看護学科 BLOG

「リハビリ」に関する記事が表示されます。

基礎看護技術Ⅰ演習を行いました!

こんにちは!
看護学科教員のダニエルの母です

基礎看護技術演習(安全技術の確保)で、
「チームの鎖」というゲーム演習を行いました

医療現場においては、医療者と患者さまのコミュニケーションはもとより、
安全な医療提供のためにも医療者間のコミュニケーションは欠かすことができません。

「チームの鎖」とは、各グループで、紙をハサミで短冊形に切り、
のりを使って、輪を作りつないでいきます

NS2

1.この作業を手順通りに行う方法
2.利き手を後ろに回し行う方法
3.利き手を後ろに回し、かつ無言で行う方法

上記の方法を実施し、つながった輪の個数を競うゲームを開始

NS1

鎖の個数はグループ各々の結果となりましたが、
演習後、得られた学びに以下のコメントがありました

★チーム医療に大切なことが分かった
★グループワークを行い、目配り、気配り、心配りは患者さんだけでなく、
共に働くスタッフにも必要だということを再認識しました。
★チーム全員が最大限に力を発揮することの難しさと、
コミュニケーションの大切さを学びました。

チームでの演習はリーダーシップ、コミュニケーション、協力体制、
相互理解、思いやりなど様々なことが得られたと思います。

これらの学びは学生の間に充分に培ってほしいと願うばかりです

 

『魔法の手』

こんにちは。看護学科教員のめだかです

今年の夏は5月の終わりごろから暑くなりましたが、
8月に入ると長雨が続きました。

今年はオリンピックやパラリンピック、
そして夏の甲子園大会も1年ぶりに開催されました
決勝戦の智辯対決はどちらを応援しましたか?
球史に残る一試合になりましたね

戦っているアスリートには結果が重要かもしれません。
それ以上に、頑張っているアスリートの姿は私たちに勇気をくれました

アスリートの姿を見て自分もその道をめざしたいと思った人もいれば、
新型コロナウイルス感染症と日々戦い続けている
医療スタッフの姿を見て『医療人になりたい』と
思った人もいるのではないでしょうか?

 

私が看護師になって長い年月が経ちました。
「どうして看護師を目指したの?」と聞かれた時、思い出すことがあります

遠い昔(?)の13歳。
中学2年の夏休みは、お盆休みの2日間を除いて
クラブ、クラブ・・・の毎日でした

そして迎えた9月1日。2学期の始業式。
胃から下腹部に鈍い痛み。
だんだん強くなり冷や汗まで出て、
校長先生の話はほとんど聞いていませんでした。

その日の夜になってとうとう我慢できなくなり、病院に連れて行ってもらいました

診察の結果、虫垂炎(いわゆる盲腸)でした。翌日の9月2日手術です。

そして手術から2日後の夜、なかなか眠れずにいました
隣の高校生に付き添われていたお母さまが寝ていない私に気づかれ、
私の足をゆっくりゆっくりさすってくれました。気が付いた時には朝でした

人の手の温かさとここちよさ、やさしさを感じたことを覚えています

これが私の看護師人生の原点・・・かなと思います

手のひらの柔らかさ・温かさは魔法です
痛い時、苦しい時、そして心が涙しているとき、そっと手を当てる・・・
それだけで人は安心します。まさに『手当て』です

阪本先生ブログ画像

みなさんも『魔法の手』を手に入れてくださいね

看護の授業人気ランキング‼

こんにちは、きなこです
暦の上では、立秋が過ぎましたが、
連日の残暑にウンザリしますね(^_^;)

今回は、1年生にアンケートをとってみました~
現在、1年生は前期の終講試験と技術試験が終了し、
やっと夏休みに入りました(*^_^*)

そこで…
前期の科目の中で特に興味があったものを選んでもらい、
ランキングにしました

第3位・・・生理学(解剖生理学)【10%】

理由は、「身体の構造を知っていくのが楽しい」「自分の身体がどうなっているのか知るのがおもしろいから」「看護に直接関係がある科目だから」などでした。続いて…

第2位・・・栄養学【11%】

理由は、「自分が知りたい知識の話なので、受けていてすごく楽しい」
「元々興味があった」などでした。そして…

第1位・・・基礎看護学【26%】

理由は、「看護について学んでいる感じがする」、「看護の基礎となるのでこれから大切だと思うし、ためになります」、「看護師らしい授業で『看護学生してるな~』と思えるから」、「病気やケアの方法など、実際に活用することが多いから」などでした。

やはり、看護師のたまごですね(*^_^*)

教科書

「写真を撮らせて~」とお願いしたら、
「今日はちゃんと化粧をしていないから~」と顔を隠してしまいました(T-T)

化粧なんかしなくても十分可愛いのにね・・・

 

ちなみに、第4位は「カウンセリング」、第5位は「英会話」でした。
全体的に、「授業の雰囲気が楽しい」や「先生がおもしろいから」という意見も複数ありました。

再試験を受けた人もいますが、
何とか乗り越えて、後期にすすんでいきましょう

 

