関西学研医療福祉学院
ACCESS
オープンキャンパス
資料請求

関西学研医療福祉学院ブログ

Top > 関西学研医療福祉学院ブログ > 言語聴覚学科

9月になりました。

2年生は実習まっただ中、1年生は夏休み中ですが自習ため学校に来ています。

さて、ここは東館(言語棟)の5階、基礎実習室。後期から始まる構音障害の講義で使用する構音の絵カードを作成しております。これは発音検査や訓練で使用するために自ら構図を考え描画し色塗りをします。IMG_1540

自分で作成することでどんな絵が相手に伝わりやすいのか、どの部分を強調し、どの部分を簡略化するのか、じっくりと考えながら描きます。

今日もワイワイと言いながら楽しそうに作成していました。

卒業してからも愛着のある自分のカードを使っています。自分の頭と手を使って何かを生み出すって、やはり大事ですね。

STブログIMG_1542


言語聴覚の日

今日9月1日は「言語聴覚の日」です。今から21年前のこの日に言語聴覚士法が施行されました。日本言語聴覚士協会は、言語聴覚障害や摂食・嚥下障害ならびに言語聴覚士について広く知っていただくことを目的に「言語聴覚の日」としてその前後の1週間を「言語聴覚週間」としております。

本校では、言語聴覚の日にちなんで9月末まで、完全予約制の言語聴覚個別マンスリーを開催いたします。知りたいことを個別で聞きたい、学校の雰囲気を直接感じたいなど、じっくり知っていただけます。入試の事だけ聞きたい、少しの時間だけなどでもお気軽にお申し出ください。ご予約は学校までご連絡下さい。

時間: 9:00〜19:00  (最終20:00まで 60分程度)

【ご予約はこちら】
TEL: 0742-72-0600
mail    info@seitan.ac.jp
URL: 申込みフォーム
※メール・申込みフォームに関しては、備考欄にお名前、住所、ご連絡先、お時間(第1希望・第2希望)、聞きたい事(入試・資格・将来性・就職先・学生の雰囲気など)をご記入下さい。


在校生・卒業生インタビュー

今回は言語聴覚学科2年生のNさんにインタビューしました

①将来こんな言語聴覚士になりたい

患者様や同じ職場のスタッフ、地域住民の方々とのより良い信頼関係を築いていける言語聴覚士になりたいです。常に相手に思いやりをもって接することを大切にしたいです。

②学校の魅力

先生方が学生一人一人の個性を尊重して真摯に接してくださることです。座学や実習、就職についての綿密なサポートはもちろん、言語聴覚士への希望や不安についても時間を割いて、一生懸命支えてもらえるので大きな自信へ繋がります。

③学校生活の楽しみ

学校生活の初日はクラス内でうまくやっていけるか不安でいっぱいでしたが、いつの間にかグループになり、お互いを助け合えるなかまになっていました。自然と笑顔になれるような学校生活を送ることができて、毎日がとても楽しいです。

④勉強への取り組み

授業は各専門の先生が教えてくださるので、実践的な知識も身につけることができて理解が深まります。何時間も続けて勉強せずに、適度に休憩を取ることで頭に入りやすくなります。わからないことを恥ずかしがってそのままにするのではなく、クラスメイトや先生方に積極的に質問することを心がけています。

⑤これから入学を考える人に一言

今は不安なことが頭の中に渦巻いていることだと思います。一歩踏み出して学校見学にきて下さい。そのような不安が一気に吹っ飛びます。困ったことがあれば遠慮せずにどんどん質問しましょう。この学校の先生方や在校生はしっかり気持ちを受け止めてくれるので勇気を出してぶつかっていってください。

⑥実習への期待

現場で新しく発見することはたくさんあると思います。不安もありますが、今まで学んだことを糧にして頑張っていきたいです。

IMG_15011

 

 


在校生・卒業生インタビュー

 

