学費支援制度

日本学生支援機構奨学金日本学生支援機構の
詳細はこちら

国が実施する貸付型の奨学金で、在学中に学生本人が借りて、卒業してから分割返済する制度です。
進学前に申し込む「予約採用」と進学してから申し込む「在学採用」があります。
無利息または低利息なので、無理なく返還ができます。

予約採用-入学前(高等学校在学中)の申し込み

高校3年生の方が対象(※高校卒業後2年以内なら可)

詳細な日程は、必ず在学している高等学校に確認してください。

貸与奨学金

●入学後の申し込みでは6月以降の貸与となりますが、予約採用は春からの貸与になります。

●進学先が決定していなくても申し込みができ、また採用決定後の取り消しも可能です。

●申し込みは高等学校を通じて行います。申し込み手続きの期間に遅れないよう、お早めに担任の先生にご相談ください。

第一種奨学金 第二種奨学金
貸与月額
※貸与中の金額変更は可能
自宅通学:最高月額 / 53,000円
(40,000円・30,000円・20,000円も選択可)
自宅外通学:最高月額 / 60,000円
(50,000円・40,000円・30,000円・20,000円も選択可)
※年収が一定額以上の方は、最高月額以外から選択
※給付型奨学金に併せて採用された場合、貸与額に制限があります。
20,000円~120,000円の間で1万円単位で選択
入学時特別増額(10万・20万・30万・40万・50万から選択可)
※第一種奨学金と併用可
学力基準 次の1・2のいずれかに該当する人。
1.高等学校等1〜3年の成績が3.5以上の方
2.住民税非課税世帯で、学業成績が平均水準以上で、優れた資質と学修意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがある方
学業成績が平均水準以上で、優れた資質と学修意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがある方
所得基準(例)
※基準額は世帯人数・通学方法などにより異なります
4人世帯・自宅通学・給与所得世帯
:約747万円以下
4人世帯・自宅通学・給与所得以外の世帯
:約349万円以下
4人世帯・自宅通学・給与所得世帯
:約1,100万円以下
4人世帯・自宅通学・給与所得以外の世帯
:約692万円以下
利息 無利息 在学中は無利息、卒業後は年利3%を上限とする利息付

2021年度採用時(2022年度変更予定)

手続きの流れ 手続きの流れ

給付奨学金

高等教育の修学支援新制度

真に支援が必要な低所得者世帯の者に対し、社会で自立し、及び活躍することができる豊かな人間性を備えた創造的な人材を育成するために必要な質の高い教育を実施する大学等における修学の支援を行い、その修学に係る経済的負担を軽減することにより、子どもを安心して産み、育てることができる環境の整備を図り、もって我が国における急速な少子化の進展への対処に寄与することを目的に実施するものです。(大学等における修学の支援に関する法律第一条より)

●授業料・入学金の減免制度+給付奨学金により、意欲のある学生の「学び」を支えます。

●世帯収入に応じた3段階の基準で支援額が決まります。

●日本学生支援機構「貸与奨学金」との併用も可能です(第一種奨学金は一部制限あり)。

本校は、修学支援新制度の支援対象校として確認を受けた学校です。

対象者 ・高等学校等を卒業予定(または卒業後2年以内)の方
・住民税非課税世帯、またはそれに準する世帯の方
(課税状況により「第I区分」~「第Ⅲ区分」の3段階に分かれます)

・資産額の合計が2000万円未満の方
・学力基準が以下の①②いずれかに該当すること
①高等学校等における全履修科目の評定平均値が、5段階評価で3.5以上であること
②将来、社会で自立し、及び活躍する目標をもって、進学しようとする大学等における学修意欲を有すること
支援額 専修学校(専門課程)私立の場合の支援額 ◆給付奨学金 給与額(月額)
自宅通学 自宅外通学
第I区分 38,300円 75,800円
第Ⅱ区分 25,600円 50,600円
第Ⅲ区分 12,800円 25,300円
◆入学金・授業料減免額(年間上限)
入学金 授業料
第I区分 約16万円 約59万円
第Ⅱ区分 第Ⅰ区分支援額の2/3
第Ⅲ区分 第Ⅰ区分支援額の1/3
※第一種奨学金の貸与を受けている場合、貸与額に制限があります。
(第Ⅰ区分・第Ⅱ区分の適用となった場合、第一種奨学金の貸与額は0円になります)

