看護学科 BLOG

「青丹学園」に関する記事が表示されます。

看護学科★在校生インタビュー

今回は看護学科2年生中西さんのインタビューをお届けします

nakanishi2

本校ならびに本学科のどこに魅力を感じて入学しましたか。決め手となったことを教えてください。
設備がとても整っているところと病院へ実習に行く際には先生方も一緒に来てくださるところに
魅力を感じました。実習時は不安なこともあると思いますが先生方がサポートしてくださることで
安心して臨めると思ったからです。

学校生活で楽しいひととき、またやりがいを感じるときはいつですか?
休み時間やお昼ご飯の時に友だちとおしゃべりする時間が一番楽しいです。
勉強の良い気分転換になります。
やりがいを感じるときはテストで良い点数を取ったときです。毎日コツコツ勉強したことが自分のためになっていると嬉しくなり、また次も良い点数を取れるように頑張ろうと思えます!

クラスの雰囲気を教えてください。
とても明るく楽しいです。年齢関係なく仲が良く、勉強で分からないところがあればお互いに教え合いながら助け合っています。思いやりのあるクラスです!

これから進学を目指す人たちへのメッセージをお願いします!
関西学研へ入学して毎日がとても充実しています!
同じ目標に向かう人たちがクラスにいるので私もより頑張ることができます。
看護学科へ入学して一緒に頑張っていきましょう!

笑顔の素敵な中西さん
患者さまも笑顔にできる素敵な看護師目指して頑張ってください
ありがとうございました

入試広報 奥戸

——————————————————–

★奈良県奈良市の医療・福祉系専門学校★
学校法人青丹学園 関西学研医療福祉学院
・介護福祉学科
・作業療法学科
・理学療法学科
・看護学科
・言語聴覚学科

奈良県奈良市右京1丁目1番5
(近鉄京都線「高の原」駅より徒歩3分)
TEL:0742-72-0600 FAX:0742-72-0635
URL:https://www.seitan.ac.jp/kg

——————————————————–

看護学科★先生からのサプライズプレゼント

去る3月13日、卒業式が奈良春日野国際フォーラム 甍〜I・RA・KA〜で行われました

無事に授与式が終わり、各学科では最後のホームルームが行われていました。
看護学科では、卒業生たちに先生からサプライズプレゼントが…
採血をする時に血管が浮き出やすくするために巻く駆血帯(くけつたい)と
稲葉先生が愛情をたっぷりと込めた手作りのお守りです

S__5283848 S__5283851
【駆血帯】                  【稲葉先生からのお守り】

S__5283846②

今年の3年生はコロナの影響で、
実習が学内実習に切り替わったり、授業がリモートになったりするなど、
例年にはないことばかりで、不安を感じることも多かったと思います。

毎年、稲葉先生は合格祈願として、手作りのお守りを卒業生に渡しているそうですが、
コロナの影響で大変だった今年の卒業生への思い入れは特に強かったようで、

「全員合格して、就職後も元気に看護師として成長してほしい」

という気持ちを込めて準備を行い、制作したそうです

S__5283850
【稲葉先生】

また、卒業式当日、先生の胸には1輪のバラが挿さっていました

S__5283847

稲葉先生は今年の卒業生たちが1年生の時に担任をされており、
2年生の進級時に学生からこのバラをプレゼントされたそうです

「学生からもらった思い出の品なので、付けてきました。」と
少し照れながらも嬉しそうに話されていました

そして、最後に稲葉先生から卒業生に向けてメッセージをいただきました

「立派な看護師として4月から頑張ってくださいね。
またいつでも学校に遊びに来てください。待っています。」

現場に出てからも、たくさんの経験を積んで学ぶことで、
患者さまから頼られる看護師になれるよう頑張ってくださいね

S__6905979★

入試広報 吉岡

——————————————————–

★奈良県奈良市の医療・福祉系専門学校★
学校法人青丹学園 関西学研医療福祉学院
・介護福祉学科
・作業療法学科
・理学療法学科
・看護学科
・言語聴覚学科

奈良県奈良市右京1丁目1番5
(近鉄京都線「高の原」駅より徒歩3分)
TEL:0742-72-0600 FAX:0742-72-0635
URL:https://www.seitan.ac.jp/kg

