作業療法学科 BLOG

コロナ前の思い出話

先日、「対象者や職員の感染の影響があるものの、後輩育成を再開できます」
と実習地の方から連絡がありました。
コロナウイルスの影響で、延期や中止されていた実習を再開できる
という知らせに感謝を述べました

 

その際には卒業生の方と「コロナ前」の話題になりました。
以前は、対面で実施していた「スポーツ大会ー青丹杯」や「海外研修(視察)」
についての話題です。

 

例年の青丹杯は、体育館を貸し切り、レクリエーションやスポーツを行っていました。
5学科一同に集まり、競技に参加したことや中西先生(介護福祉学科専任教員)の
レフェリー(審判)がユーモラスで面白かったと思い出を語っていました

 

学生からは「Tシャツを揃えたり、長縄跳びの回数を数え練習したり面白かった」
と話を聞きました。
青丹学園に入学したからこそ、知らないうちに他職種学生と
「協働」や「同じ体験」をしていたと気づいたそうです。
スポーツを通して、多職種連携を学ばれていたのですね

 

一方、海外研修が困難になっている状況は残念だと話されていました。
学生の時に海外の医療福祉を視察した経験は、職業人としての基本になっているとのことでした。

 

スウェーデンで,充実した医療福祉制度や施設を視察できたことから
「働く人の余裕がないと良い実践が難しい」ことを実感したそうです。
このことを医療福祉コンサルタントの河本佳子先生は
繰り返し述べておられた意味が理解できたとも話されていました。

 

同時に、スウェーデンでは職員が必ずコーヒータイムを持ち、
コミュニケーションを図っていたことが印象に残っているようです
まだ海外への渡航は目処が立っておりません。
徐々に再開している実習や学校行事に理解いただいている皆様に感謝し、
これからもご教授いただけるようよろしくお願いいたします。

 

1655011968030-0
写真1.視察先(スウェーデン,マルメ リハビリテーションセンター)

1655011968030-4 1655011968030-3 1655011968030-2 1655011968030-1
図2.視察先(スウェーデン,マルメ ハビリテーションセンター)

作業療法学科教員 島本

——————————————————–

★奈良県奈良市の医療・福祉系専門学校★
学校法人青丹学園 関西学研医療福祉学院
・介護福祉学科 <介護福祉士>
・作業療法学科 <作業療法士>
・理学療法学科 <理学療法士>
・看護学科   < 看護師 >
・言語聴覚学科 <言語聴覚学士>

【オープンキャンパスの予約→こちら

奈良県奈良市右京1丁目1番5
(近鉄京都線「高の原」駅より徒歩3分)
TEL:0742-72-0600 FAX:0742-72-0635
URL:https://www.seitan.ac.jp/kg

——————————————————–

Blog List

Archive

Old Blog

青丹ブログ