです。
将来は同じ業界で働いていく仲間でもあるので、
負けていられないなという気持ちになります。
同級生は僕にとって一生の宝物であり、ライバルでもあります。

◆理学療法士を目指す後輩のみなさんにアドバイスをお願いします。
僕は、もし入学時に戻れるなら、
生理学をもっと大切に勉強すると思います。
生理学は理解するのにはなかなか難しい教科で、

1年生のうちにきちんと勉強しておけば、
実習に行ったときの苦労が少なくなると思います。

◆入学後、変わったなと思うところはありますか。
高校生の時と比べて勉強に対する姿勢が大きく変わりました。
今のように毎日勉強するようになるなんて、
高校生のときには考えられないことでした。
また、1人暮らしを始めてからは、
今まで家事をしてくれた親に
感謝できるようになった自分がいます。
気持ち・知識ともに成長していると感じています。


2015101301.jpg



2015年10月03日

「研究」を体験する

皆様こんにちは!理学療法学科教員の長坂です。

皆様は「研究」という言葉を見て、どんなことをイメージされますか?

「なんかむずかしそう」
「理科の実験みたいな感じ?」
「学者さんがするもの?」

など、少し難しくて、遠い世界のような印象を持っておられる方も多いのではないでしょうか?

P1330215.JPG
(研究の計測シーン)

でも、本当はかなり身近なことで、難しいことではありません^^

先日、理学療法学科2年生を対象に、「研究」を体験する特別講義を行いました。

テーマは、

「運動器具を使ったトレーニングと、使わなかったトレーニングに効果の違いはあるか?」

です。

方法なんですが

運動器具を使ったトレーニングをした人達と、使わなかった人達を分けて、運動前と運動後の体力測定をする。

言えば、たったこれだけです^^

P1330339.JPG
(器具をつかった運動中)

もちろん、そこには色々ルールがあるので、これを勉強するのですが、今回学生さんには、難しいことはさておき、実際に体験をしていただきました。

その中で、

 ●計画の段階でどんなことを考えておかないといけないか?
 ●実際に実施するための段取り
 ●正確な比較をするための配慮
 ●研究に参加される方々への配慮

こんなことを、肌で感じていただきました。

普段の授業とは少し違う雰囲気にあたって、学生さんからも研究に興味を持ったという声が聞かれました^^

2015093001.jpg
(これって面白い!て顔をキメている学生さんです^^)

皆さんに、興味をもってもらえる講義、どんどん増やしたいですね!


2015年09月25日

在校生インタビュー★

今日は、理学療法学科3年生・Sさん(京都・日吉ケ丘高校出身)のインタビューをご紹介します!

◆将来の目標
本校に入学してからは、自分の将来のイメージを深くしっかり持つことができるようになりました。わたしは将来、しっかりと治療してその人に合った治療ゴールへと導いていけるような理学療法士になりたいと思っています。

◆がんばっていること
与えられた課題には手を抜かず取り組むようにしています。高校の時と比べても、勉強の大切さがわかるようになり、時間も大切に使うようになったと感じています。一生懸命、「今」やるべきことを考えて臨んでいます。

◆クラスの雰囲気
理学療法学科のクラスの雰囲気は、男性の方が多くて、年齢層も幅広いですけれども、性別は関係なく、年齢も関係なく、仲が良いです。クラスメートは助けあえる存在です。

2258.jpg


Sさん、ありがとうございました!


2015年09月14日

入学前授業が始まりました!

こんにちは。入試広報の国則です。
いよいよ、来春入学予定者を対象にした入学前授業がスタートしました!!

P1330196.JPG

テーマは「理学療法士の役割・職域」。浅川先生の担当回でした。
「理学療法学概論」という授業で学ぶ内容の入り口の部分です。
理学療法とは?理学療法士とは?リハビリテーションとは?…と、理学療法士について掘り下げて学びました。

P1330191.JPG

高校生の方にとっては初めての90分授業。
先生とわたしは、初回にしては難しい内容だったかな?と話していましたが、「勉強をがんばろうと思った」「より興味が持てた」「初めて知ったことがあっておもしろかった」と、前向きな感想がたくさん出たのが印象に残りました。

P1330198.JPG

やっぱり、やりたいこと・興味のある分野の話だから、集中して聴けますよね。
それから、浅川先生の理学療法士としての心構えを伝えたい!という熱い気持ちが、みなさんにも伝わったんじゃないかなと思います。
これはわたしの恩師から教わった言葉ですが、「”何を学ぶか”=”誰に学ぶか”・”誰と学ぶか”」という言葉を思い出しました。

半年後から、同じ夢を持つ仲間と一緒に、本校自慢の熱い講師陣に学ぶ3年間がスタートします。
患者さまの社会復帰をサポートできる理学療法士めざして、がんばってくださいね!!


P1330199.JPG

学校を出てからも、参加者どうしでいろいろお話したり、近所のイオンモールに寄ったりしていたようですよ(o´∀`o)
初回から多数のご参加ありがとうございました★


◇◆◇参加者の感想をご紹介します◇◆◇
・理学療法士の仕事内容や定義などそういうものがわかりました。理学療法士になりたいという思いがさらに強まり、勉強をがんばろうと思いました。
・理学療法士という職を詳しく知れて良かったです。改めて興味がわきました。
・知らない治療手段がたくさんあることがわかったので、より理学療法に興味を持つことができました。
・名前を聞いたことがあっても詳しくはわからなかった病気について、少しわかることができてよかったです。
・「リハビリテーション」という言葉が「社会復帰」という意味なのを初めて知りました!


「これ、初めて知った!」という気づきがあった方は、ぜひぜひ自分でも調べてみましょう◎
「難しかった!」という方は、まずは「初めて聞いたこと・知ったこと」はどれだったか、チェックしてみると良いかも??気づいたことがあったら、また教えてくださいね◎


次回は10月18日の予定です。たくさんのご参加お待ちしています★★


2015年08月24日

理学療法DAYレポート

8/21(金)に今年度最後の理学療法DAYが開催されました。
「運動とお風呂」というテーマで、理学療法について学びました!

IMG_0015.JPG

パワーポイントを使って熱く語る歌川先生。

IMG_0021.JPG

IMG_0023.JPG

今回、お手伝いには2名の3年生が入ってくれました。
勉強は大変?、実習ってどんなことをするの?など、参加者のみなさんの質問に等身大の声で答えてくれていました。

IMG_0026.JPG

IMG_0036.JPG

理学療法DAYはラストですが、通常のオープンキャンパスは毎週末に開催中です!
本学科では、熱い講師陣が理学療法についてお一人おひとりにていねいにレクチャーさせていただきます!
本校に興味がある方も、まだ迷っている方も、ぜひ一度はいらしてみてくださいね!


2015年08月07日

在校生インタビュー

こんにちは。今日は社会人入学生のHさんのインタビューをお届けします!

201508072135.jpg

Hさん・理学療法学科3年生(長浜バイオ大学出身)


◆再進学を決意した理由◆
大学卒業後、一般企業に4年間勤めていましたが、家族の病気をきっかけに理学療法士という職業を知りました。
わたし自身も、病気やけがで苦しんでいる方の役に立ちたいと考えるようになり、本校に入学を決めました。

◆先生自慢◆
理学療法学科の先生方は、どの先生もとても熱心に指導してくださいます。
教科書の内容だけではなく、現場での経験から得た知識、実体験に基づくリアルなエピソードなども交えて教えてくださるので、大変興味深く、学びがいがあります。

◆好きな授業◆一番好きな授業は、理学療法総合演習という病院での臨床実習を想定した授業です。
座学で学んできた知識だけでなく、治療手段の実演なども行うので、とても学びがいがあり、楽しい授業です。

◆クラスの雰囲気◆高校新卒の入学生だけでなく、わたしのように社会人入学生も数名います。
入学前は不安もありましたが、クラスの雰囲気は明るく、みんなとても仲が良いです。
一緒になって遊ぶだけでなく、授業内容でわからないところはお互いに教え合い、切磋琢磨しています。




再進学の方も高校新卒の方も関係なく団結してがんばっているのは、本校の特長のひとつですね!Hさん、ありがとうございました。


2015年07月25日

在校生インタビュー★

こんにちは!今日は理学療法学科2年生・Gさんのインタビューをお届けします(o´∀`o)
Gさんは京都共栄学園出身。ひとり暮らしをして本校に通ってくれています!

★本校の理学療法学科を選んだ理由を教えていただけますか??

理学療法士を目指したいちばんのきっかけは、妹が部活で怪我をしたこと。そこから、患者さまの社会復帰の助けになりたいと思うようになりました。
そんなとき、本校のオープンキャンパスに参加して、担当の先生が「最先端の医療現場も良いけれど、地元に帰って、地域で活躍できる人材になれるといいね」とおっしゃってくださって。その言葉にとても共感したので、本校を選びました。


★クラスの雰囲気を教えてください。

とにかく仲が良いです!
クラスメイトは、刺激し合える大切な存在です。


★本校に入学してから変わったこと、成長したと思えることなどを教えてください。

まず、高校生のときとは勉強量が違います。日々の復習の時間をしっかり取るようになりました。
それから、成長したと思えることは、わたしは一人暮らしをしているので、今までは親に任せきりだったことも自分でできるようになったことです。


★もし、これから入学できる方にアドバイスをするとしたら、どんな言葉を送りますか??

日々の積み重ねがとても大切なので、毎日の予習・復習をがんばって!と言いたいです。

4698.jpg


自分で身の回りのことをしながら、勉強時間もしっかり確保しているGさん。すばらしいですね!これからもがんばってください!


2015年07月09日

一年生、がんばっています!

こんにちは!理学療法学科教員の長坂です!

4月に入学した一年生。
入学から約3ヶ月がたち、ようやく学校生活にも慣れてきたようです。

しかし、学ぶことは、まだまだ沢山あります!

本日は車椅子体験&介助体験をしてきました!


DSC_0602.JPG

ところどころピースサインが見えていますが^^


理学療法士の仕事には、運動を使った治療や、温めたり、冷やしたりする器具を使う治療などがありますが、車椅子の使用方法を指導することも、業務の一つです。

DSC_0603.JPG

実際に乗ってみて、道路を走行してみたり、ショッピングセンターの中に入ってみたりします。

乗っている人は車椅子に乗った目線を体験します。商品の陳列などが高いところにあると、なかなか取れにくいこともわかりました。

介助している人は、道路のちょっとした傾斜などで、思ったより操作がしにくくなることや、車椅子用スロープを使用しても、かなり負荷がかかることなどを体験したようです。


DSC_0606.JPG


これは、エスカレーターを降りているところ!逆向きに乗るのですね!乗る瞬間はかなり緊張します!

患者さまの気持ちに寄り添うことが必要な理学療法士。だからこそ、体験は非常に重要なんですね!

一年生の皆さん、この体験を生かして、患者様に貢献してくださいね!


2015年05月27日

ホワイトボードに向かう学生たち

こんにちは。理学療法学科教員の長坂です。

2015052701.JPG


なにやら、真剣に考え、頭を抱えながら、ホワイトボードに向かう学生たち。

これは、最終学年・3年生の講義の1コマ。理学療法総合演習という授業です。

「総合演習」と名前が着くくらいなので、いろんな授業を総合して、理学療法士として働くために必要な知識、技術を学ぶ授業なんです。

この日は、この後に、実際患者さまにお越しいただいて、どのような理学療法を行うかを検討する授業が控えていました。

学生は、先立て、どのようなことが予想されるか、なにを考えるべきなのかについて、ホワイトボードに書き出しているんです。

今まで学んだ知識を絞りだしているんです!だから頭抱えて、真剣に考えているんですね!

3年生は最終学年。これから行く実習も理学療法の仕事一巡を行う実習になります。

なので、真剣そのもの。その姿に頼もしさすら感じます!

みんな頑張れ!患者さんが待っているぞ!

教員も応援しています^^


2015年04月02日

新入生歓迎会(理学)

入試広報の国則です!

きのうは新入生の初登校日。
理学療法学科では、毎年恒例の新入生歓迎会が行われました!

P1290146.JPG

夕方4時半、理学棟のホールに入ると、
1年生から3年生まで、全学年の学生さんが集まってものすごい熱気でした(≧∀≦)
普段から学年問わず交流はありますが、こうやって全員が集まるのは珍しい光景です!

P1290157.JPG

もちろん先生方も勢揃い!(>∀<人)♪♪


P1290185.JPG
裏方もがんばる新3年生のみなさん(*´∀`*)


2015040201.jpg

2015040202.jpg

盛り上げ上手な先輩たちのおかげで、新入生もすぐに打ち解けていたようです。
学科全体で交流を深められた素敵な1日になりましたね。
初めてのことばかりで最初は戸惑うことも多いと思いますが、同級生の仲間たちや先輩、先生たちと乗り越えていってください!
私も陰ながら応援しております(●・ω・)ゝ
新入生のみなさん、これから3年間よろしくお願いします!


2015年04月01日

雑誌に掲載されました!

スポーツの専門誌「コーチング・クリニック」

理学療法士やスポーツの関係者が読む専門誌。

「コーチング・クリニック」

2015年5月号に、当校理学療法学科教員の長坂の記事が掲載されました!

2015040101.jpg

当校の専任教員として勤める長坂は、スポーツ選手の体調管理や、パフォーマンスアップのための、運動器具を考案しました。

コーチング・クリニックでは、その可能性や、利用方法などについて、紹介されています。


2015040102.jpg


理学療法士の仕事は、主に怪我や病気をされた方ですが、

「どのようにしたら、怪我や病気を予防できるか」
「どうしたら、スポーツのパフォーマンスがあがるか」

といったことにも、熱心に取り組みます。

そうした中で生み出された運動器具なんだそうです。

理学療法士という仕事は、本当に可能性に満ち溢れています。

病院で働くことも出来れば、このように運動器具を開発することも出来るのです!

興味のある方は、是非ご一読ください!


2015年03月19日

高島高等学校にお伺いしました!

理学療法学科教員の長坂です。

滋賀県は琵琶湖の北側にある滋賀県立高島高等学校に、
理学療法士のお仕事のご紹介に訪問させていただきました。

PT%E7%94%BB%E5%83%8F1.jpg

琵琶湖の湖西の美しい風景を見ながら車で参りました。

まだ、こちらは雪が残っているのですね。

当日は暖かったので、少し意外でした。

PT%E7%94%BB%E5%83%8F2.jpg

理学療法士とスポーツ関係の仕事に興味のある、
新2年生の方々を対象に、
仕事の魅力ややりがい将来性などお話させていただきました。

皆さん、真剣に聞いておられて、
素晴らしい受講姿勢でした!

自分のふざけた高校2年生時代を思い出し、感心しきりの私でした。

理学療法士は本当に素晴らしい仕事だと常々思っています。

そんな理学療法士に、こんなに早くから興味を持ってもらえて嬉しいです。

わからないことがあったら、学校に遊びにきてくださいね!

ちなみに、帰りに高島の名物といわれる、「とんちゃん」をいただきました^^

味付けの焼き鳥のようなものですが、鳥なのに「とん」なんですね^^

おいしかった!今度はビールのお供にしたいです!

PT%E7%94%BB%E5%83%8F3.jpg


2015年03月11日

卒業式

3月6日金曜日、当校の平成26年度卒業式が執り行われました。

PT%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E5%8D%92%E6%A5%AD%E5%BC%8F.jpg

学校生活のひとつのゴール。

学生たちも教員も、この日を目指して懸命に頑張ってきました。

慣れない医学の用語を懸命に覚えた1年生、
タイトなスケジュールの中、理学療法の専門知識を学んだ2年生、
現場の実習と国家試験対策に勤しんだ3年生。

本当に大変で、そして、あっという間の3年間。

学生の皆さん、本当にお疲れ様でした。

でも、ここからが本当にスタート。

現場に出る人は、今までは「学生」でしたが、今度は「先生」と呼ばれる立場になります。

初めはその責任の重さに翻弄されるかもしれません。

でも、それが理学療法士という仕事です。

しっかり向き合って、目の前の方々に貢献してください。

迷うことがあればいつでも相談に来てください。

いつまでも応援しますね。

PT%E3%80%80%E5%8D%92%E6%A5%AD2.jpg

卒業式名物。女子学生のはかま姿&教員とのツーショット^^

みんな輝いていました!


2015年03月05日

入学前授業開催報告

先週土曜日に理学療法学科では、
今年度最後の入学前授業が開催されました。

今回は卒業生の二人をお招きしました。

入学予定者の皆さんに、
これからはじまる学生生活への心構えやたくさんのアドバイスを頂きました。

【テーマ】
『学生生活について』
『実習について』
『国家試験について』
『理学療法士になって』

身近な卒業生のお話は、
皆さんにとてもリアルに伝わっていたと思います。

◇グループ毎に分かれて質問を整理◇
%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF.JPG

◇卒業生が丁寧に答えてくれました◇
%E8%B3%AA%E7%96%91%E5%BF%9C%E7%AD%94.JPG

◇最後は先生も交えて茶話会◇
%E8%8C%B6%E8%A9%B1%E4%BC%9A%EF%BC%881%EF%BC%89.JPG

終了後参加者の皆さんは、
「入学してから頑張ります!」と声を揃えて話してくれていました。

入学予定者の皆さん。
是非今の気持ちを忘れずに、
入学してからも頑張っていきましょうね!

今回で今年度の理学療法学科の入学前授業も終了となります。
今年度も毎回多数のご参加ありがとうございました。


2015年02月15日

【第6回】入学前授業開催!

2/14(土)理学療法学科では、
第6回目となる入学前授業が開催されました。

前回は「理学療法士の役割・職域」についての講義で、
改めて、理学療法士について、
理解を深めてもらう機会になったのではないでしょうか。

さて、今回のテーマは「復習!」

これまで学んできた、
「解剖学・運動学の基礎」の復習です。

入学前の総仕上げの段階に突入!

【2/14入学前授業の様子】
014.JPG

025.JPG

036.JPG

今年度の理学療法学科の入学前授業も、
次回がラストです。

本校卒業生をお迎えして、
入学予定者の皆さんも気になる、
これからの「学生生活について」の内容となります。

入学予定者の皆さん。
次回の入学前授業も是非ご参加ください!

☆次回、入学前授業→2/28(土)☆


2015年01月26日

『理学療法士とは。』(第5回・入学前授業)

1/24(土)第5回目となります、
理学療法学科の入学前授業が開催されました。

今回の担当は、浅川先生。

テーマは「理学療法士の役割・職域」について。

一言で言えば「理学療法士とは」。

今回の授業を受けるだけでも、
「理学療法士の基礎的なことが一通りわかる!」
というとても贅沢な内容でした。

参加者の表情も真剣そのものでした。

その一部ですが紹介します。

◇授業スタート◇
%EF%BC%B0%EF%BC%B4%E3%81%AE%E9%A0%98%E5%9F%9F.JPG

%EF%BC%B0%EF%BC%B4%E3%80%80%EF%BC%A2%EF%BC%AC%E8%83%8C%E6%99%AF.JPG

◇かなり真剣モードです◇
%E7%9C%9F%E5%89%A3%E3%81%AA%E5%AD%A6%E7%94%9F1.JPG

%E7%9C%9F%E5%89%A3%E3%81%AA%E5%AD%A6%E7%94%9F2.JPG

◇最後は皆で交流◇
%E9%9B%86%E5%90%88.JPG

授業終了後の浅川先生はと言えば「質問攻め」でした(笑)。

きっと参加者の皆さんは、
さらに「興味」を深め、
「学ぶ事の楽しさ」を実感されたのではないでしょうか。

入学予定者の皆さん。

今年度の理学療法学科・入学前授業も、
残すところ僅か2回!

次回も是非ご参加ください。

☆次回、入学前授業は2月14日(土)です☆



2015年01月13日

【第4回】入学前授業「4回目も盛況です。」

理学療法学科では第4回目の入学前授業が、
1/10(土)に開催されました。

新年明けてすぐのこの時期ですが、
今回も盛況でした!

今回は、「復習!!」

9月からスタートした理学療法学科の入学前授業も、
早いもので今年度4回目となりました。

これまで学んできた事を身につけていく為に、
きっちりと復習!

本校の入学前授業は、
入学予定者の皆さんがこれからの学生生活を、
スムーズにスタートして頂けるように組まれています。

そんな入学前授業の様子を、
今回も少しですがご紹介します。

【自己紹介】恒例(笑)の自己紹介から!
%E8%87%AA%E5%B7%B1%E7%B4%B9%E4%BB%8B%EF%BC%86%E3%81%82%E3%81%84%E3%81%95%E3%81%A4.JPG

【小テスト】真剣そのものです。
%E7%9C%9F%E5%89%A3%E6%8E%88%E6%A5%AD.JPG

【骨学】グループに分かれて学ぶ!自然と交流も深まります。
%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF2.JPG

【全員集合!】
%E9%9B%86%E5%90%88%E5%86%99%E7%9C%9F.JPG


入学予定者の皆さん!

