言語聴覚学科 BLOG

今日は言語聴覚士国家試験当日!

本日は23回目の言語聴覚士国家試験当日です。

今年度はコロナのために大変なことも多かったけど、よくここまで頑張ってきましたね。

これまでの努力はきっと報われる。
自分を信じて
目標の言語聴覚士になれるまであと一歩
落ち着いて全力を出し切れるよう
教務一同よりエールを送ります。

ファイトだー

16138040212691613804014958

言語聴覚学科教員 板橋

言語聴覚学科★立ち上がりの誘導を学びました。

言語聴覚学科の授業の様子をご紹介
今回の授業では、立ち上がる際の誘導方法を学びました!

立ち上がり動作は座位→立位への移行動作で
日常生活の中では欠かせない動作の一つです

言語聴覚士としての動作誘導は、下肢機能が発揮しやすい状況を
作るためにもコミュニケーションが大切になります

まずは先生の説明を聞いて…
S__6610946★

グループに分かれて、実践します
★ S__6611034★

S__6611018★

座っている状態から立ち上がるまでの動作はそれぞれ相で分ける事ができ、
「体幹前傾が股関節屈曲で生じているか」
「足底に荷重がかかっているか」
など、見るポイントはたくさんあります

立ち上がりの速度や前傾姿勢の深さなど
人によってそれぞれ違うので、一人ひとりに合わせた誘導が必要です

S__6611049★
S__6611042★

少人数で分からないところを先生に質問しているグループもありました
先生と学生の距離の近さが自慢の本校
たくさん質問して、実践力を磨きましょう

入試広報 吉岡

——————————————————–

★奈良県奈良市の医療・福祉系専門学校★
学校法人青丹学園 関西学研医療福祉学院
・介護福祉学科
・作業療法学科
・理学療法学科
・看護学科
・言語聴覚学科

奈良県奈良市右京1丁目1番5
(近鉄京都線「高の原」駅より徒歩3分)
TEL:0742-72-0600 FAX:0742-72-0635
URL:https://www.seitan.ac.jp/kg

——————————————————–

オンライン授業スタート!

コロナウイルス感染拡大防止のため、休校中の本校。
ゴールデンウィーク明けから、徐々にオンライン授業が始まっています

image0
先週は、言語聴覚学科の先生と1年生が
スマートフォンを使ってHRをしていました。
見えにくいですが、オレンジの缶に立てかけているのが
スマートフォンです

一人ひとりと定期的に連絡は取りあってましたが、
大人数でオンライン上に集まるのはこれが初めて。
「○○さーん!」「はーい!」と、
久しぶりに聞く学生さんたちのにぎやかな声に、
先生たちも笑顔がこぼれていました

image6
IMG_1897

野上先生、とっても嬉しそう
みなさんの元気な声や顔を見て安心したようです~

個別でメールでのやり取りは行っていましたが
 オンラインであっても、実際の姿を見ながら声を聞くのとでは、
 やはり全然違いますね。
 こんなご時世ですが、
 こんな時こそ、お互いの存在を意識しながら、
 丁寧にコミュニケーションをとっていきたいと思います

と野上先生からコメントをいただきました。

今週からはいよいよ本格的にオンライン授業が始まります!
例年とは異なる新学期となりましたが、
みんなで言語聴覚士目指して、がんばっていきましょう

就職説明会

先日、学校で言語聴覚学科の就職説明会が行われました。

実習でお世話になっている病院、施設さま中心に多くの方々にご参加いただきました。

2年生のために現場の先生方がお忙しい中お越し頂き、また丁寧にご説明いただき本当にありがとうございました。

実習も前半を過ぎ、言語聴覚士の仕事について少しずつイメージができつつある2年生、現場の先生方が施設・病院のことを詳しくお伝えいただき、さらに言語聴覚士になることの思いを強めたと思います。お話を聞く学生たちの表情もさらに引き締まって、頼もしく感じました。

