PHYSICAL THERAPIST 理学療法学科 3年制(昼間部)/ 定員:40名

取得できる資格

  • 理学療法士国家試験受験資格

取得を目指せる資格

  • 福祉住環境コーディネーター2級
  • レクリエーションインストラクター
  • スポーツ・レクリエーション指導者
  • 障がい者スポーツ指導員

DATA

DATA 2

3つのポイント 3つのポイント

POINT01

一人ひとりに寄り添う指導

学生と教員の距離が近く、気軽に質問できる雰囲気が本学科の特長の一つ。日常の学習から、国家試験対策や進路指導・就職にいたるまで、一人ひとりに合わせた指導を行っています。

一人ひとりに寄り添う指導

POINT02

臨床経験豊富な講師陣より
現場で活躍できる
確かな技能を養成

高度な技術と知識が医療や福祉現場では要求されるため、座学と実技をリンクさせ、より実践力が身につくように工夫しています。また臨床現場を意識し、対象者さまに寄り添い、1日でも早い社会復帰を支援するための現場対応力を養います。

高度な実技指導により現場で活躍できる技能を育成

POINT03

在学中から卒業後まで
しっかりサポート!

学生の間から卒業後に取得を目指せる+αとなる資格についても伝え、卒業後のスキルアップに挑戦する学生を支援します。また、大学編入、転職・再就職サポートなども行い卒業生も気軽に来校できる環境が整っています。卒業後に取得を目指せる資格

卒業後のさらなる成長を支援するサポート体制も充実

即戦力となる3つの”力“

現場で活きる技術や知識を現役のスペシャリストである講師陣が、丁寧に指導します。
基本を大切に、理学療法士としての現場対応力を養います。

基礎力

理学療法を学ぶうえで重要な基礎となる解剖学・生理学・運動学について特に重点的に学び、2、3年次に学ぶ知識の土台を作ります。また、覚える量が多くつまずきやすいところでもあるためしっかりと指導をします。

解剖学
生理学
運動学

コミュニケーション力

少人数制のグループで学習することで医療技術者として必要な自主的に学ぶことやお互いに意見を伝えあうことを習慣づけ、チームで働くためのコミュニケーション能力を養います。

コミュニケーション力

実践力

現場で活きる技術や知識を、現役スペシャリストである講師陣が、豊富な経験に基づき丁寧に指導します。また、母体である山の辺病院から現役の理学療法士が来校。現場を踏まえた講義内容でより実践に即した技術を身につけられます。

実践力

あらゆる方面でも活躍している、
本校の講師陣。

本校の講師陣は医療機関でのリハビリや介護予防にとどまらず、理学療法士が求められる幅広い領域で今も活躍中です。

訪問 患者さまの自宅へ伺い、その方の暮らしに沿ったリハビリを行います。ご家族の方の協力も得ながらQOL(生活の質)の向上を目指します。
行政 地域包括ケア会議へ参加し、多種多様な職種が集まる場で実際の症例についての意見交換に務めています。
企業 理学療法士ならではの視点と知識を活かし、企業と協力して腰痛の方に向けた商品等を開発、発売しています。

CURRICULUM カリキュラム

1年次 理学療法の基礎的な手法を修得
理学療法の基礎的な手法を修得 「解剖学」「運動学」などの専門基礎科目と「理学療法評価学」「物理療法学」などの専門科目を学習します。
2年次 実習でスキルの向上と高度な応用力を育成
実習でスキルの向上と高度な応用力を育成 「整形外科学」「神経科学」「内科学」などとともに、各疾患とそれに対する評価・治療方法を中心に学習します。
3年次 #
国家試験合格を目指して3年間の総まとめ 実習期間以外は3年間の総まとめを中心に行い、国家試験合格へ向けて対策講座を実施。知識の定着を図ります。

国家試験合格!

TIME SCHEDULE 1年次前期

TIME SCHEDULE
カリキュラムについて詳しく見る

STUDENT MESSAGE 在校生のメッセージ

先生と学生の距離感が近く、
勉強しやすい環境が魅力です。

私が高校生の頃、部活でよくケガをしてしまい、練習に参加できないことがありました。そのため自分が理学療法士になったらケガでスポーツができない方々のサポートをしたいと思い、理学療法士を目指そうと思いました。授業は「理学療法評価学」と「体表解剖学」が好きです。どちらも実際に自分たちの身体に触れたり、動かしたりして学ぶので技術、知識を感覚でつかむことができて面白いです。また、放課後の「みんなの時間」ではその日にわからなかった箇所の復習や次の日の予習を一人ではなくクラスメイト、先生と一緒にできるのでより学習内容が身につきます。先生との距離も近く勉強をするにはとても良い環境だと思います。

K さん/2年生(奈良・天理高等学校出身)

向上心を忘れず
患者さまに信頼される
理学療法士に。

理学療法士を目指そうと思ったきっかけは、足腰が弱り、転びやすくなっていた祖父がリハビリに通って転倒しなくなり、表情も明るくなっていく姿を目の当たりにしたからです。クラスは同じ夢を持つ仲間が集まっているので一致団結して仲良く過ごしています。患者さまを笑顔にできる、明るく頼りがいのある理学療法士を目指して日々頑張っています。

N さん/3年生(京都・東宇治高等学校出身)

GRADUATE MESSAGE 卒業生からのメッセージ

患者さまへの声かけの大切さなど
先生方の丁寧な指導が
今も現場で活きています。

学生時代で一番思い出深いのは臨床実習です。とても苦労しましたが、学内では感じることのできない現場の雰囲気を肌で感じたり、病気で苦しんでいる患者さまを目の当たりにしたことで、理学療法士になりたいという想いがさらに強くなりました。患者さまへの声かけのほか、実技試験など、授業ごとに先生が的確なアドバイスをくださったことは、今の職場でも活きています。絶えず知識を増やし、かかわる患者さまみんなに、リハビリを頑張ってよかったと思っていただけるサポートを理学療法士としての視点で頑張っていきたいです。

病院(奈良県奈良市)勤務
Hさん/2019年卒業(奈良・高円高等学校出身)

「何事も諦めず、最後までやり抜く」
ことを大切に、患者さまの
サポートに当たっています。

介護福祉士をしていたときに利用者さまの身体能力が改善する姿を間近で見たことに感銘を受けて、理学療法士を志しました。在学中は、実習を通して、医療従事者の自覚と、患者さまの身体改善について考えられるようになりました。実習中や国家試験前などは先生方が親身になってサポートしてくださり、心強かったです。現在は、介護老人保健施設「ルポゼまきの」の通所リハビリテーションで、利用者さまが在宅生活を継続できるようサポートしています。何事も諦めず、最後までやり抜くことをモットーに、地域の方に愛される施設を作り、理学療法士として精進していきます。

介護老人保健施設(奈良県五條市)勤務
Sさん/2017年卒業(奈良・五條高等学校出身)

学科長からのメッセージ

学科長からのメッセージ

田守 康彦

主な担当:生活環境学/理学療法評価学Ⅲ/体表解剖学

新しい時代には、新しい経験に臆せず取り組むことが必要です。

「経験にまさるものなし」本校には、初めての経験を繰り返しながら成長し、理学療法士のステージである「臨床」で輝き、躍動するための日常が溢れています。臨床に輝く原石はあなたです。我々と一緒に歩み、走ることで新しい経験に心を踊らせてください。そして、理学療法士が素晴らしい職業であることをともに実感していきましょう!

学科長からのメッセージ
  • オープンキャンパス
  • 資料請求