これからの学びにいかす「基礎固め」、
そしてこれからクラスメイトとなる仲間との大切な絆を、
この入学前授業でしっかりと固めあっていきましょう!


★次回の入学前授業は、1/24(土)開催予定です★

今年度の開催回数も残りわずかとなりました。
次回もたくさんの方のご参加をお待ちしています!


2014年12月26日

本年もありがとうございました!

理学療法学科教員の長坂です。

2014年も残すところあと5日となりました。

理学療法学科の年末は大忙しです。

まず、3年生が国家試験に向けて、エンジン全開。

2年生は、実習を終え、
年明けすぐの症例検討会(実習で経験した患者様の状態を、どのように把握したのかを発表する会)に向けて準備。

1年生は年明けから定期テストの準備が本格化します。

そうです。

年末年始なんかない!(笑)

本年は皆様にとってどんな一年だったでしょうか?

理学療法学科は、色々あった一年ではございましたが、
こうして無事年末を迎えることができました。

頑張ってくれた生徒さん
応援してくださっている親御さん
いつも支えてくださっている事務方の皆様

本当にありがとうございます。

理学療法学科教員一同感謝申し上げます!

PT%E6%95%99%E5%93%A1%E9%9B%86%E5%90%88.jpg


2014年11月25日

盛況!!入学前授業(第3回)

11/22(土)第3回目となります、
理学療法学科の入学前授業が開催!!

前回に引き続き、遠方からの参加者も含め、
たくさんの方が参加されました。

今回のテーマは「解剖学・運動学の基礎知識Ⅲ」。
『筋学』の基礎について学びました。

(1)基礎を学び入学後の学習に備える
(2)入学後のクラスメイトの皆さんとの交流の機会に!
といった入学前授業そのものの目的を確認しあいながら、
開催されました。

今回の内容は「筋学」。

しっかりと基礎を学びながら、
今回は「運動療法」を体験しました。

まずは座学からスタート!
%E5%BA%A7%E5%AD%A6.JPG

%E9%96%A2%E7%AF%80%E3%81%AE%E5%8B%95%E3%81%8D2.JPG

%E9%96%A2%E7%AF%80%E3%81%AE%E5%8B%95%E3%81%8D.JPG

参加者の皆さんの表情も真剣そのものでした。
「学ぶ」「知識を得る」ことへの楽しさを実感できたのではないでしょうか?

プレ理学療法士体験!
%E4%BD%93%E9%A8%93%EF%BC%88%E9%81%8B%E5%8B%95%E7%99%82%E6%B3%95%EF%BC%892.JPG

%E4%BD%93%E9%A8%93%EF%BC%88%E9%81%8B%E5%8B%95%E7%99%82%E6%B3%95%EF%BC%89.JPG

ますます、参加者が増えている理学療法学科の入学前授業。
次回は、1月10日(土)開催予定です。

入学予定者の皆さん、
どんどんとご参加ください。

「学ぶ楽しさ」「知る楽しさ」を是非実感してください。


2014年11月17日

≪個別指導≫国家試験対策!

理学療法学科 教員の長坂です。

今年の残すところ1ヶ月と半分になりましたね。
めっきり寒くなりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

そんな年末が近づく、理学療法学科のロビーでは、ところどころでこんな光景が…

%E5%80%8B%E5%88%A5%E6%8C%87%E5%B0%8E.JPG

関西学研医療福祉学院、秋冬の風物詩。
国家試験対策の個別指導です。

教員は、これが始まることで、秋の訪れを感じます(笑)

対象はもちろん最終学年の3年生。

この時期、全ての実習が終了した3年生は、翌年2月下旬に行われる、国家試験に向けて猛勉強をはじめます。

しかし、国家試験の試験範囲は、今まで勉強したこと全てと、広大な試験範囲。

なにから取り組んで良いのかわからない生徒さんが多いのも事実。

そこで、個別指導が必要となります。

生徒さんの理解度と、国家試験の傾向を考慮して、取り組むべき勉強をみつけ、実際に問題を解きながら、一緒に進めていきます。

絶対合格!!の強い決意で勉強していますので、緊張感すら漂っていますが、時には笑いも交えながら、勉強は進んでいきます。

本番まで約3ヶ月。3年生頑張れ!!応援しているぞ!!


2014年10月02日

義肢装具見学をさせて頂いて

こんにちは。理学療法学科一年生の山本創也です。
前期試験が終わり、私たち1年生39名は9月1日、2日に義肢装具を製作されているテクノブレースさんに行ってきました。2日間で約20名ずつに分かれ、さらに各日10名ずつ講義と実技の2班で交代しながら学ばせて頂きました。
装具には体幹装具と上下肢装具に多くの種類があり、それぞれ患者さんの障がいによって使われる目的や、装具によっては値段にも差があります。講義では「装具代金支払いから返還までの流れ」について勉強し、また、実際に様々な装具の着用をして患者さんの立場となる体験もさせて頂きました。

そして実習では、装具を制作する過程である「採型」をさせて頂き、石膏を含ませた包帯を脚に巻き固めて、取り外すと綺麗に脚の型が取れました。実際に体験してみて、患者様の型を取る際に怪我などをさせてはいけない責任感や、患者様の不安要素を取り除くための声のかけ方など、実習でしか感じられない貴重な体験をさせて頂きました。


2014100201.jpg 2014100202.jpg


私たちは患者様と関わっていくにあたって義肢装具士さんと協力する多くの機会があり、その仕事の役割や内容を学ばせて頂くことで、患者様にとって円滑により良い生活を送ることに繋がることも学びました。初めて聞いた言葉もありましたが、装具の付け方や身体のどの部分につけるのが適正なのかということなど、クラス一同真剣に耳を傾けて学ばせて頂けたと思います。

今回、義肢装具について、講義・実技を熱心に教えてくださったテクノブレース様のスタッフの方々に心から感謝致します。理学療法士になる覚悟、自覚、意欲が大きく高まった2日間でした。まだ約半年しか勉強していない理学療法士の卵ですが、今回学んだことを忘れずに、これからの学生生活に活かして臨床へ向かっていきたいと思います。

平成26年9月12日
関西学研医療福祉学院 理学療法学科 1年
山本 創也


2014年09月29日

入学前授業スタート!

9月27日(土)、すでにAO入試で合格認定されている方等を対象に、理学療法学科の入学前授業がスタートしました。

遠方からの参加者も含め(なんと島根県からも!!)、たくさんの方に参加いただき、しっかりと学びあい、たくさんの交流もありました。

第1回目のテーマは「解剖学・運動学の基礎知識Ⅰ」。
入学してからの学習に備えて、骨模型に触れながら「骨学」からスタートしました!

その様子を少しですが紹介いたします。


『担当・萬喜先生の熱心で丁寧な授業!』

『骨模型に触れる!』

『これからの学習に備えてのアドバイス』

参加者の皆さんは、理学療法士を目指して、学ぶ楽しさや終了後の参加者同士の交流に、入学後への期待も、ますます大きくなった様子でした。


合格者の皆さん、次回にも是非ご期待を!!

■参加者の皆さんの声
・骨の名前や場所をわかりやすく教えて頂いたので楽しい2時間になりました。
・骨模型を手にとって、楽しく学べたので良かったです。次の「関節学」にも興味があります!
・入学前に学生同士の顔合わせができたので良かったです。
・グループで作業ができたので交流を深める事もできて良かったです。


2014年09月11日

一次救命処置

こんにちは!理学療法学科教員の長坂です。

皆様は、「一次救命処置」という言葉をご存知でしょうか?

一次救命処置とは、呼吸が止まり、心臓も動いていないと見られる人の救命へのチャンスを維持するため、特殊な器具や医薬品を用いずに行う救命処置のことを指します。

具体的には、心臓マッサージ(胸骨圧迫といいます)であったり、AEDを使うことなのですが、先日、本学科の2年生を対象に、この一次救命処置の講習がありました。

2014091101.jpg

講師は、当校の介護福祉学科教員、中西 信之先生。
※詳しくは→http://www.seitan.ac.jp/kg/subject/cw/teacher/

中西先生は、日本赤十字社、消防の一次救命に関する指導員をされています。

校内にこのような指導が出来る先生がいることは、手前ミソながら、素晴らしいことだと思います。

2014091102.jpg
↑AEDの使い方を実習中

生徒の皆様も、終始真剣に受講されていました。

おそらく、この仕事が命のそばにある仕事だということを、肌で感じる機会になったのではないでしょうか。

2年生の彼らは、もうすでに医療人なのです。

もし、彼らが一次救命処置をする場面に直面すれば、リーダーとしてその処置にあたらねばなりません。

そんな緊張感にあふれた講義となりました。

2014091103.jpg

ちなみに、私も含め、教員も受講しました。

われわれもまた、医療人として、生徒の皆様をお預かりする教員として、必要な訓練。身の引き締まる思いでした。


2014年08月01日

特別企画・第二弾!『理学療法士を目指す方へ』

『理学療法学科・特別企画』第二弾!

前回の特別座談会には、多くの方から反響を頂きました。

今回は引き続き、インタビュー形式で、
古川先生(理学療法学科・学科長)と中野さん(理学療法学科・2年生)に、
質問にこたえてもらいました!

☆古川先生&中野さん☆
    
%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%A72.JPG
※左側→中野さん、右側→古川先生

内容は、気になるけど中々聞けなかった、
理学療法士の「就職面(給与面)」のことや、
「理学療法士を目指したきっかけ」です!


≪在校生インタビュー≫
【スタッフ】
中野さんが、理学療法士を目指したきっかけは?

【中野さん】
中学・高校時代には、野球部に所属していて、理学療法士の方と接する機会が多くあったんです。
また、自分自身も「野球肘」という怪我をしてしまい、実際に理学療法士の先生にお世話になりました。

こういった理学療法士の先生との出会いが、私の将来の目標になり、
両親もこの仕事をすすめてくれたことも後押しになりました。

【スタッフ】
卒業後はどんな理学療法士になりたいですか?

【中野さん】
今でもスポーツ分野でも活躍したいという思いは変わりません。
でも、本校へ入学後、実習にも行き、理学療法士の職域の広さを知りました。

理学療法士を目指すきっかけはスポーツ分野からでしたが、
先生からは高齢者の分野にも適性があると、アドバイスして頂きました。
大切な就職のことですから、これからしっかりと考え、最良の選択をしていきたいと思います。

≪学科長インタビュー≫
【スタッフ】
本校には社会人経験者の方もたくさん入学されます。
そして、その多くは、自分で学費を工面しています。
その分、モチベーションも高く、やはり「本気」であることが伺えます。

そんな方からも、理学療法士の就職面や給与面という、
現実的な不安を解消しておきたいとの声もあがっていますが、
理学療法士の就職の現状はいかがでしょうか?

【古川先生】
就職でいえば、本校では毎年就職率100%を達成しています(就職希望者)。
また、就職してからの給与面は、大卒初任給平均より少し高くなっており、ある意味では、生活も保障されます。

その反面、前回の話題にもあった国家資格の取得は、簡単ではありません。
だからこそ、入学した後に頑張ろうという熱意は大切にして欲しいですね。

【スタッフ】
理学療法士のこれからのことを教えてください。

【古川先生】
現在、国内の理学療法士も10万人を超え、これから、個々の給与面の差は出てくると思います。

そういう部分も見据えて、単に国家資格を取得できたらいいという教育ではなく、
これからの社会で有用な人材になるための実学的な教育を展開しています。

【スタッフ】
最後に、これから理学療法士を目指す方へメッセージをお願いします。

【古川先生】
現在、理学療法士は10万人の時代に入りました。
その中で、患者さまや利用者さまにとっての、「Only One」の存在になって欲しいと願います。
きっと、皆さんを必要とする患者さまがおられます。
そんな「Only One」の理学療法士を目指して、共に頑張りましょう!

☆もっと詳しく聞きたい!☆
☆先生や在学生と話してみたい!☆

そんな方は、是非オープンキャンパスにお越しくださいね。
そして、お気軽に何でもご相談くださいね。


「オープンキャンパスのお申し込みはコチラ」



2014年07月24日

特別企画・第一弾!『理学療法士を目指す方へ』

『理学療法学科・特別座談会』第一弾!

今回は、『勉強についていけるか不安…』。
そんな、医療分野のスペシャリストをめざす人なら誰しもがかかえる不安について、
本校の先生と在学生を交えて語り合いました!

≪参加≫
☆古川先生(理学療法学科・学科長)☆
furukawat.jpg

☆田守先生(理学療法学科・専任教員)☆
tamorit.jpg

☆中野さん(理学療法学科・2年生)☆
110.JPG

☆特別座談会スタート!!☆

【スタッフ】理学療法士に興味を持つ高校生の方から、
『理学療法士になりたいけど勉強面でついていけるかが不安で…』
そんな声が聞こえてきますが、実際はどうなんでしょう?


【田守先生】理学療法士になることは、もちろん簡単ではありません。
国家試験に合格すること以外にも、大切な患者さま、利用者さまに対しての理解を深めていく。
むしろ、このことに戸惑う学生が多いですね。でも、最初から完璧な人はいません。
勉強する習慣を身につけ、コツを掴めるとグングンと伸びていきます。だからこそ、不安があるかもしれませんが、まずは『理学療法士になりたい!』という皆さんの思いを大切にして欲しいですね。
みんな0からスタートして、一から積みあげて、立派な理学療法士になっていますから。


【スタッフ】勉強の出来だけに捉われずに、医療人として日々学ぼうとする姿勢が大切ということですよね。では、ズバリ、中野さんはもともと勉強に自信はありましたか?それに、不安はなかったですか?


【中野さん(学生)】最初は、不安は誰にでもあると思います。でも、オープンキャンパスに来て、やる気を大切にしてくれる本校の先生に背中を押してもらえました。偶然、私が参加した日は学科長の古川先生が対応してくださいました。勉強面は、高校の中でもかなり下の方の成績で、決して優秀だったとは言えません(笑)。高校生の頃は、勉強よりも部活の野球ばかりしていましたから。


【スタッフ】何かもう不安は解消された感じがしますね。実際のところ、中野さんの入学後の勉強面はどうなんですか?


【古川先生】コンスタントに頑張っていますよ。勉強の習慣が身に付くまでは、補講を受けたりしていましたが、先日の実技試験でも、上位に入っていましたよ。


【スタッフ】これだけ誉められたら、尚一層頑張らないといけないですね(笑)。最後に、中野さんが関西学研医療福祉学院に入学して良かった点をあれば教えてください。


【中野さん(学生)】先生と近い距離感で学べる点がとても好きです。この学校の先生は、わからないことがあったら、わかるまで教えてくれます。小テストや勉強で波があっても、面談などですぐに、個別できちんとフォローしてくれます。これだけ熱心にサポートして頂けるので、頑張ろうと常に思わせてもらえます。もちろん、厳しいときもありますけど(笑)。


【スタッフ】ありがとうございました。では、田守先生からこれから、理学療法士を目指す方に向けて、メッセージをお願いします!


【田守先生】理学療法士として、患者さまに貢献できた結果、
その方が笑顔になられた瞬間は、大変だったことも全て吹き飛ぶくらいの喜びを感じます。そして、また、次の患者さまのためにがんばろうと思います。
人の笑顔を引き出すことができるやりがいのある素敵な仕事です。
「理学療法士に向かって、頑張ろう!」そう思って入学して来られましたら、
私たち教員が一生懸命サポートしますので、安心して入学してきてください!

116-thumb.jpg

2014072401.jpg


★特別企画第二段は、在学生の理学療法士を目指したきっかけや、気になる卒業後の就職面や給与面の事にもふれていきます。是非、ご期待ください。


2014年07月17日

1年生が解剖学実習に行かせて頂きました!

皆さんこんにちは。理学療法学科1年担任の田守です。

理学療法学科の1年生は、7月5日(土)に奈良県立医科大学へ解剖学実習に行かせて頂きました。例年は11月頃に実施されるのですが、今年からは7月となり、少し早い解剖学実習となりました。

1年生は今、解剖学・生理学を懸命に講義で学んでいます。
全身はまだ学んでいませんが、貴重な実習時間を有意義にする為にも、全員、事前に自分でどの部分を中心に学びたいのかをしっかり予習をして当日に臨みました。


更衣用講堂にて。徐々に緊張感が高まっていきます。

実習室に入室し、御献体に黙祷を捧げて実習開始です。
一体の御献体の前に学生5~6名で医大生から説明を聞く形式で実習がすすみました。

御献体を前に緊張気味で最初は少し距離を置いていた学生も、徐々に医療人になることと、自分がしなければいけないことへの自覚をあらためて感じたのか、少しずつ前に出て懸命に話を聞く姿がみられました。

そして、理学療法士として特に治療対象となる筋・関節・神経などに触れさせて頂きながら、熱心に質問する光景もみられました。

実習時間として50分間の設定でしたが、まだ学ばせて頂きたいと強く思った学生と医大生の熱い解説が続き、なかなか終わらない班も多かったように思われます。

学生の様子としては、御献体で学ばせて頂く機会に最初はやや緊張気味で、退出する学生もいるかと思いましたが、1年生40名全員、最後までしっかり学ばせて頂きました。

医学の教育・研究の為、自分の死後、自身の身体を無条件・無報酬で提供することを献体といいます。

奈良医大白菊会へ御自分の意志で入会され、献体をして頂いた方々の御期待に沿う為にも、学生達は理学療法士になる為に今、一生懸命に何をすべきかを再確認し、あらためて命について考える大変貴重な機会を頂いたと思います。

また、今回の解剖学実習の経験により、理学療法士という仕事がどのような現場での仕事なのか、あらためて気づいた学生も多かったように思います。

1年生のみんな、たくさんの患者様、利用者様が笑顔になるお手伝いができる理学療法士になれるよう突き進んでくれること、担任として頑なに信じていますよー! 


2014年06月16日

一期実習組帰ってきました!

こんにちは。理学療法学科3年の前垣です。
4月から始まった臨床実習から一期実習組12人、無事に帰ってきました!!
二か月ぶりの学校生活はなんか、こう、不思議な感じがしますね(笑)

クラスの仲間とも久しぶりの再会。
みんなの顔を見て、本当に帰ってきたんだな~って感じました。
とりあえず近くにいたYさん(女性)にインタビュー(・ω・)/~~~
前垣:実習終えてどうですか?
Yさん:ほっとしました(^^)
前垣:うむ、なるほど。実習先での緊張から解放された時の安心感といったら言葉に出来ないですよね。しかし記事にはしにくい内容です(笑)

辛い実習だった人、楽しく実習ができた人、様々ですが、皆共通に沢山の苦労をして、沢山の経験をしてきたのでしょうね。帰ってきた皆の背中は一回り大きくなった様に感じました。
私はといえば、自分の知識・技術が足りず患者様に良いリハビリができたのかどうか・・・。「いつもありがとう」と言って下さる患者様に何もできない自分が悔しくて、少しでも力になろうと頑張ったのですが、上手くいかない事ばかり。何度も諦めようと思いました。そんな私を支えてくれたのがクラスの仲間、教務の先生方でした。たくさんの人に支えられながら自分は頑張っていけている、そんな事を改めて実感した実習でした。


とりあえず、実習お疲れ様って事で、一期実習組で打ち上げしました\(^o^)/

%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E7%90%86%E5%AD%A61.jpg

いや~飲みましたよ。語りましたよ。二次会にも行ったら、口座の残りが298円。奨学金が入るまで約1週間、生き延びられるのでしょうか(+_+)

授業では国家試験対策が始まっています。
授業内容は一年生の頃にした基礎解剖などがメインなのですが
・・・やばい、全然覚えてない(-_-;)
学校に戻っても、忙しい日々が続きそうです(笑)

%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0PT2.jpg

%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0PT3.jpg

二期実習組は実習開始からそろそろ二週間が経ちます。
辛いことも多いかと思いますが、体調には気を付けて精一杯頑張ってください。
二か月後、お互い成長した姿で再開するのを楽しみにしています!!


2014年05月26日

授業紹介★運動学実習Ⅱ

こんにちは!理学療法学科教員の長坂です。

これは、ある授業の一コマ。
天井から、なにやらヒモのようなものが…
一体何をしているのでしょうか?

14052600.JPG

これは、理学療法学科2年生の「運動学実習Ⅱ」という講義。

立っている「姿勢」が、どうなっているのかを「観察」する実技講義をしている一コマなんです。

ヒトって、まっすぐ立っているつもりでも、斜めに傾いていたり、猫背になっていたり、人によって微妙に違うものなんです。

そういった「姿勢」の違いから、疲れやすい筋肉や、傷めやすい関節が出来てしまうのですが…

理学療法士は、この「姿勢」の違いを判断して、その改善方法を示すことも、大切な仕事の一つなんです。

ちなみに天井からヒモは、これを「まっすぐの基準線」にして、姿勢がどの程度傾いているのかを判断するために、使用しています。

生徒のみんな、患者様の姿勢を診るのも、そう遠くないぞ!

