理学療法学科 BLOG

「医療」に関する記事が表示されます。

★理学療法学科の在校生インタビュー★

今回は、和歌山県出身
理学療法学科1年生の大谷君のインタビューをお届けします

大谷君2

本校ならびに本学科のどこに魅力を感じて入学しましたか?
 決め手となったことを教えてください。

僕が4年制大学ではなく、3年制の専門学校を選んだ理由は、
大学よりも1年早く現場に出て働くことができるからです。
関西学研は少人数制で、クラスに担任・副担任の先生がいるので、
分からないことがあっても、すぐに質問しやすい環境です。
また、就職や卒業後のサポートが充実していることも魅力に感じました

 

学校生活で楽しいひととき、またやりがいを感じるときはいつですか?

勉強量は多いですが、試験で良い点数がとれて、
自分の努力が結果として表れた時は、とても嬉しいです
休憩時間は友達と話しながら楽しく過ごしています

 

クラスの雰囲気を教えてください!

最初は不安なこともありましたが、
日に日に友達もでき、クラスの仲が深まっていきました
みんなでお互いに助け合い、ともにテストを乗り越え、良い雰囲気で過ごしています

 

先生とのエピソード・関係を教えてください!
授業の内容を理解しやすくするために色々な資料を準備して下さり、
放課後も分からないところがあると、丁寧に教えてくださります。
優しい先生方ばかりなので、安心して学校生活を過ごせています

 

授業でのエピソードを教えてください!

入学して、難しい教科がたくさんあり驚きました。
聞いたことのない単語が並んでいる、分厚い教科書が渡され、
最初は不安でしたが、少しずつ内容が理解できるようになりました
難しい内容があったとしても、先生方が分かりやすく教えてくださるので、頭に入りやすいです

 

卒業後の夢を教えてください!

まずは理学療法士の資格を取得して、
経験を積む中でさまざまな技術を身につけ、多くの人を助けたいです。
理学療法士にお世話になった方から、「とても感謝している」という話を聞き、
僕も困っている人たちの役立てるような理学療法士になりたいと思っています

 

これから進学を目指す人たちへのメッセージをお願いします!

国家試験に合格するためには、たくさん勉強が必要ですが、
理学療法士は、就職先も安定しており、とてもやりがいのある仕事なので、
是非興味のある方は目指してほしいと思います

 

大谷君ありがとうございました
日々、知識や技術を身につけて、多くの患者さまを
笑顔にできるような理学療法士を目指して頑張ってくださいね

 

生物学は楽しい!

今回はお勧めの本をご紹介します

『WHAT IS LIFE?』(邦題:生命とは何か)
ノーベル生理学・医学賞受賞のポール・ナースの著書です

本

生物学と聞くと、皆さんどのようなイメージでしょうか?
中には、苦手に思っている方もいらっしゃるかも知れませんね

この本は難しい話を少し横に置いておいて、
生きているとはどういうことか?生命とは何なのだろう?
という視点で歴史を交えながら分かりやすく話が進んでいきます

顕微鏡が無かった時代は、目に見えないものが
存在しているとは考えられていませんでした
生命の基本単位である「細胞」も当然ながら想像すらされていません。
細胞が発見されたのは17世紀初頭のことでした。

細胞は英語で「cell」ですが、これはラテン語で
“小さな部屋”を意味する「cella(ケラ)」に因んで名付けられています
細胞壁で取り囲まれている様子を部屋に例えるなんて、少し面白いと思いませんか?

ここから、よりミクロな話へと展開した後、
最後には宇宙の規模から、地球に存在している
生命たちの繋がりについて語られていきます

医療を学ぶ上で、生命とは何か?という問いを度々考える機会があります。
個人的には、正解を見つけるよりも、考え続けることが大切だと思っています。
この本からも、指針の1つが得られました。

お時間のある時に、ぜひ手に取って読んでみてください
きっと生物学だけではなく、医療の勉強が好きになりますよ

理学療法学科 米田

理学療法評価学Ⅱの授業を行いました!

