作業療法学科 BLOG

「介護福祉」に関する記事が表示されます。

しろ日記① しろサポートチームの紹介(介護福祉学科)

先日、介護福祉学科の『ドッグセラピー』の授業に行ってきました。

皆さんが温かく迎え入れてくれたので、

初めての教室だったけれど、授業中も僕はリラックス。

しろ1

『ドッグセラピーの現場では、人だけでなく、犬にとっても安心で安全、

そして、お互いが楽しめる空間作りをすることも

活動に関わるスタッフの連携のポイントです。』

ということをお伝えしてきました。

S__103915549

授業後には、サポートチームの皆さんが片づけを手伝ってくれたり、

お散歩にも連れ出してくれました。

S__103915551

授業中も授業後もとっても楽しくて、

僕にとってHappyな時間でした。

 

S__103915552

介護福祉学科2年生の皆さん、どうもありがとう。

これからもよろしくね

 

作業療法学科サポーター しろ

 

——————————————————–

★奈良県奈良市の医療・福祉系専門学校★
学校法人青丹学園 関西学研医療福祉学院
・介護福祉学科 <介護福祉士>
・作業療法学科 <作業療法士>
・理学療法学科 <理学療法士>
・看護学科   < 看護師 >
・言語聴覚学科 <言語聴覚学士>

【オープンキャンパスの予約→こちら

奈良県奈良市右京1丁目1番5
(近鉄京都線「高の原」駅より徒歩3分)
TEL:0742-72-0600 FAX:0742-72-0635
URL:https://www.seitan.ac.jp/kg

——————————————————–

新入生を大・大・大歓迎!

ピカピカの1年生が入学してきたので、
歓迎の意味を込めて「新入生セミナー」を行いました

“セミナー”ときくと真面目なイメージですが、
実際は1~3年生をミックスさせたグループを作り、
グループ対抗クイズ大会を行いました

IMG-0997

IMG-0999

IMG-1001

今の3年生は、入学式の翌日から
新型コロナウィルスの影響で休校になり(あの時は超大変だった…)、
新入生セミナーが中止になってしまいました
だから余計に、後輩になんやかんやと教えることができて嬉しそうでした

セミナーの目的は、初対面のメンバーとコミュニケーションを取ることです。
コミュニケーション力を養うことは、
働いてから対象者(患者さま、利用者さまなど)との
信頼関係を築くことやニーズを知ることに役立ちます。

そんな意味を込めて、チーム名を決めてもらう際、
“参加者全員の共通点を見つけ、
それをチーム名にして下さい”というお題を出しました

さらに裏のテーマとして、「学び」とは自分と他者との「対話」によって
成立することを体験して欲しいと思いました。

まあ…難しい話はさておき、「新入生セミナー」は大成功に終わりました
先輩・後輩が仲良くなれたので、より楽しい学園生活が送れるよう祈ってます。

IMG-0998

作業療法学科教員 石川

——————————————————–

★奈良県奈良市の医療・福祉系専門学校★
学校法人青丹学園 関西学研医療福祉学院
・介護福祉学科 <介護福祉士>
・作業療法学科 <作業療法士>
・理学療法学科 <理学療法士>
・看護学科   < 看護師 >
・言語聴覚学科 <言語聴覚学士>

【オープンキャンパスの予約→こちら

奈良県奈良市右京1丁目1番5
(近鉄京都線「高の原」駅より徒歩3分)
TEL:0742-72-0600 FAX:0742-72-0635
URL:https://www.seitan.ac.jp/kg

——————————————————–

レクリエーション学外授業☆クッブ

作業療法学科では1年生が屋外でレクリエーション授業を行いました
学校の近くの公園で、クッブ(Kubb)というスウェーデン発のスポーツを体験

クッブはカストピンナという木の棒を投げて木の的(まと)を倒すスポーツです。
めん棒のようなものがカストピンナで、的はクッブというブロック型のものと
王冠つきのキングがあります

S__2449482★

ゲームの前に、カストピンナを投げる練習をします
高齢の方や子どもでも投げやすい軽さなので、
パワーのある男子チームより女子チームの方が命中していることも
コツをつかめばどんどんうまくなれます

仲間がクッブを倒すたびに、ボーリングのように大盛り上がり

S__2449422★

ゲームは陣取りのように相手コートのベースクッブを5つ倒して
最後にキングを倒したチームの勝ちです
しかし、クッブを倒す前にキングを倒してしまうと負けになるので、
そのあたりのコントロールも必要になってきます

S__2449466★

正式にはもう少し複雑なルールもありますが
レクリエーションを行う際は、参加者・目的に合わせて
みんなが楽しめるように工夫することが大切

ちなみに、今回の授業は介護福祉学科からレクリエーションの
専門家の先生が教えに来てくれています
本校は奈良県で唯一の日本レクリエーション協会課程認定校なんですよ

S__2449463★

早く現場に出て、対象者さまに楽しんでいただきたいですね

入試広報 田村

Blog List

Archive

Old Blog

青丹ブログ