関西学研医療福祉学院
ACCESS
オープンキャンパス
資料請求

関西学研医療福祉学院ブログ

Top > 関西学研医療福祉学院ブログ > 介護福祉学科

介護福祉学科の先生をご紹介♪♪

こんにちは今回は本校介護福祉学科の先生をご紹介します★★

CWkanou

加納岬先生です

主な担当分野

生活支援技術/介護総合演習/基礎介護/認知症の理解など

略歴

高校卒業後、介護職として就職する。就職先で介護のやりがいや魅力を抱き仕事をしていたが、専門的知識と技術が不足していると感じるようになり、仕事と学業を両立しながら介護福祉士養成校に進学する。その後、福祉系大学に進学して卒業する。福祉現場では介護福祉士としての仕事だけではなく、管理職として人材育成や業務のマネージメントを行い、日々福祉の勉学や技術の修得に励む。日常業務からより多くの介護福祉士を育成したいと思い、現職にいたる。

福祉に対する想い

高齢者人口が増加する中、さまざま視点で福祉問題が取り上げられている。私は高齢者の介護が必要であるにも関わらず、支えるための人材が不足していることが大きな問題であると感じている。その背景にはマスメディアの報道による事件や、介護の仕事が3Kと呼ばれることにより、介護業界のイメージが悪化していることがあると思われる。確かに、介護は誰かの助けがないと生活できない方を対象とするため、介護福祉士は肉体的・精神的にも大変な仕事である。しかし利用者さんと向き合い、日々業務をしている介護福祉士の表情は輝いている。それは、毎日利用者さんと関わる中で信頼関係が確立するようになり、介護者と利用者お互い敬愛の気持ちを抱くことができるからである。そのため、利用者さんの笑顔や何気ない言葉にやりがいを感じている。介護福祉士はさまざまな病気や障害がある利用者さんを支援しなければならないために、専門性が求められる。利用者さんが安心して生活をするためには、知識・技術・倫理観が必須になる。また、専門性としての責任・義務を果たすことで、スキルアップを目指すことができる仕事でもある。人は誰でも安らかな生活を過ごしたい。そのような生活を支えるために、介護福祉士が存在している。介護福祉士はこれからの福祉を担う必要不可欠な職業である。

実際の授業・実習では具体的にどのようなことを行っていますか?

主にコミュニケーション技術・生活支援技術という科目を担当している。介護の仕事は対人関係の仕事である。利用者さんは疾病や障害が原因で、会話などのコミュニケーションが困難になり、介護方法が理解できないと利用者さんは大変困惑してしまう。「これからどのような介護をするのか?」説明と同意が重要である。コミュニケーション技術では受容・傾聴・共感など高齢者の気持ちを考慮した技法や、介護福祉士として必要な倫理観など、人間関係を構築するための技術を学んでいる。生活支援技術は移動介助などを中心に授業をしている。学校で身体介護の基礎を学ぶことで、基本技術を習得することができる。また、介護は根拠が大切である。「なぜこのような介護をするのか?」明確な理由が求められる。基本を理解できていないと、福祉現場での応用的な実践が困難になる。専門職は健康管理が必須である。介護は職業病として腰痛が取り上げられる。腰痛を防ぐために正しい体の使い方、福祉用具の活用方法などを習得することで、腰痛を軽減することができる。介護者が負担になる介護方法は利用者さんにも苦痛を与えてしまう。介護者と利用者のお互いが安全で安楽な支援ができるような技術が大切である。

高校生へのメッセージ

介護福祉士に少しでも興味がある人は、ぜひ介護福祉士を目指してほしい。しかし、漠然と進路を決定するのではなく、体験入学や学校説明会などに積極的に参加をして、この学校で勉強したいと思うことが大切である。高校3年間は今しかない。たくさんの体験と楽しい思い出を作ってほしい。人生はいい時ばかりではなく、うまく行かないときもある。高校生活で得た経験、仲間との出会いが今後の苦難を乗り越えるヒントになる。人間が1人では生きていけない。仲間を大切にして支えあって、日々の生活を過ごしてほしい。

次回加納先生の担当のオープンキャンパスは2/17(土)です。体験メニューは「福祉用具を使ってみよう~力を使わない介護~」です。当日は本校卒業生で現役介護福祉士の先輩ともお話していただくことができますよ!!

ぜひお気軽にご参加くださいね♪♪

 

 


卒業生が遊びに来てくれました!

卒業生が遊びに来てくれました

1

手土産まで持ってきてくれましたよ

先生と事務員さんの6人をイメージしてスティックケーキを買ってきてくれたそうです

澤浦先生→紅芋ケーキ、中西先生→プリンケーキ、加納先生→チョコケーキ、原田先生→スイートポテトのケーキ、小林先生→モンブラン、事務員さん→いちごのケーキを頂きました

とてもおいしく頂きました(^^)卒業生が遊びに来てくれるといつも成長が見られてとても嬉しいです。いつでも学校に遊びにきてくださいね

また、頂いたケーキのように介護福祉学科の先生はみんな個性豊かで優しい先生が勢ぞろいです。ぜひ高校生の方もオープンキャンパスなどで先生に会いに来てみてくださいね★☆12/8までは夜間介護福祉WEEKを開催中ですよ!また、次回オープンキャンパスは12/17(日)です


★在校生インタビュー★

今回は、介護福祉学科の在校生の八木沢珠実さん(奈良県/奈良朱雀高等学校出身)のインタビューをお届けします

IMG_3246

本校のどこに魅力を感じて入学しましたか?決め手となった事を教えて下さい
国家試験に向けた本格的な対策、充実した実習先、施設設備が整っていること、授業に関しても心のケアなど様々なことが学べる点など介護福祉士を目指すにあたって幅広い分野や知識を学べるためこの学校に魅力を感じ、入学を決心しました。

