作業療法学科 BLOG

「スウェーデン」に関する記事が表示されます。

コロナ前の思い出話

先日、「対象者や職員の感染の影響があるものの、後輩育成を再開できます」
と実習地の方から連絡がありました。
コロナウイルスの影響で、延期や中止されていた実習を再開できる
という知らせに感謝を述べました

 

その際には卒業生の方と「コロナ前」の話題になりました。
以前は、対面で実施していた「スポーツ大会ー青丹杯」や「海外研修(視察)」
についての話題です。

 

例年の青丹杯は、体育館を貸し切り、レクリエーションやスポーツを行っていました。
5学科一同に集まり、競技に参加したことや中西先生(介護福祉学科専任教員)の
レフェリー(審判)がユーモラスで面白かったと思い出を語っていました

 

学生からは「Tシャツを揃えたり、長縄跳びの回数を数え練習したり面白かった」
と話を聞きました。
青丹学園に入学したからこそ、知らないうちに他職種学生と
「協働」や「同じ体験」をしていたと気づいたそうです。
スポーツを通して、多職種連携を学ばれていたのですね

 

一方、海外研修が困難になっている状況は残念だと話されていました。
学生の時に海外の医療福祉を視察した経験は、職業人としての基本になっているとのことでした。

 

スウェーデンで,充実した医療福祉制度や施設を視察できたことから
「働く人の余裕がないと良い実践が難しい」ことを実感したそうです。
このことを医療福祉コンサルタントの河本佳子先生は
繰り返し述べておられた意味が理解できたとも話されていました。

 

同時に、スウェーデンでは職員が必ずコーヒータイムを持ち、
コミュニケーションを図っていたことが印象に残っているようです
まだ海外への渡航は目処が立っておりません。
徐々に再開している実習や学校行事に理解いただいている皆様に感謝し、
これからもご教授いただけるようよろしくお願いいたします。

 

1655011968030-0
写真1.視察先(スウェーデン,マルメ リハビリテーションセンター)

1655011968030-4 1655011968030-3 1655011968030-2 1655011968030-1
図2.視察先(スウェーデン,マルメ ハビリテーションセンター)

作業療法学科教員 島本

——————————————————–

★奈良県奈良市の医療・福祉系専門学校★
学校法人青丹学園 関西学研医療福祉学院
・介護福祉学科 <介護福祉士>
・作業療法学科 <作業療法士>
・理学療法学科 <理学療法士>
・看護学科   < 看護師 >
・言語聴覚学科 <言語聴覚学士>

【オープンキャンパスの予約→こちら

奈良県奈良市右京1丁目1番5
(近鉄京都線「高の原」駅より徒歩3分)
TEL:0742-72-0600 FAX:0742-72-0635
URL:https://www.seitan.ac.jp/kg

——————————————————–

レクリエーション学外授業☆クッブ

作業療法学科では1年生が屋外でレクリエーション授業を行いました
学校の近くの公園で、クッブ(Kubb)というスウェーデン発のスポーツを体験

クッブはカストピンナという木の棒を投げて木の的(まと)を倒すスポーツです。
めん棒のようなものがカストピンナで、的はクッブというブロック型のものと
王冠つきのキングがあります

S__2449482★

ゲームの前に、カストピンナを投げる練習をします
高齢の方や子どもでも投げやすい軽さなので、
パワーのある男子チームより女子チームの方が命中していることも
コツをつかめばどんどんうまくなれます

仲間がクッブを倒すたびに、ボーリングのように大盛り上がり

S__2449422★

ゲームは陣取りのように相手コートのベースクッブを5つ倒して
最後にキングを倒したチームの勝ちです
しかし、クッブを倒す前にキングを倒してしまうと負けになるので、
そのあたりのコントロールも必要になってきます

S__2449466★

正式にはもう少し複雑なルールもありますが
レクリエーションを行う際は、参加者・目的に合わせて
みんなが楽しめるように工夫することが大切

ちなみに、今回の授業は介護福祉学科からレクリエーションの
専門家の先生が教えに来てくれています
本校は奈良県で唯一の日本レクリエーション協会課程認定校なんですよ

S__2449463★

早く現場に出て、対象者さまに楽しんでいただきたいですね

入試広報 田村

海外研修に行ってきました!

