作業療法学科 BLOG

「先生」に関する記事が表示されます。

コロナ前の思い出話

先日、「対象者や職員の感染の影響があるものの、後輩育成を再開できます」
と実習地の方から連絡がありました。
コロナウイルスの影響で、延期や中止されていた実習を再開できる
という知らせに感謝を述べました

 

その際には卒業生の方と「コロナ前」の話題になりました。
以前は、対面で実施していた「スポーツ大会ー青丹杯」や「海外研修(視察)」
についての話題です。

 

例年の青丹杯は、体育館を貸し切り、レクリエーションやスポーツを行っていました。
5学科一同に集まり、競技に参加したことや中西先生(介護福祉学科専任教員)の
レフェリー(審判)がユーモラスで面白かったと思い出を語っていました

 

学生からは「Tシャツを揃えたり、長縄跳びの回数を数え練習したり面白かった」
と話を聞きました。
青丹学園に入学したからこそ、知らないうちに他職種学生と
「協働」や「同じ体験」をしていたと気づいたそうです。
スポーツを通して、多職種連携を学ばれていたのですね

 

一方、海外研修が困難になっている状況は残念だと話されていました。
学生の時に海外の医療福祉を視察した経験は、職業人としての基本になっているとのことでした。

 

スウェーデンで,充実した医療福祉制度や施設を視察できたことから
「働く人の余裕がないと良い実践が難しい」ことを実感したそうです。
このことを医療福祉コンサルタントの河本佳子先生は
繰り返し述べておられた意味が理解できたとも話されていました。

 

同時に、スウェーデンでは職員が必ずコーヒータイムを持ち、
コミュニケーションを図っていたことが印象に残っているようです
まだ海外への渡航は目処が立っておりません。
徐々に再開している実習や学校行事に理解いただいている皆様に感謝し、
これからもご教授いただけるようよろしくお願いいたします。

 

1655011968030-0
写真1.視察先(スウェーデン,マルメ リハビリテーションセンター)

1655011968030-4 1655011968030-3 1655011968030-2 1655011968030-1
図2.視察先(スウェーデン,マルメ ハビリテーションセンター)

作業療法学科教員 島本

——————————————————–

★奈良県奈良市の医療・福祉系専門学校★
学校法人青丹学園 関西学研医療福祉学院
・介護福祉学科 <介護福祉士>
・作業療法学科 <作業療法士>
・理学療法学科 <理学療法士>
・看護学科   < 看護師 >
・言語聴覚学科 <言語聴覚学士>

【オープンキャンパスの予約→こちら

奈良県奈良市右京1丁目1番5
(近鉄京都線「高の原」駅より徒歩3分)
TEL:0742-72-0600 FAX:0742-72-0635
URL:https://www.seitan.ac.jp/kg

——————————————————–

作業療法の実習ってしんどいですか?

 

ブログ4.

作業療法士の学校に進むかどうか悩む学生さんから、こんな質問をよく受けます。

「作業療法の実習ってしんどいですか?」

教員である私は、いつもこう答えています。

 

しんどくないですとは言いません

と返答しています。

 

学校では、どうしても教科書に書かれていることが中心になります。
疾患のことを学んでも、症例について話し合っても、どこか遠くにいる人と思いがちです。

 

実習では、障害を抱えて困っている人を目の当たりにします。
「〜ができなくなってしまってね」
なんて言われると、なんとかしてあげたいと思うのが人情というものです。

そんな状況になってようやく教科書に書かれていた事と、目の前にいる方の症状が結びつき、
学校で学んだことはこういう事か!と理解できます。
そして、“作業療法士として何ができるのか”を自分事としてとらえられるようになるのです。

 

——— 当校での対応 ——————————

学生さんが実習に行ってしまったら、
実習地の先生にすべてお任せではありません。

当校では、学生さんに週一回の報告をしてもらっており、
そこで実習での悩みや、質問に返答しています。

事前には学生の特徴を伝え、実習が始まったら電話で連絡を取り合っています。
そして原則として教員が実習地を訪問し、臨床現場での生の声を聞くようにしています。

————————————————————

今日は実習訪問の日で、とある病院に向かってる最中に、この記事を書いています。

S__33996806_0

学生さんからの実習報告では、実習できることへの感謝がつづられていました。
だから、いい実習ができていると想像できますが、実際はどうでしょう?

 

生き生きとした顔で実習しているといいな…

 

IMG_1226

病院の送迎バスが来るまで時間があったので、隣にある素敵なビルに入りました。
サボっている訳ではありません。移動中も仕事をしていましたから…
(#言えば言うほど言い訳に聞こえる)

 

作業療法学科教員:石川 大

 

織物に挑戦しました!