※第二種奨学金については、貸与額に制限はありません。
リンク集 詳しい情報については、下記リンクをご参照ください。
◎制度の概要について
「学びたい気持ちを応援します」(文部科学省特設ホームページ)
https://www.mext.go.jp/kyufu/
◎給付奨学金について
「奨学金の制度(給付型)」(日本学生支援機構ホームページ内)
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/kyufu/
◎どれぐらいの支援を受けることができるかのシミュレーション
「進学資金シミュレーター」(日本学生支援機構ホームページ内)
https://shogakukin-simulator.jasso.go.jp/
手続きの流れ 手続きの流れ

【本校独自】学費分割納入制度 青春18プラン(介護福祉学科対象)

本制度は、「毎月学費を分割してお支払いいただける制度」です。

対象学科 介護福祉学科
対象者 日本学生支援機構奨学金の予約採用に決定されている方。
★貸与・給付額は問いません。
★予約採用に申し込み中の方、これから申し込み予定の方も、制度利用の申請が可能です。
申し込み方法 出願時に、「青春18プラン申込書」ならびにお申し込みに必要な書類を同封してください。
PDFマーク青春18プラン申込書
内容 奨学金を利用した授業料・施設整備費の月払い制度です。(月額10万〜13万)学費のご準備が困難でも、入学後に毎月ご本人の口座に振り込まれる奨学金で学費を分割して納入していただけるため、入学前のご負担が軽減されます。
(※入学後、奨学金の貸与が始まる5月から18回に分けての納入になります)
★入学前に必要な自己資金
入学金20万円(合格通知到着後約2週間以内に納入)
★入学時に、1年次の教科書代・検定料等で15万円程度必要です。

本校入学後の申し込み【在学採用】

※高校新卒の方、大学生・社会人の方も申し込みできます。

貸与奨学金

第一種奨学金 第二種奨学金
貸与月額
※貸与中の金額変更は可能
自宅通学:最高月額 / 53,000円
(40,000円・30,000円・20,000円も選択可)
自宅外通学:最高月額 / 60,000円
(50,000円・40,000円・30,000円・20,000円も選択可)
※年収が一定額以上の方は、最高月額以外から選択
※給付奨学金に併せて採用された場合、貸与額に制限があります。
20,000円~120,000円の間で1万円単位で選択
入学時特別増額(10万・20万・30万・40万・50万から選択可)
※第一種奨学金と併用可
学力基準 次の1・2のいずれかに該当する人。
1.1年次は高等学校等2~3年の成績が3.2以上の方、2年次は募集時点で本校における成績が上位1/3以内の方
2.住民税非課税世帯で、学業成績が平均水準以上で、優れた資質と学習意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがある方
1年次は高等学校、2年次は本校における学業成績が平均水準以上で、優れた資質と学修意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがある方
所得基準(例)
※基準額は世帯人数・通学方法などにより異なります
4人世帯・自宅通学・給与所得世帯
:約779万円以下
4人世帯・自宅通学・給与所得以外の世帯
:約371万円以下
4人世帯・自宅通学・給与所得世帯
:約1,122万円以下
4人世帯・自宅通学・給与所得以外の世帯
:約714万円以下
利息 無利息 在学中は無利息、卒業後は年利3%を上限とする利息付

2021年度採用時(2022年度変更予定)

手続きの流れ 手続きの流れ

給付奨学金

予約採用-入学前(高等学校在学中)の申し込みと同じ内容になっております。

教育訓練給付制度

雇用の安定と就職の促進を目的とした国の制度です。
詳細は、本校奨学金アドバイザーまたは最寄りのハローワークにお問い合わせください。

一般教育訓練

対象学科 理学療法学科
対象者 雇用保険の一般被保険者(在職者)または一般被保険者であった方(離職者)
※支給要件期間が3年以上(初回は1年以上)ある等の条件を満たしている必要があります。
※教育訓練の受講修了後にハローワークへ支給申請が必要です。
申請方法 教育訓練の受講修了後(本校卒業後)にハローワークへ支給申請する。
支給額 教育訓練経費の20%に相当する額(上限10万円)
本校の場合 10万円(修了後1回限り)

2021年4月入学生現在(2022年4月入学生については要確認)