——————————————————–

看護学科★採血に挑戦しました

今回は看護学科1年生の初めての採血練習の様子をお届け

楽しみにしていた学生も多い採血の実技授業
まず、ペアになって看護師役の学生が患者さま役の学生の腕に
駆血帯(くけつたい)を巻き、採血しやすい静脈の位置を確認
(駆血帯を巻くことで血管が圧迫され、探しやすくなります)S__6758445★

患者さまへ採血に関する説明・確認をし、
採血針を準備、採血します
S__6758421

いきなり腕に針を刺す・刺されるなんて怖い」という方、
ご安心ください
本校ではこのような練習用のキットを使って練習します
S__6758419

血管に針を刺し、ホルダーに真空採血管をまっすぐ差し込むと、
圧力で血管から模擬血液がぴゅーっと吸い取られます

今回は3種類の採血管に続けて採血しました!
採血管には検査の目的によって違う薬剤が入っていたり、
適性量で採血が止まるように管の内圧が調整されていたり、
いろんな種類があっておもしろいですよ

正確に血管を差し、固定しておくのは想像以上に難しく
「血管に刺さってるのかわからへん
「血液が出てこなくなった!なんで?
という声があちこちから…
その場で先生に助けを求め、ポイントを教えてもらいます
S__6758447

「刺せてるかわからへん」と言っていた学生もコツをつかんで
「採血めっちゃ楽しい!」と繰り返し練習していました

採血の結果は診断や経過観察に用いられます。
つまり、採血は人の命や健康に直結する医療行為ですので
学生たちはとっても真剣に取り組んでいました
落ち着いてできるよう練習していきましょうね

入試広報 田村

——————————————————–

★奈良県奈良市の医療・福祉系専門学校★
学校法人青丹学園 関西学研医療福祉学院
・介護福祉学科
・作業療法学科
・理学療法学科
・看護学科
・言語聴覚学科
【欠員募集のお知らせ(2021年春入学)→こちら

奈良県奈良市右京1丁目1番5
(近鉄京都線「高の原」駅より徒歩3分)
TEL:0742-72-0600 FAX:0742-72-0635
URL:https://www.seitan.ac.jp/kg

——————————————————–

看護学科★フィジカルアセスメント

看護学科の『フィジカルアセスメント』の授業のご紹介

フィジカルアセスメントとは「身体の診察・評価」のことを言います

今回の授業では、身体検査の目的や方法について学びました
まずは、グループ内でデモンストレーションを行い、
分からないところを教科書やプリントを見ながらしっかり確認します。

S__80142482★300×400

そして、いざ実技演習へ

S__80142452★
まずは、膝蓋腱(しつがいけん)反射の検査です。
神経の診察をするときに、ハンマー(打腱器)を用いて、
膝関節付近の腱をポンっと叩いて反応を調べていきます

次に、指鼻指(ゆびはなゆび)試験
S__6815746★
対象者と対面し、看護師の指を交互に正確に触れることができるかどうかを確認します。
スムーズな動きができない場合や
指がずれてきちんと触れない場合は運動失調を疑います

そして、バビンスキー反射
S__80142457★300×400

足の裏の外側を強く擦ると、足の親指が甲の側に屈曲する現象のことを言います
(正常時は、親指が足底に向かって屈曲するか何も起こりません。)

最初は手際が悪かったり、なかなか反応が出なかったりと苦戦していましたが、
先生に質問しながら、一人でできるようになるまで、繰り返し演習を行っていました
S__80142474★
初めてのことばかりで、覚えることも多いですが、
少しずつできることが増えてきて「実技演習が楽しい!」という声も
演習だけでなく、知識や技術をしっかりと学んで、立派な看護師を目指してくださいね

入試広報 吉岡

——————————————————–

★奈良県奈良市の医療・福祉系専門学校★
学校法人青丹学園 関西学研医療福祉学院
・介護福祉学科
・作業療法学科
・理学療法学科
・看護学科
・言語聴覚学科

奈良県奈良市右京1丁目1番5
(近鉄京都線「高の原」駅より徒歩3分)
TEL:0742-72-0600 FAX:0742-72-0635
URL:https://www.seitan.ac.jp/kg

看護学科★バイタルサイン測定

看護学科1年生の『バイタルサイン測定』の授業をご紹介

バイタルサインとは日本語で『生命徴候(せいめいちょうこう)』と言い、
人間が「生きている」ことを示す指標のことを意味しています。

今回は「体温」「血圧(触診法・聴診)」「脈拍」「呼吸数」を測定しました

S__6512642 S__6512646

初めは手技が上手くできず、
「音が聴こえない」と苦労していた学生も
いろんな人のバイタルを測定しながら、
練習を重ねていくうちにしっかりと測定できるようになりました