今回は作業療法学科★織物の授業をご紹介‍

本格的な織り機を使って糸から布を手織りします
見るからに複雑そうですね
S__6078555

ビーズ細工やかぎ編みの授業では経験者の学生もいましたが、
ハンドメイドが好きな方でも織り機を使うことはなかなかないですよね

そんな織物初心者の学生たちに教えてくださるのは
東京でも活躍されている有名な織物の先生
織物での治療法、楽しみ方を学びます♪

S__78684210

織物活動はデザインや糸選びから
糸張りなどの下準備、
杼(ひ)やハサミ✂️など道具の扱い、
実際に横糸を通して織っていく工程、
織った布を使用した作品作りまで
たくさんの作業が盛り込まれています

S__6078551

そのため、さまざまな能力の回復に効果があり
長く作業療法に取り入れられてきた治療法なんだそうです‍

学生たちも最初は手が慣れず混乱していましたが
慣れると集中して黙々と織り進めていました
どんどん布が織れていくのは楽しいですよ

S__6078540

機織りなどの手工芸は、対象者さまの手足の動き・集中力の改善や
達成感を得ることで心と身体に働きかける治療の手段です

本校の作業療法学科では約十種類の手工芸などを学内実習で学び、
現場で活かせる力を身に着けることができますよ
「リハビリの仕事に興味がある」「作業療法ってなに?」という
進路選び中の皆さん、ぜひ一度オープンキャンパス・各種相談会に
ご参加ください

入試広報 田村

「寝返り」の動作分析

作業療法学科の授業をご紹介
この日は寝返りの動作分析を行いました!
医療機関で作業療法士として活躍中の先生にお越しいただき、
実際の患者さまの症例を見ながら分析方法を学びました

S__2498594★

寝返りは概ね無意識に行われますが、片半身麻痺をお持ちの方など
寝返りが困難な方もいらっしゃいます

どんな人でも日常生活のクセ(例:テレビが左にあるので左を向きがち)
などが寝返りのしやすい向きに影響しているため、
一人ひとり寝返りの特徴が違うのだそう
病気・ケガを抱える方はなおコントロールが難しくなりますよね。

S__2498585★

今回の授業では、自分たちの寝返りを観察したり、
実際の半身麻痺の患者さまの動作を再現・分析しました

寝返りの動作分析では一連の動作を3つの段階に
「相(そう)分け」して細かく観察していきます
それぞれの相で使う体の部位の動きや、できない動作の補い方を
分析し、それをもとに作業療法でのアプローチ方法を考えていくので
観察力が大事になります

S__2498602★

興味のある方はぜひ一度ご自身の寝返りを動画に撮って
観察してみてくださいね

入試広報 田村

作業療法とオンライン授業について

5月11日(月)から、90分授業が再開できました!
本来なら、学生と同じ場所・同じ時間に対面授業で開始するはずが、
画面上での開講となりました

この先も、新型コロナウイルスによる影響がすぐに終了するとも思えません。
静かな校舎でオンライン授業がすすむ中、学生と教職員のチャレンジが始まっています!

皆さんご存じでしょうか?
すでに小中学校を中心に遠隔授業が以前から検討されており、
2018年からは一部の小中学校や高校で
オンライン授業(遠隔授業)が始まっていたようです。

今回、本校でもオンライン授業を実施することになりましたが、
情報機器の使用方法に戸惑っている最中です

しかし、新しい技術や教育方法を学ぶことは面白い経験でもあります。
そして、この経験は「新しいコミュニケーション手段について考える機会になる」
そんな希望をもっています

もともと、オンライン授業は障害をもった方々への支援としても始められました。
これからの経験が、作業療法を学ぶ我々にとって素敵な思い出となりますように
もちろん、機会があればワークショップや授業で、
質問やアイデアをいただけることお待ちしています。

もう少し、説明をしましょう。

今まで行っていたものは面接授業もしくは対面授業と呼びます。
これからは遠隔授業つまりオンライン授業です
先ほど、小中学校で先駆けて行われていたようだとお話ししました。
オンライン授業は、少子化で過疎化が始まった地域での
「学習機会の保障」のために始まっています。

また、「障害を持つ生徒や不登校、又は疾病があるために通えない子供たち」
のためでもあるようです。
ひとまずオンライン授業について、このブログでお伝えすることができました。
まだまだ技術の習得が待っていますが、説明の機会をもつことができ一つ前進です。

皆さん、また学校でお会いしましょう!

IMG_2478 cache_Messagep2985

作業療法学科教員 島本

 

Blog List

Archive

Old Blog

青丹ブログ