作業療法学科 BLOG

「卒業生」に関する記事が表示されます。

世界標準になるか?日本発、次世代型車椅子に乗ってきました。

 

石川①

作業療法学科教員の石川です。
先日、大阪で開催された「JCI EXPO 2022 in KINKI」に行ってきました。

石川②

会場には、大阪・関西万博に向けて
活動する企業・団体によるブースがいくつもあり、
ほほむ訪問看護ステーションさん次世代型車椅子・WHILL の試乗会をしていました

このWHILLは、日本に本社があるスタートアップ企業が開発した電動車椅子で、
これから本格的に世界に売り出す予定です。

 

まずこの車椅子、デザインがいいんですよね

 

石川③

さらに注目なのは、前輪のタイヤです
縦回転だけでなく横回転もできる優れもので、
それにより車イスを360°回転させることができます。
操縦する手元のレバーも、前後右左というものではなく、円形にグリグリ回せるものでした。

石川④

YouTube「世界を変える起業家たち #4 最新モビリティで移動の自由を目指す起業家」より抜粋

 

乗った感想は、微妙な角度でも曲がるので、行きたいと感じた方向に動いてくれました。
これなら、切り返しが必要だった狭い路地の曲がり角や
部屋の中でも感覚的に移動できそうです
コントローラーでカートを操っているようで、ゲーム感覚で楽しかったです。
これなら外に出かけたくなりますね

 

もしかしたらジョイコンのような両手で持てるコントローラーがあれば、
より操作がしやすいかもしれません。

石川⑤

さて、この車椅子のお値段が気になりますよね?
とは言っても高いでしょ。

 

と通販番組みたいですが、私は200万円ぐらいと予想しました。
皆さんはいくらだと思いますか?

 

なんと、48万7000円
だそうです。(#やっぱり通販番組の語り口)

 

1回の充電で18 キロまで走れるため、
近所に買い物にいくだけであれば、2〜3日に1回の充電でいいそうです。

 

しかも介護保険の認定を受けている人なら月2700円でレンタルできるので、
その値段から無理なく利用できますね
医療・福祉に携わる者として、最新機器の知識があるか・ないかで、
障がいのある方に提案するものが変わってくる。
ひいては、その方の生活の質が変わってきます。

 

車イスはパーソナルモビリティとしても成長する分野だと言われており、
世界中で商品開発が進んでいます。
革新的な機器が登場すると、今まで障がいと言われていたことも、
障がいでなくなる可能性もあります。

 

これからも最新情報にアンテナを立てておくことが大事だと思いました。

 

作業療法学科教員:石川 大

 

——————————————————–

★奈良県奈良市の医療・福祉系専門学校★
学校法人青丹学園 関西学研医療福祉学院
・介護福祉学科 <介護福祉士>
・作業療法学科 <作業療法士>
・理学療法学科 <理学療法士>
・看護学科   < 看護師 >
・言語聴覚学科 <言語聴覚学士>

【オープンキャンパスの予約→こちら

奈良県奈良市右京1丁目1番5
(近鉄京都線「高の原」駅より徒歩3分)
TEL:0742-72-0600 FAX:0742-72-0635
URL:https://www.seitan.ac.jp/kg

——————————————————–

コロナ前の思い出話

先日、「対象者や職員の感染の影響があるものの、後輩育成を再開できます」
と実習地の方から連絡がありました。
コロナウイルスの影響で、延期や中止されていた実習を再開できる
という知らせに感謝を述べました

 

その際には卒業生の方と「コロナ前」の話題になりました。
以前は、対面で実施していた「スポーツ大会ー青丹杯」や「海外研修(視察)」
についての話題です。

 

例年の青丹杯は、体育館を貸し切り、レクリエーションやスポーツを行っていました。
5学科一同に集まり、競技に参加したことや中西先生(介護福祉学科専任教員)の
レフェリー(審判)がユーモラスで面白かったと思い出を語っていました

 

学生からは「Tシャツを揃えたり、長縄跳びの回数を数え練習したり面白かった」
と話を聞きました。
青丹学園に入学したからこそ、知らないうちに他職種学生と
「協働」や「同じ体験」をしていたと気づいたそうです。
スポーツを通して、多職種連携を学ばれていたのですね

 