がんばれ~!


2014年05月12日

青丹杯★理学療法学科

理学療法学科2年の宮路です。
やってきました4月25日!毎年恒例の青丹杯の日です。
天気にも恵まれ、畝傍山を見上げながら向かうは橿原体育館です。
普段は交流の少ない全学科が一つの空間に集まり共に汗を流す貴重な時間なのです。
2年生は担任の歌川先生と副担任の長坂先生の顔イラスト入りのTシャツを装着!
準備オーケーです。

14051201.jpg

15人一丸の大縄跳びでケガ人発生!
すかさず理学療法士である教師陣による診察が入り、事なきを得ました。
医療系の学校あるあるですね。

次のムカデ競争では代打で担任の歌川先生が先頭に立ちました。
圧巻の統率力でグングン進む∑(°o°;)

ドッチビーではまさかの言語聴覚科から応援をいただきました。(うちより盛大!?)

最後の競技は車椅子に乗って大玉転がしです。
白熱しすぎてルールを忘れかけて大暴走!大盛り上がり笑


14051202.jpg


総合結果は2年が3位で、1年は2位!
みんな楽しんで団結もできた素晴らしい1日でした!

DSCN2317.JPG P1220396.JPG


2014年04月22日

個人面談

こんにちは。理学療法学科 専任教員の長坂です。

4月から新しい学年がスタートして、はや3週目に突入しましたね。

新入生の皆様は、本格的に講義がスタートして、
初めて見聞きする医療分野の知識と、
その量の多さに、とまどいながらも奮闘しています。

そんな、生徒さん達。悩みも人それぞれ様々。

性格も違えば、得意なことも違う。
当校では半分近くの人が、社会人を経験されていますし、
今までの歩みも様々です。

当然、指導の方針も生徒さんごとに変わります。

それを把握する上で、なくてはならないのがこれです

2014042201.jpg

これは個人面談の風景です。

この面談で、不安な点や、要望などを聞いて、
それぞれの生徒さんが、一歩進むためにはどうすれば良いかを話合います。

「個別指導」を重んじる当校では、「個人面談」をとても大切にしています。

「個人面談」は定期で行っていますが、
学生さんからの要望がありましたら随時も行っています。

この「個人面談」をきっかけにして、不安から解消され、
前に進めることが出来た学生さんも沢山います。

これからも、学生さんと密にコミュニケーションをとって、
資格取得、そして夢の実現を応援していきたいと思います!


2014年03月31日

模試結果 第4位にランクイン!

先日、医学、歯学等の医療系分野を専門とする大手出版社「医歯薬出版」による、2014年PT・OT専門基礎3科目模擬試験の結果が発表されました。

見事に関西学研医療福祉学院の理学療法学科が全国第4位(近畿第1位)になりました!!(※下記に実績を記載しています)

学生の皆さんの日々の努力や真剣に取り組んできた素晴らしい結果ですよね。

これから入学される新入生の皆さん、
2年生、3年生の皆さん。

国家試験に向かって、日々学校で学んでいることに自信をもって取り組んでいきましょう。

また、皆さんを支えて下さっている先生方に感謝の気持ちをもって、
頑張っていきましょう!

そして、学力面はもちろん、
本校自慢の講師陣が展開するハイレベルな授業の中で、
確かな実践力も身に付けていきましょう!


■医歯薬出版 2014年 PT・OT専門基礎3科目模擬試験結果 
 全国データ(学校全国比較)

「PT・OT総合106学科(4099名)」【全国】第4位【近畿】第1位※近畿「22学科(1002名)」
「PT総合63学科(2877名)」【全国】第4位【近畿】第1位「16学科(814名)」
「PT専門学校47学科(1978名)」【全国】第4位【近畿】第1位「7学科(345名)」
※集計期間2014年3月1日~2014年3月24日

PT1.jpg


2014年03月07日

教員紹介~田守先生~

昨年の9月から理学療法学科の教員をさせて頂いています田守です!
遅くなりましたが自己紹介を致します。

青森県十和田市出身の40歳、嫁、娘7歳と息子4歳の4人家族で木津川市在住のじょっぱりです(→青森弁で九州男児のような意味)。
趣味は野球で、硬式野球を3年間頑張りました(プロ野球はもちろん阪神ファンです!)。私達の時代の高校野球は上下関係が特に厳しく、その名残もあり、社会性として大事な接遇面に関しては特にうるさいかもしれません(挨拶・礼儀は理学療法士にとって基本です!)。

出身校は我らが誇り高き関西学研医療福祉学院です。社会人入学し、2期生として熱い理学療法士を目指して懸命に学びました。
臨床では主に整形・中枢疾患の急性期から慢性期、訪問リハビリテーションまで携わり、患者さま、利用者さまの笑顔に少しでも貢献できるよう魂をこめて理学療法を実施させて頂いていました。

私のモットーは「メリハリ」です。息抜きも大事にしながら、やるときは結果に自分が納得できるよう限られている時間を無駄にせず、徹底してやることを心掛けています。学生の皆さんにもメリハリをつけて目標に突き進んで欲しいと思っています。

教科担当は生活環境学・評価学Ⅱ(MMT)・運動学実習を予定しています。学生の皆さんが臨床で大活躍できる理学療法士になれるよう私も全力でサポートさせて頂きますので、ぜひ一緒に頑張っていきましょう!

tamori.jpg


2014年02月20日

第5回&6回入学前授業!

理学療法学科の第5回&第6回目となる入学前授業を行いました。
1月、2月は2回ずつ行うのでけっこうハイペース!!
…にもかかわらず、たくさんの入学予定者の皆さんに参加して頂きました。


1月25日(土)の第5回目は「理学療法士の職域」について勉強しました。リハビリテーションにおける理学療法士の法的位置づけと役割を学びます。
担当は浅川先生です(初登場!)。

pt251.jpg

これから入学される皆さんに、職業としての「理学療法士」をまずはきちんと理解してもらうための講義です。これまでの「骨」や「関節」の授業と違って少し真面目な話になりましたが、理学療法士を目指す上で、その役割について理解するのはとても大切なことです。

pt252.jpg

最初はみんな、難しく感じていたようですが、最後には、これから入学を迎えるにあたり学習への意欲が高まったと、自らの目指す方向性が明確になったようです。


続いて2月8日(土)の第6回目は、第1回目からずっと解剖学・運動学の基礎知識を担当してくださった萬喜先生、最後の講義。これまでの「復習編」を行いました。

pt255.jpg

まずは骨標本(がっちゃん)をみながら、萬喜先生が一人ひとりに骨の名前を質問。

「尺骨」「腓骨」「膝蓋骨」「脛骨」「橈骨」・・・
(さて何て読むでしょう??)

ほぼ全員が正しい名前を言えました!!
すごいですね!!

pt253.jpg pt254.jpg

骨標本を使ってのグループワークと、腕の長さを測ってみる実技。
やはり実技はみんな興味津々で取り組んでいました。

授業の最後に、萬喜先生からご挨拶。

「入学したらこんなに甘くないよ!ビシビシ鍛えます!」と気合を注入。そして、「やる気さえあれば、教員一同がきちんと3年間、フォローしていくので安心して入学してきてください」という頼もしい言葉を頂きました。


さて、次回2月22日(土)は最終回。
理学療法士として活躍する卒業生が来校してくれ、学生時代の勉強の仕方や3年間の過ごし方についてお話ししてくれます!
先輩からたくさん話を聞いて、ぜひ入学後の参考にしてください♪♪


2014年01月27日

国家試験までラストスパート!

皆さん、こんにちは!理学療法学科、教員の萬喜(まんき)です。
新年を迎えてから、あっという間にもう1月半ばですね~。

今、学内では、約1か月後の国家試験に向けて、3年生達はラストスパートに入っています。朝9時から夜7時まで、ときには10時頃まで、学校で勉強している学生もいます。この3年間の集大成の国家試験。今までになく、学生達は必死の形相です・・・。

私達教員も、国家試験対策や個別指導、質問の受付、模擬試験作成、成績の分析等大忙しですが、国家試験に受かるのと落ちるのとでは、その後1年間の過ごし方が全く変わってきます。受かれば、晴れて理学療法士として自分の希望した職場で働けますが、そうでなければ・・・・。

そのため、学生達同様、教員の方も必死で指導しています!
心の中では、『1年生のときから、今ぐらい勉強してくれれば、こんなに苦労することはないんだぞ!』と思いながら・・・。

これから、理学療法士など、医療技術職を目指される方は、解剖学、生理学、運動学等の基礎知識や運動療法などの基礎技術は付け焼刃では、なかなかしんどいですよ。ぜひ、コツコツと毎日、勉強や練習を続けてくださいね。
医療技術者は、国家資格を取った後、臨床に出てからも日々勉強を続けていかなくていけません。一生、患者様のために勉強する気持ちが必要なんです。医療技術者を目指される方はこのことを心に留めておいてほしいです。

さて、国家試験まで残りあと1か月・・・。
3年生達はどのように過ごすのでしょうか?
今までやってきたことをもとに、悔いのない1か月を過ごしてくれたらと思います。
そのためのフォローを私達教員が一丸となって、全力で行えたら、と思っています。


最後に3年生へ・・・。

君たちの今までの努力は決して無駄にはならないです。
おそらく、君たちは、臨床に出たら、患者様に対して一生懸命、努力を続ける理学療法士になってくれると信じています。そのとき、そのときに自分の最善を尽くせたかどうかをいつも考えながら・・・。

そう行動できるように、学科長、担任始め教務はこの3年間、指導してきましたから。

最後までこの姿勢を忘れずにがんばれ!!


pt20140101.jpg pt20140102.jpg


2014年01月15日

第4回入学前授業!

1月11日(土)理学療法学科の入学前授業を行いました。早いものでもう4回目です!
今回は1~3回目で勉強した『解剖学・運動学の基礎知識Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ』の復習編でした。
担当はすっかりおなじみ、萬喜先生です。

pt201401111.jpg
年が明けて間もないにもかかわらず、今回も参加者多数!

pt201401112.jpg
まずは骨標本を使ってこれまでの復習。何の骨か分かるかな??

pt201401113.jpg
今回の主役は・・・・・・・・・私です!(がっちゃん)

pt201401114.jpg
みんなで一緒に考えよう!すでに顔なじみのメンバーもいるので和気あいあい。

pt201401115.jpg
学科長の古川先生がおられたので皆さんにご挨拶・・・「勉強がんばってね!」


久しぶりに参加した人や今回はじめて参加した人、初回からずっと参加している人などさまざまですが、回を重ねるごとにだんだんと打ち解けてきた様子♪♪
本校の理学療法学科には、入学後に一人暮らしをする高校生の方もたくさんいます。今回の入学前授業にも、和歌山、京都北部、兵庫北部などの遠方からもたくさん参加してくれました。また、社会人経験者など、年齢や出身もそれぞれ違いますが、4月からともに学ぶ仲間として、今後も楽しみながら参加してください!

今月と来月は月2回入学前授業を行います。
次回の開催は1月25日(土)。白衣が抜群に似合う浅川先生が担当です!
合格されている皆さんは、ぜひぜひご参加ください。


2013年12月16日

☆在校生インタビュー☆

今回のブログは理学療法学科3年生・野田さん(枚方高校出身)のインタビューです!


■本校を選んだ決め手は?

先生と親しみやすく、アットホームな雰囲気に惹かれました。

■学校生活で楽しいひとときはいつですか?

これまで知らなかったことや、一般常識で知っていたことが、より詳しく知ることができ、どうしてそうなったのか理解できたときに、勉強の楽しさを感じます。

■クラスの雰囲気を教えてください。

3年間同じクラスなので、だれとでも仲良く話せるようになり、みんなでわいわいと楽しい雰囲気です。

■先生とのエピソードを教えてください。

先生方との飲み会などもあり、ふだんは話せないようなプライベートなこともいろいろと話すことができ、何でも気軽に相談できるようになりました。

■授業でのエピソードを教えてください。

実習が終わり、学内での症例発表などを何回か経験しているうちに、ふだんはあまり授業中に積極的に質問をできるタイプではなかったのですが、人前でも話ができるようになりました。

■卒業後の夢を教えてください

理学療法士として経験を積んだ後、いつか学校に戻ってきて、教員として皆をサポートしていきたいです。

■理学療法士を目指す方へメッセージを!

理学療法士を目指すなら、「考えること」を好きになることが大切です。また、何事に対してもまずは興味を持ち、「なぜ?」と考えることが大切だということを、3年間の勉強を通して学びました。


2013年11月29日

記念式典・祝賀会に参加してきました!

1年生担任の歌川です。

11月17日、奈良県理学療法士協会主催・法人設立20周年記念の祝賀会に参加してきました。

簡単な立食パーティーかと思っていたのですが、奈良県理学療法士協会会長をはじめ、日本理学療法士協会会長や国会議員の先生が列席されるなど、非常に格式の高い式典、祝賀会でした。

私が参加したのには理由があって、本式典において、本校の理学療法学科の学科長、古川先生が奈良県知事より表彰されることになったので、これはぜひともお祝いせねば、と参加させていただきました!

1075.gif1075.gif「奈良県医療業務等功労者知事表彰」1075.gif1075.gif

長年、奈良県内のリハビリテーションに尽力され、業績を残されたことが今回認められたわけです。

・・・本当におめでとうございます!!

私もこれから、がんばらねば!と思いながら、美味しい料理とお酒を堪能してきました。

写真は、本校の理学療法学科教員の集合写真です。真ん中の着物姿の女性が古川学科長、いちばんいい笑顔をしているのが私です。

20131129.jpg


2013年11月18日

第3回入学前授業!

理学療法学科の入学前授業も今回で3回目!
前回に引き続き、たくさんの方に参加して頂き、にぎやかな授業になりました。

今回のテーマは、「解剖学・運動学の基礎知識Ⅲ」ということで、1回目の「骨学」、2回目の「関節学」に続き、「筋学」について学びました。
かなり難しい内容だったと思いますが、実技を交えながらだったので、楽しく勉強して頂けたかな、と思います。

201311163.jpg
今日もたくさんの方に参加して頂きました!

201311164.jpg 201311165.jpg
すっかりおなじみ、萬喜先生の熱い授業がスタート。今日の主役はこれ↑

201311166.jpg
今日は実技も体験。「筋肉の柔軟性を増す」運動療法にチャレンジ。

201311162.jpg
PNFのホールドリラックス、という技術を実際に行ってみました。

201311161.jpg
最後にお茶を飲みながら談笑。顔なじみもできて、かなり打ち解けてきたような…


★★★参加者の皆さんの感想★★★
「こつこつと勉強していく大切さを忘れず、勉強に励みたいです」
「普段、筋肉のことを知らず筋トレしていましたが、今日の授業でどんな筋肉を使っているのかよく分かって面白かったです」
「非常に理解しやすい授業だったのでとても良かったです」
「実習があったので体を使って覚えることができて分かりやすかったです」
「難しそうだと思ったが、実際に授業を受けてみると思ったより分かりやすかったです」
「筋肉の種類が多く覚えるのは大変だが、頑張ろうと思いました」

・・・・と、難しかった半面、体育会系の人が多めなので、筋肉の勉強は興味深く、実技も楽しんで行ってもらえたようです。


次回は年明けに開講します。また皆さんとお会いできるのを楽しみにしています!!


2013年10月29日

第2回入学前授業!

理学療法学科の第2回目の入学前授業が行われました。
前回よりさらに参加者が増え、遠方からもたくさん参加して頂きました。
4月の入学へ向けて、皆さん、気合入ってます・・・!

今回の入学前授業のテーマは前回の、「解剖学・運動学の基礎知識Ⅰ」の「骨学」に引き続き、「関節」について学びました。前回より内容がレベルアップし、参加者の皆さんからは、「前回より難しかった」という感想が多かったよう…。

PT10261.jpg
教室は参加者の皆さんでいっぱいに・・・

PT10262.jpg
前回の「骨」の復習をしつつ、今回は新たな内容を勉強。なかなか難しい・・・

PT10263.jpg
前回同様、萬喜先生の熱い授業!!

PT10264.jpg
実際に身体を動かしながら、関節の名前を覚えていきます。

PT10265.jpg
がっちゃん、今回も大活躍♪

PT10267.jpgPT10268.jpg
最後のティータイムには田守先生も登場!
前回は初回で緊張感がそれとなく漂っていましたが、今回は少し打ち解けてきて、会話も弾んでいました。


★★★参加者の皆さんの感想★★★
「細かいところまで丁寧に教えてもらって分かりやすかったです」
「いい勉強になりました。もっと勉強したいです」
「4月からの勉強にぜひ生かしていきたいです」
「分かりやすい授業ありがとうございました。これから分からないことをどんどん質問していきたいです」
・・・と前向きな感想ばかり頂きました!!


入学前授業はまだまだ続きます。合格された皆さんは、ぜひご参加くださいね!


合同就職説明会 開催しました!

先週末、各病院施設の関係者さまにお集まりいただき、
作業療法・理学療法・言語聴覚 3学科合同の就職説明会を実施しました。

2013102900.jpg

この貴重な機会に、学生たちの表情も真剣そのもの!
学生からは、「選択肢が増えた」「第一志望の病院の方とお話しできて良かった」「とても勉強になった」といった声が上がっていました。
それぞれ、よりよい就職に繋がると良いですね!

就職説明会に参加して頂いた関係者のみなさま、本当にありがとうございました。


2013年10月21日

☆在校生インタビュー☆

今回のブログは理学療法学科2年生・Sさん(久御山高校出身)のインタビューです!


■本校を選んだきっかけは?

3年制で早く就職できることが一番の決め手でした。また、オープンキャンパスに行ったときの雰囲気が良かったので本校を選びました。

■学校生活で楽しいひとときいつですか?

昼休みに友達とお弁当を食べながら話をするときがとても楽しいです。

■クラスの雰囲気を教えてください。

年齢や男女関係なく、みんなで楽しい雰囲気でやっています。とても居心地のいい環境だと思います。

■先生とのエピソードを教えてください。

授業で分からないことがあれば、分かりやすく教えて頂いたり、参考になる本などを貸して頂いたり、とても熱心に相談に乗ってくださいます。

■授業でのエピソードを教えてください。

2年生に入り、グループワークも多くなり、レポートを書いたりするのは大変ですが、みんなで協力して発表をし終えたときは、とても達成感があります。

■卒業後の夢を教えてください

病院で働きたいと考えています。患者様お一人ひとりに寄り添える理学療法士を目指して頑張ります。

■理学療法士を目指す方へメッセージを!

学生同士、また学生と先生との関係がとても良く、とても勉強しやすい環境だと思います。興味のある方は、一度オープンキャンパスに参加してみてください。


2013年10月07日

校外見学に行ってきました!

こんにちは。理学療法学科1年生です。

前期の試験を終えた夏休み、校外見学(義肢装具の制作現場、リハビリテーションセンター見学)に行ってきましたので、少し遅くなりましたがその報告です。

夏休みの後半の9月9日・12日に奈良市内にある (株) 奈良義肢と、田原本にある奈良県総合リハビリテーションセンターへ見学に行ってきました。
義肢装具には治療を目的とした治療訓練用と、治療後日常生活で使用する更生用があり、奈良義肢さんでは主に、治療用の義肢装具を制作しています。

9日は奈良義肢へ行きました。社長さんから義肢装具について、種類や使用法について説明をして頂きました。
そして、奈良義肢で働いている義肢装具士さんから実際に義肢・装具を制作するための工程のひとつである、「型取り」をして頂きました。石膏を含ませた包帯を脚に巻き固めて、取り外すとキレイに脚の型が取れました。

PT20131007.jpg

この会社の社長さんは、ボランティアで全国から使われなくなった義肢から部品を活用して新たに制作し、アフガニスタンの方々の支援を行っているそうです。
僕も無事に理学療法士になったあかつきには、様々な形で社会貢献できるようがんばりたいと思いました。


12日の奈良県総合リハビリテーションセンターでの見学は入学式以来のスーツを身にまとって訪問しました。
こちらでは診療部門と心身障害児のための通園施設、障害者の自立を支援する施設、仕事を行う作業所や住宅のバリアフリー化の展示を行う施設などが一体となっています。
実際に理学療法士の方が患者さんとリハビリを行う現場や、家屋改修の展示を見学させて頂き、卒業後、理学療法士として働く姿を漠然とですがイメージできました。

PT20131008.jpg

どちらの施設見学も、理学療法士になろうと思う意欲を高めることができた、貴重な経験になりました。


2013年10月02日

☆在校生インタビュー☆

今回のブログは理学療法学科3年生・森本君(法隆寺国際高校出身)のインタビューです!


■本校を選んだきっかけは?

