関西学研医療福祉学院
ACCESS
オープンキャンパス
資料請求

関西学研医療福祉学院ブログ

Top > 関西学研医療福祉学院ブログ > 作業療法学科

扉の向こうにあるものは…

本校では、勉学を教えるのはもちろんのこと、医療従事者として、職業人として礼儀正しい行動がとれるように指導しています。
その一環として、教務室に入る時には
①学年 ②名前 ③用件 を言うルールにしています。
IMG_0623

2年生、3年生は慣れたものですが、4月に入学したばかりの1年生はどきどきしながら入ってきます。
「さ、作業療法学科、い、いち年の○○です。え~となんやったっけ?」
と途中で用件を忘れてしまう人も(笑)

やっぱり最初は緊張しますよね。
教員は温かく見守っています。

そんな教務室の扉を開けると、今ほっと心が和らぐものがあります。
これ何だと思いますか?
IMG_0622

実はこれ、めだかの卵なんです。学校に教科書をおろしている本屋の方が色々な種類のめだかを飼育している方なんです。
そんなご縁で何匹か譲ってもらい、その子どもの子どもが卵を産みました。
学生たちに人を思いやる心を育んでほしいと、教務室に入ってすぐの所に置いています。
IMG_0621

なんですが、学生で興味を寄せてくれたのはたった2名…
むしろ教員が癒されています!

無事に孵化するといいな。

作業療法学科教員:石川 大


  • LINEで送る
  • Tag : 作業療法作業療法士関西学研医療福祉学院高の原
PAGETOP