S__6512644 S__6512645

バイタルサインは、患者さまの状態を総合的に捉える上で欠かせない情報です。
2年生から始まる現場実習までに、各自しっかりと練習をして臨みましょうね‍

S__6488117
入試広報 吉岡

——————————————————–

★奈良県奈良市の医療・福祉系専門学校★
学校法人青丹学園 関西学研医療福祉学院
・介護福祉学科
・作業療法学科
・理学療法学科
・看護学科
・言語聴覚学科

奈良県奈良市右京1丁目1番5
(近鉄京都線「高の原」駅より徒歩3分)
TEL:0742-72-0600 FAX:0742-72-0635
URL:https://www.seitan.ac.jp/kg

——————————————————–

【看護学科】授業紹介☆ベッドメイキング

看護学科の1年生が基礎看護技術(環境)の授業でベッドメイキングの演習を行いました

IMG_5629★

入院患者さまにとってベッド上は、生活空間そのものです。
安全で快適な環境は患者さまにとって非常に重要なので
ベッドメイキングは生活環境を整えるための必須項目です

今回の演習では、グループ内で看護師役と患者さま役に分かれ、
チェック表を用いて技術の確認をしました

学生からは「簡単そうやけど、実際にやってみるとうまくいかない」
「シーツを折り込んで入れるところが難しかった」
等の声があがっていました
初めてのベッドメイキングに戸惑いながらも、
難しい箇所ではグループのメンバー同士で意見を出し合い、ともに学んでいました

IMG_5608★

IMG_5601★

1年次も後期となり、さらに幅広い分野の授業が始まりましたが、
看護実践の基礎となる大切な知識を学んでいきましょうね

IMG_5626★

入試広報室 吉岡

 

勉強合宿!(国家試験に向けて)

3年生は、いよいよ看護師国家試験が迫ってきました。

実習もケースレポートの発表も終わり、最後の山場。

お正月気分もそこそこに、とても寒い中、一部の学生は勉強合宿に参加しラストスパート!

さあ、2月の半ばに本番です。そこまでペースを保って、走り抜いてくださいね。

あと体調管理もしっかりと!

先生たちは最後まで応援していますよ。

看護合宿

看護学科2年生担任 稲生

3年生と2年生の実習情報交換会

実習前の段階で2年生は緊張がすごく、“一体何から準備したらいいの?”、“メモ帳がうまく使えない”、“記録の整理はうまくいくのかなあ”、“生活リズムってどうなるの?”といった不安が強い時期です。そこで3年生から実習のポイントや、記録のコツ、実習を乗り越えていくための生活の中での工夫など様々なアドバイスを受け取るべく、2年生・3年生の交流会(実習情報交換会)を11月に開催しました。

 

交流会では、お菓子やお茶を準備し、座談会のようにみんなでリラックスして話をすることが出来ました。苦労した実習のことを語る先輩、失敗したことを話す先輩、具体的に活用していたメモ帳やハンドブックを見せてくれる先輩、子育てや家事をこなしながら実習を乗り越えた先輩、いろんな先輩からリアルな話を聞き、どんどん2年生も質問してメモを取っていました。

 

「先輩と話すなんて緊張で、しゃべれません!」と言っていた2年生も、交流会が始まると積極的に質問して、少し実習のイメージがついたようでした。さすが3年生!うまくリードしてくれて助かりました。

 

看護

基礎看護学実習Ⅱの学びを発表しました!

先日、2年生が3週間の基礎看護学実習Ⅱから帰ってきました!

今回の実習では、看護師の動きを見るだけではなく、自分でも実際に患者さまを担当し、その患者さまへ看護援助を行ったり、また患者さまの問題点からどのように関わっていくと良いのか?など、一生懸命考えました。「医療用語を使うように」「報告・連絡・相談をちゃんとすること」「しっかり患者さんを見るという意味を考えること」「グループメンバーとの協力」「看護技術の基礎をちゃんと守ること」など、病院の指導者の方から色々と教えていただきました。また患者さまとの関わりからも学ぶことは多く、最後には「ありがとう。がんばって看護師さんになってね」と声をかけてくださる方もおられました。実習記録や慣れないことばかりで大変でしたが、みんな最後まで実習をやりきりました。

疾患のこと以外にも多くの学びがあり、それをグループごとにまとめ発表会を行いました。パワーポイントもしっかり準備し、順番に発表しました。

1年生は来年実習に行くことになります。しっかりメモを取って聴講していました。

実習に行く前に比べ2年生は表情がキリッとして、ハキハキと質疑応答する姿があり、担任として2年生の成長を強く感じました。

次は3年生の領域実習に向けて知識を増やせるようにがんばりましょう!期待していますよ!

k2

2年生担任 稲生

無事戴帽式を終えることができました!

