作業療法学科 BLOG

ミュージシャンの先生による授業☆音楽療法を学びました!

今回は音楽療法の授業風景をご紹介します!
作業療法学科では作業療法のほかに補完代替療法概論
(広い意味での民間療法のうち園芸・芸術療法などを専門家から学べます!)
の授業も受け、作業療法に活かしています

音楽療法の授業では民族音楽家でセラピストの
Robbin Lloyd(ロビン・ロイド)先生にお越しいただき、

ハンドドラム、カリンバ、マラカス、鈴、豆など
実際にセラピーで使う楽器を学生みんなで演奏しました
S__2433031

さまざまな分野の施設でご活躍中のロビン先生だからこその経験談や、
音楽療法の考え方を教えていただき、とても勉強になりました

1~2人でできる、木琴やカリンバを使ったセラピーを体験したり、
S__2433039

さまざまな障がいを持ったグループを想定したセラピーでは、
身体障がい・視覚障がい・自閉症・うつ病などのロールプレイングで体験し、
対象者さまそれぞれの状態・反応に合わせたアプローチの仕方を学んだりしました

楽譜もなく思い思いの音を鳴らすのですが、ロビン先生のリードで不思議と心地よい音楽になり
学生たちも盛り上がったり、リラックスしたりしながら楽しんでいました
S__2433030

ロビン先生はNHKの番組で楽曲が流れるほどのすごいミュージシャンでもあります!
現在関西を中心にいろいろなライブ・イベント活動をされていますので、
ぜひチェックしてみてくださいね。

民族音楽家のロビン・ロイドのオフィシャルページ
https://robbin-muse.info/

入試広報 田村

Blog List

Archive

Old Blog

青丹ブログ