専門実践教育訓練

対象学科 介護福祉学科・言語聴覚学科・看護学科・作業療法学科
対象者 以前に専門実践教育訓練を受講したことがない方 講座の受講開始日までに通算して2年以上の雇用保険の被保険者期間を有している方
以前に教育訓練給付金を受給した方 前回の受講開始日から次の専門実践教育訓練の受講開始日前までの間に3年以上雇用保険被保険者期間を有し、かつ該当専門実践教育訓練の受講開始日前までに、前回の教育訓練給付の受給から3年以上経過している方
申請方法 教育訓練の受講前、受講中、受講終了後にハローワークへ支給申請する。
◎6か月毎に支給申請
支給額 ①教育訓練経費の50%に相当する額(年間上限40万円)
②受講修了日から1年以内に資格取得等し、雇用保険被保険者として雇用された等の場合には20%を追加支給(年間上限16万円)
本校の場合 介護福祉学科 
言語聴覚学科
支給額①最大80万円(2年間)
支給額②最大32万円
①+②=最大112万円
看護学科 支給額①最大113.1万円(3年間)
支給額②最大45.2万円
①+②=最大158.3万円
作業療法学科 支給額①最大120万円(3年間)
支給額②最大48万円
①+②=最大168万円

2021年4月入学生現在(2022年4月入学生については要確認)

作業療法学科は2022年4月入学生から対象

修学資金制度

介護福祉等修学資金(各府県)

資格・条件 金額
卒業後、府県内の社会福祉施設等で5年以上介護の業務に従事しようとする意思のある方 月額50,000円
その他、入学準備金・就職準備金等を含め2年間総額
160万円~168万円貸付
※返還免除あり

各府県によって条件や応募期間・金額は異なります。

看護師等修学資金(奈良県)

資格・条件 応募期間 金額
民間立の看護師等の学校または養成所に在籍し、将来奈良県内において看護師等の業務に従事しようとする方 4月〜5月 月額36,000円貸付
※返還免除あり

理学療法士等修学資金(京都府)

資格・条件 応募期間 金額
・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が対象
・2022年度在学者
・学業成績が良好であり、所定の就学期間を全うし、かつ理学療法士等免許の取得が確実であると見込まれる方
・京都府免除対象施設において、5年間、理学療法士等として業務に従事することが確実と見込まれる方
4月〜5月 月額36,000円貸付
※返還免除あり

リハビリテーション専門職員修学資金制度(滋賀県)

資格・条件 応募期間 金額
・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が対象
・最終年次またはその前学年に在学する方
・卒業後、滋賀県内医療機関等においてリハビリテーション専門職員として業務に従事しようとする方
6月〜7月 月額36,000円貸付
※返還免除あり

病院・施設奨学制度

本校に在学中(入学予定)で、卒業後、その病院・施設で職員として就職を希望する方は、病院・施設の奨学生として授業料が貸与されます。(条件は各病院・施設により異なります)
※規定の年数を勤務すると奨学金の返済免除などがある病院・施設もあります。

母子及び父子家庭自立支援給付金事業における高等職業訓練促進給付金等事業

母子家庭の母又は父子家庭の父が看護師や介護福祉士等の資格取得のため、1年以上養成機関で修業する場合に、修業期間中の生活費の負担軽減のために、高等職業訓練促進給付金が支給されるとともに、入学時の負担軽減のため、高等職業訓練修了支援給付金が支給されます。

対象者
(要件)
・児童扶養手当の支給を受けている又は、同様の所得水準にあること
・養成機関において1年以上のカリキュラムを修業し、対象資格の取得が見込まれること
・就業または育児と修業の両立が困難であると認められる者であること
対象となる資格 次の中から都道府県等の長が地域の実情に応じて指定したもの。
○看護師 ○介護福祉士 ○理学療法士 ○作業療法士 ◯言語聴覚士 等 
概要
支給額 支給期間
高等職業訓練促進給付金 月額100,000円(市町村民税非課税世帯)
月額70,500円(市町村民税課税世帯)
修業期間の全期間
(上限3年)
高等職業訓練
修了支援給付金
50,000円(市町村民税非課税世帯)
25,000円(市町村民税課税世帯)
修了後に支給

お住まいの市区町村各役所及び、地域の福祉事務所等の相談窓口にお早めにお問い合わせください。(9月末までを目処に)

生活福祉資金貸付制度 教育支援資金(教育支援費・就学支度費)

「生活福祉資金貸付制度」は、低所得者や高齢者、障害者の生活を経済的に支えるとともに、その在宅福祉及び社会参加の促進を図ることを目的とした貸付制度です。生活福祉資金の中で、修学に必要な費用の貸付を行うための資金が、教育支援資金です。

