NURSE 看護学科 3年制(昼間部)/ 定員:40名

取得できる資格

  • 看護師国家試験受験資格
  • 保健師学校受験資格
  • 助産師学校受験資格(女性のみ)
  • 養護教諭特別別科受験資格

DATA

DATA 2

3つのポイント 3つのポイント

POINT01

キャリア豊富な講師陣が、
専門的な授業を展開

成人・老年・小児・母性・精神・在宅などの各分野に精通した講師陣が実技を徹底指導。
豊富な実習時間で多種多様な領域での臨地実習を行います。

キャリア豊富な講師陣が専門的な授業を展開

POINT02

国家試験合格に向けて、
早期から対策を徹底

1年次から授業ごとに小テストを行い、学習進捗状況を常に確認。苦手部分の反復学習をしながら、国家試験対策を行っています。

国家試験合格に向けて、早期から対策を徹底

POINT03

チーム医療の理解を深める、
本校ならではの交流学習

2009年度からの看護教育の新カリキュラムの狙いに、他の医療・福祉職との協働が挙げられています。本校では他学科の講師や学生と接することができる相互教育体制を敷き、チーム医療の中の看護の役割を知り、新時代に求められる看護師を育てます。

チーム医療の理解を深める、本校ならではの交流学習

実践力を高める学びのサポート

現場に通用する実践的能力を育て、
患者さまに寄り添い即戦力となる看護師を育成します。

実践重視の学び
「技術演習」と「実習環境」

圧倒的に多い実技演習

1年次より学内演習で実践的なトレーニングを行います。臨地実習までの技術演習時間は圧倒的に多く、一つひとつの技術をしっかりと身につけることができます。何度も技術演習を繰り返すことで自信につながり不安なく病院実習にのぞめます。

圧倒的に多い実技演習

実践を深める学びの空間

看護場面を再現できるシミュレーション実習室を常備。技術演習の時間以外にも実習室で自主練習を行うこともできます。講義で得た知識を繰り返し体現することで看護を実践するためのプロセスが学べます。

  • 実践を深める学びの空間 1
  • 実践を深める学びの空間 2
  • 実践を深める学びの空間 3

充実した実習環境「人×場所」

実践力を身につけるためには、臨地での実習は欠かせません。それは、学校で学んだ知識や技術が生きたものとして身につく場であるからです。また、患者さまやご家族の方を理解しようと努力することで人間関係が看護の基本であることや信頼関係の大切さを学べる場であるからです。臨地実習には1グループ4名の学生に1名の教員が同行しています。体験したことが学びにつながるように指導をしています。

充実した実習環境「人×場所」

実習後ケーススタディ

臨地実習での成果をまとめ、発表を行います。実習中の患者さまとの関わりを振り返ることで新たな気づきを得たり、実習での学びをさらに深める機会となります。また、1年生は先輩の発表を聞くことで1年、もしくは2年後の実習をイメージし、より一層将来について考える機会となります。

ケーススタディ

CURRICULUM カリキュラム

1年次 看護の知識・技術を修得しさらに社会人としての教養を身につける
看護の知識・技術を修得しさらに
社会人としての教養を身につける
医学の基礎知識を広く学ぶとともに、看護の基本的な知識・技術を修得します。さらに、社会人として必要な教養を身につけます。
2年次 培った看護技術を、臨床の場で活かす
培った看護技術を、臨床の場で活かす 対象に応じたより専門的な看護や、社会保障制度について学びます。「基礎看護学実習」では、学内で修得した看護技術を臨床の場で実践します。
3年次 現場で実際に患者さまと接し、看護の判断力・実践力を高める
現場で実際に患者さまと接し、
看護の判断力・実践力を高める
「領域別実習」では、実際に患者さまを担当して、看護の判断力・実践力を高めます。

国家試験合格!

TIME SCHEDULE 1年次前期

TIME SCHEDULE
カリキュラムについて詳しく見る

STUDENT MESSAGE 在校生のメッセージ

一人ひとりを大切に、
患者さまに信頼される看護師に。

正しい知識と技術を身につけ患者さまや一緒に働く仲間からも信頼される看護師になりたいです。患者さまのバックグラウンドを考え、一人ひとりに合わせた看護ができるよう毎日の授業はもちろん実習も国家試験の勉強も頑張っています。特に実習では患者さまとコミュニケーションをとることに気をつけ、現場でしか学べない知識や技術を身につけたいと思っています。今は国家試験対策のアプリを入れて問題を解いたり、苦手な分野を減らせるよう1年後を見据えて勉強をしています。

U さん/2年生(奈良・法隆寺国際高等学校出身)

毎日の学びを重ねるたびに、
夢へと近づいている
実感があります!

看護師への憧れは、幼少期の入院経験がきっかけです。とにかく優しく接していただき、支えてくれた姿に心を打たれました。授業は難しいことも多いですが、清拭や洗髪などの実践的な学びが楽しく、徐々に夢へと近づいている実感があります。本校は5学科編成なので、近年医療現場で注目されているチーム医療について深く学べることも嬉しいです。母が介護職をしていたこともあり、今は在宅看護にも興味が芽生えています。まずは病院で勤務してさまざまな経験や知識を養い、いずれは在宅看護へと分野を広げて活躍していきたいです。

H さん/3年生(奈良・一条高等学校出身)

GRADUATE MESSAGE 卒業生からのメッセージ

患者さまとの時間を大切に、
寄り添った看護を心がけています。

母が看護師をしていた影響で、自身も人の役に立つ仕事がしたいという思いが芽生え、看護師を目指しました。実習では、自分の思い描いていた看護と臨床にギャップが生まれ、戸惑い落ち込むこともありましたが、1年生から3年生へと学びを重ねていくうちに、患者さまにとっての必要な看護ができるようになったと感じます。現在は急性期病院で働いています。患者さまとの寄り添いを大切にし、時間を見つけて患者さまとお話しをする時間を作るよう心がけています。知識と技術を向上させ、周囲のスタッフにも気を配れる看護師を目指していきます。

急性期病院(京都府宇治市)勤務
Y さん/2018年卒業(京都・京都すばる高等学校出身)

実習時に味わった心の交流を
今も大切に。

本校の3年次の臨地実習で、患者さまが「あなたのおかげで入院生活が少し気楽になった」と涙を流してくださったことが心に残っています。現在は、訪問看護ステーションで訪問看護を中心にケアを行う毎日。ケアマネジャーや医師と連携を図りながら、他職種とチームになって利用者さまを支援しています。利用者さまとご家族の想いを第一に考えて、気持ちに寄り添うことを大切にしています。今後、訪問看護認定看護師をはじめとする資格にも挑戦し、さらにキャリアアップしていきたいです。

訪問看護ステーション(奈良県奈良市)勤務
Y さん/2015年卒業(大阪国際短期大学出身)

学科長からのメッセージ

学科長からのメッセージ

坂本 洋子

主な担当:成人看護学

他者への深い関心と看護のこころを持った看護者を目指しましょう。

看護とは、あらゆる健康の段階にある人々が、その人らしく生活できるよう援助する活動。看護者は対象を尊重し、一人ひとりが持つ力を最大限に発揮できるように働きかけます。人と人との人格的な関係の構築を通して人間として自らを成長させることができる尊い仕事であると考えます。看護を学ぶ意思を持ち、他者への深い関心と看護のこころを持った看護者となることを希望するみなさんのご入学を心よりお待ちしております。

学科長からのメッセージ
  • オープンキャンパス
  • 資料請求