オープンキャンパスに来た際、先生や卒業生の方がとても気さくに話して下さる中で、理学療法の勉強だけでなく人との関わり方なども学べると感じ、そこに魅力を感じて入学を決意しました。

■学校生活でやりがいを感じるのはいつですか?

最もやりがいを感じるのは病院・施設へ実習に行っているときです。実際に患者様と接し評価や治療をすることで、患者様に変化が現れたり、回復していく過程をみることができるので、患者様とかかわる時間は楽しく充実しています。

■クラスの雰囲気を教えてください。

3年間、何をするのも一緒なので全員仲が良く、勉強を教え合ったり、みんなでスポーツをしたり食事をしたりと、いつでも楽しく過ごしています。

■先生とのエピソードを教えてください。

勉強などをしていると気さくに話しかけてくださり、ふだんから質問などもしやすいです。どんな質問や悩みにも親身になって答えてくださるので、放課後、色々質問をして気づいたらずっと先生と話をしていることがよくあります。

■授業でのエピソードを教えてください。

グループで行う授業も多く、皆で一つのことをやり遂げることで自分に自信を持つことができるようになったり、自分だけでなく全体で行うことで責任感や達成感を感じることができます。

■卒業後の夢を教えてください

卒業後は理学療法士として、患者様がいま困っていることだけでなく、将来的なことまで考えてリハビリテーションを行っていきたいです。また、患者様から「この人にリハビリをしてもらいたい」と思ってもらえるような理学療法士を目指します。

■理学療法士を目指す方へメッセージを!

入学してからは勉強が難しかったりして、悩んだり落ち込んだりすることもあると思いますが、それを乗り越えると、こんなにやりがいのある仕事はない、と今は思います。辛いと感じることがあっても、あきらめずに頑張ってください!!


2013年09月24日

第1回入学前授業!

先週の土曜日、理学療法学科の第1回目の入学前授業が行われました。
関西学研医療福祉学院では、早期にAO認定された方などを対象に入学前授業を行っています。入学までの準備期間を有意義に過ごしてもらうこと、入学後の学習を円滑に進めてもらうことを目的に行っているものです。

今回の入学前授業のテーマは「解剖学・運動学の基礎知識Ⅰ」で、第1回目の今日は「骨学」について学びました。初回でしたが、京都の北部などの遠方からも含め、たくさんの方に参加いただきました。

pt9212.jpg pt9211.jpg
担当は萬喜先生です。         早速授業がスタート! 

pt9213.jpg pt9224.jpg
なかなか難しい・・・         本当の授業並に熱い!!

pt9225.jpg
今日習った骨を、実際に標本を触ってみて確かめます。

pt9226.jpg
資料だけで名前を覚えるのと、実際に骨を見てみるのではだいぶ違う・・・

pt9227.jpg
今回の授業で大活躍してくれた通称“がっちゃん”。
入学してからも皆さんとは長~~~~~いお付き合い!!

pt9228.jpg
最後はみんなでドリンクタイム。
皆さんから質問が多い、「入学前にしておいた方がいい勉強」について、萬喜先生からアドバイスがありました。

第1回目ということで、初めて顔を合わせるメンバーだったこともあり、最初は何となく緊張感が漂っていましたが、グループワークなどを経て少しだけリラックス??
例年、回を重ねるごとにだんだんと打ち解けていき、和気あいあいとした雰囲気になっていきます。

理学療法学科の入学前授業はあと6回、2月まで続いていきますので、ぜひ合格された皆さんは気軽に参加してくださいね!!


2013年09月06日

家族の一員である犬vol.2

こんにちは。浅川です。

pt92.jpg

前回(こちらを参照→前回の記事)は確定診断がついていない状態でMRI撮影をしますというところで、終わってたと思います。

7月下旬にMRI撮影をしました。犬は人間とは違い(当然なのですが…)撮影中に動いてしまうので、全身麻酔で検査をします。が…年なので全身麻酔に耐えれるか否か?と言う事も心配でしたが、検査できました。
MRIの結果は、五か所の椎間板ヘルニアでした。(まずは脊髄軟化症でなくてよかったという気持ちでした)

pt93.jpg

※椎間円板:クッションの役目
上下に重なり合う椎体の間にあり、脊柱に加わる衝撃に対して衝撃吸収装置と脊柱の安定化に役立ってます。 円板のほぼ中央に髄核があり、ゲル状です(弾性にとむ線維軟骨です)線維輪は髄核のまわりをとりまいています。

※椎間板ヘルニア:(人間ではL4/5(L4の神経 根,L5/S1(L5神経根)
髄核の突出若しくは脱出して神経根若しくは脊髄を圧迫し、しびれや感覚が鈍くなる感覚障害や脱力などの運動麻痺などの神経症状が出ます。

pt91.jpg

MRIの結果に伴ってどうするか?このままの状態でいるか?手術をするか?という状態になりました。
やはり気にかかるのが、年齢的に手術に耐えることができるのか?という心配がありましたが、7月下旬に100%歩行ができるという保証はありませんでしたが、手術をすることにしました。また、5か所全部手術することは出来ないので、再発の可能性も否めない。(ヘルニアの手術は背骨を削って脱出したところをとるので、5か所全部すると背骨自体が不安定になってしまうからです)
手術は2ヶ所、脱出した部分を切除しました。
手術後の経過は順調で、手術翌日から後ろ脚が動き出したそうで、手術の3日後に迎えに行ったときは、かなりヨタヨタしていましたが、歩行が何とかできる状態でした。

pt94.jpgpt95.jpg
退院日車中にて                 8月下旬

そして、関節を動かしたり、ステップの反応(こけそうになった時に足を前後左右に出して転倒しないように防止する反応)を出しながら体を支える運動をしているうちに、月日が流れ、現在では以前のような歩行ではありませんが歩いたり、ご飯頂戴と吠えながらピョンコピョンコ跳ねたり、よろめきながらも少し走ったりもします。
 ということで、自作した車椅子は現在使用せずにねむっています。
(今後もねむっていてくれればいいのだが…)

以上近況報告でした。


2013年09月05日

近況報告

こんにちは

理学療法学科教員の長坂です。
私は3年生の担任をさせていただいております。今日も3年生は教室で勉強に励んで…


pt96.jpg


あれ?誰もいませんね?

・・・そうなんです。3年生は実習がはじまって学校におりません。
理学療法学科の3年生は前期に2か月、後期に2か月の臨床実習があります。
合計4か月、
なので、ほとんど学校にいないような形になります。

担任としては、巣立っていく学生を眺めるようで、嬉しくもあり、さびしくもあり…
なんてことは言ってはおれません!学生さんが実習で力が発揮できるように、全力でサポートですね。

見知らぬ病院に飛び込んで、わからないことも多い中、実習に臨む学生たちは、不安だらけだとは思いますが、実習では自分を信じて頑張ってほしいと思います!

この実習が終わったら、今度は国家試験。

みんな頑張れ~!!


2013年08月12日

車椅子実習を行いました!!

先日、授業の一環で車椅子の実習を行いました。
内容は身近な場所に車椅子で行き、バリアフリーの利便性と課題を実感するというものでした。

・・・というわけで、僕達がよく利用する最寄りの「高の原」駅前にあるイオンモールに行きました。意識して見て回ると多くのバリアフリーが施されていることが分かります。


まず、僕がはじめに驚かされたのがイオンモール前にある坂です!
とても長く、車椅子の方が一人でこいで行くのはとてもしんどいです(-_-#)

皆さんも一度は長すぎる坂を上ったことがあると思います。そんなところを車椅子をこぎながら上るという、考えるだけで汗が吹き出しそうな体験をしました。

PT7301.jpg

しかし、よくみると坂の途中に平面がありました!(↑ ↑ ↑)
これがあることで、車椅子に乗っている方が疲れても、途中で休むことができることに気づきました!!!

他には自動販売機のボタンの高さです。カフェオレが好きなのか、頑張って押そうとしています。・・・しかし、ボタンの位置が高く一人では好きな飲み物が選べない等の点をみつけ、細かいところにまでバリアフリーが完全にいき届いていないと感じました。
(↓ ↓ ↓)

PT7302.jpg

僕はこの実習を受けて、車椅子に乗ったときの怖さや、後ろから押すときの運転の難しさなど、ふだん僕たちがふつうに生活している以上に周りに気を遣わなくてはならないと思いました。

障がいがあるからといってその方に気を遣うのではなく、その方が気を遣わなくてもよいよう、法律、環境の整備が必要で、さらには周りの人間の心遣いが大切であると気がつきました。


2013年08月01日

実習間近(*^^)v

こんにちは理学療法学科2年です。
だんだん、暑くなって蝉が鳴いてき始めました(*_*)

7月16日の火曜日に授業で実際に患者様を迎えて、検査・測定をする機会がありました。
グループで一から担当の先生とのフィードバックを繰り返し、どういう検査をどの順で行うのかということや、患者様にとっての有用性を考えたりしていたら、実際に検査をするまでに考えることが多いので難しいな・・・と実感しました(・・;)

患者様に検査を行うのは、学生同士でするのとは全く違い、色々なことに気を付けながら行わないといけないなと、しみじみ思いました。
時間制限のある中で、みんなが緊張と不安を抱えながら、その気持ちを患者様に見せないようにしながら、実技に挑んでいました(>_<)汗
でも、実習前に貴重な体験が出来て良かったです(*^_^*)

この後、協力して頂いた方々と一緒に昼食をとりながら、ふだんの生活やリハビリの経過、職業、悩みなどといったような色々なお話をさせて頂きました(^_^)/
・・・話に夢中で写真を撮り忘れていました!

もうすぐ2週間にわたっての検査・測定実習があるので、みんながそれぞれこの体験を活かして、良い実習を経験できたら、と思います。

そのために、実習に向けて、実技の確認や解剖学や今まで勉強した教科の復習をして準備をしています。

PT723.jpg


2013年07月22日

☆在校生インタビュー☆

今回のブログは理学療法学科在1年生・大久保君のインタビューです!


■本校を選んだきっかけは?

交通の便が良かったことと、学校周辺にもイオンモールや色々なお店があって便利だと思ったからです。理学療法士になる勉強は大変だけれど、とてもやりがいのある職業だとオープンキャンパスで話して頂いたことが後押しになりました。

■学校生活で楽しいひと時はいつですか?

昼休みにクラスメイトと弁当を食べたり、放課後の勉強で問題を出し合っているときが楽しいです。テストが終わった日にはボウリングに行ったりもします。骨標本を眺めてすべての名称が言えたり、勉強したことを人に説明できたりしたときに、やりがいを感じます。

■クラスの雰囲気を教えてください。

現役生27人・社会人13人、男性29人・女性11人という構成のクラスですが、皆とても仲が良いです。初めは社会人入学生との壁があったようにも思いますが、いつの間にかそんなものはすっかりなくなってしまいました!

■先生とのエピソードを教えてください。

どの先生も分かりやすく、ときには厳しく指導してくださいます。分からないことがあって質問すればしっかりと説明して、こちらの理解をきちんと確かめてくれます。

■授業でのエピソードを教えてください。

実際に体を使った授業はとても楽しいです! 血圧を測ったり、車イスに乗って学校内を回ったり…

■卒業後の夢を教えてください

国家資格をとったあとは、医療機関で働きたいと思っています。そのために、まず今は勉強、です。

■理学療法士を目指す方へメッセージを!

はっきり言って勉強はとても大変です。でも理学療法士は、患者様から「ありがとう」と感謝の言葉を頂ける仕事です。そんな理学療法士を目指して、ぜひ一緒に頑張りましょう!


理学療法学科1年・大久保尚哉さん
(奈良県立御所実業高校出身)


2013年07月19日

家族の一員の犬が…

こんにちは。教員の浅川です。
今回は…家族の一員である犬のことです。

今月の7月中旬にミニチュアダックスフンド(年齢:13歳・性別:♀・性格:甘え上手、我が道をいく?・通称:菊ちゃん)の下半身が動かなくなりました(>_<)

最初は右後ろ脚のみでしたが、昼頃には両後ろ脚が麻痺して動かなくなっていたようです。
朝、仕事に出る前、簡易に神経系の検査(反射をみたり、痛み刺激を与えたり)をしましたが反応は無い状態でした。頭の中では椎間板ヘルニア?なのかそれとも他の病気なのかと思いながら仕事に出かけました。
夕方、妻が病院に連れて行ったところ、確定診断は出ない状態でしたが、疑われるのは、椎間板ヘルニア若しくは、脊髄軟化症(脊髄が融解していき予後は不良な病気)でした。今月下旬にMRI(画像診断するための)を撮影してもらって確定診断をする予定です。
下半身を引きずり、不安な表情を示し、食欲も落ちていましたが、最近になって食欲も出て、表情も不安気ではなくなってきましたが、やはり薬や点滴等いっても下半身の動きはない状態です。

下半身が動かないため、活動の制限が起こりストレスも溜まるだろうと思ったため、車椅子を作製することにしました。…がホームセンター等に行っても支柱となる部分のいい材料が見当たらず、とりあえず、台車に使うキャスターと支柱とキャスターを繋ぐ金具を買いました。そして、自宅倉庫に材料はないかと探していると、体型に合いそうなものを見付けました。(折りたたみの椅子です)
そういう訳で、久々に金鋸などをひっぱり出してきて試作を作りました。

     車椅子の原型
       ↓

 

 
Wiiリモコン持ちながら娘も心配?    試作フィッティング中


ただし、確定診断がでるまでは、安静がベターとのことで、車椅子にハーネス等をどう着けようかなどを日々考えています。

以上近況報告でした。


2013年06月19日

ちょっぴり・・・


梅雨入り後、暑い日々が続いています。

理学療法学科は、1年生の前期前半のテストが始まっています。
入学して最初の山場、乗り越えましょう。
3年生は長期実習Ⅰ期組が帰って来ました。それぞれ成長し、課題を持っての帰還です。
現在はⅡ期組が実習へ旅立ったところです。


そして2年生。

6月第3週に、「歩行観察」の発表がありました。↑の写真はその一場面です。
色々な学校課題が重なっており、彼らがしっかり発表できるかどうか心配をしていましたが、余計なお世話様でした。
各グループとも観察の切り口を持ち、本当に頑張っていました。
昨年の今頃を考えると成長が見えて、ちょっぴり・・・感動しました(いや、だいぶ?)。

2学年の目標は、「らしくなる」です。理学療法士(を目指す学生)らしくなってきましたかね。
7月末から始まる「検査・測定実習」に向けて、しっかり取り組みましょう!!

理学療法学科 2年担任 熊澤


2013年06月12日

みなさん、元気ですかっ!?

どーも、理学療法学科の二年生です。
一気に暑くなってきましたね(*_*)
最近は登校するだけでおでこには汗の滴が...(笑)
もう夏ですね-、って春ありました?忙しくて春を感じる余裕もなかったようです(;;)

気が付けばもう二年生...
あの青丹杯からも一か月がたってしまいました...
ああ、人生は早い(泣)


授業ではグループワークが増えてきて、課題も山盛りです(@₋@)
忙しくて大変ですがみんなで力を合わせて取り組みます。

どんなしんどい事もみんなでやるから楽しい!!
仲間っていいね(^^)


立ち上がりの筋電図とってまーす↓

GW明けの金曜日にたまには息抜きって事で
みんなでバスケしました(≧▽≦)
次の日は筋肉痛(笑)
体の衰えを感じました(;;)


6月は作業療法学科の二年生を誘って、
ビーチバレーを予定しています。


あと二か月もすれば実習が始まります。
一年生の一週間の観察実習でもあっぷあっぷしてたのに、次の二週間の実習が乗り越えられるのか不安でいっぱいです。
日々の課題にも追われ、押しつぶされそうです。
しかし、しんどい時こそ自分が一番成長しているとき!! 
みんなで頑張っていきますよ~(^^)
毎週担任の熊澤先生が忙しい中、小テスト作成してくれています。
その他の先生方も生徒一人一人に熱心に教えてくれています。
最高の理学療法士になって恩返しができるように日々勉強に励んでいきます。
教室にも感謝を込めて掃除しています。


以上、近況報告でした。


2013年05月11日

GWの過ごし方

こんにちは。教員の浅川です。
御無沙汰してました。。。サボっていたわけではありませんよ(;一_一)

みなさんゴールデンウィークをどのように過ごしましたか???
私は…うーん、何と言いますか…子どもを連れてポルトヨーロッパでも行こうかと思っていましたが、調べた結果、子どもたちお目当てのグルグルコースターが老朽化により運休していて(@_@;)、と、妻が連休中ズ―――ッと体調不良で行くのは断念(*_*)看病状態。
しょうがなく庭の草引きをしていました。。。一応、お花を植えました。

あんまり子どもたちが家に閉じこもっていてはと思って、妻の体調がある程度動くことができるようになって、関西サイクルスポーツセンターに行くことにしました。変わった自転車などあるし、一周3㎞のサイクリングコースなどがあり、楽しめますよ。
朝から超満員で、いつもあまり待つことないものまで1時間待ち( 一一)・・・やっぱりゴールデンウィークだわ。

  

でも、子どもたちは日頃のストレス?解放感?からかハシャイデいました。
私もはしゃぐのは嫌いではないので、子どもたちと一緒に童心にかえり楽しい思いをしましたよ。
皆さんも行ってみてはどうですか?
案外いいですよ。。。

あと、これは別料金で、ゴールデンウィークとしてのイベントの一つでしたが大きいバルーンの中に入って水の上で遊ぶのがあり、子どもたちがやるとのことで楽しんでいました。(以前ポルトヨーロッパでやったことがあり、前々から熱望していたため)

親にとっちゃー痛い出費でした(+_+)が、楽しんでくれたのでよかったです(^。^)
以上我が家の休日の簡単な報告?でした。


2013年05月02日

青丹杯で1年生が優勝

こんにちはー
理学療法学科の新1年です
今回、初めてブログを書かせていただくので、緊張しております(笑)


先週、4月26日、
私達にとって初めての青丹杯開催ー  いぇーーい
スッゴくもりあがりましたねー(笑)

入学し、いつの間にか環境にも慣れはじめ、
お互いを分かってきた頃.....
さっそく、理学療法学科1年のチームワークが試される日が!!(笑)

 

元気いっぱい若さいっぱいの現役チームと
ついていけるか、不安そうな姿をみせる社会人チーム....

  


出だしの種目

『大縄跳びー』

おっと、だいじょうぶかぁー(笑)
なんとか、皆全力でとびきりましたー(笑)

 

続いて『ドッジビーぃ』

気合いたっぷりだぜぃーーー(笑)

  

『ムカデ競争ぉ』

息をそろえてえいほっえいほっ

  

『大玉リレー』

進め~理学~

 

あっという間にじかんはすぎ、
理学療法学科1年、優勝しましたぁー!



毎日、環境の変化もあり、毎日が勉強ですが、同じ夢を目指す仲間同士、
より深く仲良くなれてたのしかったですぅ~

  

理学療法学科みんなだいすきだぁーー


2013年04月22日

新入生登場

理学療法学科・1年生担任の歌川です。

4月9日、晴れ渡った空の下、2013年度の関西学研医療福祉学院の入学式がありました。理学療法学科は40名の新入生を迎えることとなりました。

 

学生たちの様子を見ていると、やはり初々しい!期待と不安が入り混じって、なんとも言えない緊張感が伝わってきました。

理学療法士になるための道程は、なかなかに険しいものがあります。まず初めに越えなければならない壁が、「専門科目の勉強」。

彼らが医学用語の難解さを目の当たりにしたときの、しょっぱい顔が目に浮かぶようです。
ま、しょっぱいながらも、楽しいことも盛りだくさんですし、彼らならきっと頑張ってくれるでしょう。

そんな淡い期待を抱きつつ、今年一年間、彼らの苦闘と成長を見守りたいと思います。

  

  

 


2013年02月14日

国家試験に向けて!!

皆さんこんにちは。
青丹学園 理学療法学科教員の歌川です。

2013年に入り、いよいよ3年生の国家試験が間近に迫ってきました。

3年間の集大成となるこの試験、全員合格を目標に
教員たちの指導にも自然と熱が入ります。

国家試験について学生に指導していて、やはり医療、医学分野の
学問としての敷居の高さは大変なものだと痛感しました。
1年生からの積み重ねがいかに重要か(今さら言ってもしょうがないのですが)
身に染みている学生も多いことでしょう。

童話「うさぎとかめ」のうさぎちゃんが最後死にもの狂いで激走している様子を想像しながら、
全身全霊をかけて国家試験に取り組む
3年生の鬼気迫る形相をごらんください%E3%81%B3%E3%81%A3%E3%81%8F%E3%82%8A.GIF

%E7%90%86%E5%AD%A6%E7%99%82%E6%B3%95%E5%AD%A6%E7%A7%91%E6%AD%8C%E5%B7%9D%E5%85%88%E7%94%9F%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B01.jpg%E7%90%86%E5%AD%A6%E7%99%82%E6%B3%95%E5%AD%A6%E7%A7%91%E6%AD%8C%E5%B7%9D%E5%85%88%E7%94%9F%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B02.jpg


2013年01月07日

近況報告!