まだ臨床実習が後半残っています。来年の春、言語聴覚士として先生方のもとでお世話になれるよう学生、教員ともども頑張ろうと改めて思った日でした。

言語聴覚学科 玉木

言語就職説明会PIC

花壇のご紹介【言語聴覚学科】

言語聴覚学科です。

学科校舎前の花壇の紹介です。

言語聴覚学科1年生は花壇係を決め綺麗な花を例年咲かせています。

今年はひまわりや朝顔の種を植えたのですが、猛暑のためなのかなかなか朝顔が咲かず、

今ごろになってようやく満開になっています。

とても美しい青紫に癒されています。

2年生は8月から実習に行っています。「頑張ってきてね!」と学生を送り出すみたいに

勇気づけてくれています。

花だけでなく葉っぱもエネルギーに満ち溢れ押し合いへし合いしています。

こちらも今補講で頑張っている1年生を応援しているようです。

どうか、1年生も2年生も朝顔のようにこの時期を乗り越えられますように!

 

言語聴覚学科 玉木

IMG_2060

卒業生による授業

授業の紹介です。

2年生は8月から12月までそれぞれ長期の実習に行きます。今の時期は日々の学習と実習の準備で大忙しです。

先日、2年生を対象に卒業生の話を聞く機会をもちました。

今回は病院で言語聴覚士として活躍されている卒業生の先輩3名に来ていただき、お話を聞くことができました。

実習で何を大事にしないといけないのか、患者様に対しての具体的なかかわり、各障害においての観察ポイント等、ご自身の実習経験や現在の実習指導者としての経験からくる具体的なお話でした。机上の学習とはまた違い、学生の瞳はいつもより輝いていました。

後輩のためにしっかり伝えようという熱い思いが卒業生の皆さんから伝わってきました。

本当にありがとうございました!

IMG_1978使用

言語聴覚学科 玉木

初めてのケーシー

言語聴覚学科の玉木です。今回は1年生の授業の紹介をします。

入学してから早2か月が経ちました。学校にも慣れ、授業も大変だけれど面白さも徐々にわかってくる頃です。

今日は初めてのケーシーを着用し演習しました。ケーシーは病院や施設で実習するときに着用する白衣のようなものです。リハビリテーション職にとっての仕事着です。

ケーシーを着ることで、学生たちの顔つきも変わってきます。仕事へのイメージも湧き、言語聴覚士になることへの心構えが芽生えてくるのでしょう。

演習は、自分の身体を知るということで、起き上がりをどのようにしているのか、介助はどのようにするのかを体感しました。様々なことを吸収し、学んでほしいと思います。

初めてのケーシー

近況報告

新学期が始まり早ひと月が経ちました。

言語聴覚学科の1年生は、少しずつ学校の授業にも慣れつつあるようです。

さて、今回は2年生の様子をお伝えします。

2年生は下級生が入ってきたことで、よりしっかりしてきたと感じます。夏からは長期実習も始まりますので、様々な準備や勉強に邁進しています。

この日「言語聴覚障害概論」の授業で車椅子の演習をしました。セラピストとしての車椅子の扱いを学ぶだけでなく、自ら乗ることで患者様のきもちを体感できたのではないでしょうか。学生からは「声かけされずに急に押されたのが、怖かった」と感想があり丁寧に声をかける事の大切さをあらためて感じてくれたと思います。

実習に向けて、着々と準備が進んでいます。

IMG_18921IMG_19021

言語聴覚学科

教員 玉木

9月になりました。

2年生は実習まっただ中、1年生は夏休み中ですが自習ため学校に来ています。

さて、ここは東館(言語棟)の5階、基礎実習室。後期から始まる構音障害の講義で使用する構音の絵カードを作成しております。これは発音検査や訓練で使用するために自ら構図を考え描画し色塗りをします。IMG_1540

