関西学研医療福祉学院
ACCESS
オープンキャンパス
資料請求

関西学研医療福祉学院ブログ

Top > 関西学研医療福祉学院ブログ > 作業療法学科

職業ガイダンスに行ってきました!

先日、とある高校に職業ガイダンスに行ってきました。

職業ガイダンスって何?と思うと思います。

職業を紹介する出前授業のようなものですね。
「作業療法ってどんな仕事?」というテーマで、高校2年生に話をしてきました。

image1
田んぼに囲まれた、自然豊かな高校でした。

リハビリ職の中でも、生活の再建を図る作業療法は仕事内容がなかなかわかりにくいと思います。そのためこのような関わりを通じて、作業療法のことを理解してもらう必要性を感じました。

そこで高校生からこんな質問を受けました。
「障がい者を相手する仕事ってしんどくないですか?」

すごく本質をとらえているなと感心しました。

我々の仕事は、障がいを抱えることで、人生の進路をあきらめざるをえなかったり、
周り道をしないといけなくなった人を相手にすることが大半です。
「相手の気持ちを考えると、しんどくなると言えばしんどくなります。
ただ、そんな状況でもその人ができることを見出し、提案し、生活を再建する。
一緒に障がいを乗り越える楽しさがあります。」

と答えました。

さらに、
「障がいのある方の気持ちの変化や、前向きに歩む姿をみると、
援助しているこちらが力をもらうことが多いです。」
と付け加えました。

講座を聞いてくれた高校生のみなさんありがとうございました。
興味があれば、オープンキャンパスに来てくださいね!

作業療法学科教員 石川 大

 


  • LINEで送る
  • Tag : リハビリ作業療法関西学研高の原
PAGETOP