皆さん、こんにちは!
理学療法学科1年生担任の萬喜です

以前のブログでもお伝えしましたが、1年生の後期は実技科目が増えます
1年生の学生たちは、授業時間はもちろん、
放課後にも残って実技練習をしています

今回のブログでは、理学療法評価学Ⅱ(徒手筋力検査法)
の授業風景をお伝えしたいと思います

講義の流れとしては、
まず、徒手筋力検査法の教科書を読みながら内容を確認していきます
Web動画がついているので、予習として
その日の講義で行う実技動画は視聴するように勧めています

PT①

その後、担当教員がお手本を示します。
注意が必要な所、間違えやすい所は繰り返し伝えます
PT②

そして、学生同士ペアを組んで、実技練習を行います
測定者はフェイスシールドを装着し、ペアを変えて実技練習を繰り返します。
PT③

また、サブの教員も入り、実技練習のフォローを行い、
学生はその際に疑問点など、積極的に手を上げて質問をしてきます

以上のような流れで、講義が進んでいきます。
理学療法評価学Ⅱは1コマ90分講義が2コマ続く講義なのですが、
あっという間に時間が過ぎてしまう印象です

学生A『実技の時間は、あっという間に講義が終わってしまう・・・』
学生B『集中し、メモを取りながら聴いている。』
学生C『放課後残って、実技練習をしている。』

などなど・・・学生たちの感想でした

1年生は、現在『実技に全集中!!!』です
後期も頑張っていきましょうね

後期授業がスタート!

皆さん、こんにちは!
理学療法学科の1年生担任の萬喜です

1年生は9月27日から後期が開始になりました
体温測定・体調確認・手指消毒・マスク着用・黙食など・・・
いろいろなことを注意しつつの通常講義になります

1年生は後期になると実技の授業が増え、
前期よりも難しく大変なのですが、
興味深くイキイキと講義を受けている印象があります。

また1年生は、放課後に
『みんなの時間』というものを30分間取っています
1つのテーマに沿って、グループワークをしたり
ミニレクチャーを受けたりする時間なのですが、
1~4時限の講義終了後ながら、熱心に取り組んでいます

以下の写真は、とある日の『みんなの時間』です
解剖学Ⅲ(神経学総論)のグループワークをしています。
PT1

練習問題の模範解答を代表者がホワイドボードに作成している様子になります。
PT2

講義終了後に、自己学習をきっちりと行い、
ノートにとても丁寧にまとめている学生もいます。
国家試験の勉強にも役立つノートになると思います。素晴らしい

PT3

『千里の道も一歩から』です
日々のコツコツとした勉強が患者さまを助ける武器になります
クラスみんなで、今、できることにベストを尽くしていきましょう

青丹版「相棒」入試広報 アッシblog 

①学校正門

私は関西学研医療福祉学院入試広報室のアッシの相棒「アーミー」だ。
アッシが夏休みということで理学療法学科の調査を代理で行うことにした。

②潜入中

ロープがあったのでセキュリティにばれずに本館入口まで

③灼熱のアスファルト

灼熱のアスファルトを南へ進むと

④南館到着

着いた。
青丹学園 南館」通称「PT棟
この棟には理学療法士を目指す向上心の高い選ばれし者たちがいるらしい。

⑤潜入成功

早速、潜入成功。捜査を続ける。

⑥みてる

まずはPT棟1階ロビー
今日は夏休みというのに1階自習スペースで自習をしている若者が多くいた。
向上心高い…仲間にも伝えなければ…

⑦向上心

その中でもひときわ熱心に勉強をしている若者に理学療法バイブルを見せてもらった。
なんと分厚いブック。厚みはわたしの足のサイズくらい、重量はアーミー100人分といったところ。

アーミー:これはなにをしている?

向上心A:これすべて覚えます。基礎知識を脳内に定着さえすればあとは応用をきかすだけなので、この量でも覚えられますよ。勉強はコツコツコツがコツです。

わたしも数多くの書籍を読んできたがこの量には驚いた。
なんという記憶量。向上心の塊がそこにはいた。

⑧教務室
さて、次はPT棟2階教務室

アーミー:失礼する。

教務室:…

アーミー:おい。

教務室:…

アーミー:おーい。

教務室:…

何度声をかけようとびくともしない。(私の声は大人には聞こえないのか…)

ここには青丹学園の強みのひとつ現場を知る現役のプロフェッショナル」がいるということで
アッシから必ず調査するように頼まれていたが、残念ながらアーミーの声は大人には聞こえなかった。しかし、教務室には学生が頻繁に出入りし、それに笑顔で対応するプロフェッショナルの姿があり、信頼の厚さが伝わってきた。

⑨3F潜入成功

次は、PT棟3階実習室

以前アッシから3階実習室には骨骨しいやつがいると聞いていた。

⑩ガッチャンと共演

周辺を見渡すと・・・・存在感のあるホワイトを基調とした骨骨しいやつ。

・・・・・

あいつか。恐る恐る近づくと関節をがくがく震わせながら

骨骨しいやつ:わしの名は「ガッチャン」。何が知りたい?

アーミー:(わしやけどチャン付けかよ。)何が知りたい?とはどういう意味だ?