今年度も作業療法学科3年生が海外研修に行ってきました!渡航先はスウェーデンのストックホルムです!渡航日程は平成30年9月29日~10月10日の12日間でした。(乗り継ぎドイツ;フランクフルトの為、数日滞在し市内観光など楽しみました。)

津波による関空連絡橋の修理などあり、当日までに飛行機は飛ぶのかどうかなど冷や汗ものでしたが無事渡航することができました。


スウェーデンの視察では知的障害者のデイケアセンター、高齢者グループホーム、リハビリテーションセンター(身障領域)、急性期病院(身障領域)の4施設の見学・講義と今回の視察のコーディネートをしていただいたスウェーデン・クオリティケアでのスウェーデン医療福祉の法律や現状など講義を受けました。


見学先では実際に働く作業療法士や看護師,理学療法士などからお話を直接伺うことができ、日本との認識の違いについてまざまざと実感し、非常に勉強になる時間を過ごす事ができました。

見学する時間以外ではストックホルムの町並みや観光名所散策(魔女の宅急便のモデルになった場所)などでもその文化や人柄にも接する事ができました。ストックホルムでは支払いのすべてがクレジットカードで、現金がなくてもノープロブレム。日本も将来的にはそうなるのかな、と度肝を抜かれました。


ドイツでは美術館の多さにびっくりしました。アップルワインも有名らしく,本場のソーセージなども美味しくいただきました。

ともあれ、12日間とても有意義な時間を過ごす事ができました。海外旅行の経験もまた作業療法士としての幅を広げてくれます。


721
作業療法学科 教員 森木

2017年度 海外研修 in Sweden part④(最終回)

海外研修 ~番外編~

研修の合間に、ストックホルムの中心部にある自助具のお店に行ったので紹介します。

日本ではあまり見かけない自助具がたくさんあり、
学生さんたちは時間が経つのを忘れて熱心に見ています。

さすが未来の作業療法士!

タイマー
IMG_5351

電話
IMG_5350

調理器具
IMG_3844

他にもたくさんの自助具がありました。
その中に珍しい物があり,迷わず購入!

その名も「ブラックボード」です。
IMG_4218

どうやら、手の動きや考える力をつけるための手工芸です。
そして帰国後、実際に3年生に作ってもらいました!
IMG_4214

ボールペンのようなペンホルダーに紐を通して、そのペンでボードの穴に刺し、模様を描いていきます。
IMG_4217

完成です!
2人とも最初は苦闘していましたが、すぐに慣れてあっという間に作品を作り上げました。
とても上手です!

また、作業療法学科のオープンキャンパスなどで紹介したいと思います。
IMG_4220

さいごに、今回の海外研修はたくさんの発見と出会いがあり、とても充実した研修でした。
この経験を今後の作業療法にいかし、たくさんの利用者さんが楽しく健康に生活できるように、
立派な作業療法士になってください。

作業療法学科教員 河津

2017年度 海外研修 in Sweden part1

作業療法学科教員の河津です。
9月30日(土)~10月11日(水)まで海外研修でSwedenに行ってきました。
その様子を数回に分けてブログにアップさせていただきます。
IMG_4223

今回の参加者は総勢10名。
事務長、河津そして、作業療法学科の3年生8名です。

9月30日(土)の7時30分に関西国際空港に集合。
10時のフランクフルト行きの飛行機に乗りました。約12時間のフライト後、フランクフルトで乗り換え、
そこからまた飛行機に乗ること2時間。
やぁ~っと目的地であるストックホルムに到着!!
IMG_3583

10月1日(日)は、市庁舎(ノーベル賞授賞式の晩餐会が行われる会場)や
ストックホルムの街並みを観光しました。
IMG_4222

10月2日(月)研修初日です。
この日は、「Swedish Quality Care」という会社でスウェーデンの医療・福祉に関する講義を受けました。
写真の右側には講師のエーミルさんが写っています。
(エーミルさんはスウェーデン人ですが日本語ペラペラです)

IMG_4224

IMG_3615

スウェーデンの医療・福祉はサービスを無償で受けることができるとのこと、スウェーデンは素晴らしい!!

IMG_4225

学生さんも積極的に質問しています。

この日の夕食は、講師のエーミルさんと一緒にスウェーデンの伝統料理であるサーモンをいただきました。
とても美味しかったです。

IMG_4836

最後に店員さんと一緒にハイ、チ~ズ!
IMG_4227

Part②に続く・・・

Blog List

Archive

Old Blog

青丹ブログ