TOPICS BLOG

\\リハビリ職(OT・PT・ST)3学科で企画会議をしたら、とんでもなく盛り上がった//

 

スクリーンショット 2022-06-21 10.59.24
・リハビリ職に興味があるけど、具体的に何をするの?
・自分にはリハビリ職が向いているのか?
・学校の雰囲気を肌で感じたい。

 

そんな人のために、当校では入学試験を受ける前に、
オープンキャンパスに参加してもらっています

 

各職種がどんな仕事をするか理解をしてもらい、対象となる人の役に立ちたい
という強い気持ちをもって入学して欲しいという意図があるからです。

 

普段は、“作業療法士”を目指す人なら
“作業療法学科”のオープンキャンパスに参加してもらっています。

 

参加者は、 “希望学科は決めていて、どの学校にするか選んでいる最中です” という人が大半です。
しかし、中には“医療職には就きたいけど、どの学科がいいのか迷っています” なんて人もいます。

 

そんな人のために、リハビリ職の3学科合同でオープンキャンパスができないか?
と思い、作業療法学科・理学療法学科・言語聴覚学科の教員と広報が集まり企画会議をしました

 

当初は、ある患者さんを設定し、
「各職種でこんなリハビリをします」という案が出ました。

でも、どうせならみんなでスポーツをして、
身体の動かし方から各職種の視点の違いを伝えるのがいいんじゃない?

となり、話がどんどん進んでいきました。

 

スポーツといえば、身体を動かす理学療法が真っ先に浮かぶと思います。

 

では、作業療法士はどんなところに着目するでしょうか?
例えば、使用する道具を工夫したり、スポーツを通じた社会参加の意義を考えたり、
日常生活をより良くしようと考えます。

 

言語聴覚士の着目点は?というと
チーム内でのコミュニケーションの取り方や
思考をどう思い巡らせ行動するかなどに注目します。

 

企画会議で、1番熱かったのは言語聴覚学科の野上先生でした

「パスをするにも1対1と1対2では脳の働かせ方が違います。そこに相手チームがボールを奪おうと邪魔すると、また変わってきます…。」「あ〜どうせなら試合をしたいな」

と話が止まりませんでした(笑)

【企画会議動画 ワイワイ編】

 

各学科がこのような職種だということはおおよそ理解しているのですが、
一つのテーマにそって視点の違いを話し合う機会はほとんどなく、
企画会議をしながら改めて各学科の視点が勉強になりました

3学科

そして3つのことが分かりました。

①どの職種でも全体的には勉強しており、対応できる
②重なる部分はあるけど、やっぱり得意とする専門性がある
③教員は、自分の専門分野の話をすると止まらない(笑)

ということです

 

説明が長いと参加者も疲れてしまいますので、
お互いに喋りすぎないよう気をつけましょう!と言って会議を終えました。

 

そして、この3学科合同のオープンキャンパスは
7月17日(日)に行われることが決定しました!!!(パチパチパチ)

 

 

詳細はこちら⬇︎をクリックして下さい

【オープンキャンパスの予約へ】

 

あと、どの教員が喋りすぎているかも確かめに来て欲しいです(笑)

皆さんの参加をお待ちしております

【企画会議動画 白熱してきた編】

 

作業療法学科教員:石川 大

——————————————————–

★奈良県奈良市の医療・福祉系専門学校★
学校法人青丹学園 関西学研医療福祉学院
・介護福祉学科 <介護福祉士>
・作業療法学科 <作業療法士>
・理学療法学科 <理学療法士>
・看護学科   < 看護師 >
・言語聴覚学科 <言語聴覚学士>

【オープンキャンパスの予約→こちら

奈良県奈良市右京1丁目1番5
(近鉄京都線「高の原」駅より徒歩3分)
TEL:0742-72-0600 FAX:0742-72-0635
URL:https://www.seitan.ac.jp/kg

——————————————————–