新年明けましておめでとうございます。理学療法学科の1年生です。
後期に入り理学療法士に向けて覚える事は相変わらず多く、座学だけではなく触診やMMT(徒手筋力検査法)といった実技の授業も始まり、日々勉強に追われています。季節もすっかり冬に変わり、あっという間に一年が過ぎようとしています。
11月上旬には奈良県立医科大学での解剖実習があり、12月中旬には筆記、実技のテストやレポート課題が連続であり、気が付けば冬期休暇に突入という慌ただしい年末となりました。
勉強も大事ですが、せっかくの冬休み!!なので休める時はしっかり休み、遊ぶときは思いっきり遊ぶことが大切だと思います。クラスの皆も年末年始は羽を休めてゆっくり過ごしたようです。私も地元和歌山へ帰省してゆっくりと身体を休め、たっぷりと充電してきました。
%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%83%84%E3%83%AA%E3%83%BC%E7%90%86%E5%AD%A6.jpg
クリスマス気分を味わえるよう、教室にミニクリスマスツリーが飾られています★
 年が明けて新年早々には解剖学のテストが待ち構えています。2月には後期試験もあり、良い成績を残していけるよう、今のうちからしっかりと対策していきたいと思います。
また、3月には観察実習があり、初めて実習生として現場へ向かうことになります。理学療法士を目指していくための自分の現在の知識がどれほどのものかここではっきりと知ることができる機会であり、また理学療法士の仕事をじっくりと見ることができる大切な機会です。
 試験の対策も含め、実習に向けて一年間を通して勉強してきたことを再度確認し、これからも日々勉強に励んでいきたいと思います。


2012年11月21日

~ほっと一息~

11月に入りました。教務の熊澤です。一年というのは本当に「あっという間」と感じる今日この頃です。

理学療法学科の3年生は長期実習を概ね終わることができました。「ほっと一息」したいところですが、今度は、就職活動や国家試験勉強に向けて励んでいます。
2年生は11月末から始まる評価実習(3週間)にむけて、ペーパー上の症例のレポート作成と症例発表を終えたところです。皆遅くまで残って取り組んでいました。こちらも「ほっと一息」つきたいところですが、実技試験や実習に向けての勉強と、3年に負けずに忙しい毎日を送っています。
さて、私が担任の1年生。後期の授業が始まって、専門科目と実技科目の増加で少々お疲れの様子です。風邪も流行っているので、体調に気をつけてくださいね。

そんな私の「ほっと一息」
%E7%86%8A%E6%BE%A411%E6%9C%88.jpg
左から:チビⅡ、私、チビⅠ(初めてのイモ掘り)
先日家族(嫁、息子2人)と友人の三家族で「アグリパーク竜王」に出かけてきました。1歳半~3歳後半のチビ達と一緒です。モジモジしてなかなか話ができない子、お話をたくさんしてくれる子、訳もわからず突っ走る子と色々です。私も昔はそんなんだったのかな、と思いながら楽しいひと時を過ごしました。我々が預かっている学生の子供の頃はどうだったのでしょうか? 

さ、今年も残りわずかです。一息ついたら頑張りましょう(^O^)/


2012年10月30日

近況報告!

どーも、理学療法学科の1年生です。

夏休みも終わり、すっかり秋になり日々過ごしやすくなりましたが
皆さんどのような夏をお過ごしでしたか?

私たちは約1か月間の夏休みがあり、クラスメイトとキャンプに行ったり、地元に帰ったりとそれぞれの夏を過ごしました。
キャンプでは、みんなで食材の買い出しに行き、キャンプ場でBBQをしたり、近くの川で水浴びをしたりと夏を思いっきり満喫しました。

ですが!!遊んでばかりもいられず、(株)奈良義肢と奈良県総合リハビリテーションセンターへ見学に行ってきました。奈良義肢では、義肢や装具の作り方や納品までの流れについて詳しく教えていただきました。一方、奈良県総合リハビリテーションセンターでは、理学療法士の仕事を実際に拝見させていただき、期待と同時に不安がでてきたのを思い出します。臨床での理学療法士の仕事について、まだまだ分からないことのほうが多いですが、3年後同じように仕事をしていけるように、日々勉強に励んでいきたいと思います。

こんなふうに見学やその他に実力テスト等もあり、休みとしてはそこまで多いとは言えませんでしたが、様々なことができた夏休みだったのでとても充実したものとなりました。

一人暮らしをしていくだけでも大変な毎日ですが、後期も授業が始まってすでに2週間が経ち、実技も交えた授業が加わって、覚えることがたくさんありますが、みんなで協力し合って身に付けていきたいと思います。


2012年09月28日

近況報告!

お久しぶりです。海外研修の以来のブログになります!(^^)!

先日、関節ファシリテーション学会に行ってきました。今年は名古屋で開催されました。
テーマは「技術の研鑽」
技術はどの仕事にとっても必要なことであり、熟練していくにはかなりの歳月が必要だと思います。仕事以外でもそうですね!!!競技やコンクールなどで入賞、入選するには何事にも反復練習が必要ですね~

後期の授業が24日から始まり、1年次後期から実技が多くなってくる授業となり、このような話をしました。

皆さんはどうですか???練習を積み重ねていますか???何かに打ち込むことが出来ていますか???
上達するに個人差はありますが、やっぱり練習あるのみです(^.^)/~~~

私ももっと練習せねば(;一_一)と思っているしだいです。

名古屋は私が専門学校時代に3年間住んでいましたが、すっかり町の様子も変わっていました…歳をとった証拠ですかね~

もうすっかり秋かと思えば…まだまだ日中は暑い(‘_’)熱中症には注意しましょう!!!
またそれに伴って寒暖の差もあり、血圧上昇などにも気をつけて下さい。

浅川でした。


2012年09月05日

つかの間の休息☆

皆さんこんにちは。
理学療法学科の2年生です。
8月末に合計16教科にも及ぶ前期試験がようやく終わりました。今は再試期間となっていて、前期試験で残念ながら赤点(60点以下)の教科があった人は今もがんばっていることと思います%E3%81%82%E3%81%9B_M~1.GIF

僕はなんとかギリギリセーフ%E7%AC%91%E3%81%84.GIF

でもギリギリセーフといっているようでは、この先の実習ではきっとついていけないと思うので、夏休み中にテストで手ごたえがなかったところを重点的に復習して、新学期&次の実習に備えたいと思います%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%90~3.GIF

ということで、夏休み中も無理のない程度に学校に行きますよー%E3%81%B3%E3%81%A3%E3%81%8F%E3%82%8A.GIF
 自宅だと色々誘惑が多いですからね%E7%AC%91%E3%81%84.GIF
 そして授業がないので先生方も通常業務以外は手が空いてるはず%E3%81%B3%E3%81%A3%E3%81%8F~2.GIF
 
気になったところは先生をつかまえて出来る限り疑問を解消できます。さらに、同じように学校に行くクラスメイトもいるようなので、一緒に実技練習もできますからね%E7%9F%A2%E5%8D%B0_M~3.GIF
こうなると、夏休みといえど夏休みじゃない感じがしますが、ダラダラ過ごすよりは全然いいとは思いませんか??
何より授業に追われることなく自分のペースで勉強できますし、リフレッシュの機会も簡単に作れるのが長期休暇のいいところ。この休みを利用して新学期に向けてしっかり準備して行きたいですね%EF%BE%84%EF%BD%A9%EF%BD%B2%EF%BE%9D%EF%BD%B8%EF%BE%99~1.GIF


2012年07月13日

近況報告!!

皆さんこんにちは。

理学療法学科の1年生です!
ふと気づけば、入学してもうすぐ3か月が過ぎようとしています。
変わったことといえば、青丹学園に入学したことぐらいのはずなのですが…
この4月から1日の長さが短くなったのではないかと疑う毎日が続いています。

今回は、そんな僕たちの授業風景、現時点での学校生活について書いてみたいと思います。

では早速、理学療法学科1年の授業風景をアップしたいと思います。
clip_image003.jpg

どうですか?
すごく真剣な顔をしているでしょう%E7%AC%91_M_1~1.GIF

自慢じゃありませんが、僕自身も高校時代とは机に向かう集中力が全く違います…。
そして、こちらの写真も
clip_image002.jpg   
見てください!
放課後も頑張って勉強してますよ~%E9%A1%94EDED~1.GIF


放課後は先生方も僕たちの勉強に協力して下さり、勉強の進め方から苦手部分の克服まで熱心に指導してくださいます。
ほんとになんていい先生方なのでしょうか(笑)

僕達の熱意と先生方の熱意で2Fのホールはいつもムンムンしていて暑苦しいくらいです。
先輩方もわからないところを親身になって教えて下さるので、とても助かっています。
教室ではホワイトボードを利用して、生徒同士による勉強会をしていて、分からないところがあれば教え合いながら和気あいあいとした空気の中で勉強しています。
自宅に帰っても勉強を頑張っているせい?なのか、授業中少しうとうとしてしまうこともありますが、毎日を楽しく過ごしています。

学校生活では、勉強だけでなく、友達の誕生日に仲間が集まってお祝いをしたり、他学科の人たちとふれ合ったりもします。夏休みには、病院や職場の見学もあるので、今からもう楽しみです。
休日には息抜きも必要と思い、クラスの友達と勉強以外の話で盛り上がりながら、日ごろのストレス発散とばかりに時間も忘れ一日話をしたり大好きなものを食べながら過ごしている人も…。(笑)

この時期はテストも近くこれまで以上に勉強に追われる日々が続くので、なかなか時間はありませんが、少しの時間を楽しく過ごしていこうと思っています。

それでは、次回の更新をお楽しみに%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%AF~3.GIF
 


2012年06月09日

☆近況報告☆

皆さんこんにちは。

今年の5月の中旬から専任教員として働いています、歌川です。
1年生の副担任をしています。
そして青丹学園理学療法学科の卒業生(1期生)でもあります。
着任してまだ1ヶ月に満たないのですが、これまでに感じたことをつづります。

生徒のひたむきに勉強に励むさまを見て、自分の学生時代を
思い出すのは当然のこととして、今日は他の雑感を少し。

青丹学園理学療法学科は3年制で、それぞれの学年に40名ほど
在籍しています。

みなが与えられた課題を懸命にこなしていく姿に変わりはないのですが、
学年それぞれに特徴があることに気づきました。

1年生:理学療法士を志し、熱意を前面に押し出し勉学に励んでいます。ただ、理学療法士像がいまだよくわからない。そのため、本当に今のままでいいのか、勉強量は十分か、判断がつかず不安がよぎっている様子。

2年生:1年生の終わりに理学療法の現場を見学し、授業もいよいよ専門科目が始まりました。理学療法士像がぼんやり見えてきたようです。自分が今なすべきことが具体的になってきて、勉強が楽しそう。ただ、やるべき量の多さに愕然とし、本格的に始まる実習への不安は隠しきれない、そんな様子。

3年生:理学療法士見習いとして、実際に患者様と接することで芽生えた医療人としての自覚、理学療法士魂。早く現場で働く理学療法士になりたくて、うずうずしているようです。ただ、そんな彼らに立ちはだかる国家試験という、越えなくてはならない壁。日に日に迫る国家試験に、やはり不安げではあります。

どの学年もちょっと不安そうです(笑)。
それは置いといて、入学時の漠然とした熱意が、月日を追うごとに
理学療法士になるためにより特化し専門性を帯びていくさま、熱意が決意に変わっていく様子に人の成長を強く感じました。

自分もその一助となるよう、粉骨砕身がんばらないと。
%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0-009.jpg


2012年05月31日

実習直前・・・

皆さんこんにちは。7期生の三木です。

現在3年生はクラスの約半分が実習に行っているため登校しているのは残りの半分だけです。残った生徒は6月から始まる実習の日のためにケーススタディや、来年3月上旬に控えた国家試験の対策に取り組んでいます。その他にも今までの実習で経験させて頂いた症例をもとに治療プログラムを立案し発表というグループワークも行われたりとたくさんやることがあったりします。特に治療プログラムの立案、発表についてはグループの皆と熟考し万を持しての発表・・・のはずがそう簡単にはいかないものでたくさんのご指導をいただく結果となりました。治療方法などは資料を見ればすぐに見つけることができますがほかの治療といかに競合せず、次の治療、さらには総合的な治療につなげるか、というところが難しく感じました。3年生の実習では患者様の状態を確認するところから始まり、治療までを施行させていただくので、この講義でいただいた指導をしっかり思い出しながら臨みたいです。
もうすぐ先に実習に行った人たちが帰ってきます。みんないい顔になって戻ってくるんでしょうね。ホントにお疲れ様でした!!
ほぼ入れ替わりで次は自分たちの番なのでしっかりがんばってきたいと思います。

これは4月のことですが、同じ7期生の人たちがお花見をしていた際にお邪魔させていただきました。学校の周りはいろいろと公園や施設が充実しています。勉強もすごく大事ですが、たまには息抜きして頑張りましょう!!

ありがとうございました。


IMG_1931.jpg


2012年05月14日

新入生の一言!―この1ケ月を振り返って―

平成24年4月10日、爽やかな晴天の中、当学院の入学式が行われました。今年も40名の新入生が青丹学園、理学療法学科の仲間に加わりました。ゴールデンウイークも終わり、そろそろ入学して一ケ月がたとうとしています。そこで、新入生に学校生活・学生生活はどうか一言聞いてみました。(プライバシー保護のため、すべてペンネームになっております。ご了承ください。)

「理学療法士への道は山あり山あり。」ペンネーム:大きな小人
「入学前は、自分自身が他学生より、確実に年上で年齢差もあると不安に感じていましたが、入学してからは、逆にこの年齢層を楽しく感じて学生生活をおくっています。」ペンネーム:エルカンタ―レ
「新入生代表の挨拶をしました。めっちゃくっちゃ緊張しましたぐぅあ、とても忘れる事の出来ない経験をさせて頂きました。」ペンネーム:STN41
「授業のペースは早く、覚える事は多くて大変ですが、クラスメートと協力し合いながら頑張っていきたいと思います。」ペンネーム:W
「この学校に来てよく勉強するようになった。そして、青丹杯でバレーボールが(負けて)とてもくやしかった。来年は優勝する!!後は3年間このクラスで仲間の絆を深め全員で国家試験を合格して卒業するなり!!今は勉強と他学科とのふれあいも楽しくて毎日充実してまっ!!青丹最高!!」ペンネーム:Souchan
「3年間で絶対卒業する!」ペンネーム:S・K
「一人暮らしが大変、毎日が寝不足・・・」ペンネーム:TO
「勉強は大変ですが、とても、やりがいがあって頑張ろう、という気になります!!」ペンネーム:たいさん
「Very Goodです!!」ペンネーム:ヤリイカ
「毎日5時間の勉強はウソじゃない。毎日しないと後悔するよ。(オレみたいに・・)」ペンネーム:つぅ
「勉強大変やけど、学校は楽しい。」ペンネーム:ライムトニック
「授業内容は難しく、覚える事も多いので大変だが、放課後に他のクラスメートと復習したりしているので、充実した学校生活を送れていると思う。」ペンネーム:クレ4
「単位を落とさないか心配です。」ペンネーム:ペンネーム
「きちんと考えよう あなたの将来 なめていては ついていけない 青丹学園」ペンネーム:優月
「勉強は大変やと聞いてて覚悟はしてたけど、ホンマにしんどいし大変やし、復習は大切やと思った。」ペンネーム:ネッサ
「勉強は本当に大変なので、根気がいりますが、先生や先輩は良い人ばかりなので、とても楽しい学生生活が送れています。」ペンネーム:りっちゃん
「クラスおもしろい人ばっかりで、めっちゃ楽しい!」ペンネーム:リン
「まだ、クラスメートの顔と名前は一致していないが、青丹杯、クラスでの食事会を通じて、クラスの中でも話せる人が増えてきて、なじめてきていると感じている。」ペンネーム:マー君
「青丹杯、楽しかったです!!勉強、頑張りたいです。」ペンネーム:ウォーリー
「勉強は大変だけど、充実した日を送っています。」ペンネーム:優夏恋
「社会人から、しばらく勉強が遠ざかっていたので、学生になって勉強し始めてから、暗記の多さにビックリしていますが、頑張りたいと思います。」ペンネーム:ヒロさん
「授業は大変やけど、学校生活は楽しい。」ペンネーム:mountain
「とても辛いです・・・」ペンネーム:あつぽん
「この学校へ入学して、始めは友達が出来るかなとか、勉強ついていけるかなとかたくさん不安がありましたが、今はクラス皆仲良くなって来ました。勉強の方はまだまだ不安いっぱいですが、夢のためにこれからもっと頑張ります。」ペンネーム:ファンモン大好き
「勉強 大変(涙!)でも、頑張ろう!!」ペンネーム:シュワちゃん
「先日、青丹杯が開催されてPT学科が優勝する事ができました。応援でも皆、団結することができ、友達と仲良くなれるきっかけになり良かったです。」ペンネーム:スヌーピー
「覚えることはいっぱいあるのに、思うように勉強できていない・・・やっぱり、大変ですね。」ペンネーム:なまけもの
「授業のスピードが速いので、予習と復習はきちんとしないと大変だと思いました。」ペンネーム:グレープフルーツトニック
「入学式の日は晴天に恵まれて、良い式になりました。」ペンネーム:どめ
「自分よりも年上の人や年下の子がいて、仲良くなれるか不安だったけど、みんな話しかけてくれてすぐ仲良くなった。」ペンネーム:シトラス
「勉強は覚える事が多く大変ですが、クラス、先生、先輩の雰囲気がいいです。」ペンネーム:絶頂
「解剖実習で気分が悪くなりませんように・・・」ペンネーム:ナメクジ伯爵
「青丹杯、学年1位をとれて嬉しかった!クラス、団結できた!(^^)!♪」ペンネーム:あーちん
「勉強が大変なのは覚悟していましたが、やっぱり思ったより大変で泣きそうになりました。でも、放課後みんなで教え合いしたり、先輩にも色々教えてもらい交流も持てますし、助かっています。そのおかげで、青丹杯も1年で優勝☆☆とても楽しかったです。」ペンネーム:マッチ棒
「大学を卒業してからの専門学校への入学。勇気のいる決断でしたが、全く後悔はなく、夢に向かって全力疾走!!」ペンネーム:高血圧
「勉強はすごくしんどくて忙しいです。けど、みんながんばっているのでがんばらないといけないと思わされます。」ペンネーム:いちばん席前
「Very Good」ペンネーム:ブ~ンチクッ
「授業が始まって一カ月たちましたが、大学卒業して2年くらい経過しているので、なかなか勉強するという事に慣れませんが、無事卒業できるように頑張っていきたいです。」ペンネーム:まるてちゃん
「学校は勉強が大変ですが、とても毎日楽しいです。」ペンネーム:さな
「年令が他の人よりもずいぶん上なので、入学後心配していましたが自分と同じくらいの年の人もいたり、18才~22才の子達とも仲良く出来ているので、いらない心配でした。これから、入学を考えておられる人も多分同じ考えを持つと思いますがそんな心配はいらないですよ。勉強は大変ですがそれ以上に楽しい事が多く、入学してよかったです。」ペンネーム:29歳男
「勉強、がんばります!」ペンネーム:ⓢ


以上、1年生のみんなの一言でした。
いかがだったでしょうか・・・。意外とみんな本音で一言を書いてくれた様です。
ここで解説ですが、青丹杯というのは、全学科参加のスポーツ大会の様なものです。バレーボールあり、リレーあり、クイズ大会あり・・・。みんな、楽しんでくれた様で、すごく嬉しいです。クラスの交流も図れたようですね。良かったです。
後は、やはり、勉強が大変という事でしょうか・・・。これは、まぎれもない真実です。理学療法士は人様の身体を触り、治療していく職業です。解剖学や生理学、運動学などの基礎知識・技術なくして人様の身体を触る事はできません。厳しい様ですが、これが現実です。でも、毎日コツコツ勉強し、努力する事で理学療法士になる事は誰にでも可能だと思います。どんな場合でも、「小さな積み重ねなくして、大成なし」です。何かわからない事、迷いが生じた時などは、教員の所に相談に来てください。先輩も、クラスメートもいます。みんなでゴールに向かって頑張りましょう!!
以上、青丹学園、理学療法学科のスーパーサイヤ人でした~!