自分で作成することでどんな絵が相手に伝わりやすいのか、どの部分を強調し、どの部分を簡略化するのか、じっくりと考えながら描きます。

今日もワイワイと言いながら楽しそうに作成していました。

卒業してからも愛着のある自分のカードを使っています。自分の頭と手を使って何かを生み出すって、やはり大事ですね。

STブログIMG_1542

言語聴覚の日

今日9月1日は「言語聴覚の日」です。今から21年前のこの日に言語聴覚士法が施行されました。日本言語聴覚士協会は、言語聴覚障害や摂食・嚥下障害ならびに言語聴覚士について広く知っていただくことを目的に「言語聴覚の日」としてその前後の1週間を「言語聴覚週間」としております。

本校では、言語聴覚の日にちなんで9月末まで、完全予約制の言語聴覚個別マンスリーを開催いたします。知りたいことを個別で聞きたい、学校の雰囲気を直接感じたいなど、じっくり知っていただけます。入試の事だけ聞きたい、少しの時間だけなどでもお気軽にお申し出ください。ご予約は学校までご連絡下さい。

時間: 9:00〜19:00  (最終20:00まで 60分程度)

【ご予約はこちら】
TEL: 0742-72-0600
mail    info@seitan.ac.jp
URL: 申込みフォーム
※メール・申込みフォームに関しては、備考欄にお名前、住所、ご連絡先、お時間(第1希望・第2希望)、聞きたい事(入試・資格・将来性・就職先・学生の雰囲気など)をご記入下さい。

在校生・卒業生インタビュー

今回は言語聴覚学科2年生のNさんにインタビューしました

①将来こんな言語聴覚士になりたい

患者様や同じ職場のスタッフ、地域住民の方々とのより良い信頼関係を築いていける言語聴覚士になりたいです。常に相手に思いやりをもって接することを大切にしたいです。

②学校の魅力

先生方が学生一人一人の個性を尊重して真摯に接してくださることです。座学や実習、就職についての綿密なサポートはもちろん、言語聴覚士への希望や不安についても時間を割いて、一生懸命支えてもらえるので大きな自信へ繋がります。

③学校生活の楽しみ

学校生活の初日はクラス内でうまくやっていけるか不安でいっぱいでしたが、いつの間にかグループになり、お互いを助け合えるなかまになっていました。自然と笑顔になれるような学校生活を送ることができて、毎日がとても楽しいです。

④勉強への取り組み

授業は各専門の先生が教えてくださるので、実践的な知識も身につけることができて理解が深まります。何時間も続けて勉強せずに、適度に休憩を取ることで頭に入りやすくなります。わからないことを恥ずかしがってそのままにするのではなく、クラスメイトや先生方に積極的に質問することを心がけています。

⑤これから入学を考える人に一言

今は不安なことが頭の中に渦巻いていることだと思います。一歩踏み出して学校見学にきて下さい。そのような不安が一気に吹っ飛びます。困ったことがあれば遠慮せずにどんどん質問しましょう。この学校の先生方や在校生はしっかり気持ちを受け止めてくれるので勇気を出してぶつかっていってください。

⑥実習への期待

現場で新しく発見することはたくさんあると思います。不安もありますが、今まで学んだことを糧にして頑張っていきたいです。

IMG_15011

 

 

在校生・卒業生インタビュー

 

今回は、卒業生のKさんに日々仕事で感じていることをお聞きしました。

私は現在、障害児通所支援事業所で働いています。子どもたちの言語を伸ばすにはどのような支援をすればよいのか、学習のサポートはどのような方法が理解しやすいのか等、日々勉強することばかりです。ようやく学校で学んだ事と実践がリンクし始め、楽しくなってきました。また子どもたちや保護者の方々の笑顔を見ることができる嬉しさで、もっと頑張ろうと思えます。学生の時から言語聴覚士になり、小児現場で働きたいと思っていたので、夢が叶い嬉しく思います。

image1

Blog List

Archive

Old Blog

青丹ブログ