関西学研医療福祉学院
ACCESS
0742-72-0600
お問い合わせフォーム

関西学研医療福祉学院ブログ

Top > 関西学研医療福祉学院ブログ > 言語聴覚学科

「国家試験当日」

2月17日(土)。本日、国家試験です。本校は大阪会場にて受験。

今年はインフルエンザが蔓延したのでまずは体調管理からですが、全員無事試験会場に到着しました。昨夜の天気予報では冷え込むとのことでしたが、早朝、明るい朝で陽の光が明るい未来を感じました。200問。丁寧に読み解き、みんなが無事4月、言語聴覚士となれることを祈るのみです。みんな頑張れ。

1518826364871 1518826370081


『きこえ』

今日のお昼間は日差しが暖かく、学生たちは勉強の合間に外で休憩している姿もちらほらいましたが、週末はまた冷え込みそうですね

さてさて今週は、縁あって色んな先生方と言語聴覚についてお話をする機会がありました。初めて言語聴覚士という資格があることを知った方もいらして、とても興味を持って聞いて頂き嬉しかったです

話が進む中で、「きこえない人の問題をどうしたら聞こえる人に伝えていけるのか」ということを考えているということでした。あらためて聞こえ、聴こえについて考えました。

コミュニケーションや文字などの獲得はいかに重要かということ、当たり前でないことも、話し、今一度伝えていきたいことだなと思いました。

またはなすこと、たべることについても話し合ってみたいメンバーでした

いつも心に留めているのは、“当たり前に慣れてはいけない。”ということを再確認した今週でした。


試験モード

雪や雨で冷たい日が続きますね。最近、ブログを更新できていなく卒業生たちから元気ですか?と心配のメールを頂き、確かに気づけばずっとお休みしていましたね

また少しずつ週毎更新をします!またブログをのぞきにきてね。

気がつけばあっという間に1月が過ぎ、2年生は国家試験が目の前。インフルエンザを心配しながら毎日遅くまで頑張っています

あともう少し最後まで頑張ろう!

1年生も後期末試験まっただ中。なかなか気が抜けない日々です!

先日は介護福祉学科が国家試験を終えました。今度は言語聴覚学科です。

学校全体が国家試験&定期試験モードです。みんな合格しますように祈。


講義紹介

気づけば12月。今朝は、冷たい風が吹き寒い一日の始まりでしたね。
ブログ更新ができておらず、1ヶ月が過ぎてしまいましたが、1年生も2年生も元気です!
さて今日は、1時間目は、「言語発達障害学」。本日の講義は、自閉症の子どもたちに有用なTEACCHを使って”視覚支援”を作成→発表。という演習でした。
話し合いの中、その意見良いね、その方がわかりやすいね等、他者を尊重する意見が飛び交い、またこっちはどう?など考えを提案できるクラスへと成長していました。
視覚支援は、発達障害のある子だけでなく周りの子どもたちにもわかりやすい点では、言語療法だけでなく教育現場においてもよく使われる方法です。
今回のテーマは、毎日作成できること、子どもの能力に応じたものを作成する、ということを大切にするということでしたので、シンプルにかつわかる教材を作る難しさが実感できたのではないかと思います。
言語聴覚


卒後勉強会

ついこの前まで半袖だったのがすっかり冬の身支度となり、秋はどこにいったのかしら…と思うきょうこの頃です

2年生の実習もあと1ヶ月となりました。それぞれに学ぶ速度は違いますが、バイザーの指導のもと一歩一歩進んでいます。

1年生も入学してから半年たち、お互いが一人ひとりを大切にできる学級となり、より良い学びの環境となっています。頼もしいです。

さてそんな中、卒業生たちも負けていません。

毎月、恒例の卒後勉強会を続けております。

仕事帰り、大津や大阪、京都からもやってきます。疲れているのに偉いなぁって思いながら、卒業生たちの一生懸命に寄り添いたいと思っています

そして今月から、趣向をかえ、これまで教員がしていた役割を、各施設のSTのトップになっているSTたちが主になり進めていく方法をトライしてみることにしました。

人に伝えることの難しさやそれまでにどれだけ準備をしておかなければいけないか、また知識技術を向上させなければ瞬時に想定外の質問や発言に対応する力など、普段、必要な力を身につけるためにもケースを出すだけでなく、全員が考え動く力を養っていきたいと思っています。

今回、初トライでしたが、よく頑張って最後にまとめていました。素晴らしかったです。

最後に子どもに伝わることばかけのコツを全員ができるまでロールプレイ。先輩STが子ども役をし、伝わらなければ反応しないという、子どもたちの像があるからこそできるロールプレイでした。

本校を巣立ったあとの成長を目の当たりにできる瞬間はいつ何回みても嬉しいです

卒後2DSCN0697


「9月1日言語聴覚の日」&「ATR見学」

9月1日は言語聴覚の日です!

学校では来週、言語聴覚士をめざす人への個別相談会を実施。より深く話を聞いてもらえると嬉しいです!