P1070145.JPG


2012年04月24日

5月から・・・

皆さん、こんにちは。

5月中頃から教務に入る熊澤です。このブログを書いている現在は、まだ病院勤務なので、何だか不思議な気持ちですね。

とは言え、5月からは1年生の担任となります。
先日は、入学式には参加させてもらいました。理学だけでなく、他学科の新入生も新鮮な表情で気持ちの高ぶりがみられて、刺激を受けました。1年の生徒さんは、入学の時の気持ちを忘れずに頑張っていきましょう。

では、簡単に自己紹介です。
出身校 - ここ青丹学園の1期生。社会人入学です。
担当予定 - 物理療法、MMT、演習科目
学生時代に好きだった科目 - 解剖学(など)。とにかく覚えるしかないと頑張っていましたね。
現在好きな科目? ― うーん、科目で言えば運動学ですかね。動きはまだまだ謎が多いです。
趣味 - バイクでしたが、現在降車中(2人の息子あり)。麺好きです。
学生さんへ - 勤務場所、リハビリの対象者など幅がすごくある職業です。共通するのは、人の動きということなので、まずは基本をしっかり学びましょう。

あまり、紹介できていないですが、まずはこのぐらいで。

理学療法士 
熊澤浩一(熊澤 浩一)


2012年04月04日

海外研修報告【最終】

しばらくご無沙汰しておりました…すっかり1年越しになってしまいました…すみません。(-.-)(-.-)(-.-)(-.-)(-.-)(-.-)(-.-)(-.-)(-.-)(-.-)(-.-)(-.-)(-.-)(-.-)(-.-)(-.-)(-.-)(-.-)(-.-)(-.-)(-.-)(-.-)(-.-)(-.-)(-.-)(-.-)(-.-)

研修としては最終です。午前はリハビリセンター(Vesterbo)へ行きました。
ここではPT3名、OT2名が所属していました。16歳以上の患者が対象で、総合病院など退院後、疾患により異なるが、大体1週間2回、1時間の割合で1日約30名程度の患者に対してPTあるいはOTを個別、集団により行なっている。集団で行う場合は64歳以上で同じような疾患を集めて行う。多くは歩行能力低下や平衡機能低下などの患者で、1集団10名で2名のPTがついて行う。また、高齢者センターが併設されておりここの住人も対象としておられます。
PT2.jpg
ここでは、大腿骨頸部骨折後(高齢者に多い骨折です)、腰痛、変形性膝関節症(関節が変形している病気です)、成人病(癌、特にデンマークでは乳癌が多いそうです)、慢性呼吸器不全(現在アッコさんがCOPDとCMで行っているような病気です)、糖尿病、肥満、スポーツ障害などです。
話を伺ったPTの専門は癌患者でした。癌患者にはPTだけでなく、臨床心理士、管理栄養士なども関与しています。大事なことは…癌患者を癌といって哀れむのではなく(同情ではなく)、人間性を尊重し共感(empathy)することが大事である。
もう一つここで聞いた話で、現在デンマークでは11歳で子宮頸癌のワクチンを受けられ、また現在、前立腺癌などのワクチンを開発中であるとのことでした。
私は父を肝臓癌で亡くしましたが、癌のワクチン開発や苦痛のない癌治療の発展を望んでいます。
PT3.jpgPT4.jpg
午後からはまとめということで…車中でいろいろと話やデンマークの情勢などについてなどをクイズ形式で活発???に答えていました。途中breakということで道中のホテルで喫茶タイム。なかなか日本では味わうことのできない環境の中で、みんなは空いた小腹を満たしていました。満たした後は周囲の散策にでて、桟橋でキメ???写真をとりました
PT5.jpgPT6.jpg
ホテルを後にし、もうひとつ見せたいところ(空港と言われた)があると言われ、車に乗り込みました。ついたところが実は空港ではなく
精神病院でした。しかし、
鉄格子などもなく(以前はあったそうです)、中も非常に清潔感があり、小さい空港と言われれば間違えると思います。さすが、ノーマライゼーションの発祥の地!
PT7.jpg
そして、最終日はいよいよ観光です。
 観光地としては大聖堂やアンデルセンの生家や博物館などに行きました。(レゴランドやチボリ公園はこの時期寒さ等で閉園しているんです(~_~;)

最後の夜に研修に参加したメンバーが優雅な夕食後、研修の修了証を頂きました。。。
PT8.jpg
最後に…
デンマークや作業療法学科の海外研修先でもあるスウェーデンは福祉国家といわれていますが、長い歳月がかかって、現在の福祉国家が築かれています。
日本ではどうでしょう?消費税増税や医療費、年金の問題などの様々がありますが、みなさんも考える日が来ると思います。もしくは既に考えられているかもしれませんね。
これから理学療法士や医療従事者を目指す方や既に医療従事者の方、全く医療と関係のない方も、何故福祉国家といわれるか?税金の使い方などに直接触れる機会があったら是非触れていただければと思います…


2012年02月23日

在校生の生の声【理学療法学科】

今回は、理学療法学科・2年生伊藤さんのインタビューです。

★本校への入学の決め手は?
家から学校までの距離が近く、通学時間が短い事です。学生になると日々の授業の復習、テスト勉強のための時間が必要になると考えていました。通学時間に何時間もかかってしまうとその時間が無くなったり体力面でも大変だと考えていたので学校選びの時、特に重要だと思いました。

★学校生活で楽しいひととき、またやりがいを感じるときはいつですか?
本校では様々な年代の学生がいます。各年代理学療法士になるという目標は一緒でみんなで励ましながら勉強しています。クラスは歳も違い色々な考えの人がいてそれが刺激となって勉強を頑張る事が出来ます。
やりがいは実習にいった時、勉強している事がそのまま患者様に反映される事です。大学とは異なり専門学校のよい点だと思います。

★クラスの雰囲気を教えてください。
クラスの雰囲気はとても良いです。放課後みんなでサッカーや野球をしたりしています。誕生日の学生がいると休憩時間を使いちょっとした誕生日パーティーを開いたりもしています。

★授業でのエピソードを教えてください。
1年生の時にカエルの解剖を行いました。解剖学は1年生の時に授業で習います。勉強した事を実際「生で体験する」事は楽しいと感じました。また筋の働きを確認できる「筋電図」を使い「椅子からの立ち上がり」を勉強した授業はとても楽しかったです。実際に立ち上がる時、どのタイミングでどんな筋が使われる所まで専門的な授業でないとしないと思うので勉強になりました。

★卒業後の夢を教えてください。
今勉強している事を多くの患者(利用者)様に役立てたいと思っています。人が生活していくのに身体・心の豊かさは大切です。国家資格をとりスペシャリストとして多くの人の「生活の質」の向上の為働きかけて行きたいと思っています。

★これから進学をめざす人たちへのメッセージをお願いします。
高齢化社会へとなっていく中、私達の仕事の重要性は増していくと思います。知識・技術・心のバランスが取れらセラピストが今後必要とされると思っています。この学校ではその重要さを教えていただけ、学校の雰囲気も良いです。一緒に頑張っていきましょう。


2011年10月12日

学科交流★野球大会

P1010809.jpg

7月8日、本学科2年生を対象に野球大会を催しました。自由参加にも関わらず、クラスの殆どの学生が参加し、日ごろのストレスを発散する良き日になったのではないでしょうか?このような行事は、学生主体で企画することで、学校主体での行事と違い学生自身の主体性・団結力が自然と表出されると思います。当日も、学校では見られないような表情でみんな楽しいそうに騒いでいました(笑)

P1010899.jpg
高校を出てすぐの現役生から社会人の学生と先生と幅広い人達が集まり、それぞれのチームで団結し、野球という1つの競技で、同じ立場となり、楽しい時間を過ごせました。正直なところ、学生生活は大変なところが多く、いつも切磋琢磨して頑張っています。今回の野球大会を通して日ごろのストレスを思う存分発散することができたと思います。これからも、クラス全員で団結力・集団意識を高めるためにも、何かできれば良い思いますし、クラスの雰囲気として「やるときはやる」というメリハリ意識で、これからの学生生活も充実させていきたいと思います。

P1010900.jpg

〈野球少年 増田君のコメント〉

日ごろは、難しい顔をしている先生たちも、この日はみんな笑顔で楽しんでいました。
これからの学生生活も、「やるときはやる。息を抜くときは抜く」といったメリハリのあるこの学校で一生縣命に頑張っていきます。
ちなみに、最終打席でさよならヒットを打っちゃいました。

P1010866.jpg
〈応援部隊 美女の二人 四方さん(左側)嘉手刈さん(右側)のコメント〉

こんにちは!
美人で噂の四方・嘉手苅の仲良しコンビです♪(笑)
7月に開催された、理学療法学科の『岩山先生、長さん、女の子いっぱい来るんでテンション上がりっぱなしの野球大会』ゲストの事務員の岡田ちゃんも一緒に楽しみました。(^0^)♪
今回の野球大会は、学校が終わってからのナイター☆
古川先生から美味しいパンの差し入れを頂き、みんなのテンションUP!!岩山先生・長坂先生・男の子たちの学校とは違う一面が見れました♪みんなかっこよかったです。(*^^*)照
今回は野球大会でしたが、夏休みにも先生と1・2年生でBBQをしました♪本当に良い思い出です!勉強は忙しいですが、これからも計画をして、みんなで思い出を作りたいと思っています(^0^)♪

P1010944.jpg

〈こんな夕暮れまでみんなで遊んじゃいました〉

学校が4時20分に終わり、学生は猛ダッシュ!!でグラウンドに向かい、試合開始5時30分プレーボール。みんな時間を忘れて野球に集中。辺りを見合わせれば、日は沈み、ナイターの中でも泥んこになりながら、みんな頑張っていました。(日ごろの勉強もこれくらい集中してくれればいいんですが・・・と思いながら、私はベンチの中から学生の一生懸命の姿を観戦してました。)

P1010878.jpg

〈最後に専任教員 岩山からのコメント〉

このような、行事は、毎年、1~2回位は催されています。去年は、学生主体のライブコンサート、今年は、野球大会を企画してくれました。私自身も、このような行事に参加することで、色々な刺激を受けますし、いい機会となっています。(正直なところ今回の行事は体力の衰えを感じましたね。(笑))学生自身も学生生活の良い記憶に残ることは間違いなしですよね。!!
今回、企画から当日の段取りまで、お世話してくれた各学生さんたちに感謝の気持ちで一杯です。ありがとう!!



2011年07月04日

海外研修ご報告④

しばらくご無沙汰しておりました…非常にバタバタしておりまして…というのも、学内のことはもちろんのことですが、町内の活動や、富田林の各神社連合会が中心となって、7月3日(日曜日)に「がんばろう日本、ひとつになろう富田林」というスローガンで震災チャリティーイベントの準備・本番などで公私ともに非常にバタついてました(>_<)


では、本題に入ります。。。3日目です…
午前中は総合病院(Vejle sygehus)・理学療法士クリニック(Klinikken i Vejle)へ行きました。
denmark13.jpg

総合病院(Vejle sygehus)の職員は全体で4200人程度です。そのうち理学療法士は約25名所属しています。そこで、ここの病院では、より質を高めるために理学療法を関節系(9名)、神経系(6~7名)、癌系(3名)、循環器系(7~8名)に分けておられました。ただし、専門分野のみだけでは駄目でオールマイティーであることが必要とのこと。(私もこの専門分のみだけでは駄目ということには大賛成です。というより当たり前のことだと…だって専門は理学療法だから…)
お話を聞いた理学療法士は専門が1人は骨関節系、1人は癌系でした。なかなかピンと来ないかもしれませんが、骨関節系でいえば、骨折や関節の変形などによってその関節を人工のものにする手術前や手術後に関わったりします。また、癌系でいえば、デンマークでは乳癌になる方の率が高いとのことで、乳癌の手術前後やその他の癌の手術前後に理学療法を行っていると。(これから皆さんも携わっていきますよ!!!)

なんだか難しい話になってきたので…病院の話はこの辺で…
そうそう、院内見学中、廊下に人工関節などが展示してありました。
手術を受けられる方、家族に対して、このような人工物が入りますよと分かってもらい安心してもらうためとのことでした。
denmark14.jpg

昼食は病院内のCaféで食べました。みんなそれぞれが好きなものを買い食べました。私はサンドイッチを食べましたが・・・一つ一つがでかい!!!
denmark15.jpg

午後からは理学療法士クリニック(Klinikken i Vejle)へ行きました。
ここでは、予防医学中心に行われているようでした。いわゆる病気になるリスクを減らすなどを理学療法士がプログラムして行なっている。かと言って、症候をもたれた方が来ないわけではありません。子どもから高齢者まで様々で、外科系、神経系、筋骨格系など様々であるが、80%くらいが痛みに対して行なっているとのことでしたよ。
日本では、現在の法律では病気や怪我などによって体に症候をもたれた方が対象となりますが、また、理学療法士単独では開業できないのが現状です…
 
今回も非常に長くなったのでこの辺で…
Madforgiftning(マズフォーギフトニング)  food poisoning     食あたり  (←注意して下さいね)
Dansk (デンマーク語)        → English(英語)    ⇒ Japanese(日本語)


2011年05月20日

在校生インタビュー

本日のブログは、理学療法学科2年生、山口君(京都府立加悦谷高校出身)のインタビューです!

★本校への入学の決め手は?
他の学校の理学療法学科は4年制の学校もたくさんありますが、本校の理学療法学科は3年制なので、他の学校よりも1年早く現場に出れるということに魅力を感じたことが決め手になりました。

★学校生活で楽しいひととき、またやりがいを感じるときは?
基本は勉強で忙しい日々なのですが、週に1回クラスの人で集まってスポーツをする日を作っていて、楽しいひとときです。

★クラスの雰囲気を教えてください。
高校卒業の学生から社会人経験のあるの人まで、幅広い年齢のクラスですが、みんなが協力し合い仲良く楽しく学べるクラスです。わからないことは教え合いながら学んでいけるとても良い環境だと思います。

★授業でのエピソードを教えてください。
理学療法士は専門職であり、技術職でもあるので、実技の授業がたくさんあります。座学だけでなく、体を動かして受ける授業はまた違った難しさがありますが、とてもやりがいがあり楽しいです。実習に向けてみんな一生懸命がんばっています。

★卒業後の夢を教えてください。
理学療法士になり、その中でも患者様に担当の理学療法士の人が自分でよかった、と思っていただけるような、理学療法士になりたいです。

★これから進学をめざす人たちへのメッセージをお願いします!
勉強は確かに大変ですが、人に感謝されるとても良い仕事ですよ!!


2011年05月18日

海外研修ご報告③

2日目です…
午前中は高齢者センター(Møllehave)・午後から家庭医(Elo)へ行きました。また、日欧文化交流学院でデンマークについての講義をいただきました。

高齢者センター(日本でいう特別養護老人ホームのようなものです)では、入居するまでの生活を継続することに重点を置いています。いわゆるactivityの継続です。何事にも自己決定を最大限に尊重し、住人同士が食事は何を食べようか?何を作ろうか?やどんな活動をしようかなどを話し合い決定しています。自由です。さて、日本ではどうでしょうか?大体は決まった時間に食事を摂り、与えられた活動などを行っていると思います…
それと、できることは自分でおこなってもらう。ということを重視しておられました…当然のことですが…(;一_一)さて、皆さんはどうでしょう?自分でできることはしていますかな???('_')
あらためて人間らしい・その人らしい生き方、過ごし方などを考えさせられました。
ただし、皆さんに間違えてほしくないのは、自由と我がままは違いますし、自由といっても責任は付いてきますよ(^.^)

denmark11.jpg


家庭医と聞いても馴染みのない言葉かもしれないですね。かかりつけ医は聞いたことがあると思います。がしかし(?_?)日本のかかりつけ医とは全く違います。
何が違うのでしょうか?疑問が出ますね…違うところは沢山ありますが…住人1500人~2000人に対して一人の家庭医がつきます。と言ってもピンとこないかも知れないですね。
例えば、赤ん坊の頃や幼稚園、小学生、中学生の時など風邪を引いたときは恐らく、小児科に行きましたね?高校生や成人すると病院の内科や内科医院に行ったと思います。怪我をすれば外科などに通院したのではないでしょうか?年齢や体の変調の違いによって行く病院、医院を変えていますよね?
デンマークでは家庭医が赤ん坊から高齢者まで全ての状態を診るようです。そこで解決できない場合は、専門医のところへ紹介するシステムとなっています。また、総合病院とのネットワークもきちんとしており、情報の交換などもスムーズに行われるため、住人は安心しているようです。
いいですね~(^v^)赤ん坊若しくは生まれる前から個人の体の状態を知っている訳ですし、その個人の病気の歴史(既往歴といいます)を知っている状態ですね。
ただし、家庭医になるのは相当勉強しなくてはならないと。医師になるのには日本と同じように6年間、そこから最低でも5年以上(大体は10年くらいかなと…)全科(内科、外科、整形外科、小児科、眼科………などと日本で約40ある科)を経験しなければならないのとのことでした。

ちなみに、私の妻がデンマークに留学していた頃、どうも体調が悪いから家庭医に診ていただいたら、超音波診断の結果、妊娠しているのが分かりました。(そんな訳もあり以前から交流させていただいています。その息子は7歳になり、家庭医から毎年レゴブロックなど送られてくるのを首を長~くして待っています。娘もですが…(笑))

denmark12.jpg

またまた長くなったので今回はこの辺で…
  Lӕge(レーイエ)        Doctor        医師
Dansk (デンマーク語) →  English(英語) ⇒Japanese(日本語)


2011年04月30日

海外研修ご報告②

つづき・・・

前回の問題のAnswer=消費税は25%です。
みなさん高いと思うでしょうね。
しかし、デンマーク人は「負担」と思っていないようです。
というのも、医療、教育、社会保障などで戻ってくるからです。また、心に「強者が弱者を助ける」という気持ちを持っているので「取られている」ということには思わないようです。
私たちは日欧文化交流学院の理事長千葉忠夫氏から直接話を聞いたのですが、千葉氏が書かれた「格差と貧困のないデンマーク」を読まれるか、次のアドレスより先日帰国され日本記者クラブでの講演されたことが見れますので、アクセスしてみてください。http://www.youtube.com/user/jnpc

さて、いよいよ研修の1日目が始まります。午前中は重度障害者入居施設(Bognæs)に行きました。ここは最重度の知的障害者の施設です。
少し予定より早く着きましたが施設に入りみんなで待っているところに・・・・・・・・・・
               さっそうと現れたのが、この自転車↓↓↓
denmark5.jpg denmark6.jpg
話を聞くとこの自転車はこの施設の住人(日本では利用者さんと呼んでいると思いますが、デンマークではここで暮らしているので住人と呼んでいます。)と職員とで外出などで利用するようです。自転車が基本的に好きなデンマーク人、障がいなどによって自分で漕げるが1人では外出できない、漕げなくても乗りたいなどのneedsに応えるためにも開発されたようです。(2人で漕げます) 学生たちも群がって乗ったりしていました。ただし施設の中で充電中なのなので漕いでいません^_^;
書きたいことはいっぱいあるのですが…書いているとレポートになってしまいますので(;一_一)
もうひとつだけ・・・理学療法においては住人一人に対して一週間で15時間の理学療法(activity中心)に行うとのことでした。

午後からは理学療法士養成大(Lillebælt ucl.)に行きました。
大学ではDenmarkでの理学療法の簡単な歴史や制度などを聞きました。また、グループディスカッションなどをよく取り入れ、学生同士が切磋琢磨しているようです。
その中で、みんなが驚いていたのは「国家試験がありません。」と聞いた時でした。その理由として、平たく言えば…学校は国営で学校の卒業試験に合格すれば資格が与えられるからです。と言っても卒業試験は難しいですよ($・・)/~~~
あと見学中至る所に…骨の標本や壁に筋の図が設置されていました。
denmark7.jpg denmark8.jpg←ちなみに当学科ではガッチャンと呼ばれています

ガッチャンをみると何故だか「ほっと」した気分になりました(^。^)
異国で普段見慣れている物が見られたからかもしれないですね(^u^)

denmark9.jpg denmark10.jpg
少し授業風景を見学させていただいたのですが、どうやら卒業試験のための講義だったようです。それと恐らく1年次だと思いますが、自習をしているところへ我々ははいりました。
今度、解剖学のテストがあるから覚えていると…
「解剖学面白くない」とも言っていましたが、うちの教員が…「解剖学は大事だよ」と苦言。(私は心の中で学校でもよく言っている事だし、よく聞いている事だと思いました(笑))


また長々となってしまいました。
つづきはまた今度!