・・・・・

沈黙が数分続き…重い顎をあけてガッチャンが語ってくれた。

十数年前から理学療法士を目指す若者のために自らの骨を使い、使われ身を削りながら学生らに骨の場所や関節機能を教えてきたらしい
その甲斐もあり、学生から慕われ国家資格取得するには

』だけに外せない存在になっているようだ。

そして、この他にもガッチャンさんから青丹学園武勇伝を聞かされ、

結局……校長先生の話よりも長かった。

⑪帰還

思わぬ足止めを食らってしまったのと、別の任務が入ったので

本日はここまで。
失礼する。

7月17日は…『理学療法の日』!

こんにちは、理学療法学科1年生担任の萬喜です

『7月17日』は何の日か知っていますか?
この日、実は『理学療法の日』なのです

③萬喜先生

昭和40年(1965年)、理学療法士について定めた法律が公布されました
翌年には、第1回理学療法士国家試験が行われ、
110名の理学療法士が誕生しました
この110名の合格者によって、同年の7月17日に結成されたのが、
『日本理学療法士協会』です。

たった110名から始まった日本の理学療法士が、今や13万人

『千里の道も一歩から』という『ことわざ』がありますが、
本当に先人の努力の積み重ねと歴史の重さを感じる次第です。
なんせ、日本初の理学療法士養成はWHOの援助のもとで行われました。
教科書も英語、講義もすべて英語…
つまり、教える力を持った人間が日本人には、
まだ存在していなかった、ということになります

長い歴史の中の理学療法士養成に、微力ながら関わることができ、
本当に感謝している今日この頃です
自分が得た知識・技術を少しでも学生に伝えることが出来たらと思っています。

PT体表解剖学_210708_7 PT体表学_210706_41

最後になりますが・・・
本来であれば、毎年、『理学療法の日』にちなんだ
イベントが各地で開催されています

昨年、今年度に関しては、コロナの影響で自粛されていますが、
オンラインでのイベントなど実施している地域もありますので、
もし、興味があれば、『理学療法の日』でネット検索してみてくださいね

 

理学療法学科1年担任  萬喜 佐知江

前期の試験が始まりました‼

こんにちは、理学療法学科1年生担任をしています、
萬喜(まんき)と申します

7月に入り、梅雨のジメジメと夏の日差しの暑さに
体調が崩れてしまいそうな時期ですが、
皆さんは元気に過ごされていますでしょうか?

さて、理学療法学科の1年生は、
現在、前期の試験が少しずつ始まっていて、日々勉学に励んでいます
今週、来週は、解剖学Ⅰ・解剖学Ⅱの試験があり、
範囲がとても広いので、特に難しい試験になります。

IMG-3473 IMG-3474

理学療法士になるためにも、解剖学はとても大切で重要な科目です
患者さまの身体を触る仕事になるので、
人体の構造が理解できていないと、とても危険な事になります
構造を理解して、適切に触る事が
患者さまを診る上でとても大切になるのです

IMG-3476
将来、自分が担当するであろう患者さまのために、日々頑張っている学生たち

理学療法学科では、いつでも質問しやすい環境を心掛けており、
クラスみんなで教えあう、学びあう、理解しあうことを大切にしています

IMG-3478

大変な時期もクラス全員で乗り切れるよう頑張っています

理学療法学科  萬喜 佐知江

レクリエーション授業☆マンカラ

理学療法学科・作業療法学科のレクリエーション授業で
『マンカラ』というゲームを体験してきました

S__2514961

マンカラはアフリカ~東南アジアにかけて古くからある伝統的なゲームで、
100種類以上の遊び方があると言われています
今回はベーシックという遊び方で
ガラス玉をルールに従って1マスずつ移動→ゴールさせていき、
自陣内のガラス玉を早く無くした方の勝ちです

ガラス玉は小さいビー玉のようでキラキラしていてきれいでした

S__2514964

お互いの手元に残っているガラス玉の数を見ながら作戦を立てる
頭脳派ゲームなので、みんな真剣そのもの

S__2514968

「こんなにおもしろいんやったら、自分で買って遊ぼうかな~」と
すっかりハマっている学生もいました

ルールが単純なマンカラは、ルールを理解する段階から
すぐに頭を使う段階に入ることができるので
脳の「ワーキングメモリー」を活性化することができます
子どもの発育発達や高齢者の認知症予防にぴったり!
手指の訓練にもなります

ニンテンドースイッチの「世界のアソビ大全51」にも
入っているゲームなので、持ってる方はぜひやってみてください

S__2523145

本校では介護福祉学科・作業療法学科・理学療法学科・言語聴覚学科で
・レクリエーションインストラクター
・スポーツレクリエーション指導者
資格の取得を目指せます
現場で喜ばれるレクリエーションの技術を専門家から学べますよ
他にも学科によって取得を目指せる資格があります!
気になる方はぜひオープンキャンパスや説明会をご利用ください