学校生活でやりがいを感じるときはいつですか
初めての実習が辛くて、とても不安でしたが、終えたときにとてもやりがいを感じました。

クラスの雰囲気を教えてください
明るく、仲の良いクラスです。授業は90分と長い時間ですが、お互いはげましあい、勉強に取り組んでいます。

先生とのエピソードを教えてください
実習の悩みや不安なことがたくさんありましたが、先生がしっかりと相談にのってくれました。とてもはげましてもらい、実習も乗り越えられました。

授業中でのエピソードを教えてください
ベッドメイキングの授業で分からないところや出来ないところがあると先生は出来るまでしっかりと教えてくれます。また、クラスメイトとはお互いに相談しあって、はげましあい、実技テストには自信をもってのぞみます。

卒業後の夢を教えてください
介護福祉士として技術をみがいた後、福祉住宅の勉強などにも取り組んでいきたいです。

これから進学を目指す人たちへメッセージをお願いします
進学の悩みや不安が沢山あると思いますが、色々な仕事に視野を広げてみてください。色々な学校説明会などに参加し、自分にあった夢を見つけられるよう、頑張ってください。応援しています。

八木沢さん、ありがとうございました
先日、初めての実習が終わりましたね。2年生になれば1年生のときよりも、色んな施設に実習に行くことができます!学校生活に勉強に日々頑張って、2年生に向けて徐々に準備をしていってくださいね


小さな森の音楽会~♪♪

先日、介護福祉学科の1年生は課外学習に行ってきました
P1360963
障害者理解の学びとして 「小さな森の音楽会」に参加して来ましたよ♪
P1360957
障害をおもちであっても、イキイキとすごしてほしい!!という想いからスタートしたコンサートだそうです

会場にはとてもたくさんの人が集まっていました。

P1360971

本校学生もしっかり参加し、コンサート中には沢山の方をサポートしましたよ
P1360991

P1360989

みんな笑顔で楽しいことが伝わってきますね

P1370002

P1370006

本校では、高齢者施設だけでなく、障害者施設など様々なところに実習に行くことができます。
今回の課外学習で学んだことも、ぜひ実習や今後介護福祉士となった時に活かして行ってくださいね


介護福祉学科の授業って~?【フットケア編】

2名称未設定-

本校の介護福祉学科ではフットケアの授業があります

041

爪は、私たち人間の基本姿勢、立つ、歩くなど力のバランスをとる役割を果たしています。

しかし、高齢になると爪はとても乾燥していき、乾燥すると爪は硬く、厚くなります。

こうした爪の変化により、身体のバランスも変わっていきます。

爪が厚くなることで、足に力を入れにくくなったり、靴にあたって痛みが出たりする場合もあります。これらの症状が悪化すると、歩行が困難になり、転倒の危険性も大きくなってきます。

そのため、厚生労働省は介護予防事業として「足指・爪のケアに関する事業」(フットケア)を盛り込み、国としてもフットケアの重要性を認識しています。

本校でも、フットケアスペシャリストの方に学校に来ていただき、今注目されているフットケアをしっかりと学びます。

045

フットバスについても学んだり、高齢者の足についても学びますよ!

IMG_0007

662c89fd47b6a3a263e5d9624129a0c1-1

<授業を終えた学生の声>介護福祉学科2年生 岩橋 遥飛さん(貝塚南高校出身)

初めは足の裏を触られるのはすごくくすぐったかったです。しかし友達と相談し、力加減などを工夫することで徐々に気持ちの良いケア方法を見つけることが出来ました。コツをつかむと身体が温まり、ウトウトすることも…とてもフットケアの効果を感じられました♪フットケアを行うことで、不眠の方などもぐっすり眠れる効果もあるのでもっと上達したいと思いました。

足は第二の心臓と呼ばれることもあり、フットケアには様々な効果があるんですね!ぜひ授業で学んだ事を活かしてくださいね(^^)

 

 

 


介護福祉学科の授業って~?【口腔ケア編】

名称未設定-1

 

本校、介護福祉学科では口腔ケアの授業があります

081

口腔ケアとはお口のお手入れのことです。お口が汚れていると、食がすすまなかったり、熱が下がらなかったり、お口がしっかりと動かないためにからだに異常のサインが出ることもあります

そのため介護現場では、口腔から全身の健康維持をするため口腔ケアが行われています。

自分のお口からご飯を食べること、楽しくお話しすることで毎日いきいきと生活していただけるので口腔ケアはとても大切なことなのです。

本校では、歯科衛生士の方に来ていただき、本格的な口腔ケアを学びます

073

そのため、実習に行ったときや現場に出たときに、しっかりと口腔ケアを行うことができます

074

<授業を終えたの学生の声>介護福祉学科2年生 岩橋 遥飛さん(貝塚南高校出身)

自分では簡単に行える歯磨きですが、人の歯を磨くとなると、力の加減や歯ブラシの向きなど、困難なことがたくさんあることを知りました。口腔ケアを行う上での注意点やポイントを学び、友達と実践することで自信をもって実習にのぞむことができます。

プロに口腔ケアを教わることが出来るのは本校ならではですよね!

2年生は、今月の8/28(月)から1ヶ月間の最後の実習にいきます。日ごろ、授業で習ったことを活かし、頑張ってきてくださいね(^^)

 


介護福祉学科BLOG

New Entry

Archive

Old Blog

PAGETOP