作業療法学科 BLOG

世界標準になるか?日本発、次世代型車椅子に乗ってきました。

 

石川①

作業療法学科教員の石川です。
先日、大阪で開催された「JCI EXPO 2022 in KINKI」に行ってきました。

石川②

会場には、大阪・関西万博に向けて
活動する企業・団体によるブースがいくつもあり、
ほほむ訪問看護ステーションさん次世代型車椅子・WHILL の試乗会をしていました

このWHILLは、日本に本社があるスタートアップ企業が開発した電動車椅子で、
これから本格的に世界に売り出す予定です。

 

まずこの車椅子、デザインがいいんですよね

 

石川③

さらに注目なのは、前輪のタイヤです
縦回転だけでなく横回転もできる優れもので、
それにより車イスを360°回転させることができます。
操縦する手元のレバーも、前後右左というものではなく、円形にグリグリ回せるものでした。

石川④

YouTube「世界を変える起業家たち #4 最新モビリティで移動の自由を目指す起業家」より抜粋

 

乗った感想は、微妙な角度でも曲がるので、行きたいと感じた方向に動いてくれました。
これなら、切り返しが必要だった狭い路地の曲がり角や
部屋の中でも感覚的に移動できそうです
コントローラーでカートを操っているようで、ゲーム感覚で楽しかったです。
これなら外に出かけたくなりますね

 

もしかしたらジョイコンのような両手で持てるコントローラーがあれば、
より操作がしやすいかもしれません。

石川⑤

さて、この車椅子のお値段が気になりますよね?
とは言っても高いでしょ。

 

と通販番組みたいですが、私は200万円ぐらいと予想しました。
皆さんはいくらだと思いますか?

 

なんと、48万7000円
だそうです。(#やっぱり通販番組の語り口)

 

1回の充電で18 キロまで走れるため、
近所に買い物にいくだけであれば、2〜3日に1回の充電でいいそうです。

 

しかも介護保険の認定を受けている人なら月2700円でレンタルできるので、
その値段から無理なく利用できますね
医療・福祉に携わる者として、最新機器の知識があるか・ないかで、
障がいのある方に提案するものが変わってくる。
ひいては、その方の生活の質が変わってきます。

 

車イスはパーソナルモビリティとしても成長する分野だと言われており、
世界中で商品開発が進んでいます。
革新的な機器が登場すると、今まで障がいと言われていたことも、
障がいでなくなる可能性もあります。

 

これからも最新情報にアンテナを立てておくことが大事だと思いました。

 

作業療法学科教員:石川 大

 

——————————————————–

★奈良県奈良市の医療・福祉系専門学校★
学校法人青丹学園 関西学研医療福祉学院
・介護福祉学科 <介護福祉士>
・作業療法学科 <作業療法士>
・理学療法学科 <理学療法士>
・看護学科   < 看護師 >
・言語聴覚学科 <言語聴覚学士>

【オープンキャンパスの予約→こちら

奈良県奈良市右京1丁目1番5
(近鉄京都線「高の原」駅より徒歩3分)
TEL:0742-72-0600 FAX:0742-72-0635
URL:https://www.seitan.ac.jp/kg

——————————————————–

Blog List

Archive

Old Blog

青丹ブログ