入試広報 田村

——————————————————–

★奈良県奈良市の医療・福祉系専門学校★
学校法人青丹学園 関西学研医療福祉学院
・介護福祉学科
・作業療法学科
・理学療法学科
・看護学科
・言語聴覚学科

奈良県奈良市右京1丁目1番5
(近鉄京都線「高の原」駅より徒歩3分)
TEL:0742-72-0600 FAX:0742-72-0635
URL:https://www.seitan.ac.jp/kg

——————————————————–

関節可動域の評価学

理学療法学科1年生の評価学の授業をご紹介します
今回は関節可動域の評価方法を学びました
対象者さまの身体の状態を正確に把握するための大切な技術です

★S__6078468

ゴニオメーターという専用の測定器を使って
太ももや肩の関節をどの程度動かせるかを測ります
「定規を当てて測るだけや」と
簡単そうに見えますが、実はとっても複雑なんです

S__6078507

 

どこを軸として測るのか、身体がねじれていないか、などなど
専門的な知識があってはじめて正確な評価ができます
実際学生同士で演習してみると、
これで合ってるかな?と戸惑うポイントがでてきます
もちろん先生が即解決

★S__6078473

先生と学生のキョリの近さが自慢の本校
たくさん質問・演習して、実践力を磨きましょう

入試広報 田村

【理学療法学科】在校生の声をお届け!

2年生・杉山寛幸くんのインタビューが届きました!

福知山市内の高校から入学して、一人暮らしをしながら通学している杉山くん。
クラスの雰囲気は「みんな元気!笑って毎日が過ごせる」!
お弁当とかをクラスのみんなでわいわい言いながら食べる時間が楽しいんだそうですよ
杉山くん自身も、明るいキャラクターでクラスを盛り上げてくれています
そんな杉山くんに、学生生活について教えてもらいましたよ


 

IMG_1373

◆本校を選んだ理由を教えてください!
クラス制で担任の先生がおられるというところに魅力を感じて関西学研医療福祉学院に来ました。

◆クラス制がポイントだったんですね。入学してみていかがですか?
がんばっていたら、先生が必ず見守っていてくださる環境です。
ぼくは、勉強が得意とは言えない方なんですが、先生に相談に乗っていただいて、勉強の仕方からアドバイスをもらいました。
おかげで、学んだ知識がつながって学習に活かされているなとやりがいを感じることも増えてきました。
今は、小児の理学療法に携わりたい!という目標もできて、がんばっているところです!!

◆進学を検討している方にメッセージをお願いします。
入学したら、初めて勉強することばかりで戸惑うことが多くなるかもしれないんですけど、
授業で分からないところがあっても、自分から質問すれば、納得できるまで教えてもらえますよ!

 

 

杉山くん、ありがとうございました!
学校の勉強がおもしろくなってくるのは、実になっている証拠素敵なことですね
これからもがんばってくださいね!!

 

先輩インタビュー★

在校生・山田涼介くん(理学療法学科)のインタビューが届きました!!

■本校に入学しようと思った決め手を教えてください。
どの先生も親身に、学生1人に対して全員で勉強を教えてくださるところと、少人数のクラスなので、クラスメイトみんなで物事に取り組める環境があるところに魅力を感じました。

■山田くんは現在3年生ですが、学校生活で楽しいひとときややりがいを感じるときはいつですか?
3年間で病院実習が5回ありますが、そこで学校で学んだことをうまく実践できたとき、難しい内容の勉強もがんばって良かった!と感じました。
実習や臨床現場へ出るために日々勉強しているということに気づいてからは、それまで以上にふだんの授業にやりがいを感じるようになりました。
その中でも、クラスで班分けをしてのグループワークの授業はとても楽しいです。

■クラスの雰囲気を教えてください。
40人制なので、クラス全員の仲が良く、全員が良いライバルというような雰囲気です。
わからないところがあれば、みんなで考えたりするので、理解できたときはみんなで達成感を得ることができます!

■先生とのエピソード・関係などを教えてください。
勉強などで悩んでいるときなど、相談すると、いつでも親身になって問題を解決しようとしてくださいます。
他にも、学校以外の趣味の話をすることもありますし、プライベートな話も気軽にできる存在です。

■卒業後の夢を教えてください。
私たちを待っている患者さまに、少しでも笑顔になっていただけるような 理学療法士として働いていきたいです。

■これから進学をめざす人たちへメッセージをお願いします!
勉強はとにかく大変ではありますが、役立つことばかりなので、授業はとても楽しいですよ。
患者さまと接する機会が多くなるので、人と接することが好きな人にはぜひおすすめです。
進学される方はがんばってください!

Blog List

Archive

Old Blog

青丹ブログ