先月1日、保護者の方や実習病院の指導者様に見守られ、1年生は戴帽式を終えました。

厳かな雰囲気の中、全員でナイチンゲール誓詞を唱和し、1人ずつナースキャップを戴きました。

戴帽式を通して、ひとりひとりが看護に対する思いを見つめなおすことができたと思います。

2

実際に実習に出るのはまだもう少し先のことになりますが、今の気持ちを忘れずより良い看護ができるよう知識や技術をコツコツと修得していって欲しいと思います。

 看護学科教員

戴帽式本番に向けて

本日の戴帽式に向けて1年生は10月から戴帽式の練習を始めていました。

戴帽式とはナースキャップを戴くことで、看護師になるという意識を高め、看護師としての責任の重さを改めて自覚するための儀式です。

最近は感染予防の面などでナースキャップを廃止している病院が多く、戴帽式を行わない学校もあるのですが、本校では看護師になる意識を高めるための大切な儀式として行っています。

戴帽式では、ナースキャップをつけてもらった戴帽生がナイチンゲール像から灯りを受け取ります。その後は全員でナイチンゲール誓詞の唱和、ナイチンゲール讃歌の斉唱を行い、戴帽式を締めくくります。

後期に入り専門科目の講義が増えた中での練習は大変だったと思いますが、一生の思い出になるので頑張って欲しいと思います。

看護学科教員 稲生

実習も終わりに近づいています!

3年生は4月から臨地実習に行っています。各病院や施設でいろんな実習を受けてきました。今月で実習が終了しますが、そこまであと一息というこの時期の学生にインタビューしてみました。

 

2年生の実習と比べて、3年生の臨地実習はどうですか?

【学生Aさん】

 “看護過程(患者さまの課題や問題を解決するため計画する)”が大変です。最初は全くわからなかった。でも実習を重ねることで、問題点と、どのようなケアが適切か方向性を見いだせるようになってきたと思います。 

【学生Bさん】

 記録物の整理とか、何を記入したらいいのか、最初の段階に比べるとしっかり理解して進めることができるようになりました。患者さまとのコミュニケーションの時間も、その方のご都合や気持ちも考えて訪室するようにしています。最初は、何を話せば良いのかわからなかったのですが、3年生になってすこしちょっと成長できたのかなと感じています。

 

実習で“難しいな~”と思うことは?

【学生Aさん】

 全部難しいです・・・・特に“その人らしさを捉える”というのが難しいです。ですが少しずつできるようにはなっていると実感しています。 

【学生Bさん】 

事前学習で疾患を調べて、実際の患者さまの疾患・症状・治療と結び付けて考えていくことです。実習を重ねてきた今も難しいと感じます。

 

実習で“大切だな!”と思うことはありますか?

【学生Aさん】

 12年生の時の講義での勉強や、援助の技術が、今だからこそとても大切だったと感じます。実習中に、12年生で習った時のように、細かく学習するのは困難。1・2年生の間に知識も技術もしっかり身に着ける事が大切です!時には遊ぶ時間も必要だけど、早いうちに基本を身に着けておくことが3年生の自分を助けるとヒシヒシと思う日々です。あとチームワークも大事。実習はグループで動く。メンバーそれぞれの個性はあるけど、互いに理解して、協力して実習を進めていく必要があります。 

【学生Bさん】

 課題をためないこと!これが大切。うまくまとめることができない日もあるけど、書けるところから書いていく。書いていけば、いろいろ教えてもらえるし、先に進むことができるので。あと、当たり前のことですが、毎日休まずに実習に行くこと。健康管理も含め、これも大切なことだと思います。

 

実習もあともう少し!体に気を付けて無事に終了まで突き抜けてほしいです。                

 

看護学科教員 稲生

 

Blog List

Archive

Old Blog

青丹ブログ