今回は、卒業生のKさんに日々仕事で感じていることをお聞きしました。

私は現在、障害児通所支援事業所で働いています。子どもたちの言語を伸ばすにはどのような支援をすればよいのか、学習のサポートはどのような方法が理解しやすいのか等、日々勉強することばかりです。ようやく学校で学んだ事と実践がリンクし始め、楽しくなってきました。また子どもたちや保護者の方々の笑顔を見ることができる嬉しさで、もっと頑張ろうと思えます。学生の時から言語聴覚士になり、小児現場で働きたいと思っていたので、夢が叶い嬉しく思います。

image1


在校生・卒業生インタビュー

今回は、在校生のTさんに学校生活についてお聞きしました。

学校生活での楽しみは同じクラスのクラスメイト達と話す事です。皆、言語聴覚士を目指すという共通の目標を持っているので、お互いの気持ちを理解し合えます。私達の学校はアットホームな雰囲気で、クラスの仲がとても良く、休み時間は笑い声で溢れています。言語聴覚士になるにあたって、コミュニケーションをとることは非常に大切な事であり、まずは自分から積極的に話かけるよう心がけています。

IMG_14941


在校生・卒業生インタビュー

今回は、卒業生のAさんにインタビューいたしました。

現在、発達センターで未就学児の発達相談業務に携わっています。ことばに関する検査を行い、訓練の内容を考え、保護者の方にご家庭での関わり方を提案しています。現在、言語聴覚士は私一人ですが、他職種とチームで働いています。
30分程度で子どもさんの特徴を捉えなければならず、責任の重い仕事ですが、たくさんの子ども達に会えるのが日々の楽しみです。また、一人として同じ子はいないので、日々勉強させて頂いています。
在学中、就職活動でどのような方面に進もうか悩んでいた時、先生が色々な就職先を紹介してくれました。そのおかげで良い職場に巡り会うことができました。勉強や実習、就職と、親身に相談にのって下さった先生方には、本当に感謝しています。


在校生・卒業生インタビュー

今回は、2年生のNさんにどういう言語聴覚士になりたいかをお聞きしました。

将来は人間的に深みのある面白い言語聴覚士になりたいと思っています。
そのために学業と並行して、趣味や様々な人と関わり、人を知ることを大切にし、これまでの学生生活を過ごしてきました。
クラスメイトも幅広い年齢の個性的な方々が集まっているので、一緒に過ごす中でたくさんの刺激を受けることができました。
これまでの経験を来月からの実習でも活かせるように前向きに楽しく頑張ります。

IMG_14902


在校生・卒業生インタビュー

今回は在校生のKさんにインタビューしました。

勉強が不安、心配という方必見。座学を無事突破した2年生だからこそ伝えられる勉強方法を教えてくれました。

その日に受けた講義を、全て復習するのは難しいことですが、少しずつ小テストや板書の見直し等を、その日のうちに行う事を続けていました。そうすると、知識が定着しやすくなり、記憶が新しいうちに、理解できていることとそうでないことが、区別できるようになります。その上で自分で調べたり、先生や、クラスメートに教えてもらったり、効率よく勉強ができます。苦手な分野はテスト前に、クラスメートに勉強会形式で教えてもらうこともありました。みんなで協力して勉強に取り組むことで、理解が深まったと思います。

IMG_14682


在校生・卒業生インタビュー

今回は在校生のMさんに言語聴覚士を目指したきっかけと学生生活についてお聞きしました。

病院で落ち込んでいた失語症の方が、訓練を受け、笑顔を取り戻される姿を見て「言語聴覚士になりたい!」と決意。
勉強のこと、家事や育児との両立など、入学前は不安もありました。
入学後は、先生方のきめ細かなサポートのお陰で、勉強と家庭の両立も出来ています。
様々な年齢のクラスメートとも、一緒に笑い、悩んで、励ましあって、忙しくも充実した時間を過ごせています。
思い切って挑戦して、本当によかったです。
ST第2弾


在校生・卒業生インタビュー

在校生のMさんが感じている学校の魅力ついてお聞きしました。

関西学研医療福祉学院の魅力は、1人1人へのサポートが手厚いところです。国家試験や実習など、どうすればよいかわからない事が多いです。そんな時は、必ず先生方が声をかけてくださります。しっかり個人を見てくれ、相談しやすい雰囲気です。卒業してからのことを考えると、この手厚さに慣れてしまわないようにしようと思っているほどです。とても魅力的な先生方のいる学校なので、是非一度見に来てください。

言語第1弾


PAGETOP