一方、海外研修が困難になっている状況は残念だと話されていました。
学生の時に海外の医療福祉を視察した経験は、職業人としての基本になっているとのことでした。

 

スウェーデンで,充実した医療福祉制度や施設を視察できたことから
「働く人の余裕がないと良い実践が難しい」ことを実感したそうです。
このことを医療福祉コンサルタントの河本佳子先生は
繰り返し述べておられた意味が理解できたとも話されていました。

 

同時に、スウェーデンでは職員が必ずコーヒータイムを持ち、
コミュニケーションを図っていたことが印象に残っているようです
まだ海外への渡航は目処が立っておりません。
徐々に再開している実習や学校行事に理解いただいている皆様に感謝し、
これからもご教授いただけるようよろしくお願いいたします。

 

1655011968030-0
写真1.視察先(スウェーデン,マルメ リハビリテーションセンター)

1655011968030-4 1655011968030-3 1655011968030-2 1655011968030-1
図2.視察先(スウェーデン,マルメ ハビリテーションセンター)

作業療法学科教員 島本

——————————————————–

★奈良県奈良市の医療・福祉系専門学校★
学校法人青丹学園 関西学研医療福祉学院
・介護福祉学科 <介護福祉士>
・作業療法学科 <作業療法士>
・理学療法学科 <理学療法士>
・看護学科   < 看護師 >
・言語聴覚学科 <言語聴覚学士>

【オープンキャンパスの予約→こちら

奈良県奈良市右京1丁目1番5
(近鉄京都線「高の原」駅より徒歩3分)
TEL:0742-72-0600 FAX:0742-72-0635
URL:https://www.seitan.ac.jp/kg

——————————————————–

作業療法の実習ってしんどいですか?

 

ブログ4.

作業療法士の学校に進むかどうか悩む学生さんから、こんな質問をよく受けます。

「作業療法の実習ってしんどいですか?」

教員である私は、いつもこう答えています。

 

しんどくないですとは言いません

と返答しています。

 

学校では、どうしても教科書に書かれていることが中心になります。
疾患のことを学んでも、症例について話し合っても、どこか遠くにいる人と思いがちです。

 

実習では、障害を抱えて困っている人を目の当たりにします。
「〜ができなくなってしまってね」
なんて言われると、なんとかしてあげたいと思うのが人情というものです。

そんな状況になってようやく教科書に書かれていた事と、目の前にいる方の症状が結びつき、
学校で学んだことはこういう事か!と理解できます。
そして、“作業療法士として何ができるのか”を自分事としてとらえられるようになるのです。

 

——— 当校での対応 ——————————

学生さんが実習に行ってしまったら、
実習地の先生にすべてお任せではありません。

当校では、学生さんに週一回の報告をしてもらっており、
そこで実習での悩みや、質問に返答しています。

事前には学生の特徴を伝え、実習が始まったら電話で連絡を取り合っています。
そして原則として教員が実習地を訪問し、臨床現場での生の声を聞くようにしています。

————————————————————

今日は実習訪問の日で、とある病院に向かってる最中に、この記事を書いています。

S__33996806_0

学生さんからの実習報告では、実習できることへの感謝がつづられていました。
だから、いい実習ができていると想像できますが、実際はどうでしょう?

 

生き生きとした顔で実習しているといいな…

 

IMG_1226

病院の送迎バスが来るまで時間があったので、隣にある素敵なビルに入りました。
サボっている訳ではありません。移動中も仕事をしていましたから…
(#言えば言うほど言い訳に聞こえる)

 

作業療法学科教員:石川 大

 

学内実習

現在3年生は2か月間の学外実習に行っています。
3年間の大きな山場を迎えそれぞれの病院や施設で頑張っています。

しかし、残念ながらコロナ感染対策として
実習の受け入れが難しい場合もあるため、その際は学内実習での実習で対応しています。

実際の対象者さまに触れることができないので、
DVDなどを利用した仮想対象者で行ったり、
患者さまと中継し、リモートで関わりを持つなど
できるだけ多くの経験ができるよう学内実習も工夫しております。

リモートでの実習ではありますが、
学生たちは少しでも学びを得られるようそれぞれ頑張っています。
早くコロナから解放された実習で臨床経験を安心して
積んでいけるようになってほしいですね。