先日は、快晴の秋空のもと、ATRに1年生が見学に伺いました。まずは、正木信夫先生が、自身の研究歴とATRの概要をうかがいました。脳活動イメージングセンタでは、脳研究、音声研究等、日本の最先端の研究をされているプロフェッショナルの先生方が集まっておられます。2つのグループに分かれて、MRIを使った研究の説明。英語教育に結びつけた音声・音響研究とその実用化プログラムの話。英語教育の話は、以前、本校の講義に来ていただいていた山田玲子先生でした。英語教育には何人か興味を持ったようでした。

最後に再び正木先生が、人工声道のデモをみせてくださりました。終わってから正木先生の周りに学生の輪ができ学生も興味深く勉強させていただきました。

今回の知識を、後期の専門分野、これからの言語聴覚士人生において活かしてほしいですね。

DSCF1202 DSCF1209 DSCF1234


吃音:ことばの親子交流会に参加

こんにちは。最近、朝早くからセミがミンミン合唱夏だよ~1

夏本番ですね。

さて、2年生の講義に「吃音」があり講師の先生から、“ことばの親子交流会”を教えていただき、数名がボランティアで参加させていただきました。

1日の参加でしたが、帰ってきてから遠かったけど、子どもたちとかかわれたことや吃音に対する考え方を深く学べたこと、言語聴覚士になって気持ちに寄り添うことの大事さを改めて学ばせていただいたようです。

感想文も一緒にアップしておきます。写真からも楽しさが伝わりますね!

 

◆Kさんより◆

吃音について悩んでいる子や悩んでいない子。その症状と向き合ってきた大人や支えたいと思っている大人など、皆んなで大自然の中、一緒に過ごすことはとても有意義な事だと感じました。 正しい知識を持つと同時に、当事者の気持ちに寄り添うことは言語聴覚士にとって大切な事だと感じました。 ◆Yさんより◆ フレンドリーで活発な子どもたちばかりで、こちらまでパワーをたくさんもらえました。このパワーのまま大きく成長してほしいと思いました。そのためにも、今回のような同じ障害による悩みや不安な気持ちをわかち合える交流の場は不可欠なものなのだなーと改めて感じました。

◆Yさんより◆ フレンドリーで活発な子どもたちばかりで、こちらまでパワーをたくさんもらえました。このパワーのまま大きく成長してほしいと思いました。そのためにも、今回のような同じ障害による悩みや不安な気持ちをわかち合える交流の場は不可欠なものなのだなーと改めて感じました。

CIMG9481


言語聴覚学科 2期生 集合~♪ 同窓会「田中薫先生の授業をもう一度」

毎日暑いですね

8月に入って言語聴覚学科の花壇には朝顔が咲き始めました。

2年生は定期試験が終わり、来週からの実習に向けて準備をし、1年生は定期試験中で毎日猛勉強中です

 

さて、2期生に限定となってしまいますが、卒業生たちが同窓会を企画しました。

担任であった田中薫先生にもう一度授業を!という主旨で久しぶりに集合です。

17年前の学んだ教室でもう一度授業をうける。

こんな日が来るんだなぁって感慨深いものがありました。

当日、有意義な時間となりますように。

 

詳細はコチラ

主催:関西学研医療福祉学院 言語聴覚学科2期生

日時:平成29年8月12日(土)13:30~16:30

場所:関西学研医療福祉学院 東館

参加者:2期生

参加費:無料

<内容>

第1部 高次脳機能障害患者の講演会

司会:西村紀子

13:30~14:00 当事者の講演

14:00~14:30 田中薫先生の解説、ディスカッション

 

第2部 2期生への最終講義

司会:黒田健司

14:45~15:30 2期生の近況報告(1人2~3分)

15:30~16:30 田中薫先生の講義

 

お待ちしております。


臨床現場へ

7月も後半に突入。毎日暑いですね…。
2年生は前期の定期試験が終わり、あと2週間、実習に向けての最終調整。
少し緊張している顔もありますがこれまで学んだことを現場で実際に学ばせていただくことで点と点がつながってくれるといいなと思っています。
1年生は、夏休みに入る前には、母体病院での言語聴覚療法を見学。
現場に行く目的(ねらい)はそれぞれの学年で違いますが、
言語聴覚士になる覚悟を自覚し、より深める時間として大切にしてほしいです。
花壇のひまわりも芽を出してきました
みんなとともに大きく育ってくれることでしょう!
言語芽が出た

言語聴覚学科の七夕

早くも7月に入りました
青丹学園では、七夕飾りで季節を感じています。
先日、奈良県言語聴覚士会の総会と講演を本校で開催した際、卒業生たちが古巣へ顔を出してくれました。
笹をみた瞬間、「書きたい」と短冊に願いをこめておりました。
学生もそれぞれの願いを書いております。
言語聴覚士になる。国家試験合格。などの願いが多いですね。
ぜひオープンキャンパスに参加しぜひ書きにきてください。
お待ちしております
七夕ST

PAGETOP