Fisioterapi(フィーシオテラポー)  Physical therapy(フィジカル セラピー)  理学療法士
Dansk (デンマーク語)  →     English(英語)           ⇒ Japanese(日本語)


2011年04月18日

海外研修ご報告①

3月20日~3月27日までDenmarkへ海外研修に行ってきました。denmark1.gif


はじめに…
東北地方太平洋沖地震により被害を受けられた皆様に、心からお見舞い申し上げますとともに、お亡くなりになられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
また、研修先々でもお見舞いのお言葉をいただきましたことをお伝えいたします。


さて、皆さんデンマークと聞いて有名人、有名なものと言えば、何を思い浮かべますか???
子どものころよく読んだ?遊んだ?かもしれない、
アンデルセン!!! 、バイキング(食べ物ではないよ)!!!、レゴブロック!!! 、食器ではロイヤル・コペンハーゲン・・・それと医業従事者間ではよく知られていると思いますが…インスリン(糖尿病のお薬です)の故郷でもあります。

前置きはこれぐらいにしておいて…
今回は学生5名(男性1名・女性4名)、教員2名引率で関西国際空港を出発しました。
海外へ初めての学生もおり、期待と不安でいっぱいであったようです。(後ほど聴いた話ですが…)

denmark2.jpg

経路は関西国際空港→Helsinki(Finland経由)→Copenhagenです。
経由地のHelsinkiで乗り継ぐ予定の飛行機が…来ない(-_-;)…Informationに訊ねても…I don’t know(;一_一)(日本ではあり得ないかも知れないけど海外ではありみたいです…)  

Finlandで有名なものはサンタクロース、ムーミン ⇒ denmark3.jpg

約2時間遅れでやっとCopenhagen行に乗りました。。。
前置きの後も長かったみたいですね(>_<)


今回いろいろとお世話になったのは、私が以前から交流のあるデンマークのフュン島のBogense(ボーゲンセ)にある日欧文化交流学院にお世話になりました。
(ネットで見てくださいね!!! 日欧文化交流学院で検索!!!)

一回では書ききれないので… 
今回は見学などさせていただいた施設をざっと載せます。
重度障害者入居施設(Bognæs)・理学療法士養成大(Lillebælt ucl.)・高齢者センター(Møllehave)・家庭医(Elo)・総合病院(Vejle sygehus)・理学療法士クリニック(Klinikken i Vejle)・リハビリセンター(Vesterbo)です。

denmark4.jpg
上記写真は総合病院

今回はここまで!!!
     Jeg hedder ASAKAWA→My name is ASAKAWA⇒私の名前は浅川です。
     Dansk (デンマーク語) →    English(英語)   ⇒ Japanese(日本語)

                              Question デンマークの消費税は何%?


2011年01月29日

教員紹介!

本日のブログは、理学療法学科の長坂 俊昌先生のインタビューです!


★専門分野や研究テーマは?
「ICF(International Classification of Functioning, Disability and Health)」という人の生活機能と障害を分類するものがあるのですが、それを理学療法にどう活用するかが主要な専門です。モチベーションの心理学も研究しています。

★この職業をめざしたきっかけは?
ゴルフを競技として取り込んでいた時腰痛になりリハビリを受けたことがきっかけです。

★理学療法士の魅力は?
感謝…感謝する、される機会の多いことが魅力です。

★学生に学んで欲しいこと・身につけて欲しいことは?
理学療法士になって楽しく仕事をしている、幸せに生活しているなどの「ビジョン」を持って欲しいと思っています。ビジョンがあれば目標に向かうための方法は教えてあげられますし、必ず達成することが出来ますよ!

★学生とのエピソードを聞かせてください!
実習や勉強で困難にぶつかる学生の話を聞くことはいつも印象的です。少しでも前向きに改善したときは嬉しいですね。

★趣味・特技は?
ゴルフが趣味です(あまり出来ないのですが…)。
休日は友人と会っていることが多いですね。

★進学をめざす人たちへのメッセージをお願いします!
どんな職業でも身に付けるために一所懸命になる期間が必要ですが、ビジョンがあればその期間も楽しく過ごすことが出来ますよ!

nagasakat.jpg


2011年01月06日

1月報告

あけましておめでとうございます。
今年はウサギのようにピョンピョン躍動の年にしたいものです。

さて、理学療法学科は卒業試験を目前に、お正月も無い3年生と、何とか実習が終わってほっとしている2年生の両極端な年明けを迎えました。
1年生は何がなんだかわからないけれど勉強しなくてはいけないことがわかり、冬休み中も実技練習をしたり、自習したりしていました。

学生「もっと早くから勉強していれば・・・」
先生「1年生からずっと言ってあげているのに」
今の3年生はちょっと気づくのが遅かった!!でも国家試験までラストスパートしてくださいね。

1年生は文章力を付けるために冬休みに読書感想文の宿題が出ました。平成のゆとり教育、デジタル化の皆さんには文章を書くことがとても苦手なようです。2年から始まる実習では、いやというほど文章を書かなければなりません。今からなれておこうね。

脱兎のごとく、リハ学生の時間は過ぎて行きますが、やっぱり亀さんのようにこつこつ勉強したほうがいいかな・・・ 

by学科長・古川

pt20111.jpg


2010年09月29日

入学前授業を行いました!

理学療法学科においても、8月から入学前授業が始まっています。AO入試などですでに合格内定が出ている方などが熱心に参加されています。

さて9月の入学前授業のテーマは『解剖学・生理学・運動学の基礎知識』。理学療法学科では毎回、担当の先生が変わるのですが、今回の担当は萬喜先生。4月から学習することになる、解剖学・生理学・運動学の重要性とイントロダクションのお話がありました。
なぜ解剖学・生理学・運動学を学ばないといけないのか?という基本のお話から始まり、実際に骨を触ってみたりしながら、専門的な医学の勉強に少し触れていただきました。

                ~参加された方の感想をご紹介~

◆実際に骨を触ってみて新発見!骨と骨のどの部分とどの部分が関節を作っているのか、また以外に左右の見分けがつきにくいことなど・・・。楽しかったです!

◆骨の名称などがたくさんあって覚えることが大変そうだけど、がんばって覚えたいと思います。

◆授業は分かりやすく、雑談も楽しかったです。社会人の方の理学療法士になりたい理由を伺い、とてもしっかりしているので驚きました。

◆骨の種類とその役割について、今日の講義を受けるまではあまり考えたことがなかったのですが。200種類以上ある骨の一つ一つに名前と役割があるということを学び、その役割について深く学びたいと思いました。

etc.

骨の名前など、入学してから覚えることが非常に多いことを実感され、不安に思うところもあった反面、学ぶことの面白さも感じてもらえ、いっそうのやる気を持っていただけたのではないかと思います。

今後も入学前授業は続いていきます。理学療法学科に入学する前に必要な基礎知識を少し知っていただいたり、理学療法を“少しだけ”実体験してみたり・・・・
また後半には、本校OBが、学生時代の勉強の仕方や過ごし方等をお話しするスペシャル授業もご用意しています!

理学療法学科への入学を決められた方、またこれから受験予定の方も、ぜひご参加ください!!


2010年08月04日

教員紹介!

本日のブログは、理学療法学科の中谷充志先生のインタビューです!


★専門分野や研究テーマは?
臨床現場で行っていた「在宅」や「地域」分野についての研究発表を行っていました。

★この職業をめざしたきっかけは?
高齢者の方に接していたときに、食事や歩行などといった動作が自分でできるようになったときに、対象者(患者様)に笑顔がみられたことで、少しでも笑顔になっていただくお手伝いがしたいと思い、この仕事をめざしました。

★理学療法士の魅力は?
患者様の笑顔をみて、元気づけられる仕事だと思います!!

★学生に学んで欲しいこと・身につけて欲しいことは?
専門的な基礎知識はもちろんですが、それ以外にも、患者様に対してのコミュニケーション能力も身につけて欲しいです。

★学生とのエピソードを聞かせてください!
学生一人ひとりを個別指導していく中で、自分の持っている知識を理解してもらえたときの学生の笑顔が輝いているのをみて、指導してよかった!!という気持ちになります。

★趣味・特技は?
趣味は釣りで、休日は友人と湖や川に釣りに行っています。

★進学をめざす人たちへのメッセージをお願いします!
理学療法士になると、患者様から笑顔と元気をいただけます!
そんな理学療法士を一緒にめざしていきましょう。

nakatanit.jpg


2010年07月26日

7月報告(梅雨明けバージョン♪)

梅雨が晴れとても暑く感じらます。
私は夏生まれなのですが、最近はあまりうまく汗をかけないために、暑さがこたえます。クーラー病かな?

30数年前、リハ学生だった時に実習先の先生に、「患者様と一緒に頑張って治療して汗だくになっている姿が大事だよ」と教わりました。
実際、患者様を治療する際にはこちらも一緒に動きます。「患者様が『こんな私の為に一生懸命してくださっているPT(=理学療法士)の先生がいるのに、くよくよしていてもしょうがない、頑張ろう!』と思って下さることが大事だよ」とご指導下さいました。

患者様の2倍から3倍体を動かしているPTはよいPTとも教わりました。
学生の皆さん!PTになる為には身も心も鍛えてくださいね。
まあ、私がリハ学生の時はクーラーができたばかりの時でした。・・・除湿機能?体感センサー?・・・ナイナイ(笑)もちろん専門学校は窓全開。だけど、みんな元気でした。
今の学生さんはクーラーの中で勉強できますが、反対に冷えすぎて、体調を崩しています。体温調節してくださいね。それと熱いハートで乗り切って下さい。

患者様と共にいる事、命が尽きる前まで、共に生きる事。消えてしまった命に対して、尊敬を抱き、生前のお言葉を胸に共に生き続け、PTとして育てて下さったことに感謝し、自分の至らなさ、技量の未熟さの後悔を一生の戒めとして心に留め置き、日々努力する事。与ええられた時間の中で、最善を尽くすことが「生きる」ことだと思います。

はい、これがリハビリテーション概論、「死の受容、障害の受容」のレポートの答えです。
死を考える事は、反対に、今どう生きていくべきかを考える事に繋がります。
1年生の皆さん、ご苦労様でした。お疲れ様~~ (^◇^)

furukawat3.jpg

by学科長


2010年07月15日

理学療法学科7月報告

雨が続いています。
雨の日には傘に当たる雨音を聞いて、ちょっと違う感覚を楽しんでみてはいかがでしょうか?

6月から3年生が2期目の実習に入りました。
そろそろ実習先の先生から「お迎えに来てください」の電話がかかってくるのではないかとハラハラしながらの毎日です。しっかり実習してくださいね。

2年生は、初めての検査実習に出かける前の準備に入っています。
この間ニュースで、今の若い人はコニュニケーションがとれず、ドクターでさえ、患者様の病状が聞きだせず研修をしているとのことが報道されていました。
「あっ、ちゃ~~ うちといっしょや~~~」  
患者様を前にしどろもどろに話す研修医の人と同じく、うちの学生たちも患者様を前にフリーズしています。患者様役になった先生に【兄ちゃん足痛いねん】って怒られ、『もうぅどうぉしようぉ』『たすけて~』心の中の叫びが見えるようでした(大笑)

まずは患者様の気持ちと共感することです!!
そうしたら自然と言葉が出てきますよ!!
今の子供たちはアクションゲームのやりすぎで、血が流れているのを平気で見られるようになっているのかしらん?
痛さとか、辛さとか経験が少ないのかもしれません・・・困ったなぁ。
「腕白でもいい大きく育ってほしい」なんて昔にコマーシャルがありましたけれど、本当に立派でなくていいけれど患者様を大事にするPTに育ってほしいです。

1年生は何がなんだかわからないけど勉強するしかなく、毎日遅くまで勉強しています。テストも少しずつ始まり、一喜一憂の毎日ですが、外来講師の先生からはお褒めの言葉を頂き、順調な滑り出しといったところです。

雨が降るとやんで欲しいと思うし、晴れれば、ちょっと雨でも降って欲しいと思うし、人って勝手ですね。そんな『人』を支える仕事だから理学療法士って面白いのかも知れません。
梅雨があがってしまうと蛍はいなくなってしまいます。室生寺の川沿いにはクリスマスツリーのように蛍が群れをなします。
今年こそ見に行きたいな・・・

by学科長

pt7151.jpg pt7152.jpg


2010年06月10日

理学療法学科6月報告

やっと晴れの日が続くようになってきました。
今年は天候不順で学生たちも体調管理に大変な様子です。思ったよりも・・・というか、トンでもなく勉強しなくてはならなくなった1年生は、生活リズムを作るのに大変な様子です。

でも今年の1年生は残って勉強している学生が多く、社会人入学の学生さんたちがうまく高校現役生たちを引っ張ってくれています。
そろそろ前期の講義も終わってくるのもあり、試験準備が始まっています。今まであまり勉強をしてこなかった学生は本当に大変!!!! ノートのまとめ方、記憶の仕方、など先生に一から教えてもらっています。(笑)

少し遅くなりましたが、5月8日に本校始まって以来、初めての保護者会をしました。9名の保護者の方にお集まりいただき、将来、理学療法士となるお子様を持つ親御さんとしてご不安な点など、屈託のないところでお話していただきました。
担任の先生から学生一人ひとりの様子などお話していただき、とても安心された様子でした。入学してわずか1ヶ月で担当学生をすべて把握できているなんてさすが!!

『理学療法士は、国籍、人権、民族、宗教、文化、思想、信条、門地、社会的地位、年齢、性別などのいかんにかかわらず、平等に接しなければならない』と日本理学療法士協会の倫理規程の基本精神に謳われています。
学内でも日常生活の中からこのような教育をしていますので、1年担任の萬喜先生も、学生と同じ目線で接しておられる結果、こうして保護者の方に現況をお伝えできるのだと思います。

2年生はPT演習のレポート提出の課題にグループで集まって、毎日遅くまで学習していました。『3人集まれば文殊の知恵?』
う~~~ん??
何も湧き出てこず、四苦八苦していました。だから毎日勉強しておこうといったのに!!そしてレポートが終わったら・・・みんな消えた・・・コラッ!!! 
いえいえ、次は実技テストの準備で、自主的に実習室で練習を始めていました。勉強してくれていて一安心。

3年生は今週末でⅠ期の実習が終わります。元気で帰ってきてね。
そして、Ⅱ期に実習に出る学生たちは準備期間に入っています。実習地で伝統の実習生カラオケがある施設に行く学生は・・・今から緊張しています。
高齢者向けの演歌って今の学生は知りませんので、私(学科長)自らピアノを伴奏して歌唱指導をしました。何でも教えてあげるからね(・・)v   
みんな頑張ろう~!!!

furukawat1.jpg


2010年04月23日

新入生を迎えました

新入生の皆さんご入学おめでとうございます。
今年は桜の開花宣言が出てから、寒い日が続きあまり「春」を満喫することが出来ませんでしたね。奈良の市役所の近くにある「佐保川」の土手に延々と咲く桜が本当に見事ですが今年は寒そうでした。本校に入学されるときはご存知なかったかも知れませんが、又、来年楽しみにしてくださいね。

そんな桜の季節に新入生をお迎えしました。
入学式の2日前に全学科のオリエンテーションがあり、理学療法学科も、3学年が全員そろうことはこの1日なので、3年生が中心となって新入生歓迎会をしました。
南館(理学療法学科棟)の1階ロビーでみんなわいわいとともに時間を過ごしました。準備してくれた3年生、本当にありがとうございました。何事も準備が大変ですね。

新しく入職された中谷先生の歌の披露もあり、和やかな雰囲気の歓迎会でした。こういった遊びの中にたくさん実習に必要なことが隠されていますよ。
しっかり勉強!しっかり遊ぶ!を両立していきましょう。

3年生は新学期が始まってすぐに治療実習に出かけるグループと・・・実習に出なくてちょっとゆっくりできるかもグループに分かれました。
ところが!!!
いきなり実力試験!!
いきなり国家試験対策の授業!!
いきなり卒業論文作成!!
実習に出たほうが楽だったかも・・・・(涙)
出たばかりの今年の国家試験問題でもう合格者がいました!!すごい!!
気を抜かないでまだまだ頑張りましょうね。

2年生は少し厳しいスタートになりました。勉強の苦しさを乗り越えることが理学療法士の「登竜門」です。苦しいとは思いますが、夢を断念しそうになっても、みんなで協力し合ってがんばりましょうね!
努力するから夢が叶うのです!!

新入生は一からのスタート。毎年のことですが、教務室の入り方から挨拶の仕方から、ひとつひとつ指導されています。まずは挨拶ができること。これが社会人の第一歩ですからね。
こんなはずではなかった人・・ザンネンデシタ。みんなこうしてPTになりますよ!!頑張ろうね!!
早速、個人指導を申し出る学生がいます。今年はみんなやる気満々!!
いい理学療法士になろうね!!「先生脳のシワが増えました」って言う学生がいました。
けれど3年間でシワ一杯にしてね・・・・お願いします(笑)

furukawat1.jpg
理学療法学科 学科長 
古川智子


2010年01月29日

理学療法学科1月・2月報告

あけましておめでとうございます。ってこの間言ったかと思いきや、もう節分です。
忙しいなと思っていたのですが・・・

3年生は激動の1月でした。
無事、卒業試験も終わり、後は国家試験までラストスパートです。
ちょっと試験にあぶないかなぁ~と思われる学生は、ビシビシ個人指導でしごかれています。教えてくださる先生も休憩時間も取らず、夜暗くなるまで、熱心にご指導くださっています。本当にありがとうございます。
学生も最後まであきらめずにがんばろうね!!

2年生はほぼ座学が終了してきました。いよいよ治療実習に向けての準備になります。
理学療法総合演習は学内でするプレ実習です。学生にとっては難しいですが、こちらも個人指導でレポートを見てもらっています。
「これで正しいと思うの?」
「いえ・・・」
「別に責めている訳ではなく・・・自分はどう考えたの?」
こんな会話が続きます・・
本当の実習だったら困るけれど、今は堂々と間違えましょう!!失敗は成功の母です!!
今の若い人たちは、失敗することを恐れる人も多いですが、学校にいる間はいっぱい失敗して、いっぱい怒られて、いっぱい褒められましょう!!(先生は怖くないよ~。本当は患者様が大好きなやさしい先生ばっかりですよ~)

1年生は学年末試験の準備が始まります。2月早々、試験開始です。
♪鬼は外~福は内~笑う門にゃ福が来る~はぁ~ドンドン♪(自費作成CDが有るそうです)
しっかり勉強しようね(笑)

pt7131.jpg


2010年01月06日

教員紹介:理学療法学科①

本日のブログは、理学療法学科・古川智子先生のインタビューです!


★専門分野・研究分野について教えてください。
小児理学療法。(在宅における重症心身障害児・者に対し理学療法士として何をなすべきか)

★この職業をめざしたきっかけは?
5歳のときから障害を持っている方に対して特別の想いがありました。看護師を目指していたのですが、母親の反対で断念しました。第三の医学としてまだ当時リハビリテーションが普及されていないころにこれを知るきっかけがあり、この道に進みました。きっと生まれる前から私には天の才の種が植えられていたのだと思います。

★この職業の魅力は?
障害を受けられ、笑うことを忘れられていらっしゃる方が、初めて笑ってくださるときはPT(理学療法士)冥利に尽きます。重症の子供さんが、リラックスしてやれやれほっとしたという風にため息をついてくれることが私のPTとしての日々の糧です。

★学生に学んでほしいことは?
患者様がなによりの先生であること。
理学療法士は患者様の代弁者であること。
自分の精一杯の毎日を患者様のために生きてほしいです。

★学生とのエピソード・授業でのエピソードを教えてください。
休憩時間はよく学生と話をします。そっと悩み相談室の母になります。
青春時代の真っ只中にいる学生は進路で悩むことも多いと思います。
よく話をした学生は、努力した結果、無事に国家試験に合格して、卒業式には必ずハグしてくれます。うれしいな。

★趣味・特技・休日の過ごし方は?
福祉団体のコンサートの準備委員をしています。その中から生まれた福祉職員で構成している音楽バンドで、チーフをしています。年1回、なら100年会館で2時間ライブをする他、各施設に訪問して参加型ライブをしています。担当はベースです。

★これから進学を目指す人たちへのメッセージをお願いします!
理学療法士は知力も体力も精神力もいる仕事ですが、その魅力にとりつかれると本当にやりがいのある仕事です。高齢化社会の中でますます必要とされる仕事でもあります。
今、本当にお困りの方たちがあなたを待っています。
ゴールは、見果てぬところに、あなた次第で決められます。英知を振り絞って挑戦してみませんか!!

furukawat1.jpg


2009年12月17日

理学療法学科12月報告

街にはクリスマスソングが流れ、いよいよ年末になって来ましたね。
理学療法学科はインフルエンザ騒ぎは少し落ち着いてきました。1年があっという間に過ぎてしまいますね。勉強に追われる専門学校生はゆっくりしていられませんね。

私、古川もリハ学生時代、ゆっくり盆正月を過ごした記憶がなく・・いや年末はスキー場だったような・・・そうだ野沢菜の漬物食べてたなぁ~。

2年生が評価実習に行っています。
前の検査実習と比べて1週間も長いのに時間が足りな~い!!!みんな、1日が経つのが早い!!と言っています。
頑張ってくださいね。

3年生は卒業試験前で必死で勉強しています。
「○○徴候について答えなさい」「あ~それはボーンとなってキューとなるやつやな」
・・・・だいじょうぶかなぁ~。

1年生は相変わらずの授業ずくめ、そろそろ疲れたよ~っ・・・てだめですよ!!!
年が明けたら実習がはじまります。今しっかり理解しないと2年になったらちんぷんかんぷんになりますよ!!!
理学療法士は自分で答えを出す仕事です。平成生まれの学生たちはマルかペケの2つしか答えを持っていない思考回路の人も多いので、とても苦戦しています。・・・三角があってもいいんです。黒か白か!・・・グレーがあってもいいんです。

~慌てて僕は色をさがす、滲んでても金銀 紫~ by Mr.Children 彩り

いっぱい思考する頭を鍛えよう!!!

furukawat2.jpg

by理学療法学科専任講師・古川智子


2009年11月04日

理学療法学科11月報告

奈良県の南部の山里はそろそろ紅葉が始まってきたようですが、奈良公園はまだかなというところです。
学校内で理学棟に新型インフルエンザが出ましたので、マスクをつけての授業風景に変わりました。学校の授業に休むと遅れるのではないかと心配している学生もいますが、無理しないようにしてくださいね。

1年生は青丹杯(本校のスポーツ大会!)に向かって放課後にみんなで大縄跳びの練習をしていましたが・・・・残念!!インフルエンザの流行のために延期になってしまいました。
でもみんなで力を合わせる事、苦しいことも、楽しいことも、一緒に分かち合えることが大事ですからね。いい経験になりました。助け合えることはこれから先の力にもなりますね。
それにしても他学科が認めるほど、一番練習していたのにね・・・ほんと残念・・・今の時期はしょうがないですね(涙)。

2年生は実習まであと1ヶ月になりました。11月1日にスーパーバイザー会議がありました。各施設の先生方にお越し戴き、緊張しての面談でしたが、先生とお話をさせていただく中で、緊張も和らぎ笑顔で会話が進んでいるようでした。
実習に向かってしっかり体調を整えてください。(学習も!実技も!整えてね!!!)

3年生は実習が全部終わり、あとは卒業試験と、国家試験だけになりました。
模擬試験の結果がどんどん出てきますが、まだまだテスト慣れしていない様子です。数多くの問題を解いて慣れるしかないですね。
成績が振るわない学生に対しては個人指導が入ります。
頑張るしかな~~い!!
就職の内定を頂いた学生が何人か出てきました。来年からは念願の『PT』ですね。

就職説明会やスーパーバイザー会議に一期生の卒業生が施設代表で出席して下さるようになりました。“先生”とお呼びすると「恥ずかしいから止めてください」と照れ笑いしていますが、臨床に出て3年目になるとみんな立派になっています。
青丹の卒業生たちが頑張ってくれていること本当にうれしく思います。
在校生の皆さんも頑張ってくださいね!!

PT71.jpg

by理学療法学科専任講師・古川智子


2009年09月16日

理学療法学科9月報告

朝晩が涼しくなりよく眠れるようになりました。
かえって疲れが出やすくなっているかも知れません。

1年生2年生も定期試験が終わりホッとしているころです。・・・・そんな訳ないヤンと再試組みは夏のだるさと戦いながら、まだまだまだ!!!再試が待っています!!!
日ごろからしっかり勉強しておけば長い夏休みだったのにね~~~残念でした(笑)。

1年生は初めての試験に思った以上に苦戦しました。リハビリできる人になりたいだけではだめです。理学療法士は人の命を守る仕事ですよ!医学の知識がないとだめなのよ。再試者が多くて予定していたより長い日程になりました・・・とにかく合格してほしいものです。みんながんばって!

2年生は評価実習で臨床の厳しさと、自分の勉強不足を目の当たりにして、危機感を覚えながら実習を終了しました。実習地の先生方に本当によくご指導いただいてよかったです。
・・・そして、準備不足のままで定期試験を受けました。学生の力の差がちょっと出てきています。ぎりぎりの人!!!お尻に火がついています!!!後期になったらびしびししごきますから覚悟しておいてください(大笑)でも、仕事人になるのだからやる気のない人は、ほっとくでぇ~

3年生はまたまた実習に出ました。そろそろ実習先にお電話をしてお伺いしなければ・・・だいじょうぶかなぁ~。

3年生が実習で1,2年が夏休みで学校は静かかなと思いきや!
補講や自習の学生たちがいっぱい来ています。
みんなしっかり勉強しようね!!遊んでたらあかんよ~~~!

pt916.jpg


2009年07月31日

理学療法学科7月報告vol.2

梅雨の晴れ間がとても暑く感じられるようになってきました。
体に留意して勉強に頑張って欲しいものです。

1年生ははじめての解剖学の試験がありました。萬喜先生に口頭で質問されドキドキの試験でした。試験だから慌てて勉強してもおそいよー!毎日こつこつ(骨、骨)勉強しようね(‘o‘)/

2年生は実習前で緊張が高まっています。
住環境コーディネーターの試験が7月12日 実技試験が7月6日と13日にありました。実技が出来なかったら実習に行けないよぉ~~
実習は8月から始まります。レポート提出やら試験準備やら・・
実習から帰ったら 即!!前期試験です、Heeee~頑張れ~~!!
実習前の度胸試し??でかくし芸大会をしました。結構芸達者なのがいるものです。1年生も交えて楽しいひとときを過ごしました。

3年生は2期の実習中です。後2週間で帰ってきます。
実習地訪問に行った先生にわらをもすがる学生の顔や、だんだん自信がついてしっかりした顔など、あともう少し頑張って下さい。

pt1063.jpg


2009年07月13日

理学療法学科7月報告

連日30度を超える日が続くようになりいよいよ夏本番になりました。
理学療法学科の学生たちもそれぞれの暑い夏を迎えています。

1年生はやっと新しい学生生活に慣れ、
「ホンマに勉強せんとあかんわ~」と、これまでのようにただの憧れではなく、“理学療法士”という将来のはっきりした夢に向かって確実な一歩を踏み出したところです。・・・・筋肉の触診の授業ではみんな真剣!

2年生は8月からの検査実習に向かって実技や勉強にと頑張っています。
お尻に火がついて、熱い熱い夏になりそうです(笑)。

3年生は治療実習に出ているグループと学校で国試対策、卒業論文にとりかかっているグループに分かれて頑張っています。
模試の結果を見て・・・
実習地の先生からの厳しくも愛のこもったお言葉を頂き・・・
「これではあかん」少し焦り気味。
冷や汗、冷や汗。

学生の皆さん、たくさんの患者様、利用者様があなたたちを待って下さっていますよ!!
たくさん汗かいて熱い(暑い)夏を乗り切りましょう!
夏休み中も先生方は学校で個人指導できるようにしていますよ。
一緒に頑張ろうね。

pt7174.jpg pt7171.jpg

pt7172.jpg pt7173.jpg


2009年06月01日

理学療法学科5月報告

こんにちは。理学療法学科の近況報告です!

1年生は毎日の授業にやっと慣れてきました。
たくさんの課題に前向きに取り組もうとしている姿が見られます。放課後も残って自習している学生もいます。全般的なリハ学生の生活パターンができてきているようで、キャンパスでも元気一杯です。チョッとやかましいかも・・・・

2年生はいよいよ初めての評価実習に向けてだんだん緊張が高まっています。
体調不良にならないようがんばってほしいと思っています。

3年生は臨床治療実習のⅠ期が今月末で終了になります。
みんな最後までがんばってください。
実習に行っていない学生たちは国家試験の模擬試験や、国家試験対策の授業、Ⅱ期の実習の準備などとても忙しい毎日です。


5月22日に1年生と2年生の交流会が、本校南館1階のロビーで開かれました。
短い時間でしたが、1年生たちは先輩にいろいろ勉強の話など情報をもらうことができ、有意義な時間をすごせました。
2年生はピアノの弾き語りをしたり、隠された才能を披露したり、意外な一面を見せてくれました。
たくさんの患者様を支えられるような、幅の広いセラピストに育ってほしいと思います。

pt611.jpg pt612.jpg

pt613.jpg pt614.jpg


2009年04月17日

理学療法学科2009年4月号

4月8日に入学式が行われました。
今年は桜が咲いてから少し足踏みをしてくれたおかげで、桜の花が満開の奈良公園での式になりました!

1年生40名を迎え、2年生、3年生もそれぞれ新学期のスタートを切りました。
1年生ははや3日目で授業内容の多さに少々くじけ気味ですが、先生や先輩にやるしかないと「励まし?」の言葉をもらっていました。

4月から3年生は2ヶ月間の臨床治療実習に出ています。
2年次の評価実習をこなし、いよいよ理学療法士の卵です。
ちゃんとできているのでしょうか?
6月から実習をスタートする組は、学校で国家試験のための勉強をしています。成績のあまり芳しくない学生に対しては個人指導も始まりました。
1年間、学生も先生も一緒にがんばります。

2年生は専門分野の授業が始まり、今まで基礎医学の勉強に苦しんできましたが、理学療法士としての勉強になりましたので、興味があり、授業が楽しくなっているようです。
レポート課題も出され、問題解決型「自分で勉強していくこと」の楽しさがわかってきた様子・・・。
患者様のニーズに立ち向かっていける肝心の勉強方法ですので、しっかり学習してほしいですね。
国家試験に合格したいだけなのか、患者様とともに歩くPTになりたいのか?
君はいったいどっちだ!?
熱いハートの先生が多いです(笑)。

いつもながら先生と学生がわいわいと身近で話をする中、新しい1年生は少し戸惑い気味ですが、学校の雰囲気に早くなれて、どんどん質問に来てくれるようになってほしいですね。

pt1105.jpg


2009年04月11日

入学おめでとうございます!

4月より青丹学園・理学療法学科に入学された皆さんへ・・・

入学おめでとうございます!
待ちに待った理学療法学科での1日がスタートしています。

最初の1年間は、「人間とは?」・・・・理学療法士に必要な身体の構造やメカニズムなどの基本的な医学的知識を学ぶ授業が始まります。
この1年間の知識の修得であとの2年間が決まるといっても過言ではありません。

我々教育に熱い講師陣とともに、3年後のリハビリテーションのエキスパートをめざして皆さんがんばってください。
私たちもしっかり皆さんをフォローしていきます!

sasakit.jpg
理学療法学科・学科長
佐々木隆



2009年02月09日

理学療法学科便りvol.7

年度末でばたばたして、久々の更新です。

今、1年生は、定期試験まっただ中。
徹夜で試験勉強している学生も何人かいて、眠い目をこすりながら試験を受けてます。これが通らないと進級できないので、皆必死。試験が終わったら、見学実習が待ってます。
夏に、奈良県立リハビリテーションセンターと、義肢制作会社を見学しましたが、理学療法士が実際に患者様と対応する姿を見るのははじめて。自分の持つ理学療法士像をふくらませたり、患者様にどのようにセラピーを行っているのか、今からワクワクドキドキです。でもその前に大難関、試験の突破が前提条件。必死で乗り切ります。

2年生もまだ授業の追い込みがありますが、今月末より定期試験が始まります。来年度の臨床実習の配置も決まり、どんな病院で実習するのか、不安と期待でいっぱいです。
定期試験の前に国家試験の模擬試験があり、科目の勉強や実技練習もあり、「僕たちの青春はいつ来るんだー。」と叫びたい人もいるかも。
でも、責任ある理学療法士になるための試練。乗り越えねば・・。

3年生は、卒業試験が終わり、ほっとしたのもつかの間、もう、国家試験まで1ヶ月を切りました~。
年明けの三輪全国統一模試は全国平均を上回りました。
と聞くや、「ワー!ヤッター」と歓声が上がったようですが、全国平均がかなり低くなっており、これで安心していたら本番でこけるぞと渇を入れられてたようです。
就職の方も、85%の学生が決定しており、あとは、郷里に帰る学生や、国試の結果待ちという学生もいます。求人は、まだまだたくさんきているのですが、最近の学生は条件をいろいろ考えるので、決定しにくいのかな・・・?
3年生にとっては、残りの期間、悔いなきよう合格めざして突き進むだけです。教員も今、合格ラインまで厳しい学生に個別で対応してフォローしてます。
さぁ、100%の合格をめざして気持ちよく卒業式を迎えよう!

pt-tanakat.jpg
by理学療法学科教員・田中


2008年11月05日

理学療法学科便りvol.6

夕日が沈むのがだんだん早くなってきましたね。生駒山に沈む夕陽がとてもきれいな季節になってきました。
外は真っ暗になっているのに理学棟は明々と電気がつき、授業が終わっても自習したり、学生同士で実技練習をしたり、中は熱気で一杯です。

一年生は10月30日に解剖見学で県立医大まで出かけました。
日ごろの解剖学が座学なのでいまいち理解に苦しむところですが、ご献体を見せていただき、学習させていただくことがたくさんあり、日ごろの目の輝きと違っていました。
学園生活にも慣れてきたことと、理学療法士になる夢がはっきりしてきているので、みんな顔が生き生きしてきています。

二年生は12月からの評価実習に向けて、PT演習のレポート作りで各グループに分かれて毎日遅くまでがんばって勉強しています。
理学療法士の真髄、【動作分析】むずい~~
って泣いている?でもがんばってね!
小児の理学療法の小テストで全員合格までがんばっています。もう5回目。みんなで助け合う精神も理学療法士の資質には大切なことです。
さてさて結果は?いつまで続くのかなぁ~(^_^;)

三年生は治療実習がすべて終わり、しっかりした職業人の顔になって帰ってきました。後は卒業論文と実力試験、そして、就職活動。施設見学のためにスーツを着て登校する学生もいます。気が引き締まりますね。
夢が叶うまで後4ヶ月!がんばろうね!!

pt1105.jpg


2008年10月06日

理学療法学科便りvol.5

10月です。
朝夕、大分涼しくなりました。

1年生は奈良医大で解剖見学実習があります。
今まで座学で学んだ人体解剖の知識を実際に拝見することのできる時間です。

2年生は12月の評価実習Ⅱ(3週間)に向けてPT演習の授業がスタートします。

3年生はもうすぐ臨床実習が終わり最終段階にはいります。
いよいよ国家試験対策のための勉強に集中しなければなりません。
その前にもちろん卒業試験をクリアしなければなりません。
国家試験合格100%めざして、頑張ろう!

pt1062.jpg pt1063.jpg
実習風景。みんな頑張ってます。

pt1061.jpg pt1064.jpg
実技テストに奮闘中! 

 


2008年08月25日

就職説明会開催!

8月9日(土)に理学療法学科の3年生を対象に就職説明会を行いました。
いや~この日はとにかく暑かった(~_~;)
まだまだ暑い日が続きますが、夏バテなどしてませんか???

では本題に…今回は奈良県近郊から病院6施設・老人保健施設2施設、計8施設(本当は9施設でしたが・・・業務にて来られなかった施設もありました(^_^.))から来ていただきました。この日、学校の少し離れたところで、事故があり、3施設が30分ほど遅れて来られ、教員も少し焦りました^_^;

学生は自分の将来働く病院・施設を探すため、やや緊張気味で「冷汗?」を流しながら、待機していました。
いざ、説明会が始まると、緊張感は徐々になくなり、真剣な眼差し?と笑顔の中で、和やかな感じで学生は各施設の説明を聞いていました。また、学生たちが実習でお世話になった先生方が来られており、ちょっと恥ずかしそうにしている学生もいました。

ptsyusyoku3.jpg syusyokupt1.jpg syusyokupt2.jpg

3年生はこれから、最終の実習に入り、本格的な就職活動としては実習終了後(10月下旬頃)より開始となります。また、卒業研究発表や卒業試験、国家試験へ向けて勉強をよりしていく時期であり、3年間の学生生活の最終段階に入ってきています。

昨年の就職実績は100%であり、自分たちが実習でお世話になった施設に就職したり、地元へ帰って就職したりと様々でした。
ちなみに、求人票は約800件ありました。さて、今年は・・・???(これから沢山くると思います・・・)

では、またね!!!

asakawat.jpg
by理学療法学科教員・浅川


2008年08月22日

卒後教育について

理学療法学科では、毎月1回、主に奈良近辺に勤務する卒業生を対象に、卒後教育として、臨床に必要な知識や技術の講習会を開催しています。
それぞれの活躍フィールドに巣立ったあとも、更なる成長を目指して学び続ける情熱を支援するのが目的です!

講習会は夜間に開催されるので、卒業生達は仕事が終わってからの参加。
にもかかわらず、疲れた表情もみせず、お招きしている講師の先生の話に熱心に聞き入っています。卒業生同士の交流の場ともなっており、そういう意味でもこの講義を楽しみにしている卒業生は多いようです。

今回は「CT、MRIの診方」というテーマで、画像診断の基礎と、そこから想起される疾患の病態像について学習しました。

sotsugo2.jpg sotsugo1.jpg

今後、症例報告、関節モビライゼーション(徒手的に、関節可動域を拡大したり、痛みをとる手技)などを予定しています。
このようなバックアップ体制を今後もさらに充実させる予定です!


2008年07月23日

理学療法学科便り vol.4

連日30度を超える日が続くようになり、いよいよ夏本番になりました。
理学療法学科の学生たちもそれぞれの暑い夏を迎えています。

1年生はやっと新しい学生生活に慣れ「ホンマに勉強せんとあかんわ~」と、理学療法士という職業がただの憧れではなく、“将来のはっきりした夢”に向かって確実な一歩を踏み出したところです。
筋肉の触診の授業ではみんな真剣!

2年生は8月からの検査実習に向かって実技や勉強にと頑張っています。
お尻に火がついて、熱い熱い夏になりそうです。(笑)

3年生は治療実習に出ているグループと学校で国試対策、卒業論文にかかっているグループに分かれて頑張っています。
模試の結果を見て・・・
実習地の先生からの厳しくも愛のこもったお言葉を頂き・・・
「これではあかん」少し焦り気味。
冷や汗、冷や汗。

学生の皆さん、たくさんの患者様、利用者様があなたたちを待って下さっていますよ!!
たくさん汗かいて熱い(暑い)夏を乗り切りましょう!
夏休み中も先生方は学校で個人指導できるようにしていますよ。
一緒に頑張ろうね。


☆実習風景↓ みんな一生懸命です!!

PT71.jpg pt72.jpg

pt73.jpg pt74.jpg



2008年06月12日

理学療法学科便り vol.3

6月です。

1年生は担任との個人面談が全員終了しました。
それぞれの学生の学校生活において、いろいろな相談に乗っています。

2年生は5時以降も学校に残って勉強している学生がとても多いです。
もうすぐ始まる夏の評価実習に向け、実技練習に日々励んでいます。

3年生は臨床実習2期目が始まっています。卒後研究を開始しました。
さらに国家試験対策として模擬試験や外来講師による講義も始まりました。
最終学年を迎え、様々な面で忙しく、充実した日々を送ることになるでしょう。

全学生が頑張れるよう、私達教員も全力でサポートしていきます!!

pt8.jpg


2008年05月16日

理学療法学科便り vol.2

5月です。

1年生は人間についての基礎学習(解剖、運動学など)に日々頑張っています。

2年生は理学療法を行う上での専門的な知識の習得に日々奮闘中です。

3年生は臨床実習期間あと残り4週間、無事みんな頑張っています。

ところで・・・・
5月17日は本校のスポーツイベント、「青丹杯(せいたんはい)」があります。種目はボーリングですが、理学療法学科は運動学的視点で優勝を目指そう!
頑張ろう。

pt7.jpg


2008年03月19日

理学療法学科便り

昨年入学した1年生ももうすぐ2年生になろうとしています。
  
     
1年生では「人間とは?」について、基本的な人間の身体のしくみ、骨、筋肉、内臓、神経、人間の動きについて勉強しました。

2年生では1年生の基礎知識を元に、病気やケガによる障害について学び、理学療法士に必要な技術の修得の授業もありました。さらに2週間、3週間の2回の臨床実習が行われました。

3年生は先日、国家試験がありました。今年は昨年より少し難しかったようです。
全員が合格することを祈るばかりです!
就職に関してはほぼ9割の内定が決まっています。

さあ皆さん、
自分の志した理学療法士をめざして、医療、福祉、スポーツの分野で存分に羽ばたいてください。

sasakit.jpg
理学療法学科 学科長
佐々木隆


2007年08月22日

理学療法学科・就職説明会開催!

8/19(日)に本校理学療法学科の就職説明会が開催されました。
来春卒業予定の約40名がほぼ全員参加し、説明会は大盛況!
各施設様のブースでのお話に、みな真剣に耳を傾けていました。

pt5.jpg pt6.jpg


ホームページへ

言語聴覚学科BLOG

About 004理学療法学科

ブログ「青丹学園ブログ」のカテゴリ「004理学療法学科」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは作業療法学科です。

次のカテゴリは言語聴覚学科です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35