\学内実習でディスカッションした時の様子/
IMG_0846

作業療法学科教員 森木

——————————————————–

★奈良県奈良市の医療・福祉系専門学校★
学校法人青丹学園 関西学研医療福祉学院
・介護福祉学科 <介護福祉士>
・作業療法学科 <作業療法士>
・理学療法学科 <理学療法士>
・看護学科   < 看護師 >
・言語聴覚学科 <言語聴覚学士>

【オープンキャンパスの予約→こちら

奈良県奈良市右京1丁目1番5
(近鉄京都線「高の原」駅より徒歩3分)
TEL:0742-72-0600 FAX:0742-72-0635
URL:https://www.seitan.ac.jp/kg

——————————————————–

作業療法って何するの?

作業療法って漢字を見ただけで、何をするかイマイチ分かりませんよね

理学療法なら体に関する治療をする
言語聴覚なら話したり、聞くことに関する治療をする

とイメージできると思います

 

では、なぜ作業療法が分かりにくいのか?
それは語源の由来が英語にあるからです

 

英語で作業療法士は、
Occupational Therapy(オキュペーショナル セラピー)
と呼ばれています。

Occupationalは形容詞で、さらに語源となるのはOccupyという動詞になります。

オ、オキュパイ?
いや〜馴染みがないですよね。(#頑張って付いてきて)

Occupyは、「占領する」「占拠する」という意味です。
これだけきくと何だか力づくで土地を奪う感じがして物騒です。
とうていセラピストの仕事とは結びつきません。

3854210_m

Occupyは“占領する”という意味だけでなく、
もう少し広くとらえた“占める”という意味もあります。

そこから“社会的地位や役職などを占める”という意味になり、
職業につく”ことを指します(#ようやくゴールに近づいてきた)

23643026_s

Occupational Therapyを直訳すると「職業に関する治療」になります。
第二次世界大戦の後には、戦争で負傷した元兵士たちが多数いて、
その人たちを貴重な労働の担い手として働いてもらうために
サポートするのが作業療法士の役割でした
欧米では、社会から作業療法が必要とされ、認知されたのもこの時期にあたります。

 

日本で作業療法士が誕生したのは1965年なので、
終戦後20年経ってからになりますが、
今では職業につくことだけを目標するだけでなく、
「障害を抱えている人の生活全般をより良くするサポート」を行っています

 

そんなこんなで今回は作業治療の由来について述べました。
さらに作業療法が知りたくなった人は、
作業療法士協会が作成した⬇︎こちらのページをのぞいてみて下さい

 

https://www.jaot.or.jp/libs/otkun.html

かわいいオーティくんがイラスト付きで紹介しています

スクリーンショット 2022-05-07 11.43.50

作業療法学科教員 石川

——————————————————–

★奈良県奈良市の医療・福祉系専門学校★
学校法人青丹学園 関西学研医療福祉学院
・介護福祉学科 <介護福祉士>
・作業療法学科 <作業療法士>
・理学療法学科 <理学療法士>
・看護学科   < 看護師 >
・言語聴覚学科 <言語聴覚学士>

【オープンキャンパスの予約→こちら

奈良県奈良市右京1丁目1番5
(近鉄京都線「高の原」駅より徒歩3分)
TEL:0742-72-0600 FAX:0742-72-0635
URL:https://www.seitan.ac.jp/kg

——————————————————–

新入生を大・大・大歓迎!

ピカピカの1年生が入学してきたので、
歓迎の意味を込めて「新入生セミナー」を行いました

“セミナー”ときくと真面目なイメージですが、
実際は1~3年生をミックスさせたグループを作り、
グループ対抗クイズ大会を行いました

IMG-0997

IMG-0999

IMG-1001

今の3年生は、入学式の翌日から
新型コロナウィルスの影響で休校になり(あの時は超大変だった…)、
新入生セミナーが中止になってしまいました
だから余計に、後輩になんやかんやと教えることができて嬉しそうでした

セミナーの目的は、初対面のメンバーとコミュニケーションを取ることです。
コミュニケーション力を養うことは、
働いてから対象者(患者さま、利用者さまなど)との
信頼関係を築くことやニーズを知ることに役立ちます。

