看護学科 BLOG

「コロナに負けるな」に関する記事が表示されます。

七夕伝説とソーシャルディスタンス

看護学科教員のみかんです

もうすぐ夏休みですね
暑さも厳しくなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

7月7日は、七夕でしたが、今年は残念ながら雨が降り、
織姫様と彦星様は1年に1回会える機会を逃してしまったのでしょうか
七夕の織姫と彦星の物語には諸説ありますが、
最も有名なのが、中国の「七夕伝説」ですね

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
昔、天帝の娘である、織姫が、地上の人間で牛飼いの彦星と結ばれました。
結婚する前は、働き者だった2人でしたが、結婚後は遊んでばかりで
全く仕事をしなくなってしまいました。
そんな2人に天帝が怒り、天の川の両岸に2人を引き離し、
1年に1度7月7日の夜にだけ会うことを許しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

という伝説です

私たちも、新型コロナウイルスの影響で、
大切な人と思うように会えない日々が続いています
私も、1年に1回は会っていた友達や実家の両親や親せきとも会えなくなり、
織姫や彦星のつらい気持ちが痛いほどわかります。

しかし、距離があり、直接会えないからこそ、
その人の長所に気づき、自分にとって大切な存在だということを
再認識できる良い機会にもなりました

織姫や彦星も毎日一緒にいたら、恋しい気持ちも薄らいで、
「七夕伝説」にはならなかったかもしれませんね

「会えない時間が 愛育てるのさ~♪」という
昭和に流行した、郷ひろみさんの歌を思いだしながら、
思うように会えない時代も悪いことだけではないかな~、
とコロナ禍で思っているのは、私だけでしょうか?

さまざまなイベントが中止になり、気分が晴れない中、
京都駅の大階段のこんな素敵な写真を友人がLINEで送ってくれました。

15886  15887
<七夕の季節感あるイルミネーション

15888 15885
<祇園祭>                   <ソーシャルディスタンス>

今年は祇園祭の山鉾巡行なども中止になり、
とても残念ですが、ライトアップや写真・動画で楽しむなど、
今できることを楽しんでいきたいものですね

正しい消毒の方法を知って感染対策をしましょう!

こんにちは。
看護学科教員のりんごです

新学年がはじまり、あっという間に3か月
まだまだ新型コロナウイルス感染症が終息する気配はありませんが、
ありがたいことに3年生は病院での実習をさせていただいています
現場で患者さまと直接関わることにより、
活きた知識や技術を身につけ、看護師の卵として
ぐんぐんと成長してくれています

さて、先日1年生が手洗いの演習を学内で行いました
最近では、街中いたるところに設置されている消毒用のアルコールですが、
あまり効果のない使い方をしている方をよく見かけます。
せっかくなので、今日は正しい消毒の方法をご紹介したいと思います

まず、大切なのは使用するアルコールの量です
下の写真のように容器のノズルを
下まで押し切ってたっぷりと手に取りましょう。

看護①

しっかりと手指消毒するためには20~30秒手に
アルコールをすり込まないといけないとされています
十分な量のアルコールを手にとったら、こぼさないように
まず右手と左手の指先を消毒しましょう

看護②

看護③

あとは、手のひら、指の間、手の甲、親指、手首の順番に
アルコールをすり込んで終了です

看護④

看護⑤

看護⑥

看護⑦

看護⑧

是非、みなさん正しいアルコールの使い方を実践してみてください

Blog List

Archive

Old Blog

青丹ブログ