対象者 低所得世帯 ※必要資金を他から借り受けることが困難な世帯(市町村民税非課税程度)
償還期間 据置期間経過後20年以内 ※据置期間は、卒業後6ヶ月以内 
概要
貸付限度額
(専修学校 専門課程)
募集期間・貸与期間
教育支援費
(無利子)
月額60,000円以内 随時申込(要事前相談)
就学支度費
(無利子)
500,000円以内 入学前(要事前相談)

詳細は、お住まいの市区町村の社会福祉協議会にお問い合わせください。

その他団体による奨学金

団体・制度名 資格・条件など 金額
公益財団法人
森田記念福祉財団
介護作業理学言語
最終年次の者が対象で、卒業後、奈良県内に就職する者 200,000円
(給付制)
公益財団法人
ニッセイ聖隷健康福祉財団
介護作業理学言語
卒業後、高齢者福祉施設に勤務を希望する者 月額20,000円
(給付制)
一般社団法人生命保険協会
介護
2年生1名を本校学校長の推薦に基づき、協会で選考 月額20,000円
(給付制)
公益信託
片山和夫福祉奨学基金
介護作業理学看護
資格取得のため専門学校に在学する方で、兵庫県出身の者 2021年度は
月額20,000円
公益財団法人
ファスキア奨学財団
介護作業理学看護言語
愛知県、三重県、岐阜県出身者または在住者 100,000円
(給付制)

詳細は、本校奨学金アドバイザーにお問い合わせください。(いずれも選考あり)

地域の奨学金(一部)

奈良県

制度名 資格・条件 応募期間 金額 お問い合わせ先
宇陀市ぬくもり
修学奨励資金
現在、当自治体に住所を有する者
※所得制限あり
〜6月頃 1回限り60,000円給付 教育委員会事務局
教育総務課
0745-82-3973

京都府

制度名 資格・条件 応募期間 金額 お問い合わせ先
舞鶴市育英資金
(入学支度金)
半年以上、当自治体に住所を有する者
※所得制限あり
4月中旬〜6月下旬 1回限り、
50,000円または100,000円寄付
教育委員会
教育振興部
学校教育課
0773-66-1072
京丹後市
貸付奨学金
(修学支援金)
現在、当自治体に住所を有する者(就学で一時的に離れて他の市町に居住する場合も含む)
※その他要件あり
6月中旬~下旬 年額100万円
以内貸与
教育委員会事務局
教育総務課
0772-69-6010
京都府
技能修得資金
京都府内(京都市を覗く)に居住されている世帯のお子さん(入学時に満20歳未満) 3月〜4月中旬 月額24,000円給付 府保健所

和歌山県

制度名 資格・条件 応募期間 金額 お問い合わせ先
和歌山県
修学助成金
自宅外から通学しようとする者で、本人の生計を主として維持する者が和歌山県内に住所を有していること
※所得制限あり
※その他要件あり
10月上旬〜11月中旬 ・100,000円
・200,000円
・30,000円
・40,000円
・50,000円
もいずれかを選択(貸付)
生涯学習局
生涯学習課
073-441-3663
串本町
大学進学等奨学金
現在、当自治体に住所を有する者
※所得制限あり
9月上旬〜下旬 入学一時金:
100,000円貸与
奨学金:
月額40,000円貸与
教育課
0735-72-0017
田辺市修学奨学金 現在、当自治体に住所を有する者の子弟
※所得制限あり
※その他要件あり
10月上旬〜下旬 月額30,000円貸与(入学準備金併用時15,000円)/入学準備金500,000円以内 教育委員会
教育総務課
0739-26-9941
那智勝浦町
育英奨学金
保護者が3年以上那智勝浦町内に生活の本拠を有しており、高校等・大学等に在学中の者 3月上旬~ 月額30,000円 那智勝浦町教育委員会
0735-52-4686
新宮市育英奨学金 現在、当自治体に住所を有する者の子弟
※その他要件あり
1月〜2月頃 月額23,000円給付/入学支度金(1回限り)70,000円給付 教育委員会
教育総務課
0735-23-3365

三重県

制度名 資格・条件 応募期間 金額 お問い合わせ先
伊賀市奨学金 本人、保護者とも等自治体に住所を有する者であること
※所得要件あり
6月中旬〜下旬 年額84,000円寄付 教育委員会
教育総務会
0595-22-9644

2021年3月現在の内容です。

変更されていることがありますので、必ずお問い合わせ先にご確認ください。