関西学研医療福祉学院
ACCESS
オープンキャンパス
資料請求

関西学研医療福祉学院ブログ

Top > 関西学研医療福祉学院ブログ > 言語聴覚学科

在校生・卒業生インタビュー

今回は、2年生のNさんにどういう言語聴覚士になりたいかをお聞きしました。

将来は人間的に深みのある面白い言語聴覚士になりたいと思っています。
そのために学業と並行して、趣味や様々な人と関わり、人を知ることを大切にし、これまでの学生生活を過ごしてきました。
クラスメイトも幅広い年齢の個性的な方々が集まっているので、一緒に過ごす中でたくさんの刺激を受けることができました。
これまでの経験を来月からの実習でも活かせるように前向きに楽しく頑張ります。

IMG_14902


在校生・卒業生インタビュー

今回は在校生のKさんにインタビューしました。

勉強が不安、心配という方必見。座学を無事突破した2年生だからこそ伝えられる勉強方法を教えてくれました。

その日に受けた講義を、全て復習するのは難しいことですが、少しずつ小テストや板書の見直し等を、その日のうちに行う事を続けていました。そうすると、知識が定着しやすくなり、記憶が新しいうちに、理解できていることとそうでないことが、区別できるようになります。その上で自分で調べたり、先生や、クラスメートに教えてもらったり、効率よく勉強ができます。苦手な分野はテスト前に、クラスメートに勉強会形式で教えてもらうこともありました。みんなで協力して勉強に取り組むことで、理解が深まったと思います。

IMG_14682


在校生・卒業生インタビュー

今回は在校生のMさんに言語聴覚士を目指したきっかけと学生生活についてお聞きしました。

病院で落ち込んでいた失語症の方が、訓練を受け、笑顔を取り戻される姿を見て「言語聴覚士になりたい!」と決意。
勉強のこと、家事や育児との両立など、入学前は不安もありました。
入学後は、先生方のきめ細かなサポートのお陰で、勉強と家庭の両立も出来ています。
様々な年齢のクラスメートとも、一緒に笑い、悩んで、励ましあって、忙しくも充実した時間を過ごせています。
思い切って挑戦して、本当によかったです。
ST第2弾


在校生・卒業生インタビュー

在校生のMさんが感じている学校の魅力ついてお聞きしました。

関西学研医療福祉学院の魅力は、1人1人へのサポートが手厚いところです。国家試験や実習など、どうすればよいかわからない事が多いです。そんな時は、必ず先生方が声をかけてくださります。しっかり個人を見てくれ、相談しやすい雰囲気です。卒業してからのことを考えると、この手厚さに慣れてしまわないようにしようと思っているほどです。とても魅力的な先生方のいる学校なので、是非一度見に来てください。

言語第1弾


【ブログ配信のお知らせ】

さて、8月から言語聴覚学科のブログでは在校生や卒業生の声を皆さんに届けたいと考えています。

水曜日・金曜日に定期的に配信していきます。

在校生は、日々の勉強のこと、学校での生活の様子、卒業生は今頑張っていることや学校の思い出などを綴っていきます。

言語聴覚学科の日々の様子や、自分たちが考えていることなど生の声を皆さんに届けたいと思います。

乞うご期待


1年生初めてのケーシー(白衣)

入学式からはやひと月、1年生も学校生活に少しずつ慣れたころです。

この日は演習ゼミで初めてケーシーを着ました。ぎこちなく腕を通していましたが、

いったん着ると皆よく似合って、気分はST!!です。着ることにより、気持ちも盛り上がります。

人の身体は不思議なもので、姿勢を少し変えただけで声が出にくくなったり、つばが飲み込みにくくなったりします。実際に身体を動かして、実感してもらいました。普段無意識に、当たり前のようにしている色々な動作、姿勢がとても深い意味をもっていること、実技を通して学ぶことができました。DSCN10311


入学式

奈良春日野国際フォーラム 甍 能楽ホールにて入学式をおえました。

朝は曇り空でしたが、入学式が始まるころには穏やかな陽が差し込んでいました。幸先のいいスタートです!

さすがはコミュニケーションの専門家を目指す新入生。すでに前日のオリエンテーションで打ち解け、以前からの知り合いの様に話していました。

これから2年間ともに過ごす仲間です。色々なことを話し合い、共感し協力し合える関係をつくっていってくださいね。

厳かな雰囲気の中での入学式、一人ひとり名前を呼ばれていきます。緊張していたと思いますが各人はっきりと大きな声で返事をしていました。それぞれの覚悟とやる気がとても伝わってきました。

いよいよ学生生活が始まりますが、入学式での初心を忘れずに一緒に頑張っていきましょう!

 


卒業生との10年ぶりの再会!

桜の花が満開となり、一気に春がやってきましたね。言語聴覚学科でも新一年生を迎えるための準備を毎日しています。

そんな中、先日教務室を掃除していると、トントンとドアを叩く音。「先生~♪」と懐かしい声。10年ぶりに卒業生が学校へ遊びにきてくれました。

彼女は、最初、熊本に就職し、今は千葉で就職。(さすが国家資格。どこに行っても働けるね!)近くに来たからと寄ってくれ、本当に嬉しかったです。

お子様も一緒につれてきて下さり、母と言語聴覚士としても両立しているんだって話してくれ、すごいなぁって思いました。

当時の学校生活や実習など沢山昔話で盛り上がり鮮明に思いだしました。

みんな言語聴覚士を続けていることも嬉しいです。

ぜひまた遊びにきてね。

 

今回で2017年度のブログは終了です。また2018年度もブログを見に来てくださいね。

卒業生


入学前授業&在校生交流会

こんにちは。ようやく暖かくなってきましたね。まだ寒さが残る地域の方もいらっしゃると思います。体調崩している人もいるようなので気をつけてくださいね。

さて先週の土曜日、新1年生(入学予定)の方々が入学前授業で来校。みんな真剣に学ぼうとする姿はとても素敵でした。授業のあとは、在校生との交流会。2年生は2週間前まで先輩がいて、1年生の顔だったのに、たった2週間のうちに先輩の顔になり、日々の過ごし方や、資料を挟むファイルはあわてて買わないほうが良いなど、自分たちがこの一年間過ごしてきたからこそ分かる、学生生活のコツを伝授していました。次第に入学予定の方々の不安や緊張をほぐし、笑いが一杯ある時間を提供し、とっても頼れる存在になりました。2年生は休みの日なのに来てくれてありがとうね。また新しい年度が始まります。みんなで頑張ろう!

IMG_12091


卒業式

3月9日(金)奈良春日野国際フォーラム甍(旧 奈良県新公会堂)にて卒業式が無事終了しました。

前日、巣立つ学生の教室にしばらく座って眺めると、普段休日に学生のいない教室とは全く違う空気感があり、静まりかえった教室は、寂しくもあり、嬉しくもありました。

式当日、担任の点呼に返事をする一人ひとりの声が入学式の時のやや不安な声とは違い堂々としていたのが印象的でした。

理事長の祝辞、学院長の式辞には、命の大切さや人を支援するということの大切さを教えて下さりそれぞれの心に響きました。

最後は担任と副担任から卒業証書をもらい、沢山の笑顔をみせてもらいました。

夜は、盛大に謝恩会を開いて頂きとても楽しい時間でした。

2年間、人生をかけて学び、楽しいことだけでなく苦しいこともありましたが、40名が力を合わせてこの日を迎えられたことは、沢山の方々のご指導、支えあっての日で本当に感謝します。最後に。青丹学園に来てくれてありがとう。行ってらっしゃい。

17期卒業式


  • Tag :
PAGETOP