***おまけ***

<最近嬉しかったこと・楽しかったこと>

・テストの点がよかった!
・友達が増えた!
・ベッドメイキングがキレイにできた!
・インスタの看護の勉強アカウントのフォロワー100人達成した!
・英語の発音を褒められた!などでした。

——————————————————–

★奈良県奈良市の医療・福祉系専門学校★
学校法人青丹学園 関西学研医療福祉学院
・介護福祉学科
・作業療法学科
・理学療法学科
・看護学科
・言語聴覚学科
【オープンキャンパスの予約→こちら

奈良県奈良市右京1丁目1番5
(近鉄京都線「高の原」駅より徒歩3分)
TEL:0742-72-0600 FAX:0742-72-0635
URL:https://www.seitan.ac.jp/kg

——————————————————–

オカメインコのピーちゃん♪

こんにちは、看護学科教員のきなこです

今日は、我が家のピーちゃんを紹介します
オカメインコの男の子です
実は、22年前に主人の会社に飛んで来たのですが、
飼い主がみつけられず、ウチで飼うことになったのです。

若い頃は、カゴから出すと勢いよく長い間飛んでいましたが、今はもうお年寄り・・・
カゴから出しても、少し飛んでは部屋のカーテンにぶつかって、
バタバタと落ちてしまいます(T-T)

一生懸命肩で(?)息をしている姿はとてもケナゲです・・・

家族みんなの肩や頭に乗りますが、
主人がよく遊んでやるので、懐いています

ピーちゃん①

見慣れない人には、エラそうに上から目線です(笑)

{"subsource":"done_button","uid":"15967B32-50DF-453A-90F3-51CBFD3C7149_1628597245344","source":"other","origin":"gallery","source_sid":"15967B32-50DF-453A-90F3-51CBFD3C7149_1628597245809"}

歳を重ねるにつれ、ウトウトと寝ている時間が増えています。
寝ぼけて止まり木から落っこちてしまうこともよくあります(゜Д゜)

{"source_sid":"15967B32-50DF-453A-90F3-51CBFD3C7149_1628597900221","subsource":"done_button","uid":"15967B32-50DF-453A-90F3-51CBFD3C7149_1628597899751","source":"other","origin":"gallery"}

そして、特に世話もせず、遊んでもやらない次女の肩にはよく止まります。
しっかりとした止まりやすい肩なので、落ち着くのでしょうか・・・笑

ピーちゃん④

オカメインコの寿命は20年くらいといわれています。

途中、結膜炎や肌荒れ?(羽がボサボサに・・・)など色々ありましたが、
甘やかさずフツーにお世話を続けたことが長生きの理由でしょうか?

以上、我が家のピーちゃんでした

——————————————————–

★奈良県奈良市の医療・福祉系専門学校★
学校法人青丹学園 関西学研医療福祉学院
・介護福祉学科
・作業療法学科
・理学療法学科
・看護学科
・言語聴覚学科
【オープンキャンパスの予約→こちら

奈良県奈良市右京1丁目1番5
(近鉄京都線「高の原」駅より徒歩3分)
TEL:0742-72-0600 FAX:0742-72-0635
URL:https://www.seitan.ac.jp/kg

——————————————————–

七夕伝説とソーシャルディスタンス

看護学科教員のみかんです

もうすぐ夏休みですね
暑さも厳しくなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

7月7日は、七夕でしたが、今年は残念ながら雨が降り、
織姫様と彦星様は1年に1回会える機会を逃してしまったのでしょうか
七夕の織姫と彦星の物語には諸説ありますが、
最も有名なのが、中国の「七夕伝説」ですね

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
昔、天帝の娘である、織姫が、地上の人間で牛飼いの彦星と結ばれました。
結婚する前は、働き者だった2人でしたが、結婚後は遊んでばかりで
全く仕事をしなくなってしまいました。
そんな2人に天帝が怒り、天の川の両岸に2人を引き離し、
1年に1度7月7日の夜にだけ会うことを許しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

という伝説です

私たちも、新型コロナウイルスの影響で、
大切な人と思うように会えない日々が続いています
私も、1年に1回は会っていた友達や実家の両親や親せきとも会えなくなり、
織姫や彦星のつらい気持ちが痛いほどわかります。

しかし、距離があり、直接会えないからこそ、
その人の長所に気づき、自分にとって大切な存在だということを
再認識できる良い機会にもなりました

織姫や彦星も毎日一緒にいたら、恋しい気持ちも薄らいで、
「七夕伝説」にはならなかったかもしれませんね

「会えない時間が 愛育てるのさ~♪」という
昭和に流行した、郷ひろみさんの歌を思いだしながら、
思うように会えない時代も悪いことだけではないかな~、
とコロナ禍で思っているのは、私だけでしょうか?

さまざまなイベントが中止になり、気分が晴れない中、
京都駅の大階段のこんな素敵な写真を友人がLINEで送ってくれました。

15886  15887
<七夕の季節感あるイルミネーション

15888 15885
<祇園祭>                   <ソーシャルディスタンス>

今年は祇園祭の山鉾巡行なども中止になり、
とても残念ですが、ライトアップや写真・動画で楽しむなど、
今できることを楽しんでいきたいものですね

Blog List

Archive

Old Blog

青丹ブログ