そんな意味を込めて、チーム名を決めてもらう際、
“参加者全員の共通点を見つけ、
それをチーム名にして下さい”というお題を出しました

さらに裏のテーマとして、「学び」とは自分と他者との「対話」によって
成立することを体験して欲しいと思いました。

まあ…難しい話はさておき、「新入生セミナー」は大成功に終わりました
先輩・後輩が仲良くなれたので、より楽しい学園生活が送れるよう祈ってます。

IMG-0998

作業療法学科教員 石川

——————————————————–

★奈良県奈良市の医療・福祉系専門学校★
学校法人青丹学園 関西学研医療福祉学院
・介護福祉学科 <介護福祉士>
・作業療法学科 <作業療法士>
・理学療法学科 <理学療法士>
・看護学科   < 看護師 >
・言語聴覚学科 <言語聴覚学士>

【オープンキャンパスの予約→こちら

奈良県奈良市右京1丁目1番5
(近鉄京都線「高の原」駅より徒歩3分)
TEL:0742-72-0600 FAX:0742-72-0635
URL:https://www.seitan.ac.jp/kg

——————————————————–

生きた授業、生きる授業

「自殺をするのは、うつ(病)の人が多い」

こんなことを聞いたり、口にしたことはありませんか?

当校に、卒業生の藤原先生が講師として来てくださいました。

藤原先生は、作業療法士として働きながらうつ病を患いました。その症状は重く、一番状態が悪い時期にはどうやって死ねばいいか、その事ばかりを考え実行したこともあったそうです。その体験を伝える授業をしてくださいました。

IMG_1429

筆者である私(教員:石川)は14年間、精神科病院で働いていて、うつ病の患者さまと数多く関わってきました。だから自殺しようとする人を理解していると思われがちですがそうではありません。

入院している人は治療の真っ只中。作業療法士としては現実に直面させるのではなく、その方の健康な側面に目を向けます。
そのため、どんな思考過程を経て自殺に至るのかは、カルテに記載された「自殺を試みる」という文字で想像するしかありません。

だからこそ彼の授業は貴重でした。

真面目さゆえにストレスの原因と向き合い、できない自分を「ダメだ」と責め続けました。状態が悪くなり、世界は灰色のフィルターがかかったように見え、食事は砂を食べている感覚に陥ったそうです。

次第にこんなに苦しいなら死んだほうがマシだと思うようになり、自殺を試みました。

すんでのところで思い留まった藤原先生は理解ある家族の関わりや様々な治療を試みた結果、症状が改善していきました。

そんな矢先、車の運転をしている時にふと、俺はこんなにも自分で自分のことを責め続けていたのかと気付き、もっと自分で自分を応援してやろうと思えた瞬間、嗚咽するほど泣き崩れたそうです。

この授業を聞いた学生レポートにはこう書かれていました。
──────────────────
うつ病の経験のある藤原先生だからこそできるリアルな話を聞き、うつ病の発症までの心の葛藤や「死」に対する生々しい話があり、教科書に載っていない事だらけでとてもいい経験になりました。

うつ病は心の風邪というように、誰でもなりうる病気だからこそ自己肯定感を持って日々、過ごしていこうと思います。
───────────────────
IMG_1430
(グループワークでは、学生から様々な意見が出ました。)

患者さまの目線と作業療法士の目線をあわせもつ藤原先生にしかできない学生へのアドバイスがありました。学生たちは、うつ病を身近な病気ととらえ、「死」について考えられたと思います。

先生からは、「授業をするのは初めてだったので不安でしたが自分の体験を語るのがリハビリになった」と言ってもらえました。

最後に、藤原先生が病気で苦しんでいた時、奥さんにおまじないのように言われた言葉を紹介します。

「大丈夫、大丈夫」

IMG_1437
無事に授業を終え、ホッとした表情の藤原先生(中央)、
教員:石川(左)、教員:島本(右)

 

就職説明会がありました

10月17日に3年生を対象とした就職説明会がありました。
今回、20もの病院・施設さまが学校に来てくださいました。さらにそのうち7つの施設に当校の卒業生がいるため頼もしかったです!
卒業生を数多く輩出しているのが、本校の強みですね。

EHENEfjUEAAV51j EHENEfvU4AAtW9I EHENEfuUwAU6x8e

タブレットやパンフレットを用いて、各病院・施設さまのPRにも熱が入ります。
そんな先輩方の熱心さが伝わり、説明をきく学生たちも真剣そのもの。

1回20分のセッションが3回あり、途中で休憩をはさんだとはいえ、合計60分間しゃべり通しでした。ありがたい話です。お疲れ様でした。

実はこの就職説明会は11月3日にもあり、作業療法学科だけで合計40施設を招くのです!
まだまだ希望する施設さまはいらっしゃいましたが、スペースの都合でなくなくお断りしているのが現状です。

来ていただいた人事担当の方にお話を伺うと「作業療法士の数が足らなくて…」と嘆いていらっしゃいました。それだけ作業療法士の人材が求められているということですね。

興味がある方は、ぜひ作業療法の門を叩いて欲しいです!教員一同心よりお待ちしております!!

作業療法学科教員 石川大

作業療法士 辰己貴之先生の講義を聞いて(前編)

卒業生の辰己貴之先生が、「患者学」の講義をしてくださいました。

先生は卒業後13年間、病院や地域で仕事をされていましたが3年前病に倒れ、1年半の入院生活を経験されました。初めの3日間は意識不明の状態でその後も混濁した状態が続きましたが、友人の「辰っんそろそろ起きや」の声かけから奇跡的に意識を取り戻しました。しかし視力は戻らず、退院後も現在まで1年半の間自宅療養をしながらリハビリを継続されています。

その経験から、「患者の回復を信じること」「あきらめずに患者を理解すること」「人と人とのつながり」「命の大切さ」についてお話をされました。

入院生活では、意識がなく長期間ベッドで寝たままだったそうです。その期間にも、作業療法士(OT)・理学療法士(PT)は毎日全身の関節を動かし、体が硬くなることを防いでいたそうです。回復が見込めないと判断された時期であっても、リハビリテーションを継続することは「患者の回復を信じること」だと辰己先生はお話しされました。

「自由に動かすことのできる関節があるので、今日も公共交通機関を使って学校に来ることができました。私には自由に動かすことのできる関節が必要です。もし、入院しているときに作業療法士・理学療法士が治療をあきらめていたら関節はかたまり、『いつか、歩くことや自由に動くことができる』ことは叶いませんでした。そして作業療法士、理学療法士が私の回復を信じていなかったら現在の私はありませんでした。」

人の可能性は、誰にでもあります。しかし、その可能性を実現するためには「患者の回復を信じること」がリハビリテーションでは重要であることを学ぶことができました。

後編では学生の感想とともにこちらの講義をより詳しくご紹介したいと思います。

辰己先生
辰己先生ありがとうございました。

作業療法学科教員 島本

作業療法学科14期生の勉強会がありました!

10月13日(土)に卒業生(14期卒業)と勉強会を行いました!
今回で2回目の勉強会になります。
臨床で忙しい中、当日は6名の卒業生が参加してくれました。

内容は臨床での話を中心に卒業生が発表し、意見交換を行いました。
建設的な意見がたくさん飛び交い、いい雰囲気でした。

写真は勉強会の様子です。
作業14期生 作業14期生2

第3回目の勉強会は4月~5月頃を予定しています。
作業療法学科14期生の皆さん、お待ちしています!

作業療法学科20周年記念同窓会のお知らせ

拝啓 春暖の候、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

さて、関西学研医療福祉学院 作業療法学科は、開設20周年を迎えようとしています。
そこで卒業生全体(1期生~18期生)での同窓会を開催することになりました。

学生時代を振り返ると、勉学に励んだこと、アルバイトに汗を流したこと、先生に叱られたこと、
うれしかったこと、悲しかったこと、そして何より多くの仲間と出会えたことはかけがえのない財産です。

当日は、恩師の先生方も来てくださいます。時を忘れ、学生時代に戻り、大いに盛り上がりましょう。

地元を離れておられる皆さまも多いとは思いますが、この絶好の機会にしばし日常を忘れ、
みんなの懐かしい顔を見ながら楽しいひと時を過ごしたいと思います。
皆さまお誘い合わせの上、ご参加いただきますようお願いいたします。

敬具

IMG_1635

開催日:平成30年9月30日に決定!

その他:
スウェーデンでご活躍された河本先生による特別公演や卒業生による特別講演を予定しております。
※場所・参加方法・費用等、詳細は、卒業生個別に学校よりご案内させていただきます。

作業療法学科 卒業生  森木 紀博

Blog List

Archive

Old Blog

青丹ブログ