関西学研医療福祉学院
ACCESS
オープンキャンパス
資料請求
  • 介護福祉学科(2年制)
  • 理学療法学科
  • 理学療法学科(3年制)
  • 言語聴覚学科(2年制)
  • 看護学科(3年制)
理学療法学科(3年制・昼間部)
理学療法学科(3年制・昼間部)

カリキュラムカリキュラム

機能訓練室

機能訓練室
最新の治療機器を多彩にそろえ、運動療法や評価技術を学びます。快適で恵まれた環境のもと、密度の濃い実習を通じて高度な実践力が身につきます。

豊かな知識と人間性を兼ね備えたリハビリテーションの専門家育成カリキュラム。

豊かな知識と人間性を兼ね備えたリハビリテーションの専門家育成カリキュラム。

日常の学習はもちろん、国家試験対策や進路指導、就職にいたるまで、個々に合わせた指導を行っています。基礎づくりに重点を置いていますが、ハイレベルな講義では、補講を実施しています。講師と学生の距離が近く、気軽に質問できる雰囲気も本校の特徴です。確実な学びを通じて、現場で通用する問題解決能力が身につきます。

1年次1年次

理学療法の
基礎的な手法を修得

「解剖学」「運動学」などの専門基礎科目と「理学療法評価学」「物理療法学」などの専門科目を学習します。

臨床実習期間

3月(1週間)

2年次2年次

実習でスキルの向上と高度な応用力を育成。
「整形外科学」「神経科学」「内科学」などとともに、各疾患とそれに対する評価・治療方法を中心に学習します。

臨床実習期間

8月(2週間)
11月~12月(3週間)

3年次3年次

国家試験合格を目指して
3年間の総まとめ。

実習期間以外は3年間の総まとめを中心に行い、国家試験合格に向けて国家試験対策講座を実施。知識の定着を図ります。

臨床実習期間

4~10月(8週間×2回)

カリキュラム/教育課程

解剖学や生理学、運動学を通して身体機能を理解した上で、理学療法士として必須の評価方法や専門的治療手技を学ぶカリキュラム。理学療法概論では、理学療法の社会的必要性についても学びます。

基礎科目
1年次
  • 心理学
  • 倫理学
  • 日本語表現法
  • 社会学
  • 教育学
  • 人間関係論
  • レクリエーション実技I
  • 物理学
  • 生物学
  • 情報処理学
  • 統計学
  • 医学英語
専門基礎科目
1年次
  • 解剖学I~III
  • 生理学I・II
  • 運動学I・II
  • 運動学実習I
  • 人間発達学
  • 病理学概論
  • 臨床心理学
  • 一般臨床医学
  • 小児科学
  • リハビリテーション概論
  • 公衆衛生学
2年次
  • 運動学実習II
  • 内科学
  • 老年学
  • 整形外科学I・II
  • 神経科学I・II
  • 精神医学
専門科目
1年次
  • 理学療法学概論
  • 運動療法学概論
  • 物理療法学概論
  • 理学療法評価学Ⅰ・II
  • 物理療法学
  • 臨床実習Ⅰ
2年次
  • 病態運動学
  • 臨床運動学
  • 理学療法評価学III・IV
  • 地域理学療法学
  • 生活環境学
  • 地域リハビリテーション
  • 義肢学
  • 装具学
  • 日常生活活動学I・II
  • 運動療法学
  • 理学療法治療学I~VI
  • 理学療法学総合演習I・II
  • 臨床実習II
3年次
  • 理学療法学総合演習III
  • 臨床総合実習I・II
選択必修科目
1年次
  • 障がい者スポーツ論
  • レクリエーション概論
2年次
  • レクリエーション実技

ピックアップ授業ピックアップ授業

解剖学[専門基礎科目]
解剖学[専門基礎科目]
解剖学[専門基礎科目]

基礎となる生体の構造やメカニズムを理解する。

骨標本などを用いて生体の構造やメカニズムを学習します。理学療法に欠かせない身体に関する基本的な医学的知識を修得し、専門性を築く土台となります。

理学療法評価学[専門科目]
理学療法評価学[専門科目]
理学療法評価学[専門科目]

理学療法士になるための基本技術を学ぶ。

角度計の使用は、理学療法を実施する上で最も重要な技術の一つ。実技を含めた実践的な授業で、確実にスキルを身につけていきます。

物理療法学 [専門科目]
物理療法学 [専門科目]
物理療法学 [専門科目]

実際の器具の使用も交えながら実践力を育みます。

物理療法とは電気・温熱・光など物理療法機器を使用し、痛みや炎症を緩和させる治療のこと。 授業では、実際の器具の使用も交えながら実践力を育みます。

理学療法治療学[専門科目]
理学療法治療学[専門科目]
理学療法治療学[専門科目]

スポーツにおける怪我の対応についても学びます。

スポーツ等における怪我に対して、関節の固定や悪化の予防の為にテーピングの仕方も学びます。

時間割例(1年次前期)時間割例(1年次前期)

 
1限
9:00~10:30
情報処理学 解剖学II 社会学/
日本語表現法
生物学 物理学/
運動学I
2限
10:40~12:10
理学療法概論 解剖学II 解剖学I-1 生物学/
リハビリテーション概論
倫理学/
運動学I
12:10~13:10 昼休み
3限
13:10~14:40
リハビリテーション概論 生理学I 解剖学I-1 物理療法学概論 運動学I
4限
14:50~16:20
レクリエーション実技I 生理学I 心理学/
人間関係論
教育学/
公衆衛生学
運動学I

※参考例であり、カリキュラムの内容については変更になる場合があります。

